アオリイカの画像

アオリイカの特徴や釣り方、人気料理を一挙紹介!釣り人がオススメする間違いない食べ方とは?

2022/10/31 更新

イカの王様「アオリイカ」は、釣って楽しく、どんな食べ方でも美味しく人気です。今回はアオリイカの特徴や釣り方、人気料理を一挙にご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

アオリイカの特徴

アオリイカの画像

分類
ヤリイカ科
アオリイカ属
種(学名)Sepioteuthis lessoniana
種(英名)アオリイカ(障泥烏賊)
種(和名)Bigfin Reef Squid

胴の長さは平均で40~45センチ。重さは2~3キロまで成長します。

最大5キロほどの重さの個体も確認されていて、イカ類の中で比較的大きくなる種類です。

その身は甘みがありどんな料理でも美味しく食べられるので、釣り人からの人気が非常に高いです。

名前の由来

アオリイカの画像

出典:PIXTA

名前の由来は、ヒレの色や形状が馬の胴体に巻く馬具のひとつである泥除け『障泥(あおり)』に似ていることからとされています。

ヒレを煽るように動かすことから『煽烏賊』と表されることもありますが、名前の由来からもあるように漢字では『障泥烏賊』と書くのが一般的です。

特徴

提供:釣り好き!まっちゃん

アオリイカには特徴ごとに3つの型に分けられています。

胴が円形に近い個体を「シロイカ型」、丸みを帯び赤みがかった個体を「アカイカ型」、胴の長さが12センチ程度にしかならないが見た目はシロイカである個体を「クワイカ型」とされています。

また、模様が線だとオス、模様が丸だとメスと簡単に見分けられる特徴もあります。

生息域

アオリイカの生息域の画像
出典:PIXTA

アオリイカは温帯から熱帯の沿岸部に生息。日本では北海道南部から沖縄まで、広い地域に生息しています。

産卵期は春で、浅場の藻場に接岸し産卵することが知られています。

地方名

地方によってアキイカやシルイチャー、シンイカ、バショウイカ、ミズイカ、モイカ等、さまざまな名前で呼ばれています。

アオリイカの釣り方

アオリイカ釣りの画像

撮影:TSURI HACK 編集部

アオリイカの釣りは古くから使われている『餌木』を使った釣りが代表的。この釣り方は『エギング』と呼ばれ、幅広い層に人気です。

その他にも、ヤエン釣りやウキ釣り等の釣法でも楽しまれています。

▼アオリイカ釣りの代表3種をまとめて紹介している記事です。

エギング

アオリイカのエギング仕掛けの画像

制作:TSURI HACK 編集部

昨今、人気が高いエギング。初心者から上級者まで手軽に楽しむことができ、釣り具メーカーも様々なアイテムを発売しています。

▼エギングを紹介している記事です。

ヤエン釣り

アオリイカのヤエン仕掛けの画像

制作:TSURI HACK 編集部

アジ等の活き餌を捕食させ、専用の漁具『ヤエン』を釣り糸からスロープ状に降ろし、掛ける釣法。

エギングブームと並んで、昨今注目を集めています。

▼ヤエン釣りを紹介している記事です。

ウキ釣り

アオリイカのウキ釣り仕掛けの画像

制作:TSURI HACK 編集部

ウキを使ってアタリを捉える釣り。ヤエン釣り同様に、アジ等の餌を泳がせてアオリイカを誘います。

ヤエンとの違いは、ウキと掛け針と呼ばれる釣り針が付いた仕掛けを使うことです。

▼ウキ釣りを紹介している記事です。

アオリイカ釣りの時期

アオリイカの時期

制作:TSURI HACK 編集部

アオリイカは地域によっては1年を通して釣ることも出来ますが、多くの地域では春と秋が狙い目です。

産卵期に接岸する親イカを狙う場合は3~6月、春に生まれた子イカを狙うのであれば9~12月が釣期とされています。

▼アオリイカ釣りの時期を四季別に紹介している記事です。

1 / 3ページ