デッドスローテクニックとは?【真冬にビッグバス連発も】バイブレーションやワームでもOKなんです!

2021/02/12 更新

冬のバスに効く!デッドスローアクションについて。一般的にはバス釣りのオフシーズンとされている冬。気温と共に水温がガクンと下がり、バスの活性も低下。1匹を釣るのが難しいシーズンですが、そんな真冬にビッグバスを連発できるテクニックがあります。それが琵琶湖を中心に一部のロコアングラーから広がり今や定番になりつつある“デッドスロー”メソッドです。


真冬にモンスターバスが連発する“禁断のテクニック”

デッドスロー バス
一般的にはバス釣りのオフシーズンとされている冬。気温と共に水温がガクンと下がり、バスの活性も低下。

1匹を釣るのが難しいシーズンですが、そんな真冬にビッグバスを連発できるテクニックがあります。

高田
それが琵琶湖を中心に一部のロコアングラーから広がり今や定番になりつつある”デッドスロー”メソッドです。

ロクマルどころかテンポンドも珍しくない

デッドスロー ロクマル
デッドスローメソッドの最も魅力的な点が釣れるバスがデカく重いことです。多くのバサーの夢ともされるテンポンドオーバーのバスが釣れることも珍しくありません。

高田
デッドスローはモンスターバスがボコボコに釣れる魅惑のテクニックです。

デッドスローとは?

デッドスロー アクション
デッドスローとはその名の通り、極々ゆっくりとルアーを引いてくるテクニック。明確な定義はありませんが、ルアーが泳ぐ最も遅いスピードでアクションさせる使い方を、デッドスローとみな呼んでいる気がします。

このメソッド最大の武器はビッグバスを焦らして誘えること。

高田
真冬のバスは焦らされるアクションにとても弱く、ビッグバスの弱点を的確に攻める、不効率なようで効率的な攻め方なのです。

ボトムだけじゃない!表層も中層も狙える

デッドスロー アクション
デッドスローメソッドと聞くと、ワームでいう「ズル引き」のようなアクションを想像するかもしれませんね。

しかし、ボトムだけでしか使えないかというと、決してそんなことはありません。中層から時には表層まで、幅広いレンジで使うことができます。

高田
オールラウンドに様々な状況で活躍させることができるのもデッドスローメソッドのメリットです。

デッドスローメソッドでおすすめルアー

ビッグベイトを中心にワーム、バイブレーションなども

デッドスロー ビッグベイト
デッドスローメソッドというと真っ先に頭に思い浮かぶのがビッグベイト。「ビッグベイトをゆっくり引くことこそが、デッドスローの釣り」と考える人も少なくないでしょう。

なんだかんだ言いながらもデッドスローメソッドにおけるド定番はビッグベイトです。ボディそのものの浮力の大きさ、魚を引っ張る力共にデッドスローメソッドにピッタリのルアーです。

高田
180mm、2oz前後のルアーが基準になります。

おすすめその1:タイニークラッシュ / DRT

タイニークラッシュ
表層から中層を攻めるのに筆者が最も信頼しているビッグベイトがタイニークラッシュです。ロールとウォブリングの中間的アクションで真冬のビッグバスを誘いだします。ロクマル実績も高いです。


おすすめその2:ネコソギ / ファットラボ

ネコソギ ファットラボ
中層からボトムを攻める時に使う事が多いのがネコソギです。古くはローカルのテクニックであったデッドスローをポピュラーなものにした偉大なルアーです。根がかり回避能力が高く、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

ITEM
ファットラボ ネコソギDSR
全長:195mm、
自重:2ozクラス



おすすめその3:モラモラ / オーバスライブ

モラモラ バス
もちろんビッグベイトはデッドスローメソッドにおいて強い武器ではありますが、その他にもこのメソッドに対応したルアーが沢山あります。

その代表例が、フローティングバイブレーションやクランクベイト。

障害物にルアーを絡めながら、浮力を使って根がかりを回避するという動きが得意。前傾姿勢でリップラップを躱し、バスを誘います。

高田
ビッグバス実績も高く、揺れるようなナチュラルアクションでバイト誘発です!


ITEM
オーバスライブ モラモラ
全長:100mm
自重:3/4oz クラス



おすすめその4:イギータ5インチ / トランスセンデンス

イギータ バス
ビッグベイトに比べるとまだ一般的に浸透はしていませんがソフトルアー、いわゆるワームのデッドスローリトリーブも効果は抜群です。ノーシンカー、ネイルリグ、またはラバージグなどに装着し、ゆっくりと巻いてきます。プラグにスレた魚も口を使わせる効果があります。

高田
デッドスローに特化した食わせ能力はピカイチです。ゆっくりと巻くだけでフラフラと泳いでバイトを誘発します!


ITEM
トランスセンデンス イギータ 5インチ


 


最も重要なルアーの浮力調整

板オモリ
デッドスローテクニックで最も重要なこと。それは、最適な浮力・沈下スピードに調整することです。

パッケージから出したまま使うのでは、ルアーの良さを活かしきれないことがほとんど。状況に合わせて板オモリを貼ったり、ネイルシンカーを追加しながら、状況にアジャストしていく作業が必要です。

また水温によって浮力は変わってくるため、現場で調整してやる必要があります。

▼板オモリの重要性についてはこちらの記事でも紹介しています。


基本は超スローシンキング

スローシンキング
はじめてデッドスローテクニックに挑戦する人は超スローシンキングからはじめてみましょう。沈んでいるかどうかが、わからないくらいの沈下スピードが正解です。

シャローエリアでは超スローフローティング

スローフローティング
1〜2mのシャローエリアではスローフローティング仕様に。スタックしても巻きを止めることでルアーが浮いてくるので、根がかりを高確率で回避することができます。

これも浮いてくるか浮いてこないかのギリギリの浮力に設定することがコツです。

デッドスローの釣り方

基本アクションはただ巻き

ただ巻き
デッドスローの釣り方はとてもシンプル。基本的にはゆっくり巻くだけです。巻き速度はルアーの浮力や魚の活性、タックルバランス、リールのギア比などによってスピードを調整する必要があります。

速く巻く時で3秒に1回転。超遅いと20秒に1回転といったリーリングスピードの時もあります。

糸をたるませて巻くのが重要

ラインスラック
デッドスローで釣果を伸ばすには、ラインはたるませて巻くことが大事です。ラインを張っていると露骨にバイト数が減ります。とにかく”糸は張らない”こと。これに気をつけながら、ゆっくりとルアーを巻きましょう。

まずは表層から探り、徐々にレンジを落としていく

デッドスロー レンジ
前述した通り、デッドスローテクニックと聞くと、ボトムでの釣りをイメージする人が多いと思います。

繰り返しますが、決してボトムだけのテクニックではありません。むしろ表〜中層が一番いいレンジとなることが多いです。

基本は表層から探り、次に中層。最後にボトムを舐めるように引いてくる……そうすることで取りこぼしなくデッドスローゲームを展開することができます。

渋いときはデッドスローソフトベイトをお試しあれ

デッドスロー ワーム
凪の日や、プラグにスレいるようなときはデッドスローソフトベイトを投入してみましょう。使い方は同じでゆっくり巻くだけ。

表層、中層、ボトムと広く探って行きます。プラグと同じようにネイルシンカーで沈下スピードを調整していくことが重要です。

▼ネイルシンカーについて説明した記事はこちら。


デッドスローのタックル

タックルは2本用意するのが理想

デッドスロー タックル
筆者は、硬いロッドと柔らかいロッドどちらも必要だと考えています。中層や近距離は、バイトを弾かない“しなやかさと適度な柔らかさ”が必要ですし、ボトムや遠距離ではしっかりとフッキングできる“硬さと張りの強さ”が必要となるからです。

現在、デッドスローテクニックはベイトタックルを用いた釣りが主流です。掛かる魚が大きいことが多いためパワーが必要不可欠。

高田
繊細さも求められる釣りのため、タックルの選定が大事。ただ投げるルアーが基本的には2oz前後と重い。そのためバットパワーは必要不可欠な要素です。

筆者のデッドスローロッド

プルクラ62B / トランスセンデンス

ITEM
TRANSCENDENCE プルクラ62B
全長:6.2〜7.3ft(可変長)
自重:100g〜(最軽量時)
継数:5本
仕舞寸法:52.5cm
ルアー重量:5-56g


高田
ティップはMLクラスでありながら、バットはHクラスというマルチピースならではの変則テーパー。中層や近距離のデッドスローゲームに最適なロッドです。正直このロッドだから掛けることの出来た魚は沢山います。

 エストレーモ76 / トランスセンデンス×ツララ

ITEM
トランスセンデンス エストレーモ76
全長:7.6ft
自重:212g
継数:2本(バットジョイント)
仕舞寸法:165cm
ルアー重量:10-180g


高田
ガチガチのバットで張りがありながらも、曲がるティップを持っているロッド。遠距離やボトムで、巻き合わせが必要なシチュエーションで好んで使っています。持ち重りが少ないので、長時間のゲームでも集中力が続きます。

リールはパワーのあるリール

デッドスロー リール
リールはパワーが有ること、太めの糸がきちっと巻けることが条件となります。愛用しているのはソルト用のリールですが、これがビッグベイトの釣りにもマッチしてくれます。

ITEM
シマノ 20エクスセンス DCSS
ギア比:7.4
自重:220g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:79cm

ラインは16〜20lb

ラインは太めのラインを巻いておきます。最低16lb、可能であれば20lbを用意しましょう。

表層やシャローを攻めるときはナイロンライン、中層〜ボトムを攻めるときにはフロロラインがオススメです。

GTRウルトラ / サンヨーナイロン

ITEM
サンヨーナイロン GTRウルトラ20LB


ナイロンラインはしなやかなものがオススメ。筆者はGTRウルトラを愛用しています。

R18フロロリミテッド / シーガー

ITEM
シーガー R18フロロリミテッド 20lb


障害物にコンタクトするので強いものを選びたいところ。信頼のシーガーR18フロロリミテッドは記録級が掛かっても安心してファイトが出来ます。

デッドスローをマスターして感動のウインタービッグバスをキャッチしよう!

デッドスロー ロクマル
ロクマルどころかテンポンド、その先のサイズも夢じゃないのがデッドスローゲームの世界。

極寒のなかで手元に突然来る、「ゴンッ!」というバイト。一回味わうと病みつきになってしまうこと間違いなしです。

高田
デッドスローをマスターして感動の一匹に出会ってくださいね!


 
撮影・文:ビックリマン高田

ライタープロフィール

ビックリマン高田
海外釣行ツアーChillTrip所属のプロガイドであり、Transcendenceのロッドデザイナー。国内の釣行はバスがメインですが、GTから近所の小魚まで淡水海水問わずになんでも釣ります。とくに琵琶湖の釣りが得意分野です。年間釣行日数は300日。

ライター記事一覧はこちら

関連記事



 

紹介されたアイテム

ファットラボ ネコソギDSR
オーバスライブ モラモラ
サイトを見る
トランスセンデンス イギータ 5インチ
TRANSCENDENCE プルクラ62…
サイトを見る
トランスセンデンス エストレーモ76
サイトを見る
シマノ 20エクスセンス DCSS
サンヨーナイロン GTRウルトラ20LB
シーガー R18フロロリミテッド 20l…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!