『オーバスライブ』が放つルアーに注目! 琵琶湖の人気ブランドの製品まとめ

2019/04/05 更新

オーバスライブは琵琶湖の釣りに特化したルアー「モラモラ」を発売しているメーカー。今や入荷しても即完売するほど人気の高いモラモラの他、気になるルアーをリリースしています。そんなオーバスライブについて紹介します。


アイキャッチ画像提供:ChillFishing

オーバスライブについて

オーバスライブ オーバスライブはブラックバスの聖地である琵琶湖で生まれたフィッシングブランドです。ウィードやリップラップ、マンメイドストラクチャーなど様々なシチュエーションが存在する琵琶湖において威力を発揮するハードベイトを製作しています。

オーバスライブの代名詞とも言えるフローティングバイブレーションのモラモラは“ワーミングバイブ”というテクニックを琵琶湖のローカルアングラー間で流行させました。ハンドメイドのモラモラは入手が困難であるほどの人気を誇っており、オーバスライブは琵琶湖のローカルブランドのなかでも大注目の存在と言えます。

オーバスライブ モラモラ

モラモラ MOLAMOLA(モラモラ)はシャローエリアについたバスをスローに狙うことに特化したルアーです。通常のバイブレーションのようにリアクションで口を使わせるルアーではなく、あくまでもナチュラルにバイトを誘います。ボディの水噛みがよいため、スローなリトリーブでわずかに全体を揺らす繊細なアクションを表現できます。

スローフローティングルアーでリトリーブすると潜っていきます。基本はラインスラックを出しながら引いてくるスローからミディアムリトリーブで使用し、ロッドアクションによる誘いもこなすルアーです。

モラモラ オリジナルモデル

モラモラオリジナルモデルは101ミリ、約20グラムのハンドメイドルアーです。硬質ウレタン樹脂で造られており、スプリットリングはボンバダアグア社のフォルチが採用されています。フックはリュウギ社のピアストレブルを搭載しており、細軸で掛かりを重視したセッティングです。

モラモラ インジェクションモデル

モラモラ インジェクション 入手が困難であるほど人気を誇るハンドメイドのモラモラですが、多くの人が手に取りやすいよう、インジェクションモデルも発売されています。100ミリ、21グラムで基本スペックはオリジナルと大きな差はありませんが、オリジナルと比べ飛距離とレスポンス、ルアー感度をブラッシュアップさせて造られています。また初期潜行深度が若干上がっているのが特徴です。

ワーミングバイブって?

モラモラは“ワーミングバイブ”と呼ばれています。まるでワーム(ソフトベイト)を操作するような場面やアクションで活躍するため、この名が付けられました。具体的にはウィードにわざと絡ませたり、障害物にコンタクトしたタイミングでシェイクを入れたりするテクニックが有効です。

バスから見つけにくいようなイメージで操作すると、ワームでもプラグでも反応しない、狡猾なビッグバスに口を使わせる事ができます。

モラモラに適したタックル

モラモラのタックル モラモラにはミディアムからミディアムヘビーのベイトロッドが最適です。7フィートから7フィート5インチ程度のファースト、もしくはレギュラーファーストテーパーが良いでしょう。ワームのようなバイトが出ることが多いため、一般的な巻物に使用するレギュラー、スローテーパーだとフッキングが決まらないこともあります。

ラインはナイロンとフロロを状況によって使い分けますが、いずれも14~20ポンドがオススメです。


オーバスライブ doryu

doryu doryu(ドリュウ)は100ミリ、22グラムのハンドメイドルアーです。モラモラと同じく硬質ウレタン樹脂で造られています。スローシンキングで、障害物にコンタクトした際のボディ保護や障害物の回避能力を向上させるために頭部に搭載された通称“モラモバンパー”が特徴です。

スプリットリングはオリジナルのモラモラと同様にボンバダアグア社のフォルチを採用。フックはリュウギ社のピアストレブルを搭載しているので、スローな釣りで起こりがちなショートバイトにも対応します。

フルコンタクトワーミングバイブ!

doryuには「フルコンタクトワーミングバイブ」の名が付けられており、ボトムやストラクチャーに当てながらスローに引くことに特化した作りになっています。リップレスルアーとしては随一の根掛かり回避性能を持ち合わせており、僅かな抵抗で微波動を発するナチュラルアクションをボトムレンジで表現することが可能です。

モラモラとの違いは?

doryu モラモラとdoryuの基本コンセプトは“ワーミングバイブ”で共通していますが、スローフローティングでウェイトチューンにより幅広いレンジを探ることが出来るモラモラに対して、doryuは初めからスローシンキングに設定されている“ボトム攻略”に特化させたモデルといえます。

doryuはモラモラと比べて少し早めに巻くことが可能なセッティングとなっており、リトリーブ中の立ち姿勢も若干強調されています。

doryuに適したタックル

doryu doryuを使用するタックルはモラモラと大きく変わりません。ミディアムからミディアムヘビーのベイトロッドが最適です。7フィートから7フィート5インチ程度の長さで、ボトム攻略が得意なdoryuはテキサスリグを使用するようなファーストテーパーが良いでしょう。ボトム付近を操作するため基本的にラインはフロロの14~20ポンドがオススメです。

琵琶湖の釣りに特化した先鋭のルアーが揃うブランド

今回、オーバスライブを代表する2つの製品であるモラモラとdoryuをご紹介しましたが、代表の井戸さん曰く、オーバスライブには新しいプロトルアーが多数控えているとのことです。琵琶湖で生まれ育った“現場主義”のフィッシングプロダクトを提案するオーバスライブから今後も目が離せません。

ITEM
オーバスライブ モラモラ BR OBASSLIVE MOLAMOLA br TS-18B
全長:100㎜
自重:3/4oz

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

ビックリマン高田
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!