ショアジギングの画像

トラブルが発生する前に確認しておきたい“ショアジギングのマナー”

2022/10/31 更新

引きが強くて美味しい青物が、ショアからルアーで釣れるとあって大人気のショアジギング。しかし、釣り人が殺到するために非常にトラブルが多い釣りであることをご存知でしょうか?今回は、そんなショアジギングのマナーを解説します。

目次

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ショアジグはトラブルが多い

ショアジギングの画像

撮影:TSURI HACK編集部

陸っぱりから手軽に大型魚を狙えるため、人気が急上昇中のショアジギング。しかし、近年は人気のあまりしばしばトラブルの話も聞こえてきます。

そこで今回は、トラブルに遭わないためのショアジギングのマナーについてご紹介します。

まっすぐ投げられるようになろう

ショアジギングの画像

撮影:TSURI HACK編集部

ルアー釣りで”まっすぐ投げる”のは基本中の基本ですが、実際にやってみると意外と難しいですよね。

しかし、まっすぐ投げられないと隣の釣り人と仕掛けが絡んでしまいます。トラブルを防ぐために、ルアーをまっすぐ投げれるように練習しておきましょう。

ナブラが発生しても一目散に投げない

ショアジギングの画像

出典:PIXTA

大型魚が海面で小魚を捕食するナブラは、釣り人がもっとも興奮する瞬間でしょう。

自分の正面でナブラが起こったのなら迷わずキャストしてもいいのですが、周囲に釣り人がいる状況で横や斜め方向にキャストするのはNG。

周りを確認せずにキャストをすると仕掛けが絡むので、いくら釣りたいからといっても自制すべきです。

1 / 2ページ