ショアジギングの釣果が変わる!フックセッティングの基本と特徴を詳しく解説

2019/06/12 更新

ショアジギングはチャンスが多い釣りではありません。数少ないチャンスをものにするために、対象魚とメタルジグに合わせたフックのセッティングをするべきです。今回はぼくのアシストフックのセッティングをご紹介します。


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

フックセッティングは釣果に直結

ショアジギングのフックの画像
メタルジグを使うときに悩むことが多い、アシストフック。

「とりあえず付けてりゃいいっしょ!」なんてテキトーに選んでいたらもったいない!

せっかくのチャンスを無駄にしているかもしれませんよ。

ぼくのこだわりをご紹介

ショアジギングのフックの画像
そこで今回は、ぼくなりの“釣れるフックセッティング”をご紹介します。

狙いの魚種や魚の大きさによってフックを変えることで、釣果が格段に伸びるんですよ!

フロントフックのセッティング

ショアジギングのフックの画像
メタルジグのフロント部分には、アシストフックと呼ばれる針を装着します。

頭にフックを付ける目的は、魚が頭を狙って食いついてくるためです。

長さはボディの1/3

ショアジギングのフックの画像
フロントフックの長さは、ボディの1/3のところに針がくるようにセッティング。

短すぎるとバラしやすく、長すぎるとフッキングが悪くなります。

大型狙いはダブルアシスト

ショアジギングのフックの画像
大物狙いの場合は2個のアシストフックを使用します。

ふたつのフックが掛かれば、強烈な引きでもフックが伸ばされにくく、バラシを減らすことができるからです。


リアフックのセッティング

ショアジギングのフックの画像
フロントフック同様にリアフックもとても大切。対象魚によって大きくセッティングが異なりますよ!

小型回遊魚はアシストフック

ショアジギングのフックの画像
ワカシやソウダガツオといった40センチくらいまでの小型青物であれば、リアには短いアシストフックを使用します。

小さい魚はバレやすいので、フロントフックとリアフックでガッチリとフッキングさせる狙いです。

ヒラメ狙いはトリプルフック

ショアジギングのフックの画像
ヒラメは食うのが下手なので、トリプルフックが断然オススメ。アタるけど乗らないなんて時は、トリプルフックを試してください!

大型青物はリアフックなし

ショアジギングのフックの画像
大型の青物狙いであれば、リアフックは付けないことが多いです。

フロントだけでもしっかりと掛かるので、根掛かりなどのトラブルを減らすためにフロントフックだけにしています。

自分なりのフックセッティングを見つけよう

ショアジギングのフックの画像
今回紹介したのはぼくが実釣の中でたどり着いたセッティングですが、地域や状況によって正解は変わると思います。

皆さんも自分なりの最高のフックセッティングを見つけてみてください!

関連記事


ショアジギングのフックの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

六畳一間の狼 SUU

YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!