ヒラメ釣り入門!定番ルアー10選と時期や仕掛けをチェック!

海の高級魚ヒラメ。大型はザブトンとも呼ばれ、ソルトルアーフィッシングの人気のターゲットです。今回はルアーで狙うヒラメ釣りの仕掛けや、狙い目の時期やポイントをチェックしてみましょう!


アイキャッチ画像出典:シマノ

ヒラメ釣りの時期(シーズン)

ヒラメ釣り・海中に潜むヒラメ
出典:pixta
水温が15度~25度の間であれば、ヒラメをサーフから狙うことが可能。その中でも適水温は18度~20度といわれ、20度~22度が適水温とされるマゴチに比べ、やや冷水を好みます。

ベストシーズンは、産卵のためにサーフへ接岸する春で、秋も適水温となるためにチャンス大。夏は海水温が上昇し、ヒラメが深場へと落ち、サーフからの釣りは厳しくなります。

冬も夏同様に適水温から外れ、個体数が減りますが、釣れたら大型。冬のヒラメは『寒ビラメ』と呼ばれ、肉が厚くなり、もっとも美味しいシーズンです。

▼ヒラメゲームの時期を特集した記事です


ヒラメの釣りの時間帯

ヒラメ釣りの時間帯
出典:pixabay
他の魚と同じく、朝マズメ・夕マズメはチャンスです。夏なら水温の低い朝マズメ、冬であれば水温が上昇し易い日中から夕マズメにかけてが狙い目でしょう。

潮流やエサとなるベイトフィッシュの動きにも左右されるため、あくまで時間帯はひとつの目安。代表的なベイトフィッシュであるイワシは、上げ潮で接岸し下げ潮で離岸すると覚えておきましょう。

ヒラメの時合についてはいろいろな説がありますが、魚は複合的な要素で捕食をするため、さまざまな角度から海を見る必要があります。

ヒラメ釣り・狙い目のポイント

ヒラメ釣りをサーフでする
出典:シマノ
海に向かって闇雲にルアーをキャストするのは効率が悪く、魚と出会えるチャンスが減ってしまいます。ヒラメが居つきやすいポイントを見ていきましょう。

沈み根

砂地の中にある、磯や岩礁地帯は好ポイント。磯にはヒラメのほかにも、青物やヒラスズキが居着きます。当然ヒット後には根ズレのリスクが高いため、太いリーダーやパワーのあるロッドで挑みましょう。

河口・流れ込み

ヒラメ釣りのポイント・河口
出典:pixabay
淡水と海水が混ざることで豊富なプランクトンが生まれ、多くのベイトフィッシュが集まるポイントです。

流れによって底が掘れていたり、流れてきた砂が積もるサンドバーが形成されたりと、地形変化も豊か。よくも悪くも雨の影響を受けるポイントと覚えておきましょう。

離岸流

ヒラメ釣りのポイント・離岸流
出典:pixabay
離岸流とは、岸から離れていく流れの事を指します。離岸流によって地形変化ができ、ベイトの待ち伏せポイントにもなるため超1級ポイント。

しかし離岸流といっても、流れの強弱や向きなど性質はさまざまです。離岸流のド真ん中ばかりではなく、離岸流の周り、離岸流に引かれる流れも有望。

離岸流に地形変化が絡んでいるのか、ベイトフィッシュが付いているのかと、いろんな角度から離岸流を観察しましょう。

ヒラメ釣りの仕掛け(タックル)

ヒラメタックルの画像
出典:シマノ
約20年前まではヒラメをルアーで狙うアングラーはおらず、ルアー釣りの中でも新しい分野です。

黎明期はシーバス用のロッド・ルアーが流用されていましたが、現在は専用アイテムが充実。サーフゲームのタックルをチェックしていきましょう。

ロッド

サーフロッドは遠投性能が求められるため、9フィート~11フィートと長いことが特徴。入門者には10フィート程度の柔らかめのロッドがおすすめです。

エントリーに最適な1本
ITEM
シマノ ネッサ BB S1002M
全長:3.1m
自重:185g
継数:3本
仕舞寸法:110cm
プラグウエイト:8-35g
ジグウエイト:MAX42g


大人気のスタンダードモデル
ITEM
シマノ ネッサ CI4+ S1002M
全長:3.1m
自重:171g
継数:3本
仕舞寸法:110cm
プラグウエイト:8-35g
ジグウエイト:MAX42g


▼ネッサCI4+を特集した記事です



人気のラテオのヒラメ仕様
ITEM
ダイワ ラテオ FJ 103ML
全長:3.12m
自重:160g
継数:2本
仕舞寸法:160cm
ルアーウエイト:7-40g


▼ラテオFJを特集した記事です



フラットフィッシュロッドのパイオニア
ITEM
ノリーズ フラットフィッシュプログラム シューティングサーフ96
全長:2.9m
自重:148g
継数:2本
仕舞寸法:149cm
プラグウエイト:10-40g


▼ヒラメロッドを予算別に特集した記事です



▼アンダー1万円のヒラメロッドを特集した記事です


リール

PE1号前後のラインが150m以上巻ける3000~4000番サイズのスピニングリールがよいでしょう。風にラインを取られることを想定し、ラインスラックの回収が速いハイギアかエクストラハイギアがおすすめです。

超軽量かつハイコスパ
ITEM
シマノ ストラディックCI4+ 4000XGM
ギア比:6.2
最大ドラグ力:11kg
自重:235g
巻取り長:99cm
PE糸巻き量(号-m):1.2-250、1.5-200、2-150


▼ストラディックCI4+を特集した記事です



高剛性×マグナムライトローター
ITEM
シマノ ツインパワーXD 4000XG
ギア比:6.2
最大ドラグ力:11kg
自重:290g
巻取り長:99cm
PE糸巻き量(号-m):1-500、1.5-320、2-210


▼ツインパワーXDを特集した記事です



至高の巻き心地を味わう
ITEM
シマノ ステラ 4000XG
ギア比:6.2
最大ドラグ力:11kg
自重:255g
巻取り長:101cm
PE糸巻き量(号-m):1-490、1.5-320、2-240


▼ステラを特集した記事です



驚異的に軽くなった名機カルディア
ITEM
ダイワ カルディア LT4000-CXH
ギア比:6.2
最大ドラグ力:12kg
自重:225g
巻取り長:99cm
PE糸巻き量(号-m):1.5-200


▼カルディアを特集した記事です



ダイワが誇るフラッグシップ
ITEM
ダイワ イグジスト LT4000-CXH
ギア比:6.2
最大ドラグ力:10kg
自重:205g
巻取り長:99cm
PE糸巻き量(号-m):1.2-310、1.5-200、2-170


▼イグジストを特集した記事です


ライン

PEライン1号にフロロカーボンのショックリーダー6号が基本のラインシステム。サーフは足場が低く、カケアガリの肩の部分にラインが擦れやすいため、シーバスに比べやや太めのラインを用います。
12本編みで超ハイコスパ
ITEM
シマノ ピットブル12 サイトライム 1号200m


▼ピットブルを特集した記事です



耐摩耗としなやかさを両立
ITEM
クレハ シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 6号


ヒラメ釣りのルアー(プラグ・メタルジグ・ワーム)

ヒラメルアーの画像
出典:DUO facebook
サーフゲームではメタルジグやプラグから、ワームまで幅広いルアーを用います。ヒラメの実績が高い定番ルアーを集めてみました。

ワーム(ジグヘッド・チャター)

考え抜かれたヒラメ専用ワーム
ITEM
デュオ ビーチウォーカーハウル セット 14g


▼ビーチウォーカーハウルを特集した記事です



魚種問わない名作ジグヘッド
ITEM
エコギア パワーダートヘッド 14g


パワーダートヘッドのトレーラーに
ITEM
エコギア パワーダートミノー 105


▼ヒラメ用ワームとジグヘッドを特集した記事です


メタルジグ

ヒラメ狙いに必要な要素を凝縮
ITEM
シマノ 熱砂 スピンビーム 32g


▼スピンビームを特集した記事です



非対称5平面の高反射デザイン
ITEM
ダイワ フラットジャンキー ヒラメタル 30g


▼ヒラメタルを特集した記事です



▼ヒラメ用メタルジグを特集した記事です


ミノー

かっ飛びパイロットミノー
ITEM
シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII シンキング
サイズ:125mm
自重:25g


ヒラメハンター堀田光哉氏監修
ITEM
デュオ ビーチウォーカー アクシオン
サイズ:95mm
重量:30g
タイプ:ヘビーシンキング


▼ビーチウォーカーシリーズを特集した記事です



ソルトウォータールアーの代名詞
ITEM
アイマ サスケ 120 裂波
サイズ:120mm
重量:17g
タイプ:フローティング


▼サスケシリーズを特集した記事です


メタルバイブ

サーフ専用ブレードルアー
ITEM
デュオ ビーチウォーカー リボルト
サイズ:80mm
重量:34g
タイプ:シンキング


3フックで針掛かり抜群
ITEM
ジャッカル ビッグバッカー107
サイズ:107mm
重量:27g
タイプ:シンキング


▼ビッグバッカーを特集した記事です



ヒラメ釣りに持っていきたいアイテム

ヒラメ釣りの画像
出典:シマノ
ヒラメのサーフゲームで必要不可欠のアイテムをまとめてみました。安全面・利便性の観点から必須のアイテムです!

フローティングベスト

安全面を考慮し、かならずフローティングベストを着用しましょう。たくさんのタックルがベストに収納できるため、移動の多いサーフでの釣りには必需品です。
ITEM
ダイワ ライトフロートゲームベスト DF-6406 ブラック


▼フローティングベストを特集した記事です


ウェーダー

足元を波が洗うサーフでは、ウェーダーの着用が必須。春・夏は透湿素材のものを、秋冬はネオプレーン素材のものを選びましょう。不意の波が来ても安心の、チェストハイタイプがおすすめです。

防水透湿素材ドライシールドを採用
ITEM
シマノ XEFO・ドライシールドウェーダー ZT WA-238P
サイズ:S~3L


秋冬は絶対ネオプレーン
ITEM
プロックス 3Dインナーネオプレンウェダー (ストッキング)
サイズ:M~3L


▼ウェーダーを特集した記事です


ウェーディングカーゴ

あると便利なウェーディングカーゴ。この中に足を入れて着替えれば、車の中が砂だらけになる心配もありません。汚れたウェア一式を詰め込んで帰りましょう。
ITEM
マズメ ウェイディングカーゴ2
カラー:ブラック・レッド・イエロー

クーラー

ヒラメ・マゴチ・青物・ヒラスズキ、サーフゲームで釣れる魚は美味。大型の魚が多いため、30リットル以上の大型クーラーボックスがおすすめです。
ITEM
シマノ スペーザ ライト 350 LC-035M ホワイト
実効内容量(L):35
内寸法:260×600×230


▼クーラーボックスを特集した記事です


防水ケース

携帯電話は防水ケースに収納。収納したまま操作や通話、カメラ撮影ができるケースも登場しています。記念撮影の際に、落水の心配がありません。
ITEM
ダイワ ターポリンポーチ MW
カラー:ブラック・ホワイト・ライムグリーン

釣れない?ヒラメフィッシング

ヒラメ釣りの画像 ヒラメゲームはハードルが高いイメージではないでしょうか。しかしヒラメは、場所によっては思いのほか魚影が濃い魚。

ポイントとタイミングを合わせれば、思わぬ大漁もあり得ます。ヒラメを求めて、サーフに足を運んではいかがでしょうか。

▼ヒラメゲーム4つのコツを特集した記事です


ヒラメタックルの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
SETTU
SETTU

釣り大好き!でも下手くそなSETTUです!僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!