ハリスの画像

ハリスの基礎知識|素材別の特性やおすすめアイテムを元釣具屋が紹介

ハリスとは、釣りに用いる仕掛け糸のことです。フロロカーボン製ハリスがポピュラーですが、エステルハリスやナイロンハリスがあるのをご存知でしょうか?ハリスの基礎知識を解説し、おすすめのアイテムを紹介します。

目次

アイキャッチ画像提供:tsuki

ハリスとは?

ハリスの画像

ハリスとは、釣り針に結ぶ“仕掛け糸”のことを指します。これに対して、リールに巻く糸は道糸と呼ばれます。

ハリスは水に馴染みやすく、魚から仕掛けを見えにくくすることが主な役割です。

本記事では、元釣具屋の筆者がハリスの基礎知識について解説し、おすすめのハリスを紹介します。

素材ごとの特徴

ハリスの画像

ハリスにはおもに3種類の素材が使われており、素材が変わることで特性も大きく変わります。

各素材ごとの特徴を確認して、使い分けられるようしましょう。

フロロカーボン

フロロカーボンハリスの画像

もっとも一般的なのがフロロカーボン製ハリスです。

伸びが少ないので感度が高く、比重が高いので仕掛け馴染みにも優れます。

また、光の屈折率が小さく、水中で目立ちにくいこともハリスとして多様される理由です。

特別な理由がない限り、ハリスはフロロカーボン製のものを使うのが一般的といえます。

エステル

エステルハリスの画像

フロロカーボンと比べ、直線性が高い、ハリが強い、伸びにくいことがエステルの特徴です。

ハリが強くて伸びにくい分、感度に優れることが最大のメリット。ただし、伸びの少なさゆえに、瞬間的なショックに弱いことが弱点。

投げ釣り仕掛けや胴付き仕掛けのエダスなどに使われます。

ナイロン

ナイロンハリスの画像

フロロカーボンよりも比重が軽く、よく伸びる素材です。

比重が軽いため、仕掛けを漂わせてアピールしたい場合に有効。伸び率が大きいので、瞬間的に強いショックが掛かっても切れにくいこともメリットです。

しかし、感度が悪い、摩擦に弱い、吸水劣化することが弱点といえます。

ハリスの選び方

ハリスは、対象魚や釣り方に応じた太さ(強度)のものを選びましょう。

必要以上に太過ぎると魚の喰いが悪くなり、細過ぎると切られてしまいます。

また、道糸よりも強度が低いものを選ぶことで、根掛かりした際に道糸が高切れするリスクを軽減できます。

おすすめのハリス8選

おすすめのハリスを集めました。ハリス選びに迷ったら参考にしてください。

サンライン スーパートルネード 50m

バランスに優れる、フロロカーボンハリスです。

糸グセが付いたり、糸ツブレが起こったりしないようにパッケージングされています。

リーズナブルながら高品質なのでおすすめです。

東レ トヨフロン スーパーLハード 50m

硬い質感が特徴のフロロカーボンハリスです。

耐摩耗性能に優れるため、根ズレが多い釣りに最適。

リーズナブルかつ硬いハリスを探している方におすすめです。

モーリス バリバス ハードトップ TiNICKS 50m

糸の表面に二重のコーティングを施したフロロカーボンハリスです。

樹脂膜でライン表面を覆うスーパータフコーティングによって、吸水による劣化を軽減。

チタンコーティングで滑りの良さを向上させ、初期段階の対摩擦性能に優れます。

魚が警戒しにくい海藻グリーンカラーのフロロカーボンハリスです。

特殊樹脂加工が施されていることで、非常にしなやかなことが特徴。

トラウトやアジング、メバリングなどのショックリーダーとしてもおすすめです。

クレハ シーガーグランドマックスFX

強さを徹底的に追求しながらも、しなやかさもキープしたフロロカーボンハリスです。

直線強力・耐摩耗性ともに抜群に強いため、通常よりも1ランク細い号数も使えます。

より耐摩耗性を求める方には、オリジナルのグランドマックスがおすすめです。

デュエル H.Dカーボン船ハリス 100m

100m巻きの大容量のフロロカーボンハリスです。

巻きグセがつきにくい太判スプールに巻かれているため、保管が長くなっても安心。

コストパフォーマンスに優れるため、釣行頻度が高い方におすすめです。

リーズナブルなナイロンハリスです。

しなやかなので扱いやすさは抜群。

結束強度に優れ、適度に伸びるため、急なショックが掛かっても切られにくいです。

ゴーセン スーパーホンテロン GP 80m

ハリの強いエステルハリスです。

高感度でアタリがわかりやすく、ハリがある分だけ仕掛けが絡みにくくなります。

投げ釣りやカワハギ釣り、イカメタルの仕掛けを自作する方におすすめです。

ハリスの結び方

ハリスの結び方については下記リンクをご覧ください。

ハリスとハリの結び方

ハリスとサルカンの結び方

ハリスと道糸の結び方

ハリス(ショックリーダー)とPEラインの結び方

ハリスひとつで釣果が変わる!

ハリスの号数や素材を変えるだけで、仕掛けの性格も大きく変わります。

釣り方や釣り場によって適切なものを選べるようになれば、釣果もアップするはずです。

ぜひ、ハリス選びにもこだわって仕掛けを作ってみてくださいね。

画像提供:tsuki

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事