高田 雄介

高田 雄介の投稿記事一覧

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

作成したまとめ

教えてビックリマン!シーバスが釣れるポイントの選び方は?【ベイト&シーズン編】
シーバス釣りは上級者と初心者では大きく釣果に差が出る魚です。その理由はもちろん多くの事柄が挙げられますが、最も釣果に差が出る事由はポイント選択でしょう。上級者は高い精度でシーバスの濃いエリアや大型シーバスが潜むエ…
高田 雄介
常識外の飛距離と水平姿勢で攻めろ! レベルクランクの特徴と使い方まとめ
レベルクランクはレイドジャパンのクランクベイトシリーズ。バイブレーションプラグ並みの飛距離と、水平姿勢をキープするアクションが特徴です。レベルクランク、レベルクランクミッドについて紹介します。…
高田 雄介
スワールテールシャッド
まさにワーム版メタルマル! 『スワールテールシャッド』のアクションが凄い
スワールテールシャッドは、インクスレーベルから発売されているシャッドテールワーム。ブレードの回転と似た波動を出す『スピンムーブテール』が最大の特徴です。根魚から青物までターゲットに出来るワームをご紹介します。…
高田 雄介
自発アクションでバイトを誘発!『G.C.ハスゴップ』はi字系プラグの完成形かも
ハスゴップは一誠から発売されているi字系プロップベイト。プロップとブレードが装着され、既存のi字系には無かった自発アクションを発生させるのが特徴。ハスゴップの機能や使い方をご紹介します。…
高田 雄介
アカメ
【アカメ連載②】東京から3万円~で高知遠征!幻の魚を手にするための基本編
日本三大怪魚の一角として、また多くのアングラーの憧れとして夢を魅せ続けてくれるアカメ。かつては情報が出ることのない知られざる釣りでしたが、SNSの発達もあり、情報を得ることが可能になった近年は、以前よりアカメに夢…
高田 雄介
ジョルティ
マックス80m!『ジョルティ』がジグヘッドの常識を覆す飛距離を叩き出す理由とは?
ジョルティは、ブルーブルーから発売されたルアー。特殊なヘッド構造と独自の重心設計で、最大80メートルにも及ぶ常識外の飛距離を叩き出したジグヘッドです。ジョルティの秘密と特徴とは?…
高田 雄介
ミナミハタンポ
高級魚顔負けの美味! ミナミハタンポの食べ方と特徴
ミナミハタンポは海釣りの外道として扱われることが多い魚で、釣り人の間では無下に扱われていますが、実は高級魚にも迫る美味だとか。そんなミナミハタンポの美味しい食べ方や特徴をご紹介します!…
高田 雄介
多面体ヘッドで根掛かり激減!根魚玉の特徴と使い方のまとめ
根魚玉は一誠から発売されているロックフィッシュ用のジグヘッド根魚玉の特徴や使い方についてまとめて紹介します。…
高田 雄介
アイバイアイシャッド
奇跡のコラボルアー『アイバイアイシャッド』! 各タイプの特徴まとめ
アイバイアイシャッドは、イマカツ×メガバスによる奇跡のコラボで生まれたルアー。マイクロLBO等の最新技術が惜しみなく投入された、ハイスペックシャッドです。TYPE-RからTYPE-3まで、各モデルの特徴をまとめて…
高田 雄介
テンス
テンスの美しい白身は美味!特徴と美味しい食べ方のまとめ
テンスはベラ科テンス属の魚。投げ釣りの外道として稀に釣れるマイナーな魚ですが、白身の美味しい魚。テンスの生態や食べ方について紹介します。…
高田 雄介
カバースキャット
ソルト含有率40%超! 『カバースキャット』の超高比重ボディでカバーを攻略!
カバースキャットはデプスから発売されているカバー攻略特化型ワーム。カバースキャットの特徴や使い方をご紹介します。…
高田 雄介
ドラド
ドラド | 『川の虎』こと黄金色に輝く南米の怪魚の特徴・釣り方とは?
ドラドは、中南米から南米を原産地とし、その強烈なアタックや引きの強さ、黄金色に輝く美しい魚体でゲームフィッシュとして非常に人気があります。ドラドが釣れる場所、釣り方についてまとめてみました。…
高田 雄介
カナガシラ
カナガシラの美味しい食べ方は? ホウボウにそっくりな美味しい魚のレシピ
カナガシラはホウボウ科カナガシラ属の魚。釣りでも外道として稀に釣れるマイナーな魚ですが、白身の美味しい魚だとか。カナガシラの生態や食べ方についてまとめて紹介します。…
高田 雄介
スティーズスピナーベイト
スティーズスピナーベイト| 攻守のバランスに優れた天才肌のスピナーベイトの特徴に迫る
スティーズスピナーベイトはダイワから発売された新作スピナーベイト。随所に盛り込まれた革新的な機構が魅力のルアーです。スティーズスピナーベイトの特徴や使い方についてまとめて紹介します。…
高田 雄介
高知のアカメ
【アカメ連載①】アカメ釣りの歴史から読み取る“私たちが守るべきマナー”
近年の“怪魚釣り”ブームにより盛り上がりを見せる高知のアカメ釣り。今こうやって自由にアカメ釣りができる背景には多くの人の努力とアカメへの愛があります。今回はアカメ釣りを末永く楽しむために守っていきたいマナーや、初…
高田 雄介
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!