【88gの衝撃】激軽・ぶっ飛び・超感度!ラグゼ EGXを実釣インプレ


アイキャッチ画像提供:釣り好きまっちゃん

エギングロッドを新調しました

ラグゼ EGXの画像
エギングにどっぷり魅了されているパパアングラーまっちゃんです。

そんなわたくし、約3年ぶりにエギングロッドを新調し、お小遣いがキレイさっぱり無くなりました(泣)

でも、悩みに悩んだ挙句購入した「ラグゼ EGX」を手にしてからエギングがさらに面白くなりました!

ラグゼ EGX

ラグゼ EGXの画像
EGXは、がまかつのルアーブランド「LUXXE(ラグゼ)」からリリースされているハイエンドクラスのエギングロッドです。

シリーズのラインナップは下記の8機種。
モデル希望本体価格(円)標準全長(cm/ft)標準自重(g)仕舞寸法(cm)パワー使用材料(%)継数(本)適正エギ(号)適正PEライン(号)先径(mm)グリップ長(mm)
S86ML48,000259/8’6″85134.0MLC95.9/G4.121.8-3.50.4-11.4310
S72ML-solid47,500218/7’2″84114.0MLC99.9/G0.121.8-3.50.3-10.9325
S86ML-solid48,500259/8’6″85134.5MLC99.9/G0.121.8-3.50.3-10.9310
S89ML-solid49,000267/8’9″87138.0MLC99.9/G0.121.8-3.50.3-10.9310
S86M48,500259/8’6″88134.0MC95.9/G4.122-3.50.4-1.21.5310
S86M-solid49,000259/8’6″88134.5MC99.9/G0.122-3.50.3-10.9310
S89M-solid49,500267/8’9″89138.0MC99.9/G0.122-3.50.3-10.9310
S86MH49,000259/8’6″91134.0MHC96.0/G4.022.5-40.4-1.21.6310
※S72ML-solidのみボートエギングロッドです。
ラグゼ EGXの画像
その中でも、もっとも汎用性が高く、オールシーズン活躍する「S86M-solid」をチョイスしました。

ソリッドティップのエギングロッドは初めてなので、実際の使用感も詳しくインプレしていきますね。

ラグゼ EGXを選んだ理由

ラグゼ EGXの画像
新たなエギングロッドを購入するに当たり、正直メチャクチャ悩みました(笑)

数あるアイテムの中からEGXを選んだ理由をお伝えします!

世界最強のカーボン「T1100G」を搭載

ラグゼ EGXの画像
ロッドはブランクス(シャフト部分)の素材によって性能や価格が大きく左右されます。

車に例えれば、心臓部であるエンジン、もしくは骨格であるシャシーといったとこでしょうか。

ラグゼ EGXの画像
そのブランクスのメインマテリアルには、「TORAYCA®T1100G」という弾性率33tの高性能カーボン素材が採用されています。

TORAYCA®T1100Gは“第三世代カーボン”とも呼ばれ、宇宙・航空産業を中心とするハイエンド用途に使われており、現時点で世界最強の強度を誇る炭素繊維です。

圧倒的な軽さ

ラグゼ EGXの画像
ソリッドティップを搭載した8ft6inのロッドですが、自重はわずか88g。ライトゲームロッド級の軽さに仕上がっています。

愛用している18ステラC3000SDHHGと組み合わせても、トータルで303g。

気持ちフロントヘビーな重心位置ですが、許容範囲内のタックルバランスとなりました。

繊細な0.9mmソリッドティップ

ラグゼ EGXの画像
EGXシリーズはラインナップの半分以上がソリッドティップモデルです。

しかも、ソリッドティップの先径は0.9mmで、これは一般的なアジングロッド並みの細さ!

状況や使い方によって良し悪しはあるかもしれませんが、ラインを目視できないシーンでの“感度”に期待しました。



実釣インプレッション!

ラグゼ EGXの画像
スペックを見て選んだものの、やっぱり投げて、シャクって、釣ってみないと分からないことだらけ。

約4ヶ月使って感じた正直な使用感をお伝えします!

竿の調子はこんな感じです



ライトゲームロッドを彷彿とさせる柔軟なティップですが、負荷が大きくなるとロッド全体が曲がってくれます。

感度を高めるティップと、アクション・ファイトを担うベリーからバットとで、各セクションごとで役割が明確化されている印象ですね。



アングラー目線の別角度からもどうぞ。

まさに「柔と剛を兼ね備える」という言葉がハマる仕上がりです。

感度の良さに衝撃!

ラグゼ EGXの画像
ソリッドティップの恩恵か、ラインテンションを張った際の感度は予想を超えてきました!

これまで感じることのなかったエギの小さな変化が手に取るよう分かります。

ラグゼ EGXの画像
普段はライン変化を目視してアタリをキャッチしていますが、ナイトゲームや強風時にはこのソリッドティップが大活躍!

ミニマムサイズのアタリもしっかり手元に伝わってきます。

飛距離が大幅に伸びた

ラグゼ EGXの画像
潮目に狙いを定めてキャストしてみると、狙った場所よりも沖にエギが着水。

これには「マジか……」と思わず呟いてしまいました(笑)

これまで届かなかったポイントを攻められるアドバンテージはデカイです。



キャストをスローモーションで撮影してみたので、ぜひご覧ください!

エギのウエイトがしっかりバットに乗り、キャスト後のブレの収束が早いので糸抜けも抜群。

ラグゼ EGXの画像
どうしても気になったので、今まで愛用していた86Mのロッドと飛距離を比較してみました。

キャスト10回の平均値は、旧ロッドが50.2m、EG-Xが54.5m。なんと平均で約4mの飛距離アップ!

また、軽くキャストしてもしっかり飛ぶので長時間のエギングが楽になりました。

想像以上のパワー

ラグゼ EGXの画像
細身のロッドなのでパワー不足を懸念していましたが、キロオーバーの春イカとも余裕なファイト。

ジェット噴射をロッド全体でしなやかに吸収してくれるので、身切れによるバラシも減っているように感じています。

気になる点は……

ラグゼ EGXの画像
強度・感度・飛距離、どれを取っても最高レベルのラグゼEGX。

とくに不満はありませんが、最後に少し気になる点をお伝えします。

破損に気を使う

ラグゼ EGXの画像
ソリッドティップなので、破損にはかなり気を配っています。

とくに、ティップ投げやライン絡みがないように注意してください。

また、抜き上げの時に竿を立てるのは厳禁ですよ!

近距離の小技は苦手

ラグゼ EGXの画像
ティップが柔らかすぎるため、手前でエギを細かく動かす小技は少しやりにくいと感じています。

ベリーからバットを使うシャクリを意識しましょう。

エギングが楽しくなるロッドです!

ラグゼ EGXの画像
最後に少しネガティブな面を紹介したものの、「値段以上にいい買い物をした!」と忖度なしで満足しています。

“ハイエンド=上級者”のイメージがあるかもしれませんが、よく飛んでアタリも取りやすいため、初心者~中級者の方にもオススメしたいロッドです!
画像提供:釣り好きまっちゃん
sponsored by:がまかつ
▼まっちゃんが買ったのはこちら

がまかつ ラグゼ EG X S86M-solid

全長:8.6ft
自重:88g
継数:2本
仕舞寸法:134.5cm
適応エギ:2-3.5号
PEライン適合:0.3-1号


▼その他のラインナップ

がまかつ ラグゼ EG X S86ML

全長:8.6ft
自重:85g
継数:2本
仕舞寸法:134cm
適応エギ:1.8-3.5号
PEライン適合:0.4-1号


がまかつ ラグゼ EG X S72ML-solid

全長:7.2ft
自重:84g
継数:2本
仕舞寸法:114cm
適応エギ:1.8-3.5号
PEライン適合:0.3-1号


がまかつ ラグゼ EG X S86ML-solid

全長:8.6ft
自重:85g
継数:2本
仕舞寸法:134.5cm
適応エギ:1.8-3.5号
PEライン適合:0.3-1号


がまかつ ラグゼ EG X S89ML-solid

全長:8.9ft
自重:87g
継数:2本
仕舞寸法:138cm
適応エギ:1.8-3.5号
PEライン適合:0.3-1号


がまかつ ラグゼ EG X S86M

全長:8.6ft
自重:88g
継数:2本
仕舞寸法:134cm
適応エギ:2-3.5号
PEライン適合:0.4-1.2号


がまかつ ラグゼ EG X S89M-solid

全長:8.9ft
自重:89g
継数:2本
仕舞寸法:138cm
適応エギ:2-3.5号
PEライン適合:0.3-1号


がまかつ ラグゼ EG X S86MH

全長:8.6ft
自重:91g
継数:2本
仕舞寸法:134cm
適応エギ:2.5-4号
PEライン適合:0.4-1.2号

関連記事


紹介されたアイテム

釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)