カルカッタコンクエストMD

【速報】カルカッタコンクエストMDが登場!待望の超ハイギアモデルに注目

シマノ“カルカッタコンクエストMD”が発売決定!

コンクエスト史上初……待望の巻上長100cmオーバーのハイギア仕様に加え、ドラグ力も1kgアップしました。

対巨大魚モデルとなる『モンスタードライブ(MD)』丸型リールに注目です!

目次

シマノ丸型リールにMD(モンスタードライブ)が新登場!

カルカッタコンクエストMDカルカッタコンクエストMDカルカッタコンクエストMD

黄金色の丸型ベイトリール“カルカッタコンクエスト”。ルアーアングラーなら知らない人はいないといっても過言ではない超有名機ですね。

2022年にXGモデルがリリースされ、最大の弱点とも言われていた遅さ(ギア比)が改善されました。

そして、2023年! 今度は巨大魚対応のモデル『モンスタードライブ(MD)』が新登場します!

カルカッタコンクエストMDほか注目の新製品動画はこちら

by TSURIHACK TV

23カルカッタコンクエストMDの搭載機構と特徴

カルカッタコンクエストMDのスプール径

ビッグベイトやジャイアントベイトの使用や大型魚とのファイトには、太糸の使用が大前提。

カルカッタコンクエストもMD仕様となり、ラインキャパが大幅にUPしました。

コンク史上初!待望の超ハイギアモデル

カルカッタコンクエストMD300ハンドル1回転101cmと超ハイギア仕様のカルカッタコンクエストMD。

手返しの良さはもちろん、スピードで食わせのスイッチを入れるようなターゲットや遊泳速度が早くて動きが読みにくい魚種とも戦えます!

パーミング性能が向上

当時の200番クラスと同等サイズのため、大型の丸型リールは巨大というイメージはカルカッタコンクエストMDには当てはまりません。

また、全高が低くなったことでパーミング性能も向上。とても握り込みやすくなっています。

新ブレーキシステム「SVS MD TUNE」

カルカッタコンクエストMDブレーキシステム

出典:シマノ

キャストの伸びを支えるSVS遠心ブレーキと、対バックラッシュ性能の外部ダイヤル式マグネットブレーキが融合したのが、新ブレーキシステム「SVS MD TUNE」

一度内部のブレーキシューを決めてしまえば、風向きなど細かな状況変化には外部ダイヤルでブレーキ設定が可能に。

従来モデルよりもクイックかつ簡単にブレーキ調整ができるようになっています。

レベルワインド連動機能

カルカッタコンクエストMD

出典:シマノ

ドラグが引き出される際に、レベルワインドが連動する機能が搭載されました。

外部ダイヤル式マグネットブレーキシステムをボディA側(ハンドル側)に配置したことにより、レベルワインド連動機能に必要不可欠な連結ギアを搭載できるようになりました。

レベルワインドが連動してくれることで、滑らかで安定したドラグ力を発揮できます。

圧巻の巻き心地|丸型リールを選ぶ理由

カルカッタコンクエストMD

“巻き感”こそ丸型リールの長所

大きくて遅いと言われてきた丸型リールですが、しっかりとした握り込めるため巻き心地だけはロープロよりも滑らかで軽いと評判。

この巻き感を求めて丸型リールを使用する人も多いはずです。

超ハイギアでも安定感抜群な巻き心地

超ハイギアモデルになったら巻き感が気になるところですが、そこは丸型リールの真骨頂、カルカッタコンクエストMDではハンドルがボディの中心に近づいたこともあって圧巻の巻き心地です。

滑らかな巻き心地を実現するマイクロモジュールギアだけでなく、回転抵抗を劇的に軽減するインフィニティドライブノブの採用により、非常に軽くて滑らかな巻き心地が実現されています。

ロングハンドルモデルがある

LH(ロングハンドル)モデルでは、より力強く効率的な巻き上げを可能とする51mmのハンドルが装着されています。

また、LHモデルは、どの角度からでも巻き上げられる丸型ノブが採用されています。

至高の所有感|カルコンは最高にカッコいい

大魚に挑みたくなるリール

技術の進歩によって握り込みやすいサイズ感になってきたカルカッタコンクエストですが、カッコ良さと存在感は昔と変わらず圧倒的。

黄金に輝くカルカッタコンクエストMDを苦労して釣り上げた大魚の横に添えて写真を撮りたくなりますね。

カルカッタコンクエストMDのスペック・ラインナップ

カルカッタコンクエストMDは300番、400番のラインナップ。

ソルト・淡水シーンを問わず、あらゆる状況を想定した対モンスタースペックですよ。

品名(番手)巻取り長さ(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)糸巻き量 ナイロン(lb-m)糸巻き量 PE(号-m)メーカー希望本体価格(円)
300XG1017.5335820-160、25-1354-180、5-140、6-12064,800
300XGLH1017.5360820-160、25-1354-180、5-140、6-12064,800
301XGLH1017.5360820-160、25-1354-180、5-140、6-12064,800
400XG1017.5340820-235、25-2004-260、5-210、6-17064,800
400XGLH1017.5365820-235、25-2004-260、5-210、6-17064,800
401XGLH1017.5365820-235、25-2004-260、5-210、6-17064,800

カルカッタコンクエストMDの発売予定時期は?

カルカッタコンクエストMD

カルカッタコンクエストMDは、2023年4月発売予定

既に一部のECサイトでは予約が開始されています。定価は64,800円。実売価格は57,000円前後。

対モンスタースペックのカルコンMD、ぜひチェックしてみてくださいね!

シマノ公式ページはこちら

 

シマノ カルカッタコンクエストMD 300XG

シマノ カルカッタコンクエストMD 300XGLH

シマノ カルカッタコンクエストMD 301XGLH

シマノ カルカッタコンクエストMD 400XG

シマノ カルカッタコンクエストMD 400XGLH

シマノ カルカッタコンクエストMD 401XGLH

関連記事