元釣具屋が「タイラバリール」の選び方とおすすめ10機種を厳選

2020/05/11 更新

近年大流行中のタイラバですが、リール選びに迷っている方も多いでしょう。糸巻き量・ギア比・カウンターなどのポイントからタイラバ用ベイトリールの選び方を解説。ダイワ・シマノのリールの中からおすすめを厳選し、インプレ(レビュー)とともにお届けします。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

タイラバ に適したリールとは

タイラバリールの画像
タイラバは船から手軽にマダイが釣れるルアーフィッシングとして近年大人気です。

ベイリールを用いて等速に巻いて誘うのが一般的な釣り方ですが、どのようなリールが適しているのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、元釣具屋の筆者がタイラバ用リールの選び方を解説し、厳選したおすすめ機種を紹介します。

これからタイラバを始める方やリールの買い替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

タイラバリールの選び方1. サイズ(糸巻き量)

タイラバリールの画像
タイラバに適したリールサイズは、シマノの100〜200番程度、ダイワの100〜150番程度のコンパクトなベイトリールです。

0.6〜0.8号のPEラインを200m以上巻けるラインキャパシティがあれば、大半の地域・ポイントに対応します。

これよりも小さいサイズだと巻き上げ力が足りず、大きいサイズだとリールが重くなるといったストレスが生じるので、上記のサイズが適切です。

タイラバ リールの選び方2. ロープロ or 丸型

タイラバリールの画像
タイラバに用いるベイトリールは、その形状によって「ロープロ型」と「丸型」の2種類に分けられます。

二つのタイプの特徴を理解して用途にあったものを選びましょう。

ロープロ型

タイラバリールの画像
ボディが平たい形状のリールがロープロ型です。コンパクトで握り込みやすく、軽いことが特徴。

タイラバは1日手持ちで巻き続ける釣りなので、軽量であればあるほど疲れにくく、集中力が持続します。その結果、安定した等速巻きを維持することができ、釣果に繋がりやすいといえるでしょう。

また、ロープロ型は低価格な機種も多く、これからタイラバを始める方や、手が小さい方などにおすすめです。

丸型

タイラバリールの画像
丸型リールは金属素材でボディが構成されており、剛性が高くて巻き上げ力が強く、巻き心地が滑らかなことが特徴です。

100m以深の深場を狙う時や200g以上の重たいタイラバを使用する際にも、リールのたわみが少なくて安定した巻き上げが可能で、大型魚とのやりとりも楽に行えます。

パワーと巻き心地を重視する方にはおすすめですが、重くて高額なことがネックです。

タイラバリールの選び方3. ギア比

タイラバリールの画像
ギア比とは、ハンドル1回転あたりのスプールの回転数を表すもので、ギア比が高いほどハンドルを1回転させた時の巻き上げ長が大きくなります。

ギア比が低いローギア(パワーギア)とギア比が高いハイギアの2種類に大別されていることが多く、ギア比の選択はタイラバでは特に重要な要素だと言われています。

ローギア(パワーギア)

巻き上げ時の抵抗が少なく、ハンドルを楽に巻くことができ、ゆっくりした速度で等速に巻きやすいのが特徴です。

慣れていない方の場合、集中力が切れた時に巻く速度が速くなる傾向が強く、そういった意味では「ローギアを使えば誰でもゆっくり巻きやすい」といえるでしょう。

タイラバはスローに等速巻きすることがセオリーなので、ローギアが好まれることが多く、慣れていない初心者の方には特におすすめです。

ハイギア

ハイギアは巻き上げ長が大きいため、仕掛けの回収などが速くて楽になり、手返しが良くなります。

また、巻き上げ時の抵抗が大きくて巻きが重いことがデメリットに挙げられますが、それは感度が良いとも言い換えられ、海中の違和感が伝わりやすいというメリットにもなります。

潮の変化や鯛がスカートを噛んだ違和感を感じることができるので、ある程度タイラバに慣れた方や2台目の購入を検討している方におすすめです。

タイラバリールの選び方4. カウンター

タイラバリールの画像
カウンターリールは、リールの上部にカウンター(ディスプレイ)が搭載されており、ここにラインが出た距離が表示されます。

アタリがあった水深を把握したり、仕掛けが流れすぎていないかなどを判断したりできるので、非常に便利な機能です。

また、水深以外にも巻き速度を表示することで、反応が良かった速度を再現できるリールもあります。

タイラバリールの選び方5. ハンドル

タイラバリールの画像
ベイトリールのハンドルには、ハンドルノブが2つ付いているダブルハンドルと、1つだけのシングルハンドルがあります。

ハンドルによっても特性が大きく異なるので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

ダブルハンドル

タイラバリールの画像
ダブルハンドルは重量バランスが均等なので、一定の速度で巻きやすいのが特徴。

タイラバでは等速巻きが大切なのでダブルハンドルが好まれ、最初の1台にはダブルハンドルをおすすめします。

シングルハンドルに比べて力強く負けないことがデメリットですが、ほとんどの状況では支障となりません。

シングルハンドル

タイラバリールの画像
ハンドル軸からノブまでが長く、大型のノブが付いているという構造上、力を入れて巻き上げることが可能です。

巻き上げパワーが強くなることで、重たいタイラバの扱いや大物とのやりとり、深場からの回収が楽になります。

近年流行中のディープタイラバなどには適していますが、等速巻きが難しく、初めの1台にはおすすめしません。


おすすめのエントリーモデル(1万円前後)

1万円前後のエントリーモデルの中から、これからタイラバを始めるのにおすすめの機種を集めました。

プリード 150H(ダイワ)

1万円以下で買えるリーズナブルな船釣り入門リールです。巻き上げ力重視のシングルハンドルですが、カウンターウエイトが付いているので等速巻きも難なく行えます。

スプールの回転がスムーズなので狙ったタナまで素早くタイラバを落とせ、軽量で持ち重りが少なく、手頃な価格で誰でもタイラバを楽しめる1台です。

ITEM
ダイワ プリード 150H
自重:215g
ギア比:6.3
最大ドラグ力:4kg
巻き取り長さ:71cm
PE糸巻き量:2号-150m
ベアリング数:4/1

値段はお手頃ですが特に不満点はありません。事前情報だとドラグが軋むことがあるという口コミもあったのですが、ちゃんとグリス差してれば全く問題無いです。


炎月BB 100PG(シマノ)

軽量で剛性が高いタイラバ専用リールで、スローな巻き取りが得意なPGモデルです。ドラグ部にはカーボン製のワッシャーが採用され、滑りだしがスムーズでタイの鋭い叩きにも対応します。

ハンドルは51mmの長めのダブルハンドルが採用されており、巻き上げパワーと安定感が向上されています。

ITEM
シマノ 炎月BB 100PG
自重:185g
ギヤ比:5.5
巻き取り長さ:59cm
最大ドラグ力:5.5kg
PE糸巻量:1号-200m
ベアリング数:4/1

巻き心地は滑らかでエントリーモデルとは思えない。50cm以上の真鯛にも全く力負けせずファイト出来ます。まだ青物は上げてないけど、十分勝負出来そう。当たり前だけど、ドラグ音が無いのが唯一のマイナス。いずれドラグチューンしてやろうかと思ってます。上品なブラックに赤を指したデザインもカッコいい タイラバ入門リールとしてはコスパは最高!


紅牙X IC(ダイワ)

1万円前半の販売価格はがら、カウンターが付いているリールです。金属製のボディが採用されているのでたわみが少なく、やりとりの際にも安定した巻き上げが可能。

カウンター付きのリールでタイラバを始めたいという方におすすめです。

ITEM
ダイワ 紅牙 X IC
自重:240g
ギア比:4.9
最大ドラグ力:5kg
巻き取り長さ54cm
PE糸巻き量:1号-200m
ベアリング数:5/1

おすすめのミドルグレードモデル(2万円〜3万円以下)

2〜3万円のミドルグレードモデルの中から、「これはコスパが高い!」というリールを集めました。

スティーレSS 150PG(シマノ)

金属製の高剛性なボディながら、自重はわずか160g。安定した力強い巻き取りと、ベイトリールの中でも屈指の軽さを両立しています。

ドラグ部分にはラインがでると音が鳴るエキサイティングドラグサウンド機能が付いているので、引きの強さに合わせたドラグ調整がしやすく、やり取りを楽しくできるリールです。

ITEM
シマノ スティーレSS 150PG
自重:160g
ギア比:5.5
最大ドラグ力:4kg
PE糸巻き量:1.5号-200m
巻き取り長さ:55cm
ベアリング数:4/1

紅牙IC 100P-RM(ダイワ)

「タイラバに必要な機能は全て揃っている」といっても過言はない、軽量カウンター付きリールです。カウンターには巻き上げスピードも表示され、ヒットした巻き速度を完璧に再現することができます。

また、スムーズな滑りだしと一定の力で効き続けるATDが採用されており、細いラインを使ってもラインブレイクをしにくくなっています。

ITEM
ダイワ 紅牙 IC 100P-RM
自重:210g
ギア比:4.9
最大ドラグ力:5kg
巻き取り長さ:52cm
PE糸巻き量:PE1号-200m
ベアリング数:6/1

炎月CT 150PG(シマノ)

巻き速度に加えてフォールスピードも表示するカウンター付きリールです。フォールレバーが搭載されているのでフォールスピードを調整でき、フォール中も誘う釣り方が可能になります。

自重は250gとやや重たいリールですが、剛性や防水性が高いので初期性能を長く維持し続けてくれます。

ITEM
シマノ 炎月 CT 150PG
自重:250g
ギア比:5.8
最大ドラグ力:6kg
PE糸巻き量:0.8号-400m
巻き取り長さ:58cm
ベアリング数:5/1

今までは探検丸を見ながら、糸の色を覚えながら、など〝ながら”の作業が多かったのですが、ある程度、海底との距離感をつかめることで底取りから根掛かりの恐怖心から解放され助かりました。フォールブレーキは私の手が小さいこともあってか持ちやすく滑らかでした。落とし始めは使用せず、巻き上げてから二回目以降に誘いをいれるつもりで使用しました。フォール中に喰うということはさすがにありませんでしたが、巻きと落ちるスピード表示などは経験を目安として蓄積できるリールだと感じました。


おすすめのハイクラスモデル(3万円以上)

3万円以上のハイクラスのリールの中から、タイラバを極めようという方におすすめのリールを集めました。

ティエラ 100XH(ダイワ)

自重165gは、カウンター付きリールの中で最軽量を誇ります。ギア比は8.1と高めで、スロー巻きをするにはやや慣れが必要ですが、巻き感度は抜群。

とにかく軽いカウンターリールが欲しいという方や、海中の小さな違和感を察知したいというエキスパートアングラーにおすすめです。

ITEM
ダイワ ティエラ IC 100XH
自重:165g
ギア比:8.1
最大ドラグ力:4.5kg
巻き取り長さ:76cm
PE糸巻き量:1号-200m
ベアリング数:6/1

炎月プレミアム 150PG(シマノ)

炎月CTの上位機種にあたり、マイクロモジュールギアが採用されており、ギアの歯が細かくなったことでより滑らかな巻き心地を実現しています。

それによってより繊細にタイラバを操ることができ、海中のわずかな変化も捉えられます。

ITEM
シマノ 炎月 プレミアム 150PG
自重:250g
ギア比:5.8
最大ドラグ力:6kg
PE糸巻き量:0.8号-400m
巻き取り長さ:58cm
ベアリング数:8/1

ディープタイラバで使用。着底後のタッチ&ゴーが素早くでき、水深が把握できるので、着底5m前からフォールレバーでフォール速度を落としてあげると、当たりが連発します!!このパターンがハマる時があるので、絶対にこのリールを手放せません。ジギングで使用する時はハーフピッチで細かく棚を刻んで、ジャークすれば、シーバス、マダイなどが釣りやすいリールだと思います。中層に反応があれば、フォールレバーを使いゆっくり落としてあげると、青物が釣れるので、フォールレバー付きの炎月プレミアムを一度使ってみてほしいです!!


紅牙TW 4.9R-RM(ダイワ)

軽量・高剛性のタイラバ専用ベイトリールです。レベルワインド部にTWSが採用されてライン放出抵抗が軽減されているので、フォールスピードが速く、手返しが優れています。

防水機構のマグシールドも搭載されているので耐久性も抜群。ギア比4.9はタイラバに特化した専用の仕様です。

ITEM
ダイワ 紅牙 TW 4.9R-RM
自重:185g
ギヤ比:4.9
最大ドラグ力:5kg
巻き取り長さ:52cm
PE糸巻き量:1号-200m
ベアリング数:8/1

タイラバはリール選びが一番重要になります。そんな大事なリール選びでオススメしたいのが、ダイワ(Daiwa) タイラバ ベイトリール 紅牙 TW 4.9R-RMです。タイラバ専用に作られたリールでパワー、スピード共に文句なしのリールです。


オシアコンクエストCT 200PG(シマノ)

フォールレバーとカウンターを搭載した、唯一無二の丸型リールです。マイクロモジュールギアと剛性が高いメタルボディによって、圧倒的に滑らかなで安定した巻き心地を誇ります。

重たいリールですがその分剛性は高く、深場での釣りや重量級タイラバの使用感は圧巻。タイラバエキスパートからの支持が厚いハイエンドモデルです。

ITEM
シマノ オシアコンクエストCT 200PG
自重:330g
ギア比:4.8
最大ドラグ力:6kg
巻き取り長さ:60cm
PE糸巻き量:2号-200m
ベアリング数:12/1

オフショアでのライトジギングからLTヒラメなど多彩な釣りに使用できる最強の万能リールです。カウンターでの棚合わせはもちろん、フォール速度や巻き上げ速度も一目瞭然なのでとても使いやすく良くできたリールです。


タイラバはリールが大切!

タイラバリールの画像
タイラバは一定の速度で巻き続ける一見単純な釣りですが、それゆえにリールの性能が釣果に大きく影響する釣りです。わずかな巻き感の違いやギア比の違いなどが、釣果となって顕著に現れます。

ぜひ、本記事を参考にしてご自身に合ったタイラバリールを見つけてください。
撮影:TSURI HACK編集部

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ プリード 150H
サイトを見る
シマノ 炎月BB 100PG
サイトを見る
ダイワ 紅牙 X IC
サイトを見る
シマノ スティーレSS 150PG
サイトを見る
ダイワ 紅牙 IC 100P-RM
サイトを見る
シマノ 炎月 CT 150PG
サイトを見る
ダイワ ティエラ IC 100XH
サイトを見る
シマノ 炎月 プレミアム 150PG
サイトを見る
ダイワ 紅牙 TW 4.9R-RM
サイトを見る
シマノ オシアコンクエストCT 200P…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
タイラバリールの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuki
tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!