ショアジギング入門!ロッド&リールから知りたい4つの基本とは

岸(ショア)から大物を狙う事ができるショアジギング。特に強烈な引きを味わえる青物はショアジギングのメインターゲットとして狙えます。今回はショアジギングの基本的な釣り方から、コツ、おすすめのジグをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:photo AC

ショアジギングとは

ショアジギングの画像 ショアジギングとは、メタルジグを始めとするルアーをショア(岸)からキャストして魚を狙う釣法。オフショア(沖)で船に乗り狙うジギングと比べ、比較的手軽にでき、ほとんどのフィッシュイーターがターゲットとなる事から近年大人気の釣りです。

堤防からのショアジギング

ショアジギングの堤防の画像
出典:PIXTA
足場が良く、初心者の方でも快適に楽しめる釣り場のひとつが堤防。どんな堤防でも釣れる訳ではなく、対象とする魚が回遊してくる堤防を選びましょう! 特にアジや小サバ、イワシなどの魚が良く釣れる場所は、捕食のために回遊してくる率が高いので、事前に情報を収集しましょう!
※地域により釣り禁止となっている堤防があります。釣行前に必ず確認をしましょう!

サーフからのショアジギング

ショアジギングのサーフの画像
出典:PIXTA
サーフ(浜)は、ショアジギングがとても楽しめるフィールド。水深があり潮通しの良い場所を選びましょう! 良いポイントであれば、回遊も頻繁にあり青物意外の魚種も釣ることができます。
※地域により釣り禁止となっている浜があります。釣行前に必ず確認をしましょう!

ショアジギングで狙える魚

ショアジギングの青物の画像 ショアジギングではフィッシュイーターであれば基本的に種類を問わず狙うことが出来ます。ヒットした魚は強い引きで釣り人を楽しませてくれます。ここではショアジギングのターゲットとなる魚種をご紹介します。

青物

ショアジギングのブリの画像 ショアジギングで多くの人が狙うターゲットが青物です。ブリカンパチヒラマサといった魚種を狙うことが出来ます。釣るときにはベイトフィッシュが居ることと、潮の流れがあることが重要になります。青物は非常に強い引きが魅力で、持ち帰って食べる楽しみも大きな魚です。

シーバス

ショアジギングのシーバスの画像 ソルトルアーで人気が高いシーバスもショアジギングで狙うことが出来ます。フィールドにもよりますが、シーバスは周年を通して狙うことが出来ます。狙うときにはメタルジグが落ちていく時にヒットすることも多いので、フォールを交えたアクションを行っていくことが釣果の鍵となります。

ヒラメ・マゴチ

ショアジギングのヒラメの画像 砂底に潜んで獲物を待ち構えるヒラメマゴチもショアジギングのターゲットです。ボトム付近からメタルジグをあまり離さないように狙っていくのがポイントです。ヒラメやマゴチはヒットしてから特に取り込み間際で激しく抵抗してきますので、ランディングネットを必ず持っていくようにしましょう。

太刀魚

ショアジギングの太刀魚の画像 晩夏から晩秋までがメインシーズンとなるのが太刀魚。とても綺麗な銀色の魚体をしており、とても美味しく調理もしやすいことで人気の魚です。狙うときには歯が鋭いので、リーダーを太くしたり、釣れたときに掴むツールを持っておくのがおすすめです。

シイラ

ショアジギングのシイラの画像 ショアジギングで夏の好ターゲットとなるのがシイラ。ベイトフィッシュを追っているときにはメタルジグやトップウォーターにも非常に反応が良い魚です。シイラはヒットした直後のファーストランが非常に強烈で、高く水面から飛び上がるジャンプも魅力的です。

ショアジギングのタックル

ショアジギングのタックルの画像制作:TSURI HACK 編集部
ショアジギングは、ソルトルアー釣りの基本セットである「スピニングロッドとスピニングリール」を使い、40~80グラム程度のメタルジグを、狙ったポイントへ遠投と誘いを繰り返すため、ロッド・リール・ライン・ジグの組み合わせ「タックルバランス」が重要になります。

ショアジギングのロッド

ショアジギングのロッドは、様々なメーカーより専用ロッドが多く発売されています。長さは8~10フィート台まであります。初めての場合は9フィート前後を目安に、80グラムまでのジグを背負え、大物とのファイトにも対応できるMH(ミディアムヘビー)がおすすめです。
様々なフィールドで活躍するショアジギングロッド
ITEM
シマノ コルトスナイパー BB S906MH
全長:2.90m
継数:2本
仕舞寸法:149.5cm
自重:248g
ルアー重量:MAX 60g
ジグ重要:MAX 80g
PEライン適応:MAX 3号


▼ショアジギングロッドの選び方について紹介しています。

▼ショアジギングで人気のロッドをランキングで紹介しています。

ショアジギングのリール

ショアジギングのリールは、ダイワでは500~4000番台。シマノでは4000~5000番台のサイズのハイギア(H・HG・XG)タイプ。最大ドラグは7キロ程度で、PEライン3号が300メートル収まる糸巻量があると、大物とのファイトも安心して行えます。
手に取り易い価格ながらも必要スペックを満たすハイコスパリール
ITEM
シマノ サハラ 4000XG
ギア比:6.2:1
最大ドラグ力:11kg
自重:295kg
ナイロンライン糸巻量(号ーm):3.5-170/4-150/5-125
フロロライン糸巻量(号ーm):3-190/4-145/5-115
PEライン糸巻量(号ーm):1-500/1.5-320/2-210


▼ショアジギングリールの選び方について紹介しています。

ショアジギングのライン

ショアジギングのラインは、PEラインを主に用います。釣り場やターゲットに合わせて、0.8~2号程度の太さを目安に、飛距離の2倍前後の長さ(150~200メートル)が必要です。
※地磯や大型青物を狙う場合は、PE3号以上200メートル超える巻量が、必要となる場合があります。
優れた遠投性能!と高強度が、 攻めのショアジギングに最適!
ITEM
モーリス アバニ ショアキャスター 10×10 マックスパワー
号数:2.0号
長さ:200m


▼ショアジギングラインの選び方を紹介している記事です。

ショアジギングのリーダー

ショアジギングのリーダー(ショックリーダー)は、PEラインのデメリットを補うライン。魚のアタリやファイトに柔軟に対応したい場合は、ナイロン。根ズレに強く耐久性を求めるのであれば、フロロカーボンのショックリーダーを使います。
しなやかさと衝撃強度を追求したソルトルアー専用のリーダー!
ITEM
シーガー プレミアムマックスショックリーダー
号数:8号
長さ:20m


ナイロンの適度な伸びに、抜群の耐摩耗性能を持つリーダー!
ITEM
バリバス VEPショックリーダー
号数:10号
長さ:50m


▼ショアジギングリーダーの選び方について紹介している記事です。

▼リーダーと、メタルジグへの結束方法について紹介している記事です。



ショアジギングにおすすめなメタルジグ

ショアジギングのジグの画像 ショアジギングで使うメタルジグには、大きく分けてジグには2種類のタイプがあります。ターゲットとなる魚の特徴に合わせて、ジグを選びましょう!ここで、タイプ別にメタルジグをご紹介します。

リトリーブで喰わせるジグ

リトリーブで喰わせるジグは、細長く少し丸みを帯びたものが多く、ただ巻きやジャークといった「横の動き」で喰わせることを目的としています。青物や太刀魚、シイラを狙うときにおすすめとなるタイプ。フックの取り付けは、青物は前側。太刀魚やシイラは、後ろ側がおすすめです。
安定したスイミングアクションで使いやすい
ITEM
マリア ムーチョ・ルチア
自重:60g

フォールで喰わせるジグ

フォールで喰わせるジグは扁平な形状をしているのが特徴。フォール中にヒラヒラと動いてフィッシュイーターにアピールします。シーバスやヒラメ・マゴチを狙うときに特におすすめです。また、青物の活性が低いときに使うのも効果的なタイプとなります。
イカがベイトになっているときにおすすめ
ITEM
アブガルシア ソルティステージ スキッドジグ
自重:80g

やるやるとは聞いてましたが本日ゼブラ80グラムでハマチ61センチゲットしました。1軍、スキッドジグは必ず釣果出してくれます。



▼ショアジギングにおすすめなメタルジグを21選紹介している記事です。



▼ショアジギングで人気のタングステンジグを紹介している記事です。


ショアジギング4つの基本

ショアジギングの基本の画像 ショアジギングの基本的な釣り方は、魚に見切られないように1秒間にリールのハンドルを2~3回転させる程、速く巻くことです。ここではキャストやアクションの基本をご紹介します。

1.遠投

ショアジギングの遠投の画像 ショアジギングで、まず必要となるのがロングキャスト。ロングキャストのコツはタラシを長く取ってタイミングよく思いっきり振りかぶることです。腕の力だけで投げるのではなく、ロッドエンドを速く引き寄せ、ジグの遠心力とロッドの反発力を利用します。

ロッドの長さにもよりますが、10フィートロッドで2メートルほどのタラシがあれば十分です。

また、ラインを引っ掛けている指が痛くなってしまうという方は、グローブやフィンガーガードを装着すると良いでしょう。

2.フリーフォール

ショアジギングのフリーフォールの画像
制作:TSURI HACK 編集部
フリーフォールは、メタルジグの自重を利用し、ラインテンションを掛けずに垂直に底まで落とし込む方法。キャスト後にリールのベールを起こしたままにし、底につくのを待ちます。

※着水後、ラインが放出されている時に、テンションがかからない程、微妙触れておくことで、底取りがし易くなります。

3.カーブフォール

ショアジギングのカーブフォールの画像
制作:TSURI HACK 編集部
カーブフォールは、メタルジグの自重とラインテンションを利用して岸側に向かってカーブをさせて落とし込む方法。簡単な方法は、キャスト後にベールアームを戻し、ラインにテンションを掛けカーブさせます。

ショアジギングでは、基本フリーフォールを使いますが、サワラやタチウオなど、歯の鋭い魚からラインを避けるバイトをさせるため、カーブフォールを使用します。

4.ジャーク

ショアジギングのアクションの画像
出典:photo AC
ショアジギングで重要なアクション「ジャーク」は、2つの基本方法があります。小さなシャクリを繰り返す「ハイピッチショートジャーク」、大きくロッドをシャクリ、フォールを狙う「ロングピッチジャーク」。ロッドを上下に動かし、糸ふけを取るためにリールハンドルを巻く動作を繰り返し行います。一定のアクションでは魚に見切られてしまうので、2つを組み合わせた「コンビネーションジャーク」を交えつつ誘っていきましょう!

ショアジギングの時期

ショアジギングの時期の画像出典:PIXTA
狙う魚種によってハイシーズンは異なり、ターゲットを変えれば1年中楽しむことができます。

人気の青物を狙うのであれば、夏~秋にかけてがベストシーズンです。水温が上がる初夏は、沖で回遊していたベイトが接岸し、捕食のために追う青物も同時に回遊してきます。また水温が安定する秋は、活性も高くなるので狙い目でしょう!

▼ショアジギングの時期や春夏秋冬で狙える魚を紹介している記事です。

ショアジギングの時間帯や狙い目

回遊性の高い魚を狙うショアジギング。狙い目の時間は「朝・夕マズメ」。早朝や夕方は、エサとなるベイトフィッシュの活性があがり、水面付近や岸に接岸したりと動き回ります。それを追ってフィッシュイーターも動き出すので、ショアから狙えるポイントへ入ってくることが多くあります。

日中は、粘り続ける我慢の釣りになる傾向があります。ベイトの活性が下がり、深場や沖に戻ってしまうため、フィッシュイーターも同じ行動をし、釣り難くなってしまいます。少しでも釣果を上げるコツは、潮回りをチェックすることや、通う釣り場の変化を気にしてみましょう!

潮目やナブラは狙い目?

ショアジギングのナブラの画像 フィッシュイーターが好みやすい変化が潮目。潮目を狙うときにはその先まで投げてジグをアクションさせるのがコツ。また、水面に小魚を追い詰めて捕食する様子をナブラと言い、そこを目掛けて鳥が集まっている状態を鳥山と呼びます。ナブラや鳥山を狙うときにはやや離れた場所に投げて、その下を通すようにすることでターゲットを誘います。

急深な地形変化は狙い目?

ショアジギングのポイントの画像
提供:T-demachi
ターゲットとする魚がいかに回遊してきやすいか、地形変化を見極めるのがコツ。特にサーフや磯、防波堤などで急深になっている地形変化は超一級のポイントになります。このような場所にベイトフィッシュが居たり、潮目が絡んだりするとさらに釣れる確率が高まります。

ショアジギングで大物を狙おう!

ショアジギングの青物の画像 ショアジギングで狙えるターゲットは種類が多く、身近な場所でも結構やってみると釣果が得られたりもします。防波堤や磯、サーフといった様々な場所で試してみると良いでしょう。他の誰もが届かないようなポイントまでロングキャストして、ぜひショアジギングで大きな魚を釣ってみてください。

ショアジギング入門の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!