ビッグベイト釣れない!と嘆く人へ。釣りやすいタイミングとマスターするコツとは?

2021/04/20 更新

ビッグベイトは釣れないのか?2000年代初頭にブームが到来して以来、日本のバスフィッシングシーンにおいても多くのビッグベイトがリリースされましたね。ところが買ってみたはいいものの、釣れたためしがないというアングラーも多いでしょう。そこで今回はビッグベイターである筆者が、釣れない理由と一匹に近づくコツを解説していきます。

アイキャッチ・本文画像提供:ビックリマン高田

検索され続けている悲しきキーワード!?

ビッグベイト 釣れない
ビッグベイトで釣れるバスはデカバスが多く、なによりエキサイティング!

2000年代初頭にビッグベイトブームが到来して以来、日本のバスフィッシングシーンにおいても多くのビッグベイトがリリースされました。

ブームから20年以上経った今もなお、新たなビッグベイトが生まれ続けており、ビッグバスを狙うアングラーにとっては定番のルアージャンルの1つになりました。

高田
ところがそんなビッグベイト。検索され続けている”悲しいキーワード”があるのです。

ビッグベイト + 釣れない

ビッグベイト 釣れない
そうなんです。”ビッグベイト 釣れない”。大ブームを引き起こし、今もなお愛用者の多いビッグベイト。

ところが「たくさん持っているけど釣ったことはない」「釣りたいと思って投げてはみるけどバイトすらない」そういう人も少なくないようです。

もしかすると今ご覧のあなたも、お手持ちのビッグベイトで釣る方法を求めてこのページに辿り着いたのではないでしょうか?

高田
ビッグベイトで1匹も釣ったことがない人や、たくさん釣れるようになりたい人。そんな人のために”ビッグベイトで魚を釣る”方法を徹底解説します。

そもそもなぜビッグベイトが釣れないのか?

高田
ビッグベイトの釣り方を考える前に、なぜ”ビッグベイト”が他のルアーと同じように釣れないのかを考えていこうと思います。

ルアーの大きさが信じられず、投げきれてない

タイニークラッシュ
アングラーがビッグベイトを信頼しておらず、使用の時間が短い=釣れる確率が下がるという理由です。

近年のバスフィッシングはプレッシャーが上がっていることもあり、少し釣りをするだけではなかなかビッグベイトで結果を残すのは難しいでしょう。

高田
主観ですがビッグベイトが釣れない最大の理由はコレかなと。どんなルアーでも投げる時間が短いと釣れる確率は格段に下がりますから。単純な話ですね。

小さなビッグベイトを使用しているので、最大の武器を活かせてない

ビッグベイト 小さい
小さめのビッグベイト”は、もはやビッグベイトなのだろうか?

ビッグベイトの最大の武器は、そのビッグサイズボディが持つ圧倒的存在感。ですが、グーグルでは“ビッグベイト 小さめ”というワードもよく検索されているようです。

各ビッグベイトをダウンサイジングさせたルアーであれば、専用タックルがなくても扱え、小さめのほうが少しは釣れる気がする……という心理もあるのかもしれませんね。

しかし、それではビッグベイトが本来持つ能力を体感できていない可能性があります。

高田
「160mmサイズでは反応しないのに、250mmサイズに変えた途端いきなりバイトが!」そんなシーンも珍しくありません。中途半端なサイズよりも、とことんビッグなルアーを使うことが良いこともあります。

メインベイトに対してルアーが大きすぎる

エビ
これは小さなベイトを偏食しているバスに対して、ビッグベイトを投入しているパターンです。

4cmほどのエビを捕食しているバスに18cmのルアーを投入しても釣れる確率は下がってしまうでしょう。

上級者はそのような状況を逆手にとり、絶妙なアクションで偏食バスを釣ったりもしますね。しかし、「これからビッグベイトで釣りたい!」という人にはあまり適さない魚でしょう。

高田
経験上、ブルーギルやウグイなどの大きいベイトを捕食している魚や、テリトリー意識の強い魚を探して狙うと、比較的簡単に口を使ってくれます。

対象のバスに対してビッグベイトがでかすぎる?

ガンタレル
狙っているバスが小さすぎてビッグベイトをそもそも噛むことができないパターンです。とはいえ、バスは30cmを超えるとビッグベイトにも平然とアタックしてきます。

ビッグベイトでは釣れないサイズしかいないフィールド、この近年でいえば稀でしょう。

高田
いまだに溜池(野池)などでは、そのような現象が見られることがあります。

関西以外では釣れない?

相模湖 ビッグベイト
ビッグベイトはどうしても西のルアーと思われがちです。関西のデカバスフィールド以外ではビッグベイトが釣れない、そんな先入観がビッグベイトが釣れない理由になってしまっていませんか?

実際のところビッグベイトは全国、それどころか世界中のフィールドで有効なルアーです。きっとあなたのフィールドでもチャンスはあります。

高田
筆者も実際に関東のメジャーフィールドで、ビッグベイトフィッシュを釣ってきました。


 




ビッグベイトではじめての1匹を釣るために

さて、ここまではビッグベイトで釣れない理由をつらつらと述べてきました。逆に言えば、釣れない理由をひとつひとつ消化していけば釣れる。そういうことになるでしょう。

高田
具体的にビッグベイトではじめての1匹を釣るために、どうすればいいのか気になりますよね。明日からすぐに実践できる、ビッグベイトの使い方のコツを解説します。

その①:春に投げまくって威嚇バイトを狙う

春
ビッグベイトで最初の1匹を釣るための最短ルートは、ズバリ春に投げまくることです。スポーニング(産卵)という一大イベントがあるため、シャローにビッグバスがたくさん入ってきます。

この時期はプリ〜ミッドまでテリトリー意識が強くなり、ビッグベイトなどの存在感のあるルアーに威嚇バイトさせやすくなる時期です。

ビッグベイト
高田
春は質量の大きい物体に威嚇バイトしやすい時期なのです。

その②:巻くことだけでなく“止め”を意識する

ジョイクロのS字
ビッグベイトにはそこにあるだけでバスのバイトを誘発するパワーがあります。そのため同じ場所で見せ続けるようなアクションが重要です。

また動いているルアーを急にストップするアクションも有効です。すなわち止め(ポーズ)が大事と言えます。

ただ巻き続けるだけではバスが付いてくることはあれど、なかなか口を使わせるのは難しいことが多いでしょう。

そんな時にポーズを意識することでビッグベイトに口を使わせることができるかもしれません。

その③:“ビッグベイト”という先入観をなくす

『ビッグベイト』と聞くだけで、途端に難しいルアーのように感じてしまいますね。なかなか釣ったことのないルアーは信頼して使い続けることができませんよね。

高田
ビッグベイトを信頼して投げられるようになるには、言い聞かせのようなマインドが必要です笑


ビッグベイト
ビッグベイトを特別なジャンルと思わずに、脳内でこのように変換してしまえば、先入観を払拭できるはず

ビッグベイトというルアーは1つのジャンルで括られていますが、よくよく考えてみてください。

高田
リップ付きのビッグベイトはいわばクランクですし、アクションを加えたジョインテッドクローはジャークベイトと認識してしまってもいいでしょう。サイズの先入観を取り払うと有効なシチュエーションが見えてきます。


マッディウォーターで障害物に当てて使いたいときはクランク系のビッグベイトを。クリアウォーターならS字形ビッグベイトをつかいナチュラルに視覚で狙うといいでしょう。

ビッグベイトと特別視せず、特異なシチュエーションにおいて効果的に使ってあげれば、ビッグベイトフィッシュはグッと近くなるでしょう。

その④:臆せず障害物を攻める&当ててバイトを狙う

ビッグベイトを障害物へタイトに
ビッグベイトは高価です。そのためどうしてもカバーやストラクチャーに投げるのに躊躇してしまいますね。

しかし、考えてみてください。普通のサイズのルアーも基本はストラクチャーやカバーを攻めなければ釣れにくいもの。ビッグベイトもこの点は同じです。

高田
おすすめはリップ付きビッグベイト。障害物の回避能力も高いので、根がかりリスクを減らすことができます。結果的に1匹に繋がる確率もグッと高まるのです。

とはいえ最後は精神力!とにかくキープキャスト!


こんなでかいバスをビッグベイトで釣りたくないですか?

本末転倒感もありますが、やはりルアーフィッシングは投げ続けてなんぼ。「これで釣りたい!」という気持ちで投げ続けることが最高の1匹をもたらしてくれるでしょう。

上記のポイントを意識しながら信じて投げ続ける。そうすればきっとあなたのビッグベイトに襲いかかってきますよ。

 
撮影・文:ビックリマン高田

ライタープロフィール


ビックリマン高田
海外釣行ツアーChillTrip所属のプロガイドであり、Transcendenceのロッドデザイナー。国内の釣行はバスがメインですが、GTから近所の小魚まで淡水海水問わずになんでも釣ります。とくに琵琶湖の釣りが得意分野です。年間釣行日数は300日。

ライター記事一覧はこちら

関連記事

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!