【覚えておくと超便利】ユニノット・ダブルユニノットの結び方を分かりやすく解説!

2019/03/04 更新

ルアーや金具とラインを結ぶ代表的な方法『ユニノット』。ルアーからエサ釣りまで、幅広いジャンルに使用でき、簡単なので初心者にもおすすめです。ここではユニノットの結び方手順を画像と動画で解説。さらに結束強度を増すダブルユニノットも紹介します。


アイキャッチ画像制作:TSURI HACK編集部

ユニノットとは?まずは動画でチェック

ユニノットはルアーとライン、ハリスとサルカンの結束に便利なノットです。ルアーフィッシングやえさ釣りの仕掛けを作る際に使用されます。

釣り初心者なら最初に覚えておきたい、基本的な結束方法のひとつがユニノット。早速やり方を動画で見てみましょう!

どんな用途・素材に向いているか

ユニノットはナイロン・フロロ素材のラインやリーダーと金具との結束に用いられます。

PE素材やコーティングされたラインには滑りやすいため向いていないと言えます。

>>次ページでは画像で詳しく解説


ユニノットの結び方を画像で詳しく解説!

続いてユニノットの手順を画像でも解説していきます。
手順1.
ユニノット 結び方手順1 リングにラインを通した後、折り返してループを作ります。

手順2.
ユニノット 結び方手順2 ライン先端を作ったループの中に通し、本線ごと5回程度巻きつけていきます。

手順3.
ユニノット 結び方手順3 ライン先端を引っ張り軽く締めた後、本線をゆっくり引っ張りと締め込めば完成です。
画像製作:TSURI HACK編集部

結び方のおさらい

リングにラインを通して折り返し、つくられたループの中に本線ごと5回程度まきつけていけば完成です。

結び方のコツ

コツは「ラインをリングやアイに通した後に折る」ことですが、折った際に2つになったラインを指でしっかり固定して、「1本のラインのように扱うこと」です。


ダブルラインで強度UP『ダブルユニノット』

通常のユニノットに加え、リングにラインを二重に通したものや、ダブルラインで組んだダブルユニノットがあります。

こちらではビッグベイトや重量級ルアーの結束に使いたい、ダブルラインのユニノットも紹介します。

基本手順は通常のユニノットとさほど変わらずに強度も増すのでオススメです。

手順1.
ダブルユニノット1 ラインを折り返し、ダブルラインにします。

手順2.
ダブルユニノット2 リングにダブルラインを通した後、折り返してループを作ります。

手順3.
ダブルユニノット3 ダブルライン先端を作ったループの中に通し、本線ごと3回程度巻きつけていきます。

手順4.
ダブルユニノット4 ライン先端を引っ張り軽く締めた後、本線をゆっくり引っ張ります。

手順5.
ダブルユニノット5 本線を残し、余分なライン3本をカットすれば完成です。
画像製作:TSURI HACK編集部

ユニノットは使い易い結束方法!

ユニノット
撮影:TSURI HACK編集部
ユニノットはラインとルアーや仕掛金具を結ぶのに使いやすい方法です。

簡単に結ぶことができて、幅広い釣りにも対応。強度を増したダブルユニノットもあるので是非マスターしてみてくださいね。

▼おすすめの釣り糸結び方はこちら

ユニノット
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!