【元釣具屋が語る】ショックリーダー節約術“○○”流用がコスパ最高!

2019/02/27 更新

ルアーの結び替えや根ガカリ、根ズレなど、何かと消耗が激しいショックリーダー。「リーダーの出費って馬鹿にならないよな……」という方も多いはず。そんなアングラーにおすすめしたいのが、エサ釣り用の“ハリス”です!ここではショックリーダーの代わりになるおすすめハリスもご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

リーダーの出費って大きくない?

ショックリーダーの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ルアーの結び替えや根ガカリ、根ズレなど、何かと消耗が激しいショックリーダー。「リーダーの出費って馬鹿にならないよな……」と感じている方も多いはず。

そんなアングラーにおすすめしたいのが、エサ釣り用の“ハリス”を代用する方法です。

エサ釣り用の“ハリス”を使えばお得!

ハリスの画像
撮影:TSURI HACK編集部
有名なジギンガーやバスプロが、ひそかにハリスを使っているのはご存知でしょうか?

実は、リーダーとハリスはまったく同じもので、“ルアー用”として売られるものがリーダー、“エサ釣り用”として売られるものがハリスと呼ばれます。

ハリスがお得な理由をチェックしてみましょう!

▼ハリスについて解説した記事です

巻き量が多い

リーダーの多くは30メートル巻きで販売されているのに対し、ハリスは50メートル以上の巻き量で販売されています。

そのため、1ヒロのリーダーを30回以上取れることに。残量を気にせずまめにリーダーを交換することで、ラインブレイクも減らせるでしょう。

価格設定も低め

ハリスは巻き量が多いうえに、リーズナブルな価格のものが多く揃っています。

もちろん、強度が追求された高価なものもラインナップされており、コスパ重視派もスペック重視派も選択肢が豊富です。

おすすめのハリス6選

ジャンルを問わずに評価の高いハリスを、“固いハリス”と”柔らかめのハリス”に分けてピックアップしました。

細い号数は固めのハリス、太めの号数は柔らかめのハリスを選ぶと扱いやすいですよ!

固めのハリス

ジャンルを問わず支持を得るシーガーの最高グレード
ITEM
クレハ シーガー グランドマックス
号数:0.3-10号
巻き量:60m

信頼のラインなので安心して大物とやり取り出来ます。



ハードタイプなのに糸グセが取れやすい
ITEM
東レ トヨフロン スーパーL ハード
号数:0.6-5号
巻き量:50m

強度は十分あると思います。



樹脂加工によって抜群の耐摩耗性能を発揮
ITEM
サンライン Vハード
号数:0.6-12号
巻き量:50m

一番信用のおけるラインです。


柔らかめのハリス

0.4号から30号までの圧倒的なラインナップ
ITEM
クレハ シーガー
号数:0.4-30号
巻き量:10-150m

色んな釣りに使える万能ハリスです



しなやかでルアーの動きがよくなる!
ITEM
東レ トヨフロン スーパーL EX
号数:0.6-6号
巻き量:50m

大好きなハリスです。糸癖がなく使いやすいですね。



オフショアジギンガーに愛好者多数の超強靭スペック
ITEM
サンライン トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム
号数:0.8-5号
巻き量:50-70m

一番信頼性の高いハリスです。いつも使用しています。


エサ釣りコーナーにいこう!

ショックリーダーの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ルアーマンの方には、あまり馴染みのないハリス。しかし、その正体はショックリーダーとまったく同じものです。

リーダーの出費がかさんでいる方や、巻き量に不足を感じている方は、釣具店のエサ釣りコーナーに行かれてみてはいかがでしょうか。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!