元釣具屋が「タチウオテンヤロッド」を徹底解説&おすすめ10選

2022/06/23 更新

関西を中心に大きく盛り上がっているタチウオテンヤ。数ある釣りの中でも、タチウオテンヤはロッドによって釣果が変わる釣りだというのはご存知でしょうか?そんな太刀魚テンヤ竿を詳しく解説し、おすすめの10本を紹介します。

制作者

tsuki

関西出身の元釣具屋。堤防釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか模索中。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

tsukiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像提供:tsuki

タチウオテンヤロッドを厳選!

タチウオテンヤロッドの画像
手軽かつゲーム性が高く、関西の船釣りシーンで圧倒的な人気を誇るタチウオテンヤ。

筆者のメインフィールドの大阪湾では、「船釣りと言えばタチウオテンヤ」というぐらい人気の釣りです。

そんなタチウオテンヤにおすすめのロッドを、タチウオテンヤが大好きでロッドの仕入れも担当していた筆者が解説します!

タチウオテンヤロッドについて

タチウオテンヤロッドの画像
何故専用ロッドが良いのか? その理由も交えながら、まずはタチウオテンヤロッドについて解説します。

先調子(掛け調子)が基本

タチウオテンヤロッドの画像
タチウオテンヤはテンヤを操作し、タチウオを誘って掛け合わせる釣りです。そのため、操作性が良くて小さなアタリも感知でき、それを即座に掛け合わせられる先調子のロッドが適しています。

釣り人のスタイルにもよりますが、先調子のロッドで積極的に操作して釣る方がゲーム性が高く、釣果も伸びやすいので先調子の竿が主流になっています。

胴調子(乗せ調子)が良いことも

タチウオテンヤロッドの画像
先調子の竿が主流だと解説しましたが、ゆっくり誘ったり、タダ巻きで狙ったりする時は胴調子のロッドが適しています。

こういった釣り方は、タチウオの活性が低くて喰いが渋い時に効果を発揮するので、先調子のロッドと胴調子のロッドの両方を持っているのがベストでしょう。

また、胴調子のロッドは、竿が曲がって船の揺れを吸収してテンヤに余計な動きを与えないので、海が荒れ気味の時にもアドバンテージがあります。

長さは2メートル前後

タチウオテンヤロッドの画像
タチウオテンヤは“アクションが命!”なので、多くのロッドは2m以下です。短い竿の方が操作性が良くて軽量、そして感度が良くなることが理由ですね。

ただし、極端に短いと船縁側に突っ込まれた時にラインを擦るリスクがあるので、細かいことを言うと1.75m以上は欲しいところです。

流用できるロッドは?

タチウオテンヤロッドの画像
専用竿じゃなくても釣り自体は成立します。特に、タコエギ用のロッドは調子がよく似ています。

また、感度などは劣りますが200g対応のジギングロッドも流用できます。掛ける釣りは少し厳しいですが、ゆっくりとタダ巻きで誘う釣りであれば50号の船竿でも代用が可能です。


おすすめの入門モデル(2万円以下)

テンヤタチウオX 180(ダイワ)

アタリが分かりやすい先調子で、ロッドのネジレを抑えるBRAIDING Xを搭載。細身でもロッド強度が高く、軽快な操作性を実現。

重さは127gと同価格帯の中ではかなり軽量に仕上がっており、アタリを弾かないグラスソリッド穂先を採用しており、ビギナーの方でも誘いからフッキングまでがストレスなく行えます。

ITEM
ダイワ テンヤタチウオX 180・R
全長:1.8m
自重:127g
形態:並継
調子:先調子
継数:2本
仕舞長さ:95cm
先径:1.2mm
元径:11.4mm
オモリ負荷:40-100号
カーボン含有率:71%
テンヤ負荷:30-60号

海人 タチウオテンヤ 91 180MH(アルファタックル)

コスパ抜群のロッドで、ダイワ・シマノに負けない性能なのにお値段は抑えめ。高弾性ブランクスの採用で、シャープな使い心地を実現。

ティップ部分には繊細なアタリもキャッチすることができるカーボンソリッドティップを搭載しています。

ITEM
アルファタックル 海人 タチウオテンヤ 91 180MH
■全長:1.80m
■継数:2本
■仕舞:140cm
■自重:112g
■先径:1.3mm
■元径:11.8mm
■錘負荷:30-60号

サーベルマスター BB 82MH195(シマノ)

誘い、アワセ、やり取りタチウオ釣りに必要な性能が全て詰まったタチウオ専用ロッド。

エントリーモデルながらロッドのネジレを抑える強化構造、ハイパワーXや食い込みの良いグラスソリッド穂先など、初めてのタチウオロッドにおすすめの1本。

ITEM
シマノ サーベルマスター BB 82MH195
全長(m):1.95
継数(本):2
仕舞寸法(cm):101.4
自重(g):118
先径(mm):1.1
錘負荷(号):30~100
カーボン含有率(%):80.2

おすすめの中級モデル(2〜4万円)

メタリア タチウオテンヤSP 82-190(ダイワ)

メタルトップ(金属製の穂先)と高密度高強度カーボン「HVFナノプラス」が採用された高感度ロッドです。

掛け調子と言えど、魚を掛けてからは柔軟に曲がるマイルドな調子もGOOD。使い手を選ぶ難しさもありませんし、身切れなどでバラすリスクも少なくなります。

ITEM
ダイワ メタリア タチウオテンヤSP 82-190
全長:1.9m
自重:113g
調子:8:2調子
継数:2本
仕舞長さ:100cm
先径(外径):0.7mm
元径:10.7mm
オモリ負荷:40-100号
カーボン含有率:92%
テンヤ負荷:30-60号

リーディング 82 MH-185 MT(ダイワ)

専用モデルではありませんが、タチウオテンヤにバッチリのモデルです。AGSというカーボン製のガイドが採用されたこともあり、なんと自重は100g。

専用ロッドと比べると、同じ8:2調子でもやや柔らかく、掛け調子と乗せ調子の中間的な使用感です。

ITEM
ダイワ リーディング 82 MH-185 MT
全長:1.85m
自重:100g
形態:変則2ピース
調子:8:2
調子継数:2本
仕舞長さ:115cm
先径(外径):0.6mm
元径:10.9mm
オモリ負荷:25〜60号
カーボン含有率:84%

アルファソニック タチウオテンヤ 190M(アルファタックル)

こちらもチタン製の穂先を搭載したロッドですが、おそらく、金属製穂先のロッドの中ではもっともリーズナブルな価格です。

掛け調子ではありますが、尖りすぎていないオールラウンドな調子なので、「チタン穂先のロッドを使ってみたい」という方はぜひ手にとってみてください。

ITEM
アルファタックル アルファソニック タチウオテンヤ 190M
全長(m):1.90
仕舞(cm):2
標準自重(g):123
先径(mm):1.4
元径(mm):10.0
錘負荷(号):30-60
カーボン(%):85
グラス(%):5

おすすめの上級モデル(4〜6万円)

極鋭 タチウオ テンヤSP 91-180AGS(ダイワ)

長時間の釣行でもアングラーへの負担が少ない細身のブランクスはX45を搭載することで、高いフッキング性能とドラゴンサイズにも負けないパワーを実現。

91-180はタチウオのアタリを即座に掛けることができる9:1調子を採用。採用されたSMTは手感度だけでなく、高い目感度も併せ持つテンヤタチウオ専用ロッドです。

ITEM
ダイワ 極鋭 タチウオ テンヤSP 91-180AGS
全長:1.80m
重:135g
継数:2本
仕舞長さ:135cm
先径(外径):0.7mm
元径:10.7mm
カーボン含有率:99.0%

極鋭タチウオテンヤSP 170 AGS(ダイワ)

先に紹介した極鋭のショートレングスモデルです。軽量になって操作性が向上しているので、バシバシ動かしてバンバン掛ける攻撃的な釣りが好きな人におすすめです。

感度の観点から見ても、197より手感度が優れています。ただし、短い分硬いので身切れなどのリスクが高く、ドラグ調整と巻き速度の調整はややシビアです。ピーキーな性格なので、好みが別れるロッドだと思います。

ITEM
ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP 170 AGS
●全長(m):1.70
●継数(本):2
●仕舞(cm):126
●自重(g):105
●先径/元径(mm):2.5(0.7)/10.9※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
●適合テンヤ(号):30〜60
●オモリ負荷(号):40〜100
●カーボン含有率(%):97

サーベルマスターエクスチューン テンヤ 82 MH180(シマノ)

エクストリームガングリップという特殊形状のグリップが採用されており、釣り竿には珍しく、右用・左用が区別されているロッドです。手に吸い付くような握り心地には驚かされるはず。

こだわり抜かれたカーボンソリッド穂先とモノコック仕様のリアグリップによって、抜群の手感度と目感度を誇ります。オーソドックスな掛け調子なので、使い手を選ばないところもGOOD。

ITEM
シマノ サーベルマスターエクスチューン テンヤ 82 MH180
全長(m):1.79
継数(本):2
仕舞寸法(cm):132.5
自重(g):138
先径/元径(mm):1.0/12.8
テンヤ号数(号):30~60
カーボン含有率(%):97.2

筆者の愛竿

極鋭タチウオテンヤSP EX AGS 178(ダイワ)

「果たしてここまで高い竿はいるのか?」と、疑問を感じつつも奮発してゲットしてしまいました。

極鋭シリーズのさらに上をいくロッドです。AGSとスーパーメタルトップはもちろん搭載しており、ブランクスが極限まで軽量化されています。自重95gはタチウオテンヤロッドとしては驚異的で、操作性・感度に直結しています。

そして、オリジナル極鋭の掛けやすい調子はそのままに、掛けてからは柔軟に曲がる調子に設計されているので、バラシがより少ない印象です。まさに、極鋭とメタリアの良いとこ取りのようなロッドです。

筆者はとにかく軽さにこだわってフォースマスター401をセットしていますが、操作性は圧巻! ここまで揃える必要は無いかも知れませんが、タチウオテンヤを極めたい方にはおすすめです。

ITEM
ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP EX AGS 178
●全長(m):1.78
●継数(本):2
●仕舞(cm):134
●自重(g):95
●先径/元径(mm):0.7/10.7
●錘負荷(号):40-100
●テンヤ(号):30-60

ロッドで釣果が変わる!


タチウオテンヤという釣りは、ロッドで誘って、ロッドでアタリを取って、ロッドで掛け合わせる釣りです。

つまり、タチウオテンヤにおいて、ロッドは非常に重要なアイテムだということです。

ロッド選びに迷った際はぜひ本記事を参考にしていただき、自分に合った1本を見つけてくださいね。
画像提供:tsuki

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ テンヤタチウオX 180・R
アルファタックル 海人 タチウオテンヤ…
シマノ サーベルマスター BB 82MH…
ダイワ メタリア タチウオテンヤSP 8…
ダイワ リーディング 82 MH-185…
アルファタックル アルファソニック タチ…
ダイワ 極鋭 タチウオ テンヤSP 91…
ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP 170…
シマノ サーベルマスターエクスチューン…
ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP EX A…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD