DAISUKE KOBAYASHIの投稿記事一覧

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!

作成したまとめ

【価格破壊】プロックスのスピニングリールをレビュー。「おぉ、これ良いリールかも!」←ある2つの不満点に目をつぶれば…
価格破壊級のリール、プロックス「ネロスト」をレビュー。アマゾンでは2000番サイズが、なんと4000円以下で購入できるという代物。このリールを実際にソルトウォーターで使ってみました。その使い心地はいかに?重量やス…
DAISUKE KOBAYASHI
ユニクロで夏用釣りウェアを調達。上下5,000円でUVパーカー×アウトドアパンツの黄金タッグが揃いました。
ファストファッションの王者ユニクロで、夏の釣りで使えそうなウェアを調達してみました。エアリズム搭載のUVパーカーや撥水機能のついたアウトドアパンツなど、アウトドアにもぴったりなアイテムを発見できました。今年の夏は…
DAISUKE KOBAYASHI
コスパ高し!ソルト対応トレブルフック【一本約30円】サビ&強度は?激安フックの実力を検証してみる。
Amazonで見つけた激安トレブルフックをレビュー。そのお値段、なんと1本30円。価格高騰が止まらないトレブルフックの中、低価格に挑戦しまくっているフックを購入してみました。強度やサビの耐性について詳しく検証しま…
DAISUKE KOBAYASHI
【エサ釣り】ゴカイでバスは釣れるのか?シーバスで“バチ抜け”とはよく聞くけれど…検証してみた。
石ゴカイでバス釣りを楽しんでみた。シーバス釣りではバチ抜けというパターンも存在しますが、淡水魚のバスには有効なのでしょうか?キス釣りで余ったゴカイを持って、近所のリザーバーへと出かけてみました。…
DAISUKE KOBAYASHI
「ちょっと食べてみ“ダツ”?」不味いと評判の魚【ダツ】は3つの調理法で超おいしくなる!
不味いと評判のダツを3つの調理法でおいしくいただきます。TSURI HACKのアンケートでも7位にランクインするほど、リリースされることが多い魚ですね。タンパクな身質は油との相性が抜群。こんなに美味しいとは!…
DAISUKE KOBAYASHI
魚の締め方。釣った魚を持ち帰るベストな手順と必要な道具とは?
釣った魚を美味しく食べるなら、釣り場で適切な方法で魚を“締める”ことが重要。今回はもっともスタンダードな方法である、脳締め・神経締め・血抜きの手順にそって、そのやり方と必要な道具についても解説します。…
DAISUKE KOBAYASHI
全部5,000円以下。ソルトアングラーが手にしたい、必ず役立つ“11の秘密道具”をレビュー
5,000円以下で手に入る便利グッズを特集。リールやロッドだけでなく、小物やツールに拘ることで、効率的に釣果を伸ばすことができるでしょう。今回はそんな“縁の下の力持ち”とも言える、ソルトアングラー必携『11の便利…
DAISUKE KOBAYASHIAD
フナムシを捕まえてエサ釣りしてみたら……なんと五目釣りも夢じゃないほど、驚愕の“釣れっぷり”。
フナムシでエサ釣り。“海のゴ◯ブリ”だなんて、なんとも可哀想な名前で呼ばれることもあるフナムシ。しかし、みなさんもこんなことを思ったことはありませんか?「フナムシ、エサにしたら釣れないの?」。その疑問に答えるべく…
DAISUKE KOBAYASHI
ダイワのウェーダー(ウエストハイ型)を購入レビュー。ストレスフリーな履き心地で、釣りがとても捗る一着です。
ダイワのウエーダー(ウエストハイ型・3206R)をレビュー。以前から使っていた安価なウェーダーからの買い替えです。その機能は控えめに言って、最高。優れた履き心地で、疲れ知らず。とにかく釣りが捗るウェーダーですよ。…
DAISUKE KOBAYASHI
シルバークリークミノーは万能。渓流・シーバス・メッキと大活躍な名作をレビューします!
シルバークリークミノー(ダイワ)をインプレ。渓流での実績はもちろんのこと、ソルトやバス釣りにも大活躍するルアーです。溺愛している『50S』を中心に、このミノーの特徴を“洗いざらい”語りたいと思います。…
DAISUKE KOBAYASHI
【第三世代】ダイソーメタルジグ。センターバランスで水平フォールだと!?神コスパジグの最新作、その実力は…?
大人気ダイソーのメタルジグをレビュー。一つ前の世代である、『ジグロック』も長い間愛用してきた筆者。最新作として販売されているメタルジグは、その名もズバリ『メタルジグ』。しかし、水平フォールやタダ巻きなど芸達者なジ…
DAISUKE KOBAYASHI
釣りにはやっぱり防水バッグが最適!【魚も運べる?】折り畳めて、丸洗いOK。お手入れ簡単な優良アイテムです。
釣りで使える防水バッグについてインプレ。あらゆる濡れのリスクから守ってくれる防水バッグですが、ときに魚を持ち運べたりと、本来の使い方以外にも応用が効く便利なアイテムだったりします。…
DAISUKE KOBAYASHI
ワークマンの2021新作ウェア買ってみた【上下でも4,400円】ジャケットは超撥水でムレ知らずの逸品です
2021年の新作ワークマンウェアを求め店舗へ行ってまいりました。魅力的な製品の中から、撥水ジャケットとストレッチパンツをチョイス。実際にフィールドで着用したレビューとともに、その機能性を検証したいと思います。…
DAISUKE KOBAYASHI
メタルマルを実釣インプレ「ほんとに巻くだけで釣れるとは!」使い方・適したタックルについても熱弁
ブリーデンの名作・メタルマルをレビュー。ブレード系?と言うべきなのか分かりませんが、エギのような形のボディにブレード。唯一無二のルアーと言えるでしょう。タックルや使い方のコツについても解説するので、ぜひ参考にし…
DAISUKE KOBAYASHI
「やっぱり良く釣れる」釣り人にとって“田舎暮らし”はメリットだらけなのか?
釣り人と田舎での生活について。僕自身やはり田舎はプレッシャーも低く、良く釣れるという印象を受けます。釣り人にとって田舎暮らしはいかなるものか?釣り人目線で、そのメリット・デメリットを語ってみました。…
DAISUKE KOBAYASHI
フロートリグ+エサを試してみた。“沖で無防備に漂うエサ”に魚はイチコロか?
フロートリグにエサを付けて実釣してみた。ライトゲームでその威力を知られているフロートリグ。飛距離を稼ぐための有効なリグとして知られていますが、今回はワームではなくエサでトライしてみました。予想通り?の釣れっぷりに…
DAISUKE KOBAYASHI
ラバージグ【自作&リペア方法】特殊な工具は必要なし。自分だけのオリジナルをつくろう。
ラバージグの自作とリペア方法について。高いものだと700円ほどの値段で販売されているラバージグ。自作するだけでコストも抑えられ、自分だけのオリジナルラバージグが完成します。傷んでしまったラバーを交換することもでき…
DAISUKE KOBAYASHI
【ジグヘッドにオキアミ】でボウズとおさらば。冬の海で検証してみたところアジ・カサゴがイージーに釣れました。
オキアミジグヘッドは釣れる!?「水温が下がって魚が反応しない」、ルアーで釣りをしているとつくづくそう感じることもあるので、冬季はエサを使った釣りを積極的にやるようにしています。エサを使うことで、厳しい季節でも釣果…
DAISUKE KOBAYASHI
【細川渡船】鳴門で筏釣り体験してきたので、利用方法などをレポートします。
鳴門の筏釣りを細川渡船で体験。そもそもどういうシステム?時間帯は?料金は?どんな魚が釣れるの?などなど、このようなサービスを使ったことがない方って多くいらっしゃるのではないでしょうか。この体験レポートが参考になれ…
DAISUKE KOBAYASHI
ピシファンのベイトリール【1年間使い込み】その性能はお値段以上?スプールの重量や飛距離をインプレします。
ピシファンのベイトリールを1年間使い込みインプレ。Amazonで何かと目を引くブランド「ピシファン」。本体重量やスプール重量、ベイトフィネスとして使用した時の飛距離ついても、あらためて計測してみました。…
DAISUKE KOBAYASHI