元釣具屋が「レバーブレーキリール」を解説&フカセ・シーバスにおすすめの13機種

2020/08/26 更新

レバーブレーキリールはフカセ釣り(磯釣り)やシーバスフィッシングで使われるリールです。しかし、レバーブレーキリールの選び方や使い方が良くわからないという方も多いでしょう。レバーブレーキリールのよくある質問に答え、おすすめ機種を紹介します。

制作者

tsuki

関西出身の元釣具屋。堤防釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか模索中。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

tsukiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

レバーブレーキリールとは

レバーブレーキリールの画像
レバーブレーキリールとは、ローターの逆転をコントロールするためのレバーブレーキが付いたスピニングリールです。

アングラー自身のタイミングで“道糸を出す・止める”という動作が可能で、フカセ釣りやシーバスフィッシングを中心に使用されています。

本記事では、元釣具屋の筆者がレバーブレーキリールについて詳しく解説し、おすすめのリールを紹介します。

レバーブレーキリールに興味がある方は、ぜひ本記事を参考にして検討してみてください。

レバーブレーキリールの使い方

レバーブレーキリールの画像
基本的な使い方はスピニングリールとまったく同じです。異なるのは、レバーブレーキの操作のみ。

レバーに人差し指を掛けて手前に引くとブレーキが掛かってローターの逆転が止まり、指を離すとローターが逆転して糸が出ます。

レバーを手前に押し込んでロックすると、レバーから指を離してもローターが逆転しなくなり、普通のスピニングリールと同じ状態になります。

魚がヒットするまではロックした状態にしておき、ファイトが始まってからレバーに指を掛けるのが一般的な使い方です。

レバーブレーキの役割(ドラグとの違い)

レバーブレーキリールの画像
レバーブレーキの役割は、瞬間的に道糸を放出して竿を立て直すことです。それゆえに、ドラグとはまったく役割が異なります。

レバーで糸を出すタイミングは、竿が伸された(伸されそうになった)タイミングです。瞬間的に糸を出して竿を立て直すことで、竿が一直線になることを防ぎ、ラインブレイクを回避します。

魚の引きは竿で耐えることが基本で、逆転は竿で耐えきれない“非常事態”に活用する機能と言え、糸を出すのは最小限に止めるのが理想です。

ドラグのように魚の引きに合わせてズルズル糸を出すと、魚に走られてラインブレイクを起こす元になってしまいます。

レバーブレーキリールのQ&A

レバーブレーキリールの画像
筆者が釣具屋店員だった頃によく受けたレバーブレーキリールについての質問と、それに対する回答をまとめてみました。

レバーブレーキリールを選ぶ&使う際の参考にしてください。

ビギナーでも使いこなせるか?

レバーブレーキリールの画像
ビギナーの方が“使いこなす”までにはある程度練習が必要ですが、基本的な使い方はスピニングリールと同じなので、どなたでもすぐに“使える”というレベルにはなるはずです。

そこから釣行を重ねて適切なタイミングで糸の出し入れができるようになれば、大きなメリットを体感できると思います。

やはり、フカセ釣り・磯釣りではレバーブレーキが非常に有用なので、ビギナーの方でも検討してみるのがおすすめです。

高いリールはどこが違うのか?

レバーブレーキリールの画像
一般的なスピニングリールと同様に、回転性能と軽さ、パワー、耐久性が異なります。そして、それらに加えて逆転性能がかなり変わることが特徴です。

高級機種は逆転がスムーズなのでラインの放出が速く、素早く竿を立て直すことができるため、大型魚を相手にした時に大きなメリットを感じられるでしょう。

また、フカセ釣りはエサや海水がリールにかかりやすいので、防水性能が高い高級機種は長持ちするということも挙げられます。

釣行頻度が高い方や大物狙いの方にはハイクラスのリールがおすすめです。

ダイワとシマノの違いは?

レバーブレーキリールの画像
両メーカーの大きな違いは、サイズ・レバーの形状・逆転機構(高級機種)の3点です。

同じ2500番でもダイワの方がボディサイズが一回り大きく、それに伴って糸巻き量も異なります。(シマノが2.5号-150m、ダイワが3号-150m)

レバーの形状は、ダイワがストレート形状、シマノは鈎状(エクスセンスシリーズのみストレート)を採用しています。人によってレバーの好みが大きく分かれるので、選ぶ際の大きなポイントです。

また、高級機種の逆転機構が大きく異なり、ダイワは逆転時にスプールの上下運動が止まる「ワンウェイオシレーション」、シマノはハンドルが逆転しない「SUTブレーキ」を搭載しています。

いずれの点も、自身の手に合うか否かがポイントなので、実機を触ってから購入するのがおすすめです。

ギア比はどれがいい?

レバーブレーキリールの画像
掛かった魚をゴリ巻きしたい、スローに巻きたい、などの特別な理由が無ければハイギアを選びましょう。

ハイギアはハンドル1回転あたりのローターの回転数が多く、ラインを素早く・多く巻き取れるのが特徴です。

仕掛けの回収が速く、糸フケも素早く回収できるので手返しが良くなります。

シーバスで使う目的は?

レバーブレーキリールの画像
シーバスで使うメリットは、糸を出して魚の動きをコントロールしてエラ洗いを回避し、バラシを防げることです。

エラ洗い前に水面近くで助走し始めたタイミングで糸を出すと、シーバスが走るのをやめるのでエラ洗いが起こりにくくなります。

また、河川などの流れのある釣り場では、逆転を用いて意図的にラインを出し、ルアーを流れに乗せてアプローチするレバードリフトというテクニックも使えます。

フカセ・シーバスでしか使えない?

レバーブレーキリールの画像
レバーブレーキリールはフカセ釣りやシーバスフィッシング以外にも、色々な釣りに使用できます。

特にイカメタルやひとつテンヤでは、逆転を利用したフォールでの誘いや微妙なタナ調整ができるので誘いの幅が拡がります。

また、ヤエン釣りにも便利で、ラインの出し入れによってアジの動きをコントロールし、繊細にイカを誘うことが可能です

もちろん、ウキ釣りやサビキ釣りにも使えるので意外と活躍の場が多いリールだと思います。


元釣具屋厳選!おすすめレバーブレーキリール

元釣具屋の筆者がおすすめのレバーブレーキリールを紹介します。

リール選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください!

BB-X ラリッサ C3000DXG(シマノ)

シマノのレバーブレーキ機種「BB-Xシリーズ」の中で最もリーズナブルな入門機種です。軽量で操作性が良く、耐久性の高いギアとボディで安定したパワーを発揮します。

また、塩噛みしやすいラインローラー部に撥水処理を施したパーツが採用されており、滑らかな回転が長く続きます。

入門モデルながらしっかりした作りなので、これからフカセ釣り・磯釣りを始める方に安心しておすすめできる機種です。

ITEM
シマノ BB-X ラリッサ C3000DXG
自重:270g
ギア比:6.0
最大ドラグ力:8kg
最大ブレーキ力:8kg
巻き取り長さ90cm
ナイロン糸巻き量:3号-150m
PE糸巻き量:1号-400m
ベアリング数:5/0

シグナス 2500LBD(ダイワ)

ダイワのエントリーモデルですが、レバーを軽く握るだけでしっかり止まるバイターボブレーキが搭載されています。

良く効くブレーキのおかげで握りこむ際の余分な力が抜け、ロッド操作に余裕が生まれるのがGOOD。

スプールはラインの放出性が良い新形状のものになっていて、軽い仕掛けも投げやすくなっています。

ITEM
ダイワ シグナス 2500LBD
自重:285g
ギア比:5.3
最大ドラグ力;8kg
最大ブレーキ力:14kg
巻き取り長さ:80cm
ナイロン糸巻き量:3号-150m
ベアリング数:5/1

BB-X デスピナ C3000D TYPE-G(シマノ)

シマノのレバーブレーキでは中級グレードに位置する機種で、基本性能はラリッサと同様ですが10gの軽量化がされています。

超軽量のマグナムライトローターが採用されているので、巻き出しが非常に軽く、逆転スピードが速いことも特徴です。

TYPE-Gはゴリ巻き仕様のローギア設定で、強い巻き上げ力を活かし、磯際での大物とのやりとりの際にも距離を縮められます。

ITEM
シマノ デスピナ C3000D TYPE-G
自重:260g
ギア比:4.6
最大ドラグ力:8kg
最大ブレーキ力:8kg
巻き取り長さ:69cm
ナイロン糸巻き量:3号-150m
PE糸巻き量:1号-400m
ベアリング数:6/0

ラグザス 3000H-LBD(ダイワ)

こちらもバイターボブレーキ搭載の機種で、シグナスよりも15g軽量化されています。

シグナスと比較すると、レバーにアルミ素材が採用されて剛性感がアップし、ハンドルがカーボン樹脂製になったことで回転性能が向上。

ハイエンドモデルのトーナメントISOのような、高級感溢れるデザインも人気の理由です

ITEM
ダイワ ラグザス 3000H-LBD
自重:270g
ギア比:6.2
巻き取り長さ:93cm
最大ドラグ力:8kg
最大ブレーキ力:14kg
ナイロン糸巻量:4号-150m
ベアリング数:6/1

スイッチヒッターLBD(ダイワ)

シーバス用に設計されたレバーブレーキリールで、キャスト時にも邪魔になりにくい短めのレバー(アルミ製)が搭載されています。

また、ハンドルをねじ込み式としたことでガタが少なく、巻き心地を重視するシーバスアングラーも納得する質感です。

シーバスフィッシングでレバーブレーキリールを使ってみたい方にはイチオシの1台です。

ITEM
ダイワ スイッチヒッター LBD
自重:275g
ギア比:5.3
最大ブレーキ力:10kg
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:79cm
PE糸巻き量:1号-200m
ベアリング数:6

BB-X ハイパーフォース C3000DXXG S(シマノ)

シマノ独自のSUTブレーキを搭載したモデルで、ラリッサやデスピナと比べると逆転性能が飛躍的に向上しています。

構造が複雑になるSUTブレーキを搭載しているにも関わらず、デスピナよりも5g軽くなっているので操作性も損なわれていません。

また、巻き取り長107cmを誇るXXGはシマノ最速で、ハイエンドモデルのテクニウムにもラインナップされていない仕様です。

ITEM
シマノ BB-X ハイパーフォース C3000DXXG S RIGHT
自重:255g
ギア比:7.2
巻き取り長さ:107cm
最大ドラグ力:8kg
最大ブレーキ力:8kg
ナイロン糸巻き量:3号-150m
PE糸巻き量:1号-400m
ベアリング数:11/1

インパルト競技LBD(ダイワ)

ハイブリッドザイオンスプールやザイオン製レバー、巻き上げ長108cmの超ハイギアが採用された競技仕様のスペックです。

トーナメントISO競技と並び、自重230gはレバーブレーキリールの中で最軽量。ローターも軽いので巻き出しが軽く、逆転の速さも抜群。

とにかく軽くてハイスピードなレバーブレーキが欲しいという方にはインパルト競技がおすすめです。

ITEM
ダイワ インパルト 競技LBD
自重:230g
ギア比:7.2
巻き取り長さ:108cm
最大ドラグ力:6kg
最大ブレーキ力:10kg
ナイロン糸巻量:1.85号-150m
ベアリング数:8/1

BB-X テクニウム C3000DXG S(シマノ)

SUTブレーキを搭載したシマノ製レバーブレーキリールのハイエンドモデルです。金属素材を大量に投入しつつも、ハイパーフォースより15gも軽量。

各部表面には特殊な撥水処理(非接触防水)が施されており、高い防水性能と回転性能を両立しています。

モデルチェンジが近いかもしれませんが、パワー・操作性・耐久性・逆転性能、どの点をみても間違いなく最高峰のスペックです。

ITEM
シマノ BB−X テクニウム C3000DXG S
自重:240g
ギア比:6.6
巻き取り長さ:98cm
最大ドラグ力:10kg
最大ブレーキ力:10kg
ナイロン糸巻き量:3号-150m
PE糸巻き量:1号-400m
ベアリング数:16/1

トーナメントISO 3000SH-LBD (ダイワ)

ダイワ製レバーブレーキリールの最上位機種で、もちろん、バイターボブレーキやワンウェイオシレーションなど最新の機能が全て注ぎ込まれています。

3000番にはジギングリール「ソルティガ」同様のカーボンドラグワッシャーと、超高強度のハイパーデジギアが搭載され、抜群のパワーと耐久性を誇ります。

3000SHは本流釣りや大型尾長狙いに最高の1台です。

ITEM
ダイワ トーナメントISO LBD 3000SH-LBD
自重:240g
ギア比;6.8
最大ドラグ力:8kg
最大ブレーキ力:14kg
巻き取り長さ:102cm
ナイロン糸巻き量:3号-200m
ベアリング数:12/2

エクスセンスLB C3000MPG(シマノ)

シマノのシーバス用レバーブレーキリールの最上位機種で、SUTブレーキではなくEXSブレーキを搭載していることが最大の特徴です。

ブレーキの中間部分を扱いやすくしたことで、レバーの握りの強弱でブレーキ力を微調整できるようになっています。

魚へのテンションの掛かり方が緩やかになるので、シーバスの突発的な走りが少なくなり、バラしやラインブレイクがさらに少なくなります。

ITEM
シマノ エクスセンス LB C3000MPG
自重:225g
ギア比:4.6
巻取り長さ:69cm
最大ドラグ力:10kg
PE糸巻き量:1.2号-150m
ベアリング数:13/0

レバーブレーキを駆使して主導権を握れ!

レバーブレーキリールの画像
レバーブレーキを使いこなして魚の動きをコントロールできれば、大型魚のキャッチ率が格段にアップします。

ブレーキの使い方には少々コツが要りますが、初心者の方でも数回魚を掛ければある程度は慣れるはずです。

特に磯釣りやシーバスなどでは大きな武器になりますので、ぜひレバーブレーキリールにチャレンジしてみてください!
撮影:TSURI HACK編集部

筆者の紹介

フカセ釣りの画像tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


紹介されたアイテム

シマノ BB-X ラリッサ C3000D…
ダイワ シグナス 2500LBD
シマノ デスピナ C3000D TYPE…
ダイワ ラグザス 3000H-LBD
ダイワ スイッチヒッター LBD
シマノ BB-X ハイパーフォース C3…
ダイワ インパルト 競技LBD
シマノ BB−X テクニウム C3000…
ダイワ トーナメントISO LBD 30…
シマノ エクスセンス LB C3000M…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD