内掛け結び(やり方1)4

【鯛ラバフックにもおすすめ】ハリスと針の基本『内掛け結び』を解説

内掛け結びは『外掛け結び』同様に針とハリスを結束する結び方です。外掛け結びよりもスッポ抜けにくく強い強度を持ち、エサ釣りからアシストフック作りまで使われています。今回は色々やり方はありますが、2つの内掛け結びのやり方をご紹介します。

目次

アイキャッチ画像製作:TSURI HACK編集部

内掛け結びとは?まずは動画でチェック

『外掛け結び』同様に、針とハリスを結ぶ基本的な結び方が内掛け結び。外掛け結びよりも、少しだけ難易度はあがりますが、スッポ抜けにくく安定した強度が特徴です。

内掛け結びのやり方動画はこちら

どんな用途・素材に向いているか

小物から大物の針まで結ぶことが可能な結びです。外掛け結びよりも高い強度の内掛け結びですが、まずは外掛けと内掛けのやりやすいほうから習得していくとよいかもしれません。

>>次ページでは画像で詳しく解説

1 / 3ページ