【2022年版】磯竿のおすすめ8選|初心者にも分かりやすく選び方を解説!

2022/08/05 更新

磯竿選びで迷っていませんか?海釣りの基本となる磯竿ですが、なにを選んでいいか分からないビギナーも多いのではないでしょうか。今回は絶対に失敗しない磯竿の選び方と、おすすめの磯竿をご紹介します!

制作者

TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!

TSURI HACK編集部のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

磯竿について

グレ釣りの画像
磯竿とは、本来は磯でメジナ(グレ)を釣るための竿でしたが、現在ではウキ釣りに用いる竿全般のことを指します

繊細なウキ釣りの仕掛けを扱い、引きの強い魚を釣り上げるために、長くしなやかに作られていることが特徴。

磯・堤防でのフカセ釣りやサビキ釣り、電気ウキ釣りと、幅広いウキ釣りに用いられています。

磯竿の選び方

磯竿の画像磯竿は“1.5号5.3m”が王道

磯竿を選ぶにあたっては、号数と長さに注目しましょう。『ダイワ 大島 1.5-53』という製品を例に挙げますと、1.5が号数、 53が長さ(m)を表します。数ある磯竿の中でも、“1.5号の5.3m”は王道規格

ウキ釣り・ウキフカセ・ヤエン・サビキ釣り。チヌ・グレ・スズキ・アジ・サバ・イワシ・イカなど、堤防の人気ターゲットを幅広く網羅しています。70cmオーバーのスズキを釣り上げられるパワーを持ち、 それでいて軽くシャープに振り抜けます。

5.3mは長く感じられますが、長さゆえに幅広い仕掛けや魚種、フィールドに対応。この汎用性の高さが、“磯竿の王道”といわれる所以です。

▼号数について

磯竿の画像
号数の解釈はやや難解ですが、“号数=竿の固さ(パワー)”と覚えておけば大丈夫。

号数が大きくなるほど重いオモリや大型魚に対応できますが、細い糸が使えず、自重も重くなってしまいます。

▼長さについて

磯竿の画像竿を選ぶ際によく口にする「はじめは短い竿の方が使いやすい」というのは、磯竿には当てはまりません

ウキ釣りやサビキ釣りの長い仕掛けを扱うためには、それ相応に長い竿が必要。長いからこそ使いやすいのです。

大物に対応した“3号4.5m遠投”

昨今、YouTubeなどでも見かける青物を狙った“泳がせ釣り”や“大物を狙いの釣り”をしたい。という方は、3-45遠投タイプがおすすめ

3-45遠投タイプは、サビキ・遠投サビキ・カゴ釣り・ノマセ釣り(泳がせ釣り)にベストマッチ。 アジ・サバ・イワシ・青物・タチウオなどが主なターゲットです。

遠投能力とパワーに長けており、重たいカゴ仕掛けを飛ばし、青物の強い引きにも対応可能。1.5号より竿が太く重たくなるため、やや短めの4.5mが快適です。

おすすめの磯竿<1.5-53編>

リバティクラブ 磯風 1.5-53・K(ダイワ)

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5-53・K

全長:5.3m
自重:215g
継数:6本
仕舞寸法:101cm
適正ハリス:1.5-4号


「なるべくリーズナブルな価格に抑えたい」という方におすすめの1本。

価格の割には軽量で、かなり丈夫に作られているのでとても使いやすいと思います。非常に人気が高いロングセラーの磯竿です。

ホリデー イソ 1.5-530(シマノ)

シマノ ホリデー イソ 1.5-530

全長:5.38m
自重:205g
継数:6本
仕舞寸法:103cm
適正ハリス:1.5-4号


アンダー1万円の価格帯で、リバティクラブ磯風と人気を2分するのがホリデーイソ。

こちらも軽量かつ丈夫に作られていることが特徴。2017年にモデルチェンジが行われており、設計が新しい点もGOODです。

ILインプレッサ 1.5-53・Y(ダイワ)

ダイワ ILインプレッサ 1.5-53

全長:5.25m
自重:207g
継数:5本
仕舞寸法:113cm
適正ハリス:1.5-4号


道糸が竿の内部を通るインターライン構造の磯竿です。一般的なアウトガイドの竿に比べて、雨や風による糸絡みなどのトラブルが少なくなります。

少し特殊な竿に感じますが、トラブルが少ないのでビギナーの方にもおすすめです。

ラフィーネ 1.5-530(シマノ)

シマノ ラフィーネ 1.5-530

全長:5.3m
自重:182g
継数:5本
仕舞寸法:114.7cm
適正ハリス:1.5-4


上位機種に肉薄する性能で、ビギナーからベテランまで幅広いアングラーにおすすめのラフィーナ。

搭載されたスパイラルXはロッドのネジレとつぶれを抑制したシャープな使い心地で、軽量なXガイドはライントラブルを抑えたストレスフリーな釣りを実現しています。

がま磯 アルデナ 15-53(がまかつ)

がま磯 アルデナ 15-53

全長:5.3m
自重:200g
継数:5本
仕舞寸法:116cm
適正ハリス:1.25-4号


多くの磯釣り師の憧れである「がま磯」。そんながま磯シリーズの中でも、もっとも手に取りやすいのがアルデナ

最新のT1100GカーボンやCIMガイドが採用されていることに加え、クセのない調子に設計されているため、誰が使っても扱いやすい竿に仕上がっています。

おすすめの磯竿<3-45遠投編>

ホリデー イソ 3号 450PTS(シマノ)

シマノ ホリデー イソ 3号 450PTS

全長:4.51m
自重:200g
継数:5本
仕舞寸法:102cm
錘負荷:5-8号


上記で紹介したホリデーイソの3-45遠投バージョンです。シマノの磯竿は「PTS」が遠投仕様を意味します

遠投磯竿ながら、自重205gの軽さが魅力です。

プロスペック イソ KW遠投 4505(宇崎日新)

宇崎日新 プロスペック イソ KW遠投 3号 4505

全長:4.45m
自重:220g
継数:5本
仕舞寸法:109cm
適正ハリス:2-5


入門者の方はもちろん、次のステップアップにもおすすめの1本。信頼性の高いKガイドを搭載し、糸絡みしづらいのでビギナーでも安心。

低価格帯ながらムダなものを削ぎ落とすことで軽量化しつつ、遠投竿に必要な性能を持った国産ロッドです。

インターラインリーガル 3-45遠投(ダイワ)

ダイワ インターラインリーガル 3-45遠投

全長:4.45m
自重:315g
継数:5本
仕舞寸法:106cm
適正ハリス:3-7号


数少ないインターラインタイプの遠投磯竿です。竿内部には撥水加工がされており、太い糸の放出性能もアウトガイドに引けを取りません。

穂先への糸絡みが少ないため、置き竿スタイルにもマッチします。

磯竿ってめっちゃ楽しい

磯竿の画像
漂うウキが海中に消し込み、ムチのように大きくしなる磯竿。ルアーロッドや投げ竿では味わえない、美しいカーブが魅力です。

磯竿を曲げ込む感覚を味わったら、もうあなたはウキ釣りの虜でしょう。
撮影:TSURI HACK編集部

関連記事


紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD