【編集長インプレ】高コスパと噂の21ジグキャスターをレビュー!いろいろな魚を掛けて感じたこと


撮影・編集:TSURI HACK編集部
sponsored by グローブライド株式会社

この夏大注目!ジグキャスターがフルモデルチェンジ

21ジグキャスター インプレ
ダイワのショアジギングロッドのエントリーモデルとして高い人気を誇る『ジグキャスター』が、2021年フルモデルチェンジ。

店頭での売り値が1万円台という魅力的な価格帯で、気になっているユーザーも多いと思いますが……「実際に使ってみなきゃわからない!」ってことで。

3日間、投げ・シャクり倒してきたので、正直インプレをお届けします。


編集部ノグチ
3日間、朝から晩までジグをシャクり続けたことないので、肩が上がらんくなりました……

21ジグキャスターのラインナップ

まずは、21ジグキャスターのラインナップから見ていきましょう。

各モデルともライトショアジギングで使用するルアー・ジグ重量の範囲は、十分にカバーできます。

90Mモデルで比較すると、前作より10gも軽量化され、ハードなショアジギシーンでは軽量化の恩恵はでかいですね。
品番(番手)全長(m)自重(g)継数(本)仕舞寸法(cm)ルアー重量(g)ジグ重量(g)ラインPE(号)本体価格(円)
90M・N2.74190214210~5015~601~220,000
100M・N3.05210215710~5015~601~220,400
90MH・N2.74225214215~6520~801.5~320,400
96MH・N2.90230215015~6520~801.5~320,600
100MH・N3.05345215715~6520~801.5~320,800
100H・N3.05271215720~8030~1002~421,000
編集部ノグチ
ジグ、ルアー ともに、背負える重量の幅が広いのがGOODですね!メインは30〜40gでも潮が速い時なんかに重いジグに対応できるのは嬉しい点。

実釣時のタックルセッティング

21ジグキャスター
今回使用したのは、汎用性の高そうな90MHと100M。

100Mでは30〜40gのジグやスピンテールジグ、ミノーをメインに使用しました。96MHは、40g〜60gのジグ、鉄板バイブレーション、30〜40gのトップウォータープラグをメインに使用。

タックルセッティングは以下の通りです。

■タックルセッティング

  1. ●ロッド:21ジグキャスター100M
  2. ●リール:セルテートLT5000D−CXH
  3. ●ライン:PE1.0+リーダー5号
 

■タックルセッティング

  1. ●ロッド:21ジグキャスター90MH
  2. ●リール:ストラディックSW4000XG
  3. ●ライン:PE1.5+リーダー5号

編集部ノグチ
たまにメーカー違いでリールシートに合わない……なんてこともありますが。

他社リールをつけてもガタつきはありませんので安心ですよ!





21ジグキャスターのファーストインプレッション

細かな装飾がいい感じ

21ジグキャスター デザイン
黒×金の高級感のあるシンプルなデザインです。控えめなコスメはどんなリールにも合わせやすいですね。


編集部ノグチ
実売15,000円前後でこの見栄えは嬉しい!

好みが分かれない見栄えなので、所有感も満たせそう。

トップガイドにはSiCリング搭載

ジグキャスターガイド
一番負荷のかかるトップガイドには、ステンレスの約12倍の硬度を誇るSiCリングが搭載されています。

今回はPEラインのみの使用でしたが、ナイロンラインも対応ということ。

キャストフィール・使用感をルアー別にレビュー

リールシート〜グリップエンドまでが長くて“投げやすい”&“シャクりやすい”

ジグキャスター 竿曲げ キャスト インプレ
実際にキャストしてみると……上記の画像からもわかる通り、しっかりとバット部分から曲がってくれるので、飛距離も十分に出るな!と感じました。

強風&向かい風のシーンで、手投げした際に2番ガイドに絡むことがありましたが、しっかりとウェイトを乗せてキャストすればトラブルらしいトラブルは一度もありませんでした。

リリースポイントも狭くないので、ショアジギング初心者の方でも投げやすいロッドと感じます。


編集部ノグチ
45gタングステンジグを使用した際に、ラインで測ると100mは出ていました。

飛距離重視なサーフゲームでも十分に活躍してくれそうですね。


21ジグキャスター 100M インプレ
リールシートも長いので、しっかりとホールドしてシャクれます。

これは好みの部分かと思いますが、個人的にはもう少しティップが入ってくれるとシャクりのリズムが合うなぁ。と感じました。

動画でキャストとしゃくりをチェック!

よりわかりやすいように、動画でキャストとシャクりを撮影してみました!
しっかりと銅の部分でジグのウェイトが乗り、素直に反発してくれています。

強風だったにもかかわらず、キャスト後のブレも気になりません。
適度にハリがあり、ジグをしっかり跳ねさせることができます。

この後に記載しますが、ジグによってはシャクりの合わないジグ、快適にシャクれるジグが分かれました。

(普段使っているロッドが少し柔らかめということもあり、慣れの問題もあると思います)

ジグ

21ジグキャスター 30gジグ21ジグキャスター 40g ジグ
100M、90MHともにもっとも使いやすかったのが40〜50gのジグたち。気持ちよくぶっ飛んでくれて、シャクりもストレスありません。

30g以下のジグは、地合いになることが多い潮が動いている時や、深場を狙う時には扱いやすいな、と感じました。

ただ、ロッドにパワーがあるので、潮が効いていなかったり、浅い場所ではシャクりのリズムが合わなくなることがありました。


編集部ノグチ
個人的に100Mは45gのタングステンジグ。

潮が動いていれば30gのジグがベストマッチでしたよ!

鉄板バイブレーション・スピンテールジグ

21ジグキャスター 大型鉄板バイブジグキャスター スピンテール
鉄板バイブレーション、スピンテールジグともに30gで使いましたが、ストレスなく使えます。

これ以上の重さの鉄板バイブは、巻き続けるのに手が痛くなるかな?という印象です。

ミノー

21ジグキャスター ミノー
100M、90MHで両方使用しましたが、ミノーの操作性、キャストフィールは申し分なしです!

アクションの感じや潮の動きも感じられ、予想以上に使いやすい。と感じました。


編集部ノグチ
少しハリの強いロッドだったので、ミノーが使いやすかったのは意外でした!

トップウォータープラグ

21ジグキャスター 90MH トップウォーター
トップも快適に使えましたよ!

プラグの重量の幅も広いので、色々なルアー に適応できるロッドですね。




ファイトも安心!パワフルな使い心地

安心してファイトできる!

21ジグキャスター イナワラ
イナダサイズは、余裕でファイトできます。

手前の基礎をよけるために少し強引にファイトをしましたが、PE1.0号でブリクラスまでは十分に対応できるロッドだと感じました。


編集部ノグチ
ブリクラスもかけましたが(バラした)、ロッドが軋むこともなく十分に立ち向かえるパワーがあると思います。

曲がって魚の突っ込みを止められる

21ジグキャスター ファイトジグキャスター カンパチ
寄ってきてからもパワフルに抵抗するショゴ(カンパチの幼魚)も、しっかりとロッドのパワーで止められました。

ライトショアジギングで狙う分には、文句なし! といったところでしょうか。

迷ったらどっち?100Mと90MH

ライトショアジギングロッドの画像
ライトショアジギング入門の方や専用ロッドを持っていない方は、汎用性の高い100Mが断然おすすめです。

ただ、Mクラスのロッドを持っている方には、セカンドロッドとして90MHや100MHの選択肢もアリでしょう。

僕も後者なので、潮が速くて太刀打ちできない状況や大型回遊魚が回ってくる可能性の高い地磯などに行くシチュエーションに持っていきたい番手でした。


編集部ノグチ
実売価格も手が出しやすいので、ガチのショアジギングの世界に飛び込む前に試したい!

なんてニーズに答えられるロッドだと思いますよ。

10,000円台でも十分満足♪21ジグキャスターでショアジギデビュー!

ジグキャスター インプレ21ジグキャスターを3日間投げ続けてみて、いろいろな魚を掛けましたが十分に満足できるロッドでした!

なによりも、ほぼノートラブルだったことが驚き。遠くに投げる・パワフルにファイトできる。といった基本性能は文句なしなので、ショアジギング入門の方にもおすすめできます。

このクオリティで10,000円台なら“買い”なロッドですよ!

 

ITEM
ダイワ 21 ジグキャスター 100M・N
全長:3.05ft
自重:210g
継数:2本
仕舞寸法:157cm
ルアー重量:10-50g
ジグ重量:15-60g
PEライン適合:1-2号


ITEM
ダイワ 21 ジグキャスター 90MH・N
全長:2.74ft
自重:225g
継数:2本
仕舞寸法:142cm
ルアー重量:15-65g
ジグ重量:20-80g
PEライン適合:1.5-3号

関連記事



 

1
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!