ライトジギング ベイトリール

ライトジギング向けベイトリールおすすめ15機種! 入門〜高級機までスペック・特徴を語り尽くす!

100g前後のメタルジグとやや細めのラインを使って、青物やタチウオ、シーバスや根魚など多彩な魚を狙えるライトジギング

そんな釣りに最適なベイトリールを、低価格モデルからハイエンドクラスまで厳選した15機種を紹介!

各モデルの特徴や機能、適した釣りまで詳しく解説していきます。

目次

撮影:TSURI HACK編集部

ライトジギングについて

ライトジギングで釣れたアコウ

”ジグ”を用いたオフショアの釣りでは、200〜300gを超えるような重いジグを使うジギングや、20~60gのジグを使うスーパーライトジギング(SLJ)まで様々。

その中でも、比較的水深が浅い近海で0.8号〜1.5号程度のPEラインで80〜150g程度のジグを使うジギングを”ライトジギング”と言います。

リールはスピニング・ベイトどちらも使う釣りですが、選ぶ難易度がやや高い”ベイトリール”の選び方とおすすめの機種を紹介していきます。

ライトジギングの基本タックル

ライトジギングで釣れたタチウオ

まずは、ライトジギングのタックルについて簡単に振り返ってみましょう。

ターゲットは青物や根魚、太刀魚やシーバスなど近海で狙える魚で、最近流行りのSLJと通常のジギングの間をとるようなパワーのタックルを使います。

ライトジギングで使うライン

ライトジギング向けのライン

ライトジギングで扱うラインは、タックルや狙うターゲットによって前後はしますが概ね0.6号〜2号以下がメイン

ジギングに比べラインが細いため、軽いジグを深場まで落としやすかったり、より繊細なジグ操作が可能です。

ライトジギングで使うメタルジグ

ライトジギングのメタルジグ

ライトジギングでは比較的軽いジグでも底取りが可能なため、80〜150g程度のやや軽めのジグが主力になってきます。

ジグが軽いとシルエットが小さくなるため小型の魚〜中型の魚が釣りやすくなったり、ジャークも楽になります。

ライトジギングで使うリール

ライトジギング ベイトリール

ライトジギングでは扱うラインが細いため、スプールもそこまで大きい必要がなく、リールも小型のものでOK

0.6~2号程度を200m~300m巻けるリールを選ぶことになります。

オフショアジギングでのベイトというと丸型のゴツいものを想像しがちですが、ライトジギング向けの小型ベイトリールなら、丸型・ロープロファイル型問わず好きなリールを選べます。

ライトジギングロッド

ライトジギングロッドを持つ

ロッドはジグウエイトMAX120〜180g程度のパワー表記のものを使います。

水深や狙うターゲットにもよりますが、ライトジギング向けのタックルは軽く取り回しが良いため、女性やジギングに不慣れな方でもとっつきやすい釣りなのです。

ライトジギング向けベイトリールの特徴

ライトジギングタックル一式

ライトジギングで使うベイトリールにはいくつかの種類があります。

ベイトリールを選択する際に押さえておきたいポイントを解説します。

PG(パワーギア)タイプ

パワーギアタイプのベイトリール

巻き上げ力が強く、負荷が掛かってもスイスイ巻いてこられる低ギア比モデルをパワーギア(PG)と呼びます。

ハンドル1回転あたりの巻き取り長が短めなので、ジグの移動距離が短く細かいピッチでアクションさせるのに向いたギア比です。

スローに誘いつつ、掛かったらボトムから魚を剥がす根魚狙いや、ただ巻きメインで狙うシーバスやタチウオジギングに最適です。

 HG(ハイギア)タイプ

ハイギアタイプのベイトリール

巻き取り長が長く、素早くラインを巻き取れる高ギア比タイプのものをハイギア(HG)と呼びます。

巻きスピードの速さを活かして速いスピードで攻める青物狙いのライトジギングにおすすめ。

ハイギアのリールは巻き抵抗を感じやすく潮の加減を捉えるのに長けていたり、向い潮でもジグをしっかりアクションさせられるなどのメリットがあります。

ちなみ、ハイギアかローギアどちらも持っていくのが理想ですが、どちらか一つを選ぶならハイギアを選ぶのがおすすめです。

パワーや堅牢性に長けた”丸型”ベイトリール

丸型ベイトリール

見た目からして重厚感があり堅牢性に長けた丸型のベイトリール。ボディも金属のものがほとんどで耐久性や強度にも優れています。

船の走行中の衝撃や潮被り、不意の大物などリールへの環境負荷も高いオフショアの釣りでは、丸型リールの剛性・耐久性は強い武器。

一方でその分価格が高めで重量も重く、手が小さめだと握り込みずらかったり、冬場は冷たいなどのデメリットもあります。

軽快な取り回しが魅力の”ロープロ型”ベイトリール

ロープロ型ベイトリール

全高が低いロープロファイル型のベイトリールはコンパクトかつ軽量なため、手が小さい方や女性の方でも握り易い形状のベイトリール。

ロープロ型は剛性や強度面に不安があるとされてきましたが、現在は丸型と比較しても遜色ない耐久性や強度を持つロープロファイル型のリールも登場しています。

比較的安価なものから高級機種まで選択肢が多く、予算に合ったリールが選べるところもロープロファイル型ベイトリールの魅力でしょう。

ライトジギング向けベイトリールおすすめ機種:入門機種

「ライトジギングしてみたい!」「船でジギング挑戦してみたい!」という入門者の方にオススメのベイトリールをまずはご紹介。

近年のベイトリールは低価格でも機能はしっかりしており、初めの一歩には必要十分な性能が備わっています。

ヴァデル ベイジギング100SH/100SHL(ダイワ)

ダイワ ヴァデル ベイジギング 100SH/100SHL

自重:248
ギア比:7.1
最大ドラグ力:5
巻き取り長さ:75
PE糸巻き量:1.5-200
ベアリング数:1.5-200

ダイワの入門者向け低価格ジギングリール。100サイズのハイギアのみのラインナップです。

ロープロファイル型のボディにはアルミ素材を使っており強度も抜群。

剛性が高くギアの歪みなども起きづらく、不意の大物や潮が重い時でも安定した巻き心地を体感できるモデルです。

グラップラーBB 200HG/201HG(シマノ)

シマノ グラップラーBB 200HG/201HG

自重:185
ギア比:7.2
最大ドラグ力:5.5
巻き取り長さ:77
PE糸巻き量:1-440,1.5-290,2-200
ベアリング数:4/1

ブレーキシステムを搭載し、オフショアモデルながらキャストもできるロープロファイル型のモデル。

スプールの回転性能が良く、軽めのジグを使用した際のフリーフォール時もジグがしっかりアクションし続けます。

ボディ素材はCI4+で自重も軽く操作性が良いため、シーバスジギングやタチウオジギングなど繊細なジギングに最適。

ダブルハンドル搭載でタイラバにも転用できる対応力の高いリールです。

バルケッタ BB150HG/151HG(シマノ)

シマノ バルケッタ BB 150HG/151HG

自重:220
ギア比:7
最大ドラグ力:5
巻き取り長さ:70
PE糸巻き量:1.5-200,2-150,3-100
ベアリング数:3/1

安価ながらカウンターを搭載したロープロ型リール。

搭載されたカウンターで棚を的確に把握でき、タチウオジギングやサバジギングなど、中層に浮きがちな魚を狙って行くスタイルの釣りで威力を発揮します。

オフショアで強い武器になるカウンターを搭載しつつ、実売1万円台中盤という価格が非常に魅力的なリールです。

ソルティステージ コンセプトフリー  (アブガルシア)

アブガルシア ソルティステージ コンセプトフリー 右ハンドル/左ハンドル

自重:220g
ギア比:6.4
最大ドラグ力:7kg
巻き取り長さ:66cm
PE糸巻き量:PE1号-200m
ベアリング数:4/1

実売価格2万円前後ながら、付属でダブルハンドルと替えスプールが付いているという豪華なモデル。

浅場のライトジギングは勿論のこと、純正スプールではディープタイラバなどのラインキャパも十分に確保され、汎用性の高いリールです。

1台でオフショアの釣り物をとりあえず賄いたい!と言う方にはオススメのモデル。

エラン DGⅡ 70(テイルウォーク)

テイルウォーク エラン DGII 70

自重:255g
ギア比:7
最大ドラグ力:5.5kg
巻き取り長さ:81cm
PE糸巻き量:2−200m
ベアリング数:5/1

高剛性ボディにカウンターを搭載したテイルウォークのライトジギング向けベイトリール。

カウンターによって棚の把握が容易になるので、タチウオ、シーバス、サバ狙いのライトジギングにマッチします。

さらに、ワンタッチでクラッチを戻せるリターンレバー機構を搭載し、フォールバイトが多発する状況で威力を発揮します。

ライトジギング向けベイトリールおすすめ機種:ミドル機種

入門からのステップアップや、やりたいメソッドや狙いの魚が見えてきたアングラーにおすすめできる、中堅価格帯のベイトリールをご紹介します。

入門機に比べ、剛性や耐久性が向上しているものや、釣りを快適にしてくれる機能がプラスされてくるのがこのクラスのリールです。

キャタリナ ベイジギング200SH/200SHL(ダイワ)

ダイワ キャタリナ BJ 200SH/200SHL

自重:295
ギア比:7.3
最大ドラグ力:7
巻き取り長さ:81
PE糸巻き量:2-250,2.5-200
ベアリング数:6/1

ダイワのミドルグレード機種キャタリナのベイジギングモデル。

丸型で堅牢性に優れたモデルで、中型青物メインの釣りや、負荷の強い大型根魚(ハタ類)の釣りでもパワフルな巻き上げが可能です。

PE2号でも250メートル巻き込めるので、深場が多くアベレージも大きいエリアにもオススメのリールです。

シマノ バルケッタ プレミアム 150/151

自重:265g
ギア比:6.9
最大ドラグ力:5.5kg
巻き取り長さ:69cm
PE糸巻き量:0.8-400,1-330,1.5-200
ベアリング数:8/1

フォールレバーが特徴的なシマノのライトジギング向けリール。

ワンタッチでフォール速度の調節が可能なため、根魚ジギングでゆっくり落として魅せたり、青物ジギングでは早く落としたりと自在なコントロールが可能です。

ロープロファイル型ながら剛性も高く、丸型にも負けないほどの耐久性やパワーを備えています。

シングルハンドルとダブルハンドルとラインナップにありますが、ライトジギングに扱うならシングルハンドルの方がしっかり握れてオススメです。

グラップラー300HG/301HG(シマノ)

シマノ グラップラー 300HG/301HG

自重:325g
ギア比:6.2
最大ドラグ力:7kg
巻き取り長さ:84cm
PE糸巻き量:2-380,3-250,4-190
ベアリング数:5/1

グラップラーBBの上位機種。

耐久性の高いHAGANEボディを採用していたり、マイクロモジュールギアが搭載さており、負荷が掛かった状態でも滑らかな巻き上げが可能です。

300番サイズで青物がメインになるエリアや、水深が深く少し重めのジグを使う場合など、通常のジギングとライトジギング両方を楽しみたい方にオススメです。

ベイゲーム150/151(シマノ)

シマノ ベイゲーム 150/151

自重:220g
ギア比:6.9
最大ドラグ力:5kg
巻き取り長さ:69cm
PE糸巻き量:1.5-200,2-150,3-100
ベアリング数:4/1

150と300サイズをラインナップするシマノの万能系オフショアベイトリール。中でも150サイズはライトジギングに最適なモデルです。

シングルハンドルとダブルハンドルと選べますが、ライトジギングにはシングルハンドルが良いでしょう。

通常ハンドル側に着くメカニカルブレーキノブがベイゲームは逆の位置に配置され、その結果他の150サイズよりコンパクト化され握り込み易くなっています。

PE2号でも150巻けるので、水深150m前後での近海のライトジギングにベストマッチなベイトリールです。

TAIGAME WIDE VTN 64R/ 64L(テイルウォーク)

テイルウォーク TAIGAME WIDE VTN 64R/ 64L

自重:260g
ギア比:6.4
最大ドラグ力:10kg
巻き取り長さ:78cm
PE糸巻き量:1-400
ベアリング数:4/1

テイルウォークから発売されているロープロファイル型のジギングリール。

タイラバ用として開発されていますがライトジギングにも最適で、実売価格2万円前半ながら高機能なリールです。

ナロースプール搭載でフォールが速く、水深が100mを超えるようなフィールドでも細糸と軽いジグで快適な底どりを可能にしてくれます。

加えてクリック音機構を備えたドラグは非常に優秀で、細糸でも安心感を持ってファイトを楽しめます。

ライトジギング向けベイトリールおすすめ機種:高級機種

ライトジギングを極めしアングラーの、更なるレベルアップをサポートしてくれるのがハイエンドモデル。

総じて剛性・耐久性・巻きごこちはベイトリールとして最高レベル

値段は張るものの長期間パフォーマンスを維持し、長く愛せる道具になってくれるのがこのクラスのリールです。

鏡牙 100SH/100SHL(ダイワ)

ダイワ 鏡牙 100SH/100SHL

自重:300g
ギア比:7.3
最大ドラグ力:7kg
巻き取り長さ:81cm
PE糸巻き量:0.8-250,1-200
ベアリング数:6/1

ライトジギングで狙うターゲットの中でも、気難しいと言われる魚の”タチウオ”を専門に狙うべく開発されたモデル

ギア比も高く一巻き81cmと巻き上げ速度も速いモデルで、それを活かし余分な糸フケや動きを出さず、タチウオのミスバイトを減らしキャッチ率を上げてくれます。

また、シンクロレベルワインダーを搭載し、圧倒的な速さのフォールを実現。

誰よりも先にフレッシュな魚の前へジグを落とし込める、まさに攻めのリールです。

ソルティガBJ200(ダイワ)

ダイワ ソルティガ BJ 200SH/200SHL

自重:325fg
ギア比:7.3
最大ドラグ力:7kg
巻き取り長さ:81cm
PE糸巻き量:1-450,2-250
ベアリング数:10/1

言わずと知れたダイワ最高峰の性能を持つ、”ソルティガ”シリーズのベイジギングモデル

ドラグ性能にATDが搭載され、魚の急激な引きに対して追従性の高いドラグで制することが出来るほか、ドラグクリック音で走り具合を把握しやすくなっています。

また、ベアリングの数は中堅モデルの約二倍で、巻きの軽さやラインを通した感度伝達効率の面で非常に優れたリールです。

ソルティガBJ200サイズにはHとSHのギア比がラインナップされ、特にSHはハイスピードな青物ジギングにベストな選択肢でしょう。

ソルティガ IC 100/100L(ダイワ)

ダイワ ソルティガ IC 100/100L

自重:310g
ギア比:6.3
最大ドラグ力:7kg
巻き取り長さ:70cm
PE糸巻き量:1-400,2-200
ベアリング数:13/1

ルアー用丸型リールにデジタルカウンターを初めて搭載したモデル。

ハイパードライブデザインによって、内部、外部、細部に至るまで徹底的に力強くて滑らかな巻き心地を実現したリールです。

また、デプスアラームが採用され、カウンターからのサウンドで水深の把握が可能になっています。

カウンターを見ずに水深を捉えられるため、アクションやロッドティップに集中できるほか、ローライト時の釣りを快適にしてくれるでしょう。

価格は高いものの、最高の性能に最高のカウンター機能を搭載し、これまで出来なかった繊細なライトジギング戦略を実現してくれるモデルです。

オシアコンクエスト200HG/201HG(シマノ)

シマノ オシアコンクエスト 200HG

自重:285g
ギア比:6.2
最大ドラグ力:5kg
巻き取り長さ:78cm
PE糸巻き量:2-200,1-440
ベアリング数:10/1

200サイズながら持った瞬間に「小さい」と感じるコンパクト感と、サイズからは考えられないパワーを秘めています。

金属ボディの剛性とマイクロモジュールギアの恩恵で、ハイギアでも巻き心地は非常に軽く、高負荷が掛かったり想定より魚が大きくても巻き上げ続けられる底力があります。

ライトラインで大型が掛かってしまった場合、ライトジギングではロッドに負荷を掛けずにリールだけでやり取りする場面もありますが、難なく魚を浮かせられます。

近海で扱うライトジギングリールでは最高峰の性能を備えているので、選んで後悔のないベイトリールの一つです。

オシアコンクエストCT200HG/201HG(シマノ)

シマノ オシアコンクエストCT 200/201HG

自重:340g
ギア比:6.2
最大ドラグ力:5kg
巻き取り長さ:78cm
PE糸巻き量:1-440,2-200
ベアリング数:10/1

オシアコンクエストに、デジタルカウンターが付いていたモデル。

200サイズで比較すると、オシアコンクエストが285gでオシアコンクエストCTが340gと、やや重量が増します。

またこのモデルにはフォールレバーが搭載され、より繊細なフォールでのアプローチが可能。

カウンターやフォールレバーを活かし、タチウオやサバ、マダイなどの一定レンジに浮く魚をテクニカルに釣っていく釣りをハイレベルにこなせます。

オシアコンクエストより実売価格は1万円ほど高価ですが、その分だけ戦略の幅を広げてくれるベイトリールです。

フィールドや船に合わせてライトジギングもベイトリールを選ぼう!

アコウの釣果画像

オフショアでの釣りは、海域やターゲット、さらに乗る船によって扱うラインやジグの重さなどが決まってきます。

タックルを揃える際に、フィールド近隣の釣具店や船宿で推奨される組み合わせを確認すると、自分が行くフィールドにマッチしたリールを選びやすくなるでしょう。

今回はリールに絞って紹介しましたが、ジグの重さやロッドの硬さななどを鑑みながら選ぶと、後悔のないベイトリールに出会えますよ!

関連記事