【漁師結び】プロが愛用するから強度は高い?針との結束も完全解説!

結束強度が高く、プロの方も愛用する漁師結び。ルアーなどの結束の他に、針・エダスの結束にも、漁師結びがあります。ここでは、簡単で素早く結束が行える2種類の漁師結びの結び方を解説します。


アイキャッチ画像提供:asasei

漁師結びとは

漁師結びの結び方の画像提供:asasei
漁師結びはコツを掴めば、初心者にも簡単にマスターできることで知られているライン接続の方法です。使い方としては、ルアーとリーダーを結んだり、サルカンとラインを結ぶといったケースの他、ラインとフックを結ぶ場合にも使えます。特にルアーでの漁師結びは、完全結びとも言うこともあり、強度においても工夫次第でかなり高い水準にすることができます。結び方はシンプルなので手早くルアーを結んだり、仕掛けを作る際に役立とますのでマスターしておくといいでしょう。

漁師結びの強度

漁師結びの強度の画像提供:asasei
漁師結び以外にも、ラインを結束する方法は様々あります。具体的にはパロマ-ノットやユニノットなどです。上の写真は比較のために、上から漁師結び、パロマ-ノット、ユニノットを並べたものです。漁師結びは比較的こじんまりとした結びになっている印象がありますが、巻数を増やすことでかなりの強度を実現できます。

漁師結び(完全結び)の結び方

漁師結び(完全結び)は、トーナメンターなどプロも愛用しています。ルアーローテーション時に素早く結束が行える上に、高い結束強度があるのでトーナメントでよく使うライン接続方法です。結ぶコツは「ループと端糸を上手に利用すること。」「締め込み時のテンションを最初はゆるく、徐々にきつく締め込むこと。」この二つを確実に抑えておくと、初心者でも簡単にマスターすることができるでしょう。

漁師結び(完全結び)の結び方 画像解説!

漁師結びはルアーとリーダーの接続、ヨリモドシなどへの道糸の接続といった使い方の他、フックとハリスの結節にも使えます。まずは、ルアーとリーダーの接続を順を追って解説します。難しくありませんので記事を見ながら挑戦してみて下さい。

手順1.
漁師結びの結び方手順1の画像提供:asasei
まず最初に、元糸の方向と逆方向に端糸を折り返してループを作ります。
手順2.
漁師結びの結び方手順2の画像提供:asasei
次に先ほど作ったループをルアーのアイに通します。端糸はある程度の長さ分、残して下さい。

手順3.
漁師結びの結び方手順3の画像提供:asasei
ループと元糸に巻き付けるような形で端糸を巻いていきます。まずは1回巻いてみましょう。
手順4.
漁師結びの結び方手順4の画像提供:asasei
さらに数回巻いてみましょう。目安として3回くらいです。

※ワンポイントアドバイス
巻き数をある程度増やすことで、強度が高くなります。
手順5.
漁師結びの結び方手順5の画像提供:asasei
端糸の先端をループの中に通します。
手順6.
漁師結びの結び方手順6の画像提供:asasei
端糸と元糸を持って、それぞれを反対方向に最初はゆるく、だんだん力を入れて引っ張っていき、締め込んでいきます。
手順7.
漁師結びの結び方手順7の画像提供:asasei
最後にきつく締め込んで、端糸の余分な部分をカットします。ルアーとリーダーの接続を例にするとこのようになります。サルカンなどアイのある仕掛金具との接続も同様の手順で行うことができます。

漁師結び 針との結び方

漁師結びの針への結び方の画像提供:asasei
漁師結びは、ラインとルアー、サルカンなど仕掛け金具の接続以外にも、簡単に素早く針とハリスやエダスを結ぶことができる便利さがあります。ラインとルアー、サルカンなどの接続の場合と多少違いますが、方法は簡単ですのでマスターしておくといいでしょう。針とハリスやエダスを結ぶ方法には、漁師結び以外にも内掛け結びや外掛け結びがありますが、漁師結びはこれらより単純で、さらにスッポ抜けし難い点にメリットがあります。

漁師結び針との結び方 画像解説!

それでは、漁師結びで針をハリスに結んでみましょう。図解すると難しそうですがやってみると以外と簡単ですので、挑戦してみてください。

手順1.
漁師結びの針への結び方手順1の画像提供:asasei
フックのチモトを巻くような形で、端糸と元糸でこのようなループを作ります。
手順2.
漁師結びの針への結び方手順2の画像提供:asasei
元糸側でループを作ります。
手順3.
漁師結びの針への結び方手順3の画像提供:asasei
ループを折り返す形でフックをくぐらせます。
手順4.
漁師結びの針への結び方手順4の画像提供:asasei
ループに端糸を通します。

手順5.
漁師結びの針への結び方手順5の画像提供:asasei
端糸と元糸を最初はゆっくり、だんだんときつく締め込んでいきます。
手順6.
漁師結びの針への結び方手順6の画像提供:asasei
端糸と元糸を最後にきつく締め込み、端糸の余分な部分をカットします。
手順7.
漁師結びの針への結び方手順7の画像提供:asasei
このような形で完成です。

漁師結びは簡単で強い!?

釣針と糸が結ばれた画像
出典:PIXTA
漁師結びは慣れると誰でも簡単に使えるライン接続方法です。また必要な強度もあるためプロ御用達の方法となっています。実際のフィールドではライン絡みのトラブルは比較的多いですし、シーバスだと夜間のルアーチェンジはシンプルかつスピーディーにしたいですね。そうした際に漁師結びをマスターしておくときっと役立ちますよ。

漁師結びの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!