【鯛ラバフックにもおすすめ】ハリスと針の基本『内掛け結び』を解説

2020/04/02 更新

内掛け結びは『外掛け結び』同様に針とハリスを結束する結び方です。外掛け結びよりもスッポ抜けにくく強い強度を持ち、エサ釣りからアシストフック作りまで使われています。今回は色々やり方はありますが、2つの内掛け結びのやり方をご紹介します。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像製作:TSURI HACK編集部

内掛け結びとは?まずは動画でチェック

『外掛け結び』同様に、針とハリスを結ぶ基本的な結び方が内掛け結び。外掛け結びよりも、少しだけ難易度はあがりますが、スッポ抜けにくく安定した強度が特徴です。

内掛け結びのやり方動画はこちら


どんな用途・素材に向いているか

小物から大物の針まで結ぶことが可能な結びです。外掛け結びよりも高い強度の内掛け結びですが、まずは外掛けと内掛けのやりやすいほうから習得していくとよいかもしれません。

>>次ページでは画像で詳しく解説


内掛け結びの結び方を画像で解説!

続いて内掛け結びの手順を画像でも解説していきます。
一般的な内掛け結びのやり方と、ハリスをカットして巻きつけるやり方をそれぞれ紹介します。

内掛け結びやり方1
ハリスをカットせず結ぶやり方

手順1

内掛け結びバージョン1 手順1 20センチほど余分に先端をだし、ラインでループを作り、針と重ねて指で押さえます。

手順2

内掛け結びバージョン2 手順2 針のチモトからフトコロ部分に向かい、一度本線と針に巻きつけます。

手順3

内掛け結びバージョン3 手順3 手順2同様に、5回以上巻きつけていきます。ラインが重ならないようするのがポイントです。

手順4

内掛け結びバージョン4 手順4 本線側をゆっくりと引っ張っていきます。ここではまだ完全に締め込みません。

手順5

内掛け結びバージョン5 手順5 本線側が針の内側、かつチモトにくるよう結び目をずらし、ライン本線と先端を締め込みます。

手順6

内掛け結びバージョン6 手順6 余分なラインをカットすれば完成です。

内掛け結びやり方2
ハリスをカットして結ぶやり方

手順1

内掛け結び 手順1 まずは使う分プラス20センチほどのラインを用意し、折り返してループを作り、重なった部分と針を指で押さえます。

手順2

内掛け結び 手順2 ループの内側にラインを1度通します。

手順3

内掛け結び 手順3 手順2同様に針と本線に5回以上、ハリスが重ならないよう巻きつけていきます。

手順4

内掛け結び 手順4 巻きつけたら、巻きつけ部分がほどけないよう指で押さえながら、本線側のハリスをゆっくりと引っ張っていきます。摩擦熱がかからないよう濡らすのがポイントです。

手順5

内掛け結び 手順5 本線側のハリスが内側かつチモトにくるよう調整しながら、本線と先端側を引っ張りしっかりと締め込んでいきます。

手順6

余分なハリスをカットすれば完成です。
画像製作:TSURI HACK編集部

結び方のおさらい

ラインで輪を作り針と抑えて、針のチモトからフトコロ側に向かって、本線と針に5回以上巻きつけます。

本線が針の内側、かつチモトにくるように結び目を移動して、締め込めば完成です。

結び方のコツ

・結び目がほどけないよう押さえながら引っ張ること
・本線が針の内側にくるよう最後に調整
・しっかりと締め込むこと

外掛け結び同様、針結びに欠かせない内掛け結び

エサ釣り・アシストフック作りにも使われる内掛け結び。外掛け結びより少し難しいですが、今回ご紹介した2パターンを参考にしてみてください。

▼同じ針への結び、外掛け結びの解説はこちら

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD