【動画で解説】マスターすべきエギングのシャクリ方4選!これだけでイカは釣れる

2021/09/25 更新

エギングは他のルアーと異なり、ロッドをシャクってエギにアクションを加えることが必要不可欠です。しかし「シャクリ方がわからない」という方も多いでしょう。数あるエギングのアクションの中でも、まず覚えるべきワンピッチジャーク・ハイピッチショートジャーク・スラックジャーク・縦ジャークを動画で解説します!


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

エギの動かし方

エギングの画像
日本古来の漁具であるエギは、ミノーなどのハードルアーとは違ってアングラーがアクションを加えないと動きません。

そのため、エギを動かすシャクリやジャークと呼ばれる、ロッドを使ったアクションが必要不可欠。

シャクリはイカを釣るためにとっても重要な操作です。

さまざまなシャクリ方がある

エギングの画像
現代のエギングにはさまざまなシャクリ方が存在することをご存知でしょうか?

例を挙げると、スラックジャークやバイオレンスジャーク、サウンドジャーク、エンドタップジャークなどなど……日々新しいシャクリ方が生まれているんです。

そんな数あるシャクリ方の中でも、エギングをする上で絶対に覚えておきたいシャクリ方を4種類ご紹介します!

マスターすべき4種類のシャクリ方

ワンピッチジャーク



エギングのもっとも基本的なアクションがワンピッチジャーク。

ロッドアクション1回に対してリールのハンドルを1回巻くシャクリ方で、エギを左右にダートさせることができます。

シャクリの注意点は、シャクった後にロッドを元の位置にしっかりと戻し、糸フケを出すこと!

糸フケを出さず、エギを引っ張るようなシャクリでは、エギは綺麗にダートしてくれません。

エギングの画像
アオリイカを狙う場合は春は2〜5回、秋は5〜10回ほどシャクリを行い、その後フォールさせてイカが抱くタイミングを作ります。

その日の状況やイカの活性の高さに応じでシャクリの回数を調節してみてください。

ハイピッチショートジャーク



ハイピッチショートジャークは一見、ワンピッチジャークを素早く行っているだけに見えるかもしれません。

でも、ワンピッチジャークと違うのは、糸フケを出さないこと。

糸フケを出さずに素早くシャクることで、エビや小魚が逃げるような動きを演出できます。

エギングの画像
ハイピッチショートジャークはイカが素早い動きに反応する場合に有効です。

特に秋口のコロッケサイズが釣れているタイミングでは効果絶大!

底まで沈めたエギをハイピッチショートジャークで一気に水面近くまで浮上させると、エギに追尾してくるイカを確認できるはずです。

スラックジャーク



PEラインを使ったエギングが生まれたとほぼ同時に生まれたシャクリがスラックジャーク。

エギが手前に寄ってくることを防ぎながら、幅の広いダートアクションでイカにアピールできることが特徴です。

ロッドを上にあげた状態から1度下げ、たるんだ糸を弾くようにロッドをシャクリます。

エギングの画像
かなり軽い力でシャクれるので、非力な方や女性でも簡単にマスターできるシャクリ方です。

大切なことは、ロッドを下げた時にしっかりと糸フケを作り出すこと!

糸フケがないと上手くシャクれないばかりか、エギもダートしてくれません。

縦ジャーク



現代のエギングで忘れられがちなアクションが縦ジャーク。

ロッドを下げて糸フケがない状態から、勢いよくロッドを上に振り上げてエギを引っ張ります。

エギは一切横方向にダートせず、上斜め45°くらいに跳ね上がるアクションです。

エギングの画像
ダートアクションが効かない状況で意外と効果が高いのが縦ジャーク。

周りが釣れていない中、縦ジャークにだけ連続ヒットなんてことも多々あります。

春でも秋でも通用するシャクリ方なので、覚えておいて損はないはずです!

シーズンによるシャクリ方の違い

春は移動距離を抑える

エギングの画像
大型が釣れる春のシーズンはアオリイカが産卵を意識しているため、エサをあまり活発には追わなくなります。

そのため、エギを早く派手に動かすよりは、ゆっくりとしたアクションに反応がよくなる傾向が強いです。

シャクリの回数を少なくしたり、スラックジャークを多用したりして攻略するのがセオリーといえます。

秋はハイアピールが吉

エギングの画像
秋の新子シーズンは活発にエサを捕食するため、かなり離れたところからでもエサ(エギ)を見つければすっ飛んで来て捕食します。

そのため、エギの動きも強く大きくすることで効率よくイカを釣ることができます。

ワンピッチジャークやハイピッチショートジャーク、縦ジャークで遠くのイカに気づかせるような意識でシャクリましょう。

シーズンで使い分けよう!

エギングの画像
アオリイカは春と秋で反応のいいシャクリがまったく異なります。

同じワンピッチジャークでも回数や強さを調節することで、アオリイカに出会う確率は格段にアップするはずです。

シーズンやその日の状況に応じてイカの反応がいいシャクリ方を探してみてください。
画像提供:六畳一間の狼 SUU

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。

twitter instagram youtube