エギングロッド

【2022】エギングロッド大全|最新モデル48本&おすすめの愛竿を紹介

「どんなエギングロッドを選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

長さ・パワーなどのエギングロッドの選び方を解説し、2022年最新の人気ロッドをメーカー別にまとめました。

愛用しているおすすめロッドも紹介します。

目次

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

エギングロッドを選ぶ基準は?

エギングロッドで釣ったアオリイカエギを操ってアオリイカを狙うエギングは、堤防などから手軽に楽しめて多くの釣り人に人気です。

人気故に多くのアイテムが発売されており、ロッド選びもだんだんと複雑になってきているのが近年の状況といえるでしょう。

本記事では、元釣具屋の筆者がエギングロッドの選び方を解説し、メーカー別に人気のロッドを紹介します。

エギングロッド選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

▼人気エギングロッドの使用感を検証した記事はコチラ

エギングロッドの選び方1. 長さ

エギングロッドで底取り

エギングロッドの長さのバリエーションは近年多様化しています。

長さ別の特性を踏まえて釣り場や用途に合わせたものを選びましょう。

操作性抜群のショートロッド(7ft前後)

7ft前後の短めのロッドは軽量で操作性が良いことが特徴です。

シャクリからフッキングまでをスムーズに行うことができ、シャクリ続けても疲れにくいのが短いロッドのメリット。

また、穂先から手元までが短く、軽量であることも相まって感度も向上します。

ただし、足場が高い場所や、風が強い状況では糸フケが出過ぎることがデメリットです。

オールラウンド(8ft前後)

エギングにおいて長すぎず短すぎずの丁度良いバランスが8ftクラスのロッドです。

ショートロッドと比較すると飛距離を伸ばせ、ロングロッドよりも操作性の面でアドバンテージがあります。

はじめての1本や汎用性を求める方には、8ft3in〜8ft6inのロッドがおすすめです。

遠投向けのロングロッド(9ft以上)

9ft以上の長めのロングロッドは、ロッドの長さを活かしてより遠くにエギをキャストする釣りに向きます。

磯やサーフといったポイントや、沖の潮目など遠くのポイントを狙う場合におすすめです。

また、足場が悪い場所や高い場所で糸フケの操作が楽になるのもメリット。

しかしながら、短いロッドと比較すると重たくなるため、操作性はやや劣ります。

エギングロッドの選び方2. パワー(硬さ/適合エギ)

エギングロッドでシャクリ

他のルアーロッドと同様に、エギングロッドにも数段階のパワー(硬さ)の設定があります。

メーカーによっても若干の差異はありますが、パワーを大きく3段階に分けて、それぞれの適正を解説します。

小型エギ向きのL・MLクラス

LやMLクラスは柔らかいロッドに分類されます。

竿がよく曲がることで軽いエギでも飛距離を稼げ、シャクってもエギが動き過ぎないことがメリットです。

とくに秋イカに使用する小型のエギは重量が軽く、シャクリすぎると浮いてしまうので柔らかめのロッドと好相性。

また、軽くて感度がよく、ロッドが柔軟に力を吸収してくれるために身切れを軽減できることも特徴です。

ただし、重たいエギは飛距離を伸ばしにくく、シャクッた際の抵抗を大きく感じます。

オールラウンドなMクラス

2.5号〜3.5号までの幅広いエギに対応し、もっとも幅広く使えるのがMクラスです。

小型エギの操作性はL/MLクラスに劣りますが、年間を通じてもっとも使用頻度の高い3.5号のエギを快適に操作できます。

年間を通して活躍するロッドですので、はじめの1本や汎用性重視の方はMクラスのロッドがおすすめです。

大型エギ・大型イカにはMHクラス

3.5号のディープタイプやそれ以上の大型エギに対応するのがMHクラスです。

重たいエギにもしっかりと力を伝えてキビキビとアクションさせることができ、3kgを超えるような大型アオリイカでも問題なくやりとりができる安心感もあります。

しかし、Mクラスまでのロッドと比べると使う状況は限られるでしょう。

エギングロッドの選び方3. 重量

エギングロッドのグリップ

エギングは一日中ロッドをシャクり続ける釣りなので、ロッドの重量はかなり大事な要素です。ロッドの重量とバランスによって、釣りの快適さが大きく異なります。

軽いロッドがおすすめ

前述したように、エギングはロッドでのアクションが非常に多い釣りなので、できるだけ軽いロッドを選ぶのがセオリーです。

基本的には、短めのロッドや柔らかめのロッドは重量が軽く、長めのロッドや硬めのロッドは重たくなる傾向にあります。

ロッドのバランスに注目

数字だけで判断できないのが、バランス(重心位置)です。

軽いロッドにも種類があり、ロッドの先端側が軽量に仕上がっているか、グリップエンド側が軽量化されているのかで、“体感の重さ”が変わります。

極端な例ですが、後者の場合はロッドの先端側が重く感じられ、ロッドによっては自重よりも重たく感じるものもあります。

そのため、できるだけ実際に持ってみて軽いロッドを選ぶようにしましょう。また、ロッドの先重り感は重めのリールを組み合わせることで解消できます。

エギングロッドの選び方4. ティップ

エギングロッドのティップ

ロッドのティップ(穂先部分)は、チューブラーとソリッドに大別されます。

ティップの素材によっても適した釣り方は異なるので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

チューブラーティップが基本

チューブラーティップは穂先の中が中空構造になっているものを指します。バット(根元部分)からひと繋ぎで作れ、軽くて手元に伝わる感度が良いのがメリット。

エギングは強くロッドをシャクる動作が多いため、ハリのあるチューブラーティップがスタンダードです。

ソリッドティップのメリット

ソリッドとは中身が詰まっている素材で、柔軟に曲がるのが特徴です。多くの場合、中空のロッドにソリッド素材を継ぎ足した構造になっています。

大きく曲がるので、小さなアタリや潮流の変化などを捉えやすいのがメリットです。

チューブラーよりも繊細な作りなので、キャストの仕方や糸絡みなどには注意が必要。キャスト時は、穂先に負担を掛け過ぎないように垂らしを長めにし、バットまでエギの重みを乗せてキャストするようにしましょう。

エギングロッドの選び方5. アウトガイドとインターライン

アウトガイドとインターライン

エギングロッドには一般的なアウトガイドのロッドと、ラインがロッドの中を通るインターライン(中通し)ロッドが存在します。

一概にどちらが良いとは言い切れませんが、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

アウトガイド

アウトガイドのエギングロッドロッドの外側にガイドが並ぶ、ポピュラーなタイプです。

誰にでも扱いやすいロッドですが、エギングにおいては穂先のガイドに糸が絡んでしまうのがデメリットとして挙げられます。

インターライン

インターラインのエギングロッド

ガイドはバット部の1箇所(エントランスガイド)のみで、ラインはロッドの中を通ってティップの先から外に出る構造です。

シャクリや強風で糸フケが出ても、糸絡みが起こらないことが最大のメリット。

そのため、エギングの動作に慣れていない方はインターラインのロッドからデビューしてみるのもおすすめです。

デメリットとしては、専用のワイヤーを用いてラインを通す作業が少し手間なのと、長年使っているとロッド内に塩などが溜まって飛距離が落ちることが挙げられます。

飛距離が落ちてしまった際は、メーカーに預けて内部を清掃するようにしましょう。

▼インターラインの詳しい使用感はコチラ

人気のエギングロッドまとめ<ダイワ編>

ダイワは日本を代表する総合釣具メーカーで、ロッドやリールからルアー、針に至るまで非常に幅広いアイテムを展開しています。

エギングブランドの「エメラルダス」を展開しており、エギングロッドはアンダー1万円のものから5万円を超えるものまでラインナップ。

現在、唯一インターライン(中通し)タイプのエギングロッドを製造していることも特徴です。

ダイワ エギングX 83M

ダイワ製エギングロッドのエントリーモデルです。


バット部にカーボンテープをX状に巻き付けて強度を高める、ブレーディングXを採用。


これによってしなやかながらブレが少なく、軽快ににエギを操作できます。


実売1万円以下のリーズナブルな価格ながら、入門者も安心して使えるスペックです。

全長8ft3in
自重108g
継数2本
仕舞寸法130cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.4-1.0号

ダイワ エメラルダス X 83ML

ダイワのエギング専用ロッドシリーズ「エメラルダス」のエントリーモデルです。


軽快な操作感が魅力で、バット部がブレーディングXという構造で補強されおり、剛性感のあるシャープなフィーリングに仕上がっています。


エギングXは搭載されていなかったSiCガイドをトップガイドに搭載。


エギングXに対し、コスメが華やかなのも嬉しいポイントです。

口コミ・レビュー

初めてのエギングロッド。エメラルダスのブランディングにやられました。実釣してきましたが、胴寸16センチを含む5杯釣れました。ロッドの長さも自分にはちょうどよく、2.5号の飛距離も十分で操作性も悪くなく満足してます。

出典:楽天市場

全長8ft3in
自重105g
継数2本
仕舞寸法130cm
エギサイズ1.8-3.5号
PEライン適合0.5-1.0号

ダイワ エメラルダス MX IL 83ML・N

エメラルダスXの上位モデルが、こちらのエメラルダスMXです。


インターラインのロッドですが、撥水加工によってロッド内部のベタつきを抑えてアウトガイドと変わらない飛距離を実現しています。


8ft3inの長さと軽さが相まって操作性も良好。糸絡みを気にせずエギングを楽しみたい方におすすめです。

全長8ft3in
自重92g
継数2本
仕舞寸法130cm
エギサイズ1.8-3.5号
PEライン適合0.4-1.0号

ダイワ エメラルダス AIR AGS 86M・R

エメラルダス AIR AGSはMXの上位に当たるモデルで、ダイワが誇るAGS(カーボンフレームガイド)を搭載していることが最大の特徴。


ガイドのフレームをカーボン化することで、自重はもちろん体感の重さが軽くなり、操作性・感度が大幅に向上します。


86Mはベーシックな調子ですが、各テスターが監修したマニアックな番手が揃っているのもシリーズとしての魅力でしょう。

口コミ・レビュー

このロッドは、自重が軽いだけでなく 程よくハリが有りシャクリがとても軽く感じます。イカが触手を伸ばしてエギにバイトしてくることが鮮明に分かる。この前の釣行では、エギからイカの触手の吸盤が剥がれる音が聞こえるほどの感覚でした。

出典:その他

全長8ft6in
自重88g
継数2本
仕舞寸法134cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合

ダイワ エメラルダス ストイスト AGS 88LM-S

ストイストは人気エギンガーの山田ヒロヒト氏(ヤマラッピ)が監修した、エメラルダスシリーズのフラッグシップモデル。


88LM-Sはソリッドティップを搭載したロッドには珍しく、少し長めの8ft8inの設定です。


高感度なソリッドティップで流れの変化を感じ取りやすく、エギを潮に流し込んでいくバックドリフト釣法に適しています。

口コミ・レビュー

今まで使っていた88MHと比べると軽くてワンサイズ短いロッドを持っている感覚になりました。振り抜けが軽くて操作性が良く大満足です。

出典:楽天市場

全長8ft8in
自重107g
継数2本
仕舞寸法136cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.4-1.0号

ダイワ エメラルダス ストイスト RT 76MMH

オリジナルのストイストAGSとは一線を画し、極限までスパルタンな仕様に振ったのがRT(レーシングチューン)です。


軽量化によって感度を上げるために、超高弾性カーボンのSVFコンパイルXナノプラス、カーボンラッピングのAGSを採用。その一方で、X45XやVジョイントαによって軽い竿特有のブレやパワーロスを防いでいます。


76MMHは、同社のエメラルダス・ステイのような抵抗が大きなエギや4号サイズのエギに適した1本です。

全長7ft6in
自重82g
継数2本
仕舞寸法118cm
エギサイズ3-4.5号
PEライン適合0.5-1.2号

人気のエギングロッドまとめ<シマノ編>

ダイワと双璧をなす総合釣具メーカーがシマノです。ダイワと同じく、釣種を問わずに幅広いアイテムをリリースしています。

エギングでは「セフィア」ブランドを展開しており、近年ではフラッシュブーストを搭載したエギが大きな話題となりました。

とくにロッドのラインナップの多さは随一で、初心者から上級者まで大人気です。

シマノ ソルティーアドバンス エギング S86M

ジャンルを問わずにソルトルアーフィッシング入門ロッドとして高い評価を受けている、ソルティーアドバンスシリーズのエギングモデルです。

エギングモデルは全4本が展開されていますが、その中でも86Mはもっとも汎用性が高い1本。

エギングをメインとしたソルトルアーフィッシング入門にもおすすめのロッドです。

全長8ft3in
自重97g
継数2本
仕舞寸法129.4cm
エギサイズ2.0-4.0号
PEライン適合0.5-1.0号

シマノ セフィア BB S80ML

セフィアシリーズのエントリーモデルとして位置付けられているのが、セフィアBB。


ブランクにはカーボンテープをX状に締め上げてネジレを抑え込む強化構造のハイパワーXが採用されています。


操作時のブレは少なく、少し短めのレングスによって取り回しに優れ、どんな方でも扱いやすいと思います。


3.8号まで対応していますが、柔らかめの仕上がりなので、どちらかというと秋アオリに適したロッドです。

全長8ft
自重105g
継数2本
仕舞寸法129cm
エギサイズ1.8-3.8号
PEライン適合0.4-1.0号

シマノ セフィア TT S86ML

セフィアBBの上位モデルに当たるのがセフィアTT。エギを軽快かつオートマチックに操れることを重視したロッドです。


ブランクスに上位機種と同等のスパイラルXを採用しているのは、セフィアBBとの大きな違い。


S86MLは秋イカや、浅場でのエギングに適した1本です。

全長8ft6in
自重98g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ1.8-3.8号
PEライン適合0.4-1.0号

シマノ セフィア SS S83M

セフィアSSはTTの上位機種に当たるモデルです。実売価格2万円を切るロッドながら、シリーズの平均自重が95gを下回っています。


セフィアTTとの一番の違いは、スパイラルXとハイパワーXを組み合わせたブランクスを用いていること。また、ソリッドティップを搭載したややマニアックな番手が揃うのもシリーズとしての魅力。


S83Mはオールラウンドかつ軽さが際立つ人気の番手です。

全長8ft3in
自重92g
継数2本
仕舞寸法129cm
エギサイズ2.0-4.0号
PEライン適合0.5-1.0号

シマノ セフィア XR S86ML-S

セフィアSSの上位機種に当たるのがセフィアXRで、事実上の旧セフィアCI4+の後継モデルです。


ブランクスに最新のスパイラルXコアが導入されていることが特徴。また、シマノ独自のXガイドやカーボンモノコックグリップを採用している点もセフィアSSとの差です。


S86ML-Sはソリッドティップを採用したロッドで、ラインを張った状態での感度が非常に高く、小さなアタリも掛けアワセられます。

全長8ft6in
自重100g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ1.8-3.8号
PEライン適合0.4-1.0号

シマノ セフィア エクスチューン S82L

セフィアエクスチューンはXRの上位機種に当たる、シマノのフラッグシップモデルです。


スパイラルXコアを採用しているのはXRと同じですが、ナノピッチが導入されたことでブランクスの強度がさらに高まっています。また、継部分をアクティブフェルール化し、非常にスムーズな荷重移動を実現していることも特徴。


S82Lは非常にしなやかなブランクスが特徴で、小型のエギをテクニカルに操作したり、浅場でスラックジャークを多用してスローに攻めたりするのに最適な1本です。

口コミ・レビュー

Lパワーで一見柔らか過ぎるかもしれないと思いますが、実際に使用してみると3.5号のフルキャスト、シャクりも難なくこなせる芯の強さがあります。

出典:楽天市場

全長8ft2in
自重102g
継数2本
仕舞寸法127.7cm
エギサイズ1.5-3.5号
PEライン適合0.3-0.8号

シマノ セフィア エクスチューン MB S86M

セフィアエクスチューンの実釣性能をスポイルすることなく、モバイルロッド化したのがエクスチューンMBです。


仕舞寸法60cm以下の5本継仕様ながら、モバイルロッド特有の重さやダルさを解消し、スムーズな曲がりも実現しています。


ハイエンドクラスのエギング用モバイルロッドはほとんどないため、「モバイルロッドが欲しいけど性能に妥協したくない」という方にはイチオシです。

全長8ft6in
自重102g
継数5本
仕舞寸法55.5cm
エギサイズ2.0-4.0号
PEライン適合0.5-1.0号

シマノ セフィア リミテッド S86M

フラッグシップのエクスチューンのさらに上を行く、シマノ最高峰のエギングロッドがセフィアリミテッドです。


「軽くて強い」を徹底追求しており、数字上だけではなく、バランスや各パーツの設計を見直すことで真の軽量化を実現しています。


S86Mは3.5号以上の遠投や、潮が速いエリア、深場攻略に活躍するパワー系のロッドです。


アクションを付けやすいパワーを備えながらも、ロッド全体はスムーズに曲がってシャクリの衝撃を吸収するので、長時間使い続けても疲れにくくなっています。

全長8ft6in
自重104g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ2.0-4.0号
PEライン適合0.5-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<メジャークラフト編>

メジャークラフトは低価格帯ロッドのラインナップが充実しており、とくに初級者・中級者から大人気のメーカーです。

また、単に低価格なのではなく、最新のスペックが搭載されていてお買い得感が高いことも人気の理由。

メジャークラフト ファーストキャスト エギング FCS-832EL

メジャークラフトのロッドの中でも、もっともお求めやすい価格なのがファーストキャストです。


実売価格は6,000円前後ながら、実釣性能は十分。コスパが高いと長年人気があります。


832ELはやや柔らかめのロッドなので、秋のアオリイカやツツイカ狙いのエギングを始めるのに最適です。

全長8ft3in
継数2本
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.4-1.0号

メジャークラフト ソルパラ エギング SPX-862E

ファーストキャストの上位機種に当たるのがソルパラシリーズです。実売価格は9,000円前後。


862Eは2.5号から3.5号までののエギを扱えるスタンダードなスペックのロッドです。


8ft6inの長さはどんなエリアでも対応でき、柔らかすぎないので春の大型アオリイカにも使えます。

全長8ft6in
継数2本
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.4-1.2号

メジャークラフト クロステージ エギング CRX-832E

10年以上にわたって大人気のクロステージシリーズの、3世代目となる最新モデルです。


ネジレ剛性を高めるマイクロピッチクロスフォースをブランクスに採用しており、ファーストキャストやソルパラよりもシャープなフィーリングに仕上がっています。


シリーズの中でも832Eは汎用性の高さと軽さが魅力の1本です。

全長8ft3in
継数2本
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.4-1.2号

メジャークラフト クロステージ パックロッド エギング CRX-864E

クロステージの性能をそのままに、4本継のパックロッドにしたシリーズです。


864ELと864Eの2本がラインナップされ、どちらも仕舞寸法は70cm。持ち運びに便利なハードケースが付属します。


エギングをメインに、シーバスやスーパーライトショアジギングなども楽しみたい方には864Eがおすすめです。

全長8ft6in
継数4本
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.4-1.2号

メジャークラフト トリプルクロス エギング TCX-S862EL

クロステージの上位機種となるのがトリプルクロス。現行モデルは2017年に登場した2代目に当たります。


トリプルクロスの最大の特徴は、クロスフォース製法と4軸カーボンを組み合わせたブランクス。また、ソリッドティップモデルが展開されているのもシリーズの魅力です。


S862ELはソリッドティップを搭載したモデルで、エギの姿勢を安定させやすく、小さなアタリを取れる感度も備えます。

全長8ft6in
継数2本
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.4-1.0号

メジャークラフト エギゾースト 5G EZ5-862M

エギゾースト5Gは2021年に登場したメジャークラフトの最新エギングロッドです。


最大の特徴は、新素材トレカT1100Gカーボンと新製法R360構造を組み合わせている点。また、珍しいカーボンフレームのSiCガイドを用いていることも特徴です。


862Mは1年を通して使えるハイパワーなロッドで、パワフルかつブレの少ないブランクによって抵抗の大きなエギにもしっかり初速を与えられます。

全長8ft6in
継数2本
エギサイズ2.0-4.0号
PEライン適合0.4-1.2号

人気のエギングロッドまとめ<エイテック編>

エイテックはロッドをメインに製造している釣具メーカーです。エギングロッドをはじめとしたルアーロッドは、「テイルウォーク」ブランドから発売されています。

最新のカーボン素材やガイドを採用しながらも、他メーカーより低価格なことが特徴。ハイコスパなロッドとして人気があります。

テイルウォーク エギスト SSD 80ML

テイルウォークのエントリーロッドがエギストSSDです。旧モデルのSSD-Lからは若干の強度アップが行われています。


ロッドの特性としては、軽さ・強度・感度をバランスよくまとめていることが特徴。


80MLは2.5〜3.5号のエギに対応し、短さゆえにシャクリに慣れやすいため、シリーズの中でもエギング入門には最適な1本。

全長8ft
自重103g
継数2本
仕舞寸法126cm
エギサイズMAX4号
PEライン適合MAX0.8号

テイルウォーク エギスト TZ 86ML

エギストTZはテイルウォークのフラッグシップモデル。トルザイトガイド等の高価なパーツをふんだんに用いながらも、実売価格は3万円代に抑えられています。


ブランクスは細身かつ軽量に作られていることが特徴ですが、それでいてハードジャークに耐えうる強度も十分に確保。また、グリップエンドがブランクスルー構造になっているため、反響感度も文句なし。


86MLはしなやかなブランクスに設計されており、スラックジャーク等を用いたスローな釣りに適します。

全長8ft6in
自重100g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズMAX3.5号
PEライン適合0.5-0.8号

人気のエギングロッドまとめ<アブガルシア編>

アブガルシアはスウェーデン生まれの老舗ブランドです。バスフィッシングのイメージが強いものの、ソルト用ルアーロッドも多く発売しています。

ソルトロッドは低価格帯のアイテムが多く、パックロッド(モバイルロッド)も人気です。

アブガルシア ソルティースタイル エギング STES-832ML-KR

ソルティースタイルは実売価格1万円前後のエントリーロッドです。エギングはもちろん、他ジャンルでも初級者の方を中心に人気があります。


ブランクスにはX状にカーボンテープの補強が入り、そこに小口径のKRコンセプトガイドを搭載していることが特徴。


832MLはレギュラーファーストテーパーに設計されており、投げやすくてシャクりやすいため、ビギナーの方がエギングを覚えるのに最適です。

全長8ft3in
自重120g
継数2本
仕舞寸法129cm
エギサイズ2-3.5号
PEライン適合0.4-0.8号

アブガルシア ソルティーステージ プロトタイプ エギング XEGS-862M

各ジャンルで高い評価を得たソルティーステージのリニューアルモデルです。


国産カーボン100%の素材と最新のTAF製法を組み合わせ、エギングに最適化したブランクを採用。


とくにバットの張りが強く、ジャーク時のブレを軽減することでシャープな操作感を実現しています。


862Mは通年使えるオールラウンドなモデルで、3kg以上の大型アオリイカにも対応可能です。

全長8ft6in
自重117g
継数2本
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.6-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<がまかつ編>

がまかつはロッドと針を中心に製造する国内老舗メーカーです。磯竿や鮎竿の印象が強いかもしれませんが、古くからルアーブランドの「ラグゼ」を展開しています。

ルアーロッドは高価格帯のアイテムが多く、磯竿や鮎竿で培ったソリッドティップを多用することも特徴。上級者を中心に根強いファンが多いメーカーです。

がまかつ ラグゼ EGRR S86MH

ラグゼのスタンダードモデルとして位置付けられているのがEGRRです。軽さと感度にこだわっており、シリーズの全番手がアンダー100g。


ブランクスのメイン素材にトレカT1100Gを採用することで、軽さとパワー、強度を両立しています。シリーズ全7番手中、3本がソリッドティップなのも特徴。


S86MHは深場や潮流の速い場所で活躍するパワーモデルながら、持ち重りや振り重りが軽減されています。


 

口コミ・レビュー

MHと硬めの割には軽く、エギの操作がしやすいロッドです。パワーだけでなくしなやかさも併せ持っているので、扱いやすいです。

出典:楽天市場

全長8ft2in
自重95g
継数2本
仕舞寸法134cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.4-1.2号

がまかつ ラグゼ EGX S89M-solid

ラグゼのフラッグシップモデルがEGX。EGRRよりもさらに軽量に作られており、ライトゲームロッド並みの軽さを誇ります。


EGRRと同じくブランクスのメイン素材はトレカT1100Gですが、そこに高弾性素材をコンポジットさせて軽さとハリの強さを出しています。


S89M-solidは反響感度を重視したハードタイプのソリッドティップを搭載しており、他のソリッドティップのエギングロッドとは一線を画す存在です。

全長8ft9in
自重89g
継数2本
仕舞寸法138cm
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.3-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<ヤマガブランクス編>

ヤマガブランクスは「メイドインジャパン品質」に拘るロッドメーカー。設計から出荷までを一貫して国内で行っていることが特徴です。

ロッドは装飾が少ないシンプルな外観ですが、実釣性能に重きが置かれており、コストパフォーマンスにも優れていると評価されています。

ヤマガブランクス メビウス 86M

メビウスはブランクスに徹底的にこだわりながらもコストパフォーマンスを重視した、ヤマガブランクスのコンセプトを具現化したようなロッドです。


86Mは軽さとパワーを両立し、4号までのエギを扱えるパワーながら繊細なエギングもできるオールラウンドなモデル。


2段シャクリやハイピッチショートジャークといった、エギをバシバシとシャクるような釣りに適しています。

全長8ft6in
自重98g
継数2本
仕舞寸法132.5cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.0号

ヤマガブランクス カリスタ 89ML/TZ NANO

ヤマガブランクスのハイエンドエギングロッドがカリスタTZです。


ブランクスにはナノアロイテクノロジーが用いられ、追従性と反発力が高められています。トップガイド以外はトルザイトガイドが採用され、軽量化と糸抜けの向上を実現。


89MLは高い足場での操作性と遠投に長けたオールラウンド系ロッド。あらゆるシャクリをこなせる器用さと、底と海藻を見分けられるレベルの感度が魅力です。

口コミ・レビュー

MLにも関わらずしっかり曲がる割には復元力がある為、フルキャストと力強いしゃくりにも対応してくれて非常に使いやすいです。

出典:楽天市場

全長8ft9in
自重100g
継数2本
仕舞寸法136.5cm
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.5-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<オリムピック編>

オリムピックは和歌山に拠点を置くブランクスメーカーです。オリムピックのロッドは一貫して和歌山の自社工場で生産されています。

なんと10万円を超えるエギングロッドまで発売しています。

オリムピック カラマレッティ UX 21GCALUS-862M

カラマレッティUXは2021年に新たに登場した、カラマレッティシリーズのエントリーモデルです。


エントリーモデルながら、2005年に登場した初代カラマレッティから受け継がれてきた感度と軽さへのこだわりが詰まっています。ガイドは、従来のSiCよりも薄肉・軽量化したSiC-SリングのKガイドを搭載。


バットに対してベリーをややしなやかに設計し、初心者でもアクションしやすいソフトなシャクリ感を演出しています。862Mは2.5〜4号までのエギに対応し、シーズンを問わずに活躍する1本です。

全長8ft6in
自重114g
継数2本
仕舞寸法132.5cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.4-1.0号

オリムピック カラマレッティ 20GCALS-882ML

2020年にモデルチェンジが行われたカラマレッティのスタンダードモデルです。


ブランクスには、45°方向に交差させて配列したカーボンを織り込むクワトログラファイトクロスXXを採用。これによってブランクスの復元力を高めています。


882MLは2.5〜3.5号までのエギを扱えるオールマイティなレギュラーファーストテーパーのロッドです。

全長8ft8in
自重102g
継数2本
仕舞寸法135.2cm
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.4-0.8号

オリムピック ヌーボカラマレッティ プロトタイプ GNCPRS-8102MH

カラマレッティの上位機種に当たるのがプロトタイプです。スーパーカラマレッティに匹敵する感度と操作性を備えつつ、軽量化にも重点が置かれています。


ブランクスのメイン素材にはトレカT1100Gを採用。ナノアロイテクノロジーとクワトログラファイトクロスXXを組み合わせ、ネジレに強くて粘るブランクスを実現しています。


8102MHはシリーズでもっともパワーのあるモデル。4.5号までの大型エギに対応し、大型のアオリイカを狙うのに適します。

全長8ft10in
自重105g
継数2本
仕舞寸法137.6cm
エギサイズ3.0-4.5号
PEライン適合0.6-1.2号

オリムピック スーパーカラマレッティ AT GSCS-862M-AT

オリムピックのフラッグシップモデルがスーパーカラマレッティATです。なんと、定価は13万円。


ブランクスを製造するにあたって重要な硬化過程には、レーシングカーや航空機の主要パーツを作る際に用いられるオートクレーブ製法を導入しています。


862Mと892MLMの2本展開ですが、どちらも生産数が少ないので入手が困難です。

全長8ft6in
自重98g
継数2本
仕舞寸法132.7cm
エギサイズ2.4-4.0号
PEライン適合0.4-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<エバーグリーン編>

エバーグリーンはルアーフィッシングに特化したメーカーです。ロッドは操作性・感度を重視していることが特徴。

現代のエギングを作り上げたメーカーの一つで、インペリアルシリーズは一世を風靡しました。

エバーグリーン スキッドロウ セカンドステージ SSSS-88L スラックジャーク88

エバーグリーンのスタンダードエギングロッドがスキッドロウセカンドステージです。


設計自体はやや古いものの、上位機種のインペリアルから受け継いだしなり戻りが速いブランクスが特徴。ガイドはステンレスフレームのKガイドをオリジナルでセッティングしています。


88Lはその名の通り、スラックジャークに最適化した設計で、ブランクスは全体的にしなやかな調子です。

全長8ft8in
自重106g
継数2本
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.2号

エバーグリーン スキッドロウ インペリアル NIMS-90L スラックマスター90

フラッグシップモデルであるインペリアルは、エギングのパイオニア重見典宏氏が監修したシリーズです。

「ロッド自身が仕事をしてくれる快適で軽快な使用感」というコンセプトで設計されており、ブランクスが大きくしなって素早く戻ることでシャクリをサポートしてくれます。

スラックマスター90は同86をロングレングス化したモデルで、飛距離や足場が高い時の操作性が向上しています。

全長9ft
自重106g
継数2本
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.2号

人気のエギングロッドまとめ<ブリーデン編>

ブリーデンはエギング・ライトゲームに特化したメーカーで、エギング界ではかなりの老舗です。

他メーカーに比べてモデルチェンジや新製品のリリースが少なく、ラインナップはやや古めですが、こだわりが詰まったロッドにはコアなファンが多くいます。

ブリーデン スペシメン 90シャロー

鮮やかなブルーに塗装されたブランクスが特徴的なスペシメン。モデルチェンジが非常に少ないのでやや古いモデルが多くなっていますが、10年以上にわたって発売されているロングセラーロッドです。


一般的なエギングロッドのようなMLやMといったパワー表記は無く、シャローやディープといったように1本ずつ特性が明確かされていることがシリーズの特徴。


90シャローは全体的にしなやかでスラックジャークなどを多用してシャローを釣るのに適したロッドです。根強い人気があり、約10年も発売されています。

全長9ft
自重124g
継数2本
仕舞寸法140cm
エギサイズ3.5号
PEライン適合0.4-0.8号

ブリーデン モンスターコーリング 89H

モンスターコーリングは重量級のエギや超大型アオリイカに照準を合わせたシリーズです。


全3機種がラインナップされていますが、そのすべてがヘビーアクションに設計されています。


89Hはシリーズ最長モデルで、遠投性能を活かして小型回遊魚を釣るのにも最適です。

全長8ft9in
自重122g
継数2本
仕舞寸法137cm
ルアー重量14-38g
PEライン適合0.5-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<宇崎日新編>

宇崎日新は国内自社工場で一貫製造を行っているロッドメーカーです。ルアーロッドのブランドは「アレス」

エギングロッドのラインナップは高価格帯のものが多く、他社では見られないようなマニアックなロッドが揃います。

宇崎日新 アレス ブルーポーター EG 8.0 スロー

アレスのスタンダードエギングロッドがブルーポーター EG。高弾性カーボンを用い、曲がるロッドに設計していることが特徴。


ブランクスのメイン素材に低レジンカーボンを採用し、バット部には4軸カーボンを配したことで、しなやかさと反発力を両立。


800スローはロッド全体が曲がるスローテーパーに設計されており、スラックジャークを使ったスローな展開に適します。

全長8ft
自重92g
継数2本
仕舞寸法125cm
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.5-1.2号

宇崎日新 アレス ブルーポーター X4 EG 8.6 ML

ブルーポーターの上位モデルに当たるのが、X4シリーズです。


ブランク全身に超極薄高密度カーボンを採用し、さらなる操作性と感度が追求されています。


さらに、高い復元力を備えているので、キャスト時やジャーク時にブランクがしっかり反発することも特徴。


86MLは2.5号から4号のエギに対応し、シーズンやエリアを選ばずに使えるオールラウンドモデルです。

全長8ft6in
自重112g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.2号

宇崎日新 アレス ドリームス 夢墨 トルザイトRV DRYT-RV806 スローテーパー

ドリームス夢墨トルザイトRVはアレスのフラッグシップモデル。名前の通り、トルザイトリングのRVガイドが搭載されます。


ブランクスにはナノアロイテクノロジーが導入され、バットからティップまで高弾性4軸カーボンで補強されていることが特徴。これによってブレによるパワーロスを軽減しています。


806スローテーパーはバットから大きく曲がる調子に設計されており、エギの移動距離を抑えたスローな釣りに最適。小型のイカでもバットから曲がるので釣り味も楽しめます。


 


 

全長8ft6in
自重115g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.2号

宇崎日新 アレス レスター 夢墨 ボロン ML803

アレスのもうひとつのフラッグシップモデルがレスター夢墨。ボロンシリーズは、ボロン繊維(超高弾性カーボンよりも破断強度が圧倒的に高い素材)をバット部分にコンポジットしていることが最大の特徴。


ブランクスのメイン素材はトレカT1100G+ナノアロイテクノロジー。これにティップからバットまで超極薄高密度4軸カーボンを組み合わせています。


ML803はバットのハリが強いため、ML表記ながらディープエリアでの釣りに適した1本です。

全長8ft3n
自重120g
継数2本
仕舞寸法129cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.2号

人気のエギングロッドまとめ<天龍編>

天龍は長野県に拠点を構える老舗ロッドメーカー。アメリカのメーカーと提携し、日本初のブラックバスロッドを発売したことでも知られます。

ロッドの展開は高価格帯のアイテムが中心で、新釣法「ショアティップラン」専用のロッドも発売しています。

天龍 ブリゲイドフリップ BGF852S-M

ブリゲイドフリップはエギングをメインとしたユーティリティーロッドです。


バットにはカーボンナノチューブ素材を採用し、粘り強度を向上。ティップには弾性が異なるカーボンを繋ぐマグナフレックス製法を導入し、かなり柔軟な調子に設計しています。


852S-Mは3〜3.5号のエギをメインに、ロックフィッシュ狙いの10〜21gのリグ、20g前後のメタルジグが使いやすいロッドです。

全長8ft5in
自重96g
継数2本
仕舞寸法96cm
エギサイズMAX3.5号
PEライン適合MAX1.2号

天龍 ブリゲイド TRコンセプト ショア BTS83M

TRコンセプト ショアはショアティップランに特化したシリーズです。


オフショアのようにエギを平行移動させてアタリを掛けるため、普通のエギングロッドよりも極端にティップが柔らかくなっています。そのため、誘いは巻きシャクリが基本で、大きなジャークは破損のリスクを高めるので注意しましょう。


83と93の2本が展開されており、一般的な堤防では83、足場が高いポイントやサーフでは93が適します。

全長8ft3in
自重117g
継数2本
仕舞寸法129cm
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.4-0.8号

人気のエギングロッドまとめ<ゼスタ編>

ゼスタは静岡県下田発のソルトルアーメーカー。とくにショアジギングやライトゲームで人気があります。

エギングロッドは感度が重視されていることが特徴です。

ゼスタ アサルトジェット 85M クイックスラッガー

アサルトジェットは瞬発的な反発力としなやかさの融合を目指して作られたエギングロッドです。


装飾パーツは軽さや感度を損なうので最低限に留められており、同時にコストパフォーマンスの向上にも繋がっています。


85Mはシリーズ中でもっとも強い反発力を備えたモデルで、強風下や深場でもしっかりとエギを動かせます。

全長8ft5in
自重101g
継数2本
仕舞寸法132cm
エギサイズ2.5-4号
PEライン適合0.5-1.0号

ゼスタ アサルトジェット タイプS FD86

テクニカルなエギングに対応するために、柔軟な調子に設計しているのがタイプSシリーズです。


FD86は、「エギを自由自在に流す」ことを目指して設計された1本。


ベリー部分に中〜低弾性のカーボンを用いることで、流れの向きや強弱を感じやすく、狙ったところにエギを送り込めます。


低弾性カーボンを採用しながらも、ダルさやブレは極限まで排除されており、掛ける釣りにも対応できるロッドです。

口コミ・レビュー

面白いロッドです。他のロッドと比べてグリップが短いです。若干重いかなと思ったのですが、軽く感じます。かなり柔らかいロッドですが、3.5寸の餌木は問題ありません。デカイカもとれると思いますよ。

出典:楽天市場

全長8ft6in
自重113
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.4-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<パームス編>

パームスは神奈川県に拠点を置くルアーメーカーです。ヤシの木のマークが特徴的で、幅広いルアーロッドを製造しています。

エギング専門ブランドはありませんが、人気のショアガンシリーズにエギングモデルがラインナップされています。

パームス ショアガン エボルブ SFTGS-86ML・EG

ショアガンシリーズは各ジャンルで中級者を中心に人気のロッドです。ソルト用ロッドとしては珍しいコルクグリップが特徴。


86MLは小型エギの操作に重点を置いた秋アオリ向けのロッドですが、3.5号も難なく扱えるしなやかなロッドです。


エギをキビキビと動かすのではなく、ゆったりと動かしたいアングラーにおすすめです。

全長8ft6in
自重111g
継数2本
仕舞寸法134cm
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.4-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<バレーヒル編>

幅広いルアーフィッシング用アイテムをリリースするバレーヒルは、ティップランエギングのパイオニアとしても知られる存在。

エギングはオフショア用アイテムが中心ですが、オフショアのノウハウを活かしたショアティップラン専用ロッドが発売されています。

バレーヒル レトログラード-X RGXS-78S-STR

ショアティップラン専用に設計されたロッドで、繊細なソリッドティップによって触れるようなアタリも積極的に掛けていける玄人好みな1本。

潮流の速い場所などでは、シンカーを追加したエギを流しながら深場を攻めることで、従来のエギングでは獲れなかったイカもキャッチできます。

ただし、特殊なロッドなのでエギングビギナーの方にはおすすめできません。

全長7ft8in
自重130g
継数2本
仕舞寸法121cm
エギサイズMAX30g
PEライン適合0.4-0.8号

人気のエギングロッドまとめ<林釣漁具製作所編>

林釣漁具製作所は高知県の釣り具・漁具メーカー。釣り人には、餌木猿やライトゲームブランドのティクトでお馴染みです。

生産数が少なく、入手困難なのが難点ですが、こだわりが詰まったエギングロッドもリリースしています。

林釣漁具製作所 モンキースティック クラシック MSC-86

「趣向を楽しむエギング」というコンセプトで作られたロッドで、竹竿風の塗装やウッド&コルクグリップが外見上の大きな特徴です。


エギをゆったりと大きく跳ね上げ、移動距離を抑えてネチネチと誘えるスローテーパーに設計されています。


また、イカがヒットしてからは大きく曲がり込む釣趣も魅力。80と86の2本展開ですが、どちらも入手は困難です。

全長8ft6in
自重128g
継数2本
仕舞寸法133.5cm
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.5-1.0号

人気のエギングロッドまとめ<ブラックライオン編>

ブラックライオンは、エギングが盛んな和歌山県南紀のブランド。エギングやティップラン、イカメタルなどのイカ釣りに特化したアイテムをリリースしています。

徹底した実釣テストに加え、他にはない独自のコンセプトが特徴です。

ブラックライオン ラーテル 77

「価値ある1匹のアオリイカとのファイトを楽しむ」ために設計された、独自コンセプトのエギングロッドです。


非常に柔らかいブランクはエギのフォール姿勢を安定させやすく、スレきったイカにも有効。


高弾性なカーボンソリッドティップはアタリを明確に表現してくれ、潮流やボトムに対する感度も優れます。


ガイドはすべてトルザイトリング仕様です。


 

口コミ・レビュー

なんやこの感度とシナリは。今まで乗らなかったイカも…気付きにくい当たりも…取れた様な感じです。ショートロッドは初めてなので真冬の強風に対応出来るのか?藻場で上手くエギング出来るのか?不安な部分もありますが…このロッドでしかとれないイカを求めていこうかな。77MHも使ってみたい!それくらい素晴らしいロッドです!

出典:楽天市場

全長7ft7in
自重89g
継数2本
仕舞寸法119.5cm
エギサイズ2.5-3.5号
PEライン適合0.6-1.0号

TSURI HACKアンバサダー&編集部愛用の5本

エギングロッドで釣った親イカ

ここでは、TSURI HACKアンバサダー&編集部が愛用しているロッドをご紹介。使っている本人がお気に入りの理由を解説します!

エバーグリーン スキッドロウインペリアル NIMS-82L テクニマスター82

自重109gは特別に軽い数値ではありませんが、バランスが良いので数字以上に軽く感じるロッドです。


テクニマスター最大の魅力は、抜群の操作性。ブランクはしなやかに曲がる一方で戻りが速く、エギのコントロール性に優れます!


少し短め・柔らかめの設計ですが、3.5号の操作は全くストレスがなく、大型アオリにも対応可能です。


 


by アンバサダー tsuki
全長8ft2in
自重109g
継数2本
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.5-1.2号

ラグゼ EG X S86M-solid

「ソリッドティップのエギングロッドってどうなの?」ということが気になって買ってみたところ、衝撃を受けました!


まず、86Mでソリッドティップを搭載しているのに自重はわずか88gと、軽さはライトゲームロッド並みです。


そして、一般的なアジングロッドに匹敵する0.9mmのソリッドティップは、海中の小さな変化やイカのアタリを逃しません。


先調子のロッドながら、キャスト時にはエギのウエイトがバットにしっかり乗るため、飛距離も抜群ですよ!


by アンバサダー 釣り好き!まっちゃん
全長8ft6in
自重88g
継数2本
仕舞寸法134.5cm
エギサイズ2.0-3.5号
PEライン適合0.3-1.0号

オリムピック グラファイトリーダー カラマレッティー 20GCALS-852M

自重はわずか92gと、軽さが最大の魅力です。1日中シャクリ続けても疲れず、操作性は抜群!


ブランクスは固すぎず柔らかすぎずで、飛距離も伸びますし、激しめのシャクリも快適に行えます。それでいてアタリを取りやすいところもGOOD。


2kgオーバーのイカやシーバス、ヒラメも釣りましたがパワーも十分。1本でいろいろ楽しみたい方にもおすすめです!


by 編集部ノグチ

全長:8ft5in 自重:91g 継数:2本 仕舞寸法:131.3cm エギサイズ:2.5-4号 PEライン適合:0.4-0.8号 定価:31,350円

全長8ft5in
自重91g
継数2本
仕舞寸法131.3cm
エギサイズ2.5-4.0号
PEライン適合0.4-0.8号

ブリーデン スペシメン 86 3T tiptoptwo

もう、かれこれ5年ぐらい愛用しているロッドです。Mクラスのロッドなのですが、穂先が非常に柔らかいことが特徴で、潮流の変化やテンションが抜けるアタリを掴みやすいところが気に入っています。


エギングのみならず、シーバスや青物、タチウオ、ロックフィッシュなどにも使いまわせる汎用性も魅力。陸っぱりのルアーフィッシングはだいたいこのロッドで片付きます。


 


by 編集部しみけん
全長8ft6in
自重122g
継数2本
仕舞寸法133cm
エギサイズ3.5号
PEライン適合0.4-0.8号

天龍 ブリゲイド フリップ BGF872S-MLM

3〜20g前後のルアーを用いるライトルアーゲーム全般に使っており、エギングはもちろん、ゴロタ・磯場の尺メバル狙いやサーフのSLS、チニングなども楽しんでいます。


ソフトなティップと小口径ガイドによってイカのアタリを取りやすく、軽いジグヘッドやメタルジグの操作感も明確です。


万能だと言われるエギングロッド の中でも、ここまでライトルアーゲームを満喫できる竿は無いと思います!


by 編集部イシカワ
全長8ft7in
自重92g
継数2本
仕舞寸法134cm
エギサイズMAX3.5号
PEライン適合MAX1号

スタイルにあったエギングロッドを選ぼう!

エギングロッド

エギングロッドは釣り方のスタイルやシーズン、釣り場によって最適なものは様々です。

ぜひ今回紹介したロッドを参考にしていただき、自分に合ったエギングロッドを見つけてくださいね。

撮影:TSURI HACK編集部

関連記事

関連動画