【シーバス・チヌ・ヒラメに】1万円以下で買える!コスパの高いスピンングリール


アイキャッチ画像出典:Amazon

この見た目でこの性能!1万円以下で買えるシーバス・チヌ・ヒラメ用リール

出典:Amazon
「安いリールってどうなのよ?」そんな風に感じている読者のみなさん。最近のリールはコスパに優れたモデルが充実しています。これから、アジング・メバリングを始めてみたいという方も、ぜひチェックしてみてください。

まずは、どんなリールがシーバス・チヌ・ヒラメ釣りに適しているのかをチェックしましょう。

▽シーバス釣りについて詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック!

▽チヌ釣りについて詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック!

▽ヒラメ釣りについて詳しく知りたい人はこちらの記事をチェック!

シーバス・チヌ・ヒラメに適したリールとは?

サーフヒラメの画像 リールは中型スピニングリールを用います。具体的な番手で表すと、ダイワであれば2500番、シマノであれば3000番を目安に選ぶとよいでしょう。

低価格のリールを使うメリット

サーフヒラメ釣りの画像
出典:シマノ
シーバス・チヌ・ヒラメともに、海で行う釣りです。どんなに高額なリールであっても、海水で使用した後は、真水で洗浄したり、定期的なメンテナンスが欠かせません。低価格品であれば、傷んだら最新のリールに買い替えるといったことも、ハイエンド品に比べておこないやすいと言えるでしょう。

こんな条件で厳選してみました。

1.10,000円以下の実売価格
2.国内メーカー(ダイワ・シマノ)から選出
3.口コミの評価高い

それでは以上の条件を満たした、シーバス・チヌ・ヒラメに最適な“アンダー1万円スピニングリール”を紹介します。


シマノ セドナ

出典:Amazon
リールサイズのラインナップが豊富で、ハイギアや、C3000等のコンパクトボディ、PEライン付きモデルの設定があるのも嬉しいポイント。C3000クラス以上になると、最大ドラグ力が9キロとなり大物がヒットした際にも安心です。

出典:シマノ
魚が掛かった際、糸が切れないためにドラグ調整をするケースが多い海のルアー釣り。セドナに搭載されているドラグノブの形状は大型でつまみやすく、急に魚が走り出した時にも瞬時にドラグを緩める事ができます。

セドナのレビュー

非常にスムースな使い心地。さすがシマノさん。僕には、これ以上のグレードのリールは必要ない。出典:Amazon

値段の割には、性能がいい!!充分釣りできるし、コスパが良く過ぎる。出典:Amazon

満点です、最高のリールをありがとうございます。 出典:楽天

シンプルなデザインで、使い倒すにはピッタリのリールです。この価格でこれだけ滑らかに巻ければ、文句なしです。出典:Amazon

ダイワ ジョイナスやシマノ エアノスとの比較ですがHAGANEギアの恩恵なのか、巻き心地、リトリーブのヌルヌルさはいい感じです。出典:Amazon

ITEM
シマノ 17 セドナ C3000HG
ギア比:6.2
自重:250g
最大ドラグ力:9.0kg
巻取り長さ:91cm 

ダイワ レブロス

出典:Amazon
店頭価格6千円前後にも関わらず、高級機種に搭載されている機能を採用したダイワ レブロス。『巻き心地の良さ』を実現するために超高精度マシンカット技術でつくられたデジギア2を採用し、この価格帯とは思えない性能を実現しています。

リールが回転する部分をローターと呼びますが、このローターを軽量化するだけでは無く、強度も両立させた技術が“エアローター”です。ベテラン釣り師も唸らせる、レスポンスの良い回転が魅力です。

レブロスのレビュー

70アップのワラサと不満無く渡り合えました。とてもいい買い物をしたと思ってます。出典:Amazon

基本性能は非常に高いリールだと思う。入門機種としては必要充分。そしてこのコストパフォーマンス。はっきり言って文句の付け用がないほど満足しています。出典:Amazon

息子のクリスマスプレゼントで買いました!大変喜んでいます!出典:楽天

いままで安いリールしか使っていなかったので、それらと比べるととても良いです。値段の割にはデザインが高そうにみえる気がします。出典:楽天

15年ぶりに釣りをしようとこちらを購入。滑らかな巻き間、軽さ、これがトップメーカーの1,2を争うメーカーのエントリーモデルなのかと衝撃を受けました。出典:Amazon

ITEM
ダイワ 15 レブロス 2506H
ギア比:5.6
自重:270g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:84cm 



シマノ サハラ

出典:シマノ
シーバス・チヌ・ヒラメに最適なコンパクトボディのC3000クラスがラインナップする『サハラ』。中でもハイギアのC3000HGは人気の番手です。PE2号が180メートル巻ける深溝スプールは、太糸を使用する際にも安心です。

出典:シマノ
リールの重心を手元に近づけることで、実際よりも軽い印象を受けるボディ形状を採用しています。そのため操作性が良く、ルアーを泳がせるアクションもつけやすくなっています。

サハラのレビュー

流石のシマノクオリティ!この価格でここまでのポテンシャルだとは思いませんでした!ライントラブルも無く、難なくシーバスを上げる事ができます。出典:Amazon

使用感が良かったのですぐに2個目も購入いたしました。ただしこの機種は逆転レバーが付いていないので巻きすぎには特に注意が必要です!出典:Amazon

お値段以上!!色目も気にいりですし活躍してます。出典:楽天

値段の割に回転良く、いい感じです。逆転が出来ないのはコストカットの為でしょうか、余り不都合はないかと思いました。出典:Amazon

ITEM
シマノ 17サハラ C3000HG
ギア比:6.2
自重:250g
最大ドラグ力:9.0kg
巻取り長さ:55cm 

ダイワ クレスト

出典:Amazon
実売価格が5千円台にも関わらず、スムーズな回転をもたらすアルミのマシンカットハンドルや、ライントラブルが激減する“ABS II”など、申し分ないスペックを備えています。

超高精度マシンカット技術が施された、デジキア2を採用。ギヤに特殊ラッピング加工する事で、負荷がかかるケースが多い海のルアー釣りでも安心な耐久性の向上を実現しています。

クレストのレビュー

クレストは高性能で驚きました。回転がスム-ㇲでライントラブルがなく巻き上げが軽快です。高額のリ-ルにひけをとらない高性能です。大変気に入っています。出典:Amazon

思った以上にしっかりした作りでした。流石ダイワさんですね。出典:Amazon

初心者~中級者までなら必要十分な性能を備えていると思います。出典:Amazon

シマノの製品と比較して、ラインの巻量でこちらに決めた。クレスト2506Hも所持しているが、コストパフォーマンスも良く、使い勝手も良い。出典:楽天

シマノに比べと ハイギアということもあり 巻きは重く感じましたが オイルをさして 使ってるうちに 軽くなりました。出典:楽天

ITEM
ダイワ 16 クレスト 2508H
ギア比:5.3
自重:280g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:80cm 



シマノ ナスキー

出典:Amazon
実売価格1万円以下とは思えない性能を盛り込んだのがシマノ『ナスキー』。高級機種にも採用され、滑らかな巻き心地が特徴のHAGANEギア、高い強度と耐久性を誇るアルミ冷間鍛造ハンドルなど、様々な機能が採用されています。

出典:シマノ
海のルアー釣りで避けては通れないのが、海水の塩分がギア等の駆動部に入り込む『塩ガミ』。ナスキーではコアプロテクト機能により、撥水効果を利用する事で防水効果アップを実現しています。

ナスキーのレビュー

流石にシマノのスピニングリール感じる一品です。スムースに回転するので、大物もゲット可能かも?出典:Amazon

コスパ抜群!この値段であれば性能面では文句ありません。真水で丸洗いして自然乾燥していますが、メンテナンスフリーといっても良いんじゃないかと思います。出典:Amazon

青物も想定して買ったので、巻き取りスピードの早いHGにしました。おかげで、アクションを付けた後の糸フケをとる時など非常に早くなりました。出典:楽天

回転もスムーズで、ドラグ性能もシーバスの走りにも(ランカーはまだ未体験)充分。出典:楽天

コスパ最高。釣行後の手入れはラインローラ部分のみオイルとラインの塩抜きのみです。この価格でコアプロテクト搭載ですので、コスパ最高のリールですよ。出典:Amazon

ITEM
シマノ 16ナスキー C3000HG
ギア比:6.2
自重:250g
最大ドラグ力:9.0kg
巻取り長さ:91cm 

最初の1台にも、ベテランのサブ機としてもおすすめ。

サーフヒラメ釣りの画像 アンダー1万円にも関わらず様々な機能が搭載されており、どのリールを選べば良いか迷ってしまう事もあるでしょう。ギアーの製造方法や撥水加工など、ご紹介したリールのスペックを吟味し、相棒となる1台を探してみましょう!

関連記事

▽その他、リールに関する人気の記事はこちら。


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

sasaki sasa
sasaki sasa

幼少の頃から父に連れられ海や湖へ。 釣り好きが高じ、取材で日本全国を旅する日々を過ごしています。 皆さんの ”楽しい一日” のため、釣りの魅力や魚の魅力、タックルの情報をお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!