『ソルティガIC』がマジ凄かった! ダイワ初のカウンター搭載丸型ジギングリールを実釣インプレ!

カウンター付きのソルティガだと?!


オフショアゲームのハイエンドシリーズ「ソルティガ」から、なんとカウンター付きのベイトリール「ソルティガIC」が登場。

20ソルティガに代表されるようなパワーゲームタックルのイメージが強かっただけに、「そうきたか」とちょっと意外性を感じたのが正直なところ。

とはいえ、ダイワも安易にソルティガの名を冠すことはなかろう……と、TSURI HACKオフショアチームの編集部Kと編集部Mが実力をインプレッションします!

編集部K
金属ボディで見るからに強そう!アメコミのヒーローっぽいね

編集部M
かっこいいなー!見た目だけで3杯くらい飲めちゃう!

ソルティガIC、スペックからもう凄い

ソルティガICで今回登場したラインナップは、100番と300番とオフショア用としては比較的コンパクトな番手。

しかしその小さなボディに、ソルティガシリーズらしいタフさを実現する機構がぎっしり詰め込まれています。

ハイパードライブデジギア&ハイパーダブルサポート

出典:DAIWA
出典:DAIWA
リールのエンジンとも言えるドライブギアは、ダイワ最新のギアシステムであるハイパードライブデジギア。

加えて、ピニオンギアは両端をボールベアリングで支持するハイパーダブルサポート仕様。

堅牢なギア周りの設計によって、初期の滑らかな巻きごこちが続くリールになっています。

ハイパーアームドハウジング

出典:DAIWA
ボディはアルミ合金をマシンカットで成形したハイパーアームドハウジング。

高負荷がかかるオフショアの釣りでも歪みにくく、スムーズな巻き上げが続く高剛性ボディです。

ハイパータフクラッチ

出典:DAIWA
巻き上げ時に海水を「汲み上げてしまう」構造のベイトリールにおいて、こと不具合が起きやすいクラッチ周りも耐腐食対策が徹底されています。

ピニオンギアは高耐食素材かつグリスの馴染みの良い形状を採用し、それを支持するベアリングとのクリアランス調整によりグリスも抜けを防止。

さらに、ピニオンギアとベアリングの接触面には絶縁カラーが設置され、電位差による腐食を抑止する構造です。

マグシールド


ピニオンギア部には腐食に強いマグシールドボールベアリングを搭載。

海水の侵入によって、最も腐食しやすいポイントを磁性オイルの力でがっちりガードします。

引き出しクリック音付きのATD


ドラグは引き出しクリック音付きのATD仕様。

タイラバなどドラグ性能がものをいう釣りにおいて心強い設計でしょう。

サムレストまで考え抜かれたコンパクトボディ


ソルティガICは丸型ベイトでありながら、ボディ形状の工夫によってパーミング性の良さも確保されています。

これまでロープロ派だったアングラーでも違和感なく握り込めそうです。

多機能ICカウンター


丸型ジギングベイトリールへのICカウンター搭載は実はダイワ初!

右ハンドル・左ハンドルそれぞれ別のデザインで、操作性とデザイン性の高さを両立した点にも注目。

水深表示や船べりアラームはもちろん、10mごとに鳴るデプスアラームや巻き上げ速度表示、投入時間表示などもできる高機能カウンターです。

シンクロレベルワインド


レベルワインドはクラッチオフ時のスプール挙動に合わせて動き、スムーズかつトラブルレスなライン放出が可能なシンクロ仕様。

ガイドの形はノット抜けも良さそうな縦長で、太めのリーダーを組んでも快適な釣りができそうです。

ラインナップ

初回ラインナップは100番と300番。各番手で左右巻き、ギア比、ハンドル違いのバリエーションが揃います。

100番サイズはタイラバ、イカメタル、SLJ、300番サイズはライトジギング、スロージギングに最適なモデルです。
品番(番手)最大巻上長(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)糸巻量 PE(号-m)本体価格(円)
100P-DH544.830071-40067,000
100PL-DH544.830071-40067,000
100706.331071-40067,000
100L706.331071-40067,000
300846.3385102-40068,000
300L846.3385102-40068,000
300H-SJ987.3405102-40068,000
300HL-SJ987.3405102-40068,000

ソルティガIC 100を実釣でインプレ!


ソルティガの名を与えられ、ダイワ初のカウンター搭載丸型ジギングベイトリールとして様々なテクノロジーが詰め込まれたソルティガIC。

その名に恥じない実力を持っているのかどうか、実釣で検証していきます!

今回の実釣では、100P-DHでタイラバ、100でSLJを試してみました。

ソルティガユーザーにはたまらんデザイン


とにかく目を惹くのが、20ソルティガと同じネイビー×ゴールドのカラーリングが施された重厚感のあるボディ。

ICカウンターも違和感なく溶け込み、地金の色で統一されがちなオフショアベイトリールの中ではデザインの良さが際立ちます。

20ソルティガのユーザーである編集部Mは速攻で物欲を刺激され、実売価格をしきりに気にしていました。(笑)

編集部M
20ソルティガと並べられたらマジで最高!

丸型らしからぬパーミング性の良さ


握り込んでみると、メーカーの謳い文句通りパーミング性は良好!

手が小さめなため普段はロープロのリールしか使わない編集部Kでも、特に違和感なく釣りに集中できました。

また、丸型リールを使うと回収時や早巻きした時にリーリングがブレたりしますが、重心位置がいいのかそれもさほどありませんでした。

巻きごこちは極めてシルキーかつトルキー


なにより感動したのが、極めてトルクフルでシルキーな巻き心地。ギアの歯面が噛む感じだったり変なノイズが一切ありません。

これはほとんど負荷がかかってない時はもちろん、ルアーが潮をガッツリ噛んでたり魚を掛けた時にも劣化がなく、トルクフルにスルスルと巻き続けられます。

所謂「巻き感度」も良好で、負荷が掛かると巻きは重くなってもノイズが出ないから、海中にあるルアーの状態や掛けた魚の動きを手元でつぶさに捉えられます。

心地よいドラグサウンド



ドラグ引き出し音は控えめながら心地よい音質。細糸を使ったSLJでも落ち着いてやり取りできます。

ドラグそのものの動作もスムーズで、魚の動きに合わせてリニアにラインが出ます。

動画ではライトタックルで4kg程度のワラサを掛けていましたが、巻き剛性の高さもあいまって比較的楽に獲ることができました。

ICカウンターがすこぶる便利


ICカウンターは機能が多すぎて扱いきれるか正直不安でしたが、めちゃめちゃ簡単でした。(笑)

特に10mごとに鳴るデプスアラームは、リールから完全に目を離していても耳でルアーの水深が把握できるのが超便利。

底取りがシビアな根が荒いエリアのジギング・タイラバとか、夜焚きのタチウオ、イカメタルなんかの夜間の釣りも快適にしてくれそうです。

実際に使ってみてどうだった?

所有感も満たしてくれるデザインにめちゃめちゃ滑らかな巻き心地。

ダイワのハイエンドシリーズに相応しい実力を体感した結果をまとめます!

巻きごこちとパワーはソルティガの名に恥じない仕上がり


巻き心地は文句なしに100点!とにかく滑らかでノイズがなく、最高峰に相応しい性能です。

巻き上げパワーも100番サイズとしては十分で、実際2kg近いキジハタなら労せず上げられ、青物相手でも戦える強さ。

ボディ素材から内部メカに至るまで、剛性にとことんこだわった設計がいかんなく発揮されているのは間違いなさそうです。

特に100番サイズは今までになかったタイプのリールかも


ダイワ以外の製品も含めた数々のカウンター付き丸型ジギングリールの中でも、ライトな釣りに対応する100番サイズがあるのはソルティガICのみ。

タイラバやSLJなど軽量タックルが最適な一方で想定外の魚にも遭遇する釣りや、細糸で100m以深を攻めるイカメタルなどでは、小さくとも巻き上げ力のあるリールが欲しくなる場面があるのも事実。

コンパクトながら高剛性な筐体に高性能ICカウンターを装備したソルティガICは、こうしたアングラーの要求にしっかり応えてくれる唯一のリールかもしれません。

ICカウンター、便利な一方ちょっと耳障りな時も

実釣時に便利だったICカウンター、初期状態では船べりアラームやデプスアラームなど複数の物が鳴る設定になっています。

ある程度の深場や流れが強い場所ではその恩恵を実感していましたが、場合によってはアラームが耳障りに感じる事も。

アラームは鳴らないように設定を変える事ができるので、カウンターが不要な浅場や、ボトムを何度も叩くような釣りではオフにして使ってもいいかもしれません。

150番or200番サイズも欲しくなる

100番でも想定外の魚とも戦えるんですが、こうも強いリールとわかるともっとパワーが欲しくなっちゃうのが釣り人の性。(笑)

300番まではいらないけど、もう一回り大きい150〜200番サイズがあると死角のない万能選手になってくれるんじゃないかと感じました。

今後のラインナップ拡充に期待です。

ソルティガIC、こんな釣りに合いそうだよ


編集部K
いやーとにかく巻き心地ヌルヌルで最高でしたねぇ


編集部M
アメリカンクラシックカーっぽいデザインもグッときっぱなしだったな〜


編集部K
Mさんならどんな釣りで使いたい?


編集部M
そうねー、深場とか潮がかっ飛んでる時のタチウオジギングとか!


タチウオジギングの画像
編集部M
100m近いところに200gのジグ落とすけどタックルは繊細にしときたい、みたいな釣りでソルティガICなら凄い楽にやれそう!


編集部K
確かに!回収とか地味に辛いもんねあれw


編集部M
Kさんならやっぱタイラバじゃない?


編集部K
まさしく!激流エリアをドテラでやる時とか、間違いなくいいと思いましたね。


マダイ釣果
編集部K
巻きが楽なのはもちろん、カウンターで糸の出具合とか巻きスピードも管理できるし、快適になるイメージしか湧かんすわ!


編集部M
ライトタックルのリールはそこそこの物でいいやって思ってたけど、これ使っちゃうと戻れる気がしないよね〜……


編集部K
てことは?買っちゃう?買っちゃうの??


編集部M
あー!!!去年20ソルティガで超奮発したばっかなのに、なんて事してくれたんだダイワ!


編集部K
散財がしばらく続きそうすねw

「ソルティガ」の名前は伊達じゃなかった!


「ソルティガ」の名を冠され、ダイワが持てるベイトリールテクノロジーが惜しみなく注がれたソルティガICは、実釣でもその名に恥じない力を発揮してくれました。

いい意味で隙のないデザインと確かな性能に、同ジャンルリールの空白を埋める100番サイズのラインナップ。

これまで選択肢が限られていたカウンター付き丸型リールに一石を投じる存在になるでしょう!
撮影:TSURI HACK編集部
sponsored by:グローブライド株式会社
ITEM
ダイワ ソルティガ IC 100P-DH
自重:300g
ギヤ比:4.8
ドラグ力:7kg
巻上長:54cm
糸巻量:1号-400m
ITEM
ダイワ ソルティガ IC 300
自重:385g
ギヤ比:6.3
ドラグ力:10kg
巻上長:84cm
糸巻量:2号-400m

関連記事

紹介されたアイテム

ダイワ ソルティガ IC 100P-DH
ダイワ ソルティガ IC 300
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!