ビックリマン高田の投稿記事一覧

琵琶湖のバスフィッシングガイドと海外遠征釣行プロガイドをやっております。バスフィッシングを中心に怪魚やソルトまでなんでも好きです。トランスセンデンスプロスタッフ/HIDEUPフィールドスタッフ。
twitter instagram

作成したまとめ

夜釣りにおける“ヘッドライトのマナー問題”を様々なアングラーにインタビューし、真剣に考える。
夜釣りにおいて重要アイテムのヘッドライトですが、時折”使い方のマナー”について問題視されることがあります。そこで今回は様々な立場のアングラーにインタビューをして、ヘッドライトの使い方のマナーについて真剣に考えてみ…
ビックリマン高田
多くのアングラーが“誤解”している“冬バス”のこと。間違った“常識”をアップデート!
冬のバス釣りって厳しいですよね。でもじつは、冬はデカバスが釣れる可能性の高い季節でもあるのです。今回は多くの人が誤解している冬のバス釣りについて解説し、皆さんの冬バスキャッチに役立つ情報をお届けいたします!…
ビックリマン高田
放置やノーアクションでバスが釣れる3つの理由【プロガイド直伝】
バスがルアーを食べたくなるようにアクションさせる。バスフィッシングの醍醐味ですよね。ところが放置やI字形などのように動かない、動かさない"ノーアクション"のほうが釣れるということが度々起こります。今回はそんなノー…
ビックリマン高田
使わないバスルアーが大量に増えていく問題。〜ルアーの必要性について見つめ直す〜
買ったはいいけど使っていない。使い所が分からない。皆さんのボックスの中には、そんなルアーはありませんか?今回はボックスの肥やしになりがちなルアーをどうすればキッチリ使う事ができるのか?ルアー選びの根本から考えてみ…
ビックリマン高田
ジョーダン(HMKL)をインプレ。ワカサギパターンで大爆発したi字系ルアーの使い方を伝授
ジョーダン(HMKL)をプロガイドがインプレ。琵琶湖においてモンスターフィッシュが連発しているワカサギパターン。そのワカサギパターンにおいて、ワカサギを捕食するバスを狙うためにi字形プラグが用いられます。様々なi…
ビックリマン高田
時間もねぇ!金もねぇ!近くに手頃な池もねぇ!なアングラーがバス釣りを上手くなる方法。
時間とお金は有限です。今回は限られたリソースの中で、釣りが上手になる方法(効率的なバス釣り術)について考えていきたいと思います。…
ビックリマン高田
スライドスイマー250は釣れるジャイアントベイト【プロガイド推薦】通算100匹以上釣った使い方&タックルセッティングも解説
デプスのスライドスイマー250を解説。琵琶湖でプロガイド業を営む私ビックリマン高田が、もっとも信頼をおくジャイアントベイトがスラスイ250です。快適に扱うためのタックルシステムや、バイトを引き出すコツを伝授します…
ビックリマン高田
アウェイ釣行のすゝめ【上達への近道】新規フィールドに挑戦すれば、ホームでもっとバスが釣れるようになります!
バスフィッシングを楽しむ上で、全てのバサーにあるであろうホームグラウンド。ずっと通い込んでいる親しみのあるフィールドでのバスフィッシングはとても楽しいものです。ホームの釣りが面白いから他のフィールドには行く必要が…
ビックリマン高田
【プロガイドが語る】バスロッドを折ってしまう人の共通点
よくロッドを折ってしまう人には共通した”特徴”があった!?ロッドメーカーのスタッフであり、日常ガイドで多くのゲストと接する機会のある筆者がその特徴について解説!原因を知る事でロッドの折れを未然に防ぎましょう!…
ビックリマン高田
見切られる前に狂わせろ!【スーパーハイスピード】をモノにすればハイプレッシャーでもデカバスに出会えます
バスは新しく見慣れないアクションに反応する魚。日々、バスたちと知恵比べをするかのように、アングラーが様々な新しい釣り方を模索しています。今回はプロガイドとして活動しているビックリマン高田が、「本能を刺激するアクシ…
ビックリマン高田
【ボート&オカッパリ】バス釣りはどちらも経験すべき!それぞれで身に付くスキルの違いとは?
バス釣りは大きくわけて、オカッパリとボートという2種類の楽しみ方があります。そのどちらも経験することで、それぞれ異なるスキルが身に付くのです。今回は琵琶湖プロガイドでありながら、日本全国のフィールドをおかっぱりで…
ビックリマン高田
誰でも出来て釣果1.5倍⁉︎バス釣りの超簡単メソッド【〇〇】を意識するだけ。
バス釣りの音に対する気づかいって、実はとっても重要なんです!昔から魚釣りは「静かに釣れ」などと言われていますが、僕も音に非常に気をつけて釣りをしています。だって、お金も練習も不要な上に、少し気をつけるだけで、いつ…
ビックリマン高田
19ヴァンキッシュ【C2500&C3000】をバス用メインリールに導入した4つの理由
シマノの汎用スピニングリール『19ヴァンキッシュ』をレビュー。今年から本格的にプロガイドとして、毎日のように1日10時間以上湖上(琵琶湖)に浮かぶ毎日を送っています。その僕がなぜヴァンキッシュを選んだのか?その理…
ビックリマン高田
ルアーとはそもそもが“不自然”なもの!バスの“間違い”を意図して起こす5つの具体策
時は令和。ハイプレッシャー化が進むフィールドでバスを釣るには、彼らに“間違えてもらう”ことが重要だった!?どうすれば間違いを起こすことができるのか、具体例を交えて解説していきます。…
ビックリマン高田
スモールマウスバスってどんな魚?【桧原湖・野尻湖】釣り方やおすすめルアーを釣行前にチェック!
スモールマウスバスの生態や釣り方、ポイントの見分け方やおすすめルアーまで。ラージマウスバスとの違いを知ることで、スモールマウスバスフィッシングはより楽しいものになりますよ。…
ビックリマン高田
スタッガースティックの釣れ方がエグいってば…。2021年早々、大爆釣した新作ワームを鬼レビューします。
スタッガースティックをレビュー。今年のプリスポーンバスのほとんどを釣った、エグいルアーがあるのです。しかも新製品。そのルアーとはHIDEUP(ハイドアップ)のスタッガースティック5インチ。使い方やリグなどを徹底解…
ビックリマン高田
スプリットショットリグは“令和”だからこそ効く!?|今のバスにとっては未体験の衝撃
今や日本屈指のスーパーハイプレッシャーレイクである琵琶湖。そんな琵琶湖で火を吹いているのがスプリットショットリグ。今の世間の認識はシンプルで昔からあるちょっと古臭いリグ。強いて言うなら初心者用…ただかつて定番リグ…
ビックリマン高田
【セコ釣りの呪縛】小さいルアーはセコイのか?〜令和ハイプレッシャー時代の戦略〜
セコ釣りなんて言葉がありますが、はたして小さいルアーは本当にセコいのでしょうか!?時代は令和ハイプレッシャー時代。”セコい"という呪縛から抜けだし、広い視野を持つようになれば、バスフィッシングはさらに楽しくなるハ…
ビックリマン高田
琵琶湖のミドスト事情。タックルと釣り方を超解説。おすすめのワームとジグヘッドはこれ!
琵琶湖でも流行中のミドストについて。ミドストとは『ミッドストローリング』の略で、中層でワームを漂わせるように泳がせるテクニックです。もともとはリザーバーなどで人気に火が尽いたテクニックですが、近年では琵琶湖でもそ…
ビックリマン高田
ビッグベイト釣れない!と嘆く人へ。釣りやすいタイミングとマスターするコツとは?
ビッグベイトは釣れないのか?2000年代初頭にブームが到来して以来、日本のバスフィッシングシーンにおいても多くのビッグベイトがリリースされましたね。ところが買ってみたはいいものの、釣れたためしがないというアングラ…
ビックリマン高田