おすすめのライトショアジギングロッドを元釣具屋が厳選!シーバスロッドを代用するメリットも解説

2021/07/21 更新

手軽に青物が釣れるとあって近年人気のライトショアジギング。ライトショアジギング専用ロッドはもちろん、シーバスロッドやサーフロッドが代用できることはご存知でしょうか?ライトショアジギングにおすすめの人気ロッドを厳選して紹介します!

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

大人気のライトショアジギング

ライトショアジギングロッドの画像
40g前後のメタルジグやプラグを使って、青物などの回遊魚を狙うライトショアジギング。

手軽に大きな魚を狙えるとあって、ソルトルアーフィッシングの中でもとくに人気が高い釣りです。

本記事では、元釣具屋の筆者がライトショアジギングに適したロッドを解説し、おすすめのアイテムを紹介します!

ライトショアジギングロッドは2パターン

ライトショアジギングロッドの画像
ライトショアジギングのロッド選びは、ライトショアジギング専用ロッドを使うか、シーバスロッド・サーフロッドを代用するかの2パターンです。

それぞれの特徴や選ぶ基準を解説します。

ライトなショアジギングロッド

ライトショアジギングロッドの画像
ショアジギング専用ロッドの場合、ML〜Mクラスのものがライトショアジギングに適します。適正ルアー(ジグ)ウエイトは30〜40gを目安にしてください。

シーバスロッドよりもパワーが強いため、大物とも安心してやりとりできることが最大のメリット。

また、メタルジグに特化しているので負荷が大きなジャーキングが快適に行えます。

硬いシーバスロッド・サーフロッドの流用

ライトショアジギングロッドの画像
シーバスロッドやサーフロッドの場合、M〜MHクラスの硬めのロッドが適します。専用ロッドと同じく、適正ルアーウエイトは30〜40gを目安にしましょう。

また、ロッドを脇に挟んで操作ができるように、グリップの長さが40cm以上のものがおすすめです。

ライトショアジギング専用ロッドよりもパワーは劣りますが、ハマチ・メジロ(イナダ・ワラサ)がメインで稀にブリが釣れるようなフィールドではパワーは十分です。

また、しなやかなので鉄板バイブ・ミノー・スピンテールなどの操作性に優れ、これらシーバス系ルアーのトレブルフックが伸びにくいこともメリット。

ライトショアジギング専用ロッドよりも軽くて疲労が少なく、多様なルアーを使えるため、近年はシーバスロッドやサーフロッドを流用する方も増えています。


おすすめのライトショアジギング専用ロッド

ライトショアジギングロッドの画像
人気が高いライトショアジギング専用ロッドを集めました。

ジグキャスター 100M(ダイワ)

ITEM
ダイワ ジグキャスター 100M・N
全長:10ft
自重:210g
継数:2本
仕舞寸法:157cm
ルアーウェイト:10-50g
ジグウェイト:15-60g


ショアジギングロッドのエントリーモデルとして長年人気があるジグキャスターの2021年モデルです。

軽量かつしなやかなブランクを採用しており、誰でも難なく扱えることが魅力。

ラインの負荷がもっとも掛かるトップガイドには、摩擦が少ないSiCリングを搭載しています。


コルトスナイパーBB 100ML(シマノ)

ITEM
シマノ コルトスナイパーBB S100ML
全長:10ft
自重:244g
継数:2本
仕舞寸法:157cm
ジグウェイト:MAX50g
プラグウェイト:42g


シマノ製ショアジギングロッドのエントリーモデルがコルトスナイパーBB。

ブランクスには強化構造のハイパワーXを搭載しており、キャスティング、操作性、ファイトで高いパフォーマンスを発揮します。

リーズナブルながらシャープで反発が強く、高級機種のような使用感がGOOD。

クロスライド5G XR5-962M/LSJ(メジャークラフト)

ITEM
メジャークラフト クロスライド 5G XR5-962M
全長:9ft6in
自重:200g
継数:2本
ルアーウェイト:20-60g


最新素材のトレカ®︎T1100Gを採用し、パワーとトルクを高めた本格ロッドです。

カーボンの配列を調整したR360構造との組み合わせにより、ロッドのブレを極限まで抑え込んでいます。

アンダー3万円の価格帯でトレカ®︎T1100Gを採用しているロッドはなかなかありませんよ。

コヨーテS S96M(がまかつ)

ITEM
がまかつ ラグゼ コヨーテS S96M
全長:9ft6in
自重:215g
継数:2本
仕舞寸法:150cm
ルアーウェイト:20-40g


シーバスロッド感覚で扱える軽量かつしなやかなライトショアジギングロッドです。

40gのメタルジグをストレスなくジャークできる反面、ミノーやワーム、スピンテールなどのシーバス系ルアーも快適に扱えます。

まさに、ショアジギングロッドとシーバスロッドのいいとこ取りをしたようなロッドです。


ヴェント GENTS-902M(オリムピック)

ITEM
オリムピック ヴェント GENTS-902M
全長:9ft
自重:221g
継数:2本
仕舞寸法:141.8cm
ジグウェイト:MAX60g
プラグウェイト:MAX40g


ライトショアジギングの必須要素を徹底追求したロッドです。

グラファイトクロスを採用したブランクスは、負荷に応じて素直に曲がるため、キャストがしやすくてファイト時の安定感も抜群。

やや短めのレングスも相まって操作性も良好です。



LSJにおすすめのシーバス・サーフロッド

ライトショアジギングロッドの画像
人気があるシーバスロッド・サーフロッドの中から、ライトショアジギングにおすすめのモデルをピックアップしました。

ソルティースタイル シーバス STSS-992MR-TV-KR(アブガルシア)

ITEM
アブガルシア ソルティスタイル シーバス STSS-992MR-TV-KR
全長:9ft9in
自重:182g
継数:2本
仕舞寸法:152cm
ルアーウェイト:8-40g


鉄板バイブやスピンテールジグなどの巻物系ルアーに特化した1本です。

レギュラーテーパーに設計されているので巻物を扱いやすく、ロッド全体で魚の引きを吸収してバラしを低減します。

シーバスロッドながらティップが柔らか過ぎないため、30g前後のジグなら難なくシャクれます。

オーシャンゲート サーフ JOG-1062M-K SF(ジャクソン)

ITEM
ジャクソン オーシャンゲート サーフ JOG-1062M-K SF
全長:10ft6in
自重:208g
継数:2本
ルアーウェイト:10-45g


サーフからのショアジギングやフラットフィッシュとの兼用におすすめの1本です。

ブランクスには中弾性カーボンが採用されており、負荷に応じてスムーズにロッドが曲がり、その反発力でルアーを楽に遠投できます。

ガイドリングはアルコナイト仕様なので、リーズナブルながら糸滑りも良好です。

グランデージSTD. 96MH(アピア)

ITEM
アピア グランデージ STD. 96MH
全長:9ft6in
自重:205g
継数:2本
仕舞寸法:149.3cm
ルアーウェイト:10-50g


クセのない使用感と操作性の高さを追求した本格派のシーバスロッドです。

新素材を採用した多積層バイアス工法によって、強度を向上させながら軽さと高い復元力を実現しています。

都市近郊エリアで使用頻度の高い20〜45gのメタル系ルアーにベストマッチします。

ラテオモバイル  106M-4(ダイワ)

ITEM
ダイワ ラテオ モバイル 106M-4
全長:10ft6in
自重:158g
継数:4本
仕舞寸法:85cm
ルアーウェイト:10-50g


携帯性に優れる4ピースのモバイルロッドです。とくに旅先での釣行や電車釣行が多い方におすすめ。

粘りと強度に優れる高密度HVFカーボンとパワーロスを抑制するVジョイントが採用され、モバイルロッドながら安心感のあるやりとりができます。

しなやかかつマイルドな調子なのでキャストがしやすく、巻物系ルアーとも好相性です。


ディアルーナ S100MH(シマノ)

ITEM
シマノ ロッド ディアルーナ S100MH
全長:10ft
自重:170g
継数:2本
仕舞寸法:155.9cm
ルアーウェイト:10-56g

ヒラスズキのアベレージは50~80cm、波も高く遠浅でツブ根が多く点在する所ですが、魚を掛けたら、バッドの強さを生かして向こうに主導権を渡さず一気に寄せて来る事が出来ます



軽量かつ高反発なブランクスが特徴のシーバスロッドです。

マッスルカーボンと強化構造のスパイラルX・ハイパワーXを組み合わせており、非常にシャープなキャストフィールと操作感を誇ります。

自重はわずか170gなので扱いやすく、非常に人気があるロッドです。

編集部愛用のライトショアジギングロッド

ライトショアジギングロッドの画像
最後に、ショアジギングファンのTSURI HACK編集部員が愛用しているロッドを紹介します。

エンカウンター S96MH(シマノ)

ITEM
シマノ エンカウンター S96MH
全長:9ft6in
自重:175g
継数:2本
仕舞寸法:148.6cm
ジグウェイト:MAX60g
プラグウェイト:10-52g


シーバスのコノシロパターンで重量級のルアーを扱え、かつライトショアジギングでも使えるリーズナブルな1本を探して辿り着きました。

ブランクスはシャキッとした印象で、ダルさをまったく感じません。その高い反発力でジグをキビキビと泳がせられるロッドかと思います。

グリップは脇に挟めますが、ショアジギングロッドと考えると少し短めな印象。シーバスルアーの操作性を優先させた長さかと思います。

MH表記にしてはやや硬く、キャスト時やファイト時の“ロッドの曲がり”を楽しむ人にとっては、少し物足りないかもしれません。

ただ、シマノのテクノロジーがてんこ盛りで、オールSiCガイドの優等生ロッドが、実売2万円程度で手に入るとなれば文句の言いようがありません。

値段を感じさせないシンプルなデザインも気に入っており、96MLも買い足してしまいました。
by 編集部 O

ランウェイSR 10.3M カレントナビゲーター(ゼスタ)

ITEM
ゼスタ ランウェイSR 10.3M カレントナビゲーター
全長:10ft3in
自重:175g
継数:2本
仕舞寸法:161cm
ルアーウェイト:8-50g


港湾のシーバスからライトショアジギング、フラットフィッシュまで1本でできちゃうロッドを探して行き着いたのがこのロッド。

ティップからベリーにかけてのしなやかさが段違いで、力を入れすぎなくても気持ちよくロッドが曲がってくれるので、キャストが上手くなったと勘違いするほど(笑)

30g前後のジグが一番気持ちよくぶっ飛んでいってくれます。

魚を掛けてからもバットがしっかりと仕事をしてくれるので、青物のツッコミにも十分耐えられます。
by 編集部 ノグチ

オールウェイク108 モンスターバトル(ジャンプライズ)

ITEM
ジャンプライズ オールウェイク108 モンスターバトル
全長:10ft8in
自重:200g
継数:2本
ルアーウェイト:10-55g


このロッドの魅力は「外洋の釣りすべてに流用できる」これに尽きます!

メタルジグを動かしやすく、プラグを扱った時にも程よく入るティップ。4kgクラスのヒラスズキを秒殺するパワー。

シーバス用の小型プラグから40g前後のメタルジグまで快適にキャストできる振り抜けの良さ……。

高価なロッドですが、いろんな釣りに使えるのでおすすめですよ!
by 編集部 イシカワ

スタイルに合わせてロッドを選びましょう!

ライトショアジギングロッドの画像
大型魚の魚影が濃く、重たいジグを使う釣り場にはライトショアジギング専用ロッド。

小・中型がメインのフィールドで軽さを優先させたい、シーバス系ルアーを多用したいならシーバス&サーフロッド。

こんな感じで、釣りのスタイルによって適したロッドは異なるため、対象魚や釣り方を考慮してロッドを選んでくださいね!
撮影:TSURI HACK編集部

関連記事

紹介されたアイテム

ダイワ ジグキャスター 100M・N
シマノ コルトスナイパーBB S100M…
メジャークラフト クロスライド 5G X…
がまかつ ラグゼ コヨーテS S96M
サイトを見る
オリムピック ヴェント GENTS-90…
サイトを見る
アブガルシア ソルティスタイル シーバス…
ジャクソン オーシャンゲート サーフ J…
アピア グランデージ STD. 96MH
ダイワ ラテオ モバイル 106M-4
サイトを見る
シマノ ロッド ディアルーナ S100M…
シマノ エンカウンター S96MH
ゼスタ ランウェイSR 10.3M カレ…
サイトを見る
ジャンプライズ オールウェイク108 モ…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ライトショアジギングロッドの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。