【内掛け結び】ハリスと針の2つの結び方、簡単に結べるのはどっち?

内掛け結びは、針とハリスを結束する結び方のひとつ。この結び方が2種類あるのはご存知でしょうか? 簡単に結べる内掛け結びですが、2種類のうちどちらがご自身にあっているか、一度挑戦してみてはいかがでしょうか? ここでは内掛け結びの2種類の方法を解説します。


アイキャッチ画像提供:asasei

内掛け結びとは

内掛け結びの画像
提供:asasei
内掛け結びは仕掛けの作成、特に釣針とハリスの結束でよく用いられるノットワークです。釣針とハリスの結束では、内掛け結び以外に外掛け結びという方法もあります。外掛け結びよりやや慣れるまで時間がかかりますが、ハリスとフックの胴が接する面積が多くとれ、結束強度に優れていると言われています。ハリスをフックの内側、言い換えると胴の腹側に巻き付けていくので内掛け結びといい、ハリスをフックの外側、胴の背側に巻き付けていく外掛け結びと区別します。

内掛け結びの2種類の結び方

内掛け結びには2種類の結び方があります。フックの大きさや胴の長短などで使い分けるといいでしょう。胴の長いフックだとハリスを胴に巻き付ける回数を多く出来、ハリスとフックの接する面積が増えるので強度が大きくなります。いずれの方法もトライしてみて、御自身にとって結びやすいなど、好みに合わせて結び易い方法を選ぶと良いでしょう。

内掛け結び1種類目の結び方 画像解説!

内掛け結びはハリスの締め込みを確実に行えば、ほどけにくく外掛け結びより強度があります。結び方は「ユニノット」をイメージするといいと思います。それでは手順を確認しましょう。

手順1
内掛け結びの結び方手順1の画像
提供:asasei
ラインをフックの腹側に沿わせることを意識しながら、フックのカエシを巻くようにループを作ります。
手順2
内掛け結びの結び方手順2の画像
提供:asasei
ラインをフックの腹側に沿わせることを意識しながら、ループの内側にラインをまず1回通して下さい。

手順3
内掛け結びの結び方手順2の画像
提供:asasei
ラインをフックの腹側に沿わせることを維持しながら、続けて、複数回通して下さい。
手順4
内掛け結びの結び方手順4の画像
提供:asasei
ラインの先と元を持って、胴に巻き付いたラインを軽く、ゆっくり締めて、コブの形を整えます。
手順5
内掛け結びの結び方手順2の画像
提供:asasei
フックを反転させて、ラインの両端を強く引っ張り、きつく締め込みます。その後に余ったラインの先糸をカットして完成です。

内掛け結び2種類目の結び方 画像解説!

内掛け結びには前述の方法以外に、より早く簡単に結束できる方法があります。こちらにもトライして、より結びやすい方法を選ぶといいでしょう。仕上がりは前述の方法と同じです。
手順1
内掛け結び2種類目の結び方手順1の画像
提供:asasei
ラインをフックの腹側に沿わせることを意識しながら、ループを作ります。
手順2
内掛け結び2種類目の結び方手順2の画像
提供:asasei
ループの内側にラインを1回通します。
手順3
内掛け結び2種類目の結び方手順3の画像
提供:asasei
続けて複数回通します。

手順4
内掛け結び2種類目の結び方手順4の画像
提供:asasei
フックの向きを変えて、ラインを引っ張ってコブを締め込みます。
手順5
内掛け結び2種類目の結び方手順5の画像
提供:asasei
余ったラインの先糸を切断して完成です。

内掛け結びを覚えてみよう!

釣針の画像
出典:PIXTA
内掛け結びは仕掛けの作成、特に釣針とハリスの結束でよく用いられ、結束強度に優れたノットワークです。タイなどの大物釣りにも向き、タイラバの針の結束にもオススメです。コツを掴むまで多少時間がかかるかもしれませんが、結び方自体は簡単なのでマスターされるといいでしょう。

内掛け結びの結び方の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!