【ライトゲームに超おすすめ!】トリプルサージェンスノットを解説!

2020/04/02 更新

トリプルサージェンスノットはアジングなどライトゲームにおすすめしたい、簡単で素早く結べる結束方法です。今回はさらに強度を増す方法も含め、トリプルサージェンスノットを詳しく解説します。


アイキャッチ画像制作:TSURI HACK編集部

トリプルサージェンスノットとは?まずは動画でチェック

トリプルサージェンスノットは、PEやエステルラインとリーダーを簡単に結べるノットです。

それほど強度の出るノットではありませんが、短時間で結べるため、ソルトライトゲームにエリアトラウトでも人気の結束方法。まずは結び方を動画で見てみましょう。

トリプルサージェンスノットのやり方動画はこちら

どんな用途・素材に向いているか

太いラインの場合は強度が出づらく、0.6号未満といったの極細PEやエステルラインを使用するアジングやメバリングなどには最適です。

リーダーが短くなった時や太い先糸を付ける2段リーダーの結束など、緊急用にも使え、電車結びやオルブライトノットよりも強度が出ますので是非覚えてみて下さい。

>>次ページでは画像で詳しく解説


トリプルサージェンスノットの結び方を画像で詳しく解説!

続いてトリプルサージェントノットの手順を画像でも解説していきます。

手順1

トリプルサージェンスノット 手順1 メインラインとリーダーを20センチほど重ねます。

※イラストのピンク色がPEライン、白がリーダー

手順2

トリプルサージェンスノット 手順2 重ねた2本のラインでループをつくります。

手順3

トリプルサージェンスノット 手順3 手順2でできたループに重ねたラインの先をくぐらせます。

手順4

トリプルサージェンスノット 手順4 ループを整えたら、さらに2回、合計3回ほどループに重ねたラインを通します。

手順5

トリプルサージェンスノット 手順5 通したラインがずれないよう、左右にゆっくりとひっぱり締め込みます。

手順6

トリプルサージェンスノット 手順6 締めこんだらメインとリーダーのそれぞれの余分なラインをカットすれば完成です。

>>次ページではトリプルサージェンスノットの強化版を解説


トリプルサージェンスノットの強化版

ここからはエンドノットを追加してトリプルサージェンスノットの結束強度を高める方法もご紹介します。

基本は通常のトリプルサージェンスノットと同じで、最後にエンドノットを施します。よりスッポ抜けに強いので細めのPE素材にもおすすめ。

こちらも動画と画像で解説していきます。

トリプルサージェンスノットのやり方動画はこちら

手順1

トリプルサージェンスノット 手順6 前項トリプルサージェンスノット通常版の手順5の状態から、右側にのびたメインラインをリーダーに巻きつけ、結び目方向にエンドノットをしていきます。

※イラストのピンク色がPEライン、白がリーダー

手順2

トリプルサージェンスノット 手順7 3回ほどエンドノットを終えたら、締めこみます。

手順3

トリプルサージェンスノット 手順8 締め込んだ状態です。

手順4

トリプルサージェンスノット 手順9 メインラインとリーダーのそれぞれの余分なラインをカットします。

手順5

トリプルサージェンスノット 手順10 メインラインがPEであれば、ライターで炙りコブを作って完成です。
画像制作:TSURI HACK編集部

結び方のおさらい

重ねたメインラインとリーダーでループを作って、その中を3回通すだけ。あとはゆっくり締め付ければ完成です。エンドノットで終えれば、スッポ抜けにも強い強化版になります。

ライン同士が重ならないよう、ループが偏らないように締め付けると強度が出ます。

結び方のコツ

・ラインが均等に締まるようにゆっくり締めていく。
・ラインを湿らせてから締め付ける。

簡単に結べてライトゲームに最適

釣場で簡単にできるトリプルサージェンスノットは特にライトゲームで活躍します。

ラインブレイクしたけど、今が時合でFGノットを組みなおす時間がもったいない、というような場合にも最適のノットです。

ライトゲームにも急ぎのときにも使えるトリプルサージェンスノット。是非、覚えてみて下さいね。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
トリプルサージェントノット 手順4
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!