2500番のシーバスリール

2500番のシーバスリールおすすめ10選!コスパ最強軍団大集合

2022/11/24 更新

シーバスにスピニングリールの2500番は使えるのか!?

そんな疑問にお答えすべく、2500番、C3000番、3000番の違いについて解説するとともに、シーバス釣りにおすすめなコスパ最強のシーバスリールをまとめました。

目次

アイキャッチ画像撮影:すなっち

シーバスにスピニングリールの2500番は使える?

様々なスピニングリール結論から先に言うと全然使えます!

新たにシーバスリールを選ぶ際、2500番は本当に使えるのか?

C3000番が良いのか、はたまた3000番や4000番なのか? といった番手選びでお悩みの方に向け、解説していきます。

まずはシーバス専用機の番手を見てみよう

20 エクスセンスBB

まずはシーバス専用機を見ることでシーバスに最適なスペックを理解してみましょう

以下はシマノのエントリー層向けのシーバス専用機「エクスセンス BB 」のスペック表です。

出典:シマノ

上の表をよくご覧ください。

ラインナップにあるC3000MHG。表記は“C3000”ですが、ボディサイズは“2500”とあります。

つまり、シマノ社の「C3000番」は「2500番」とまったく同じボディサイズという事。

シーバス専用とされるリールも2500番のボディーを使っているんですね。

これに「C」のつかない“無印の3000番”になると、ボディサイズ一つ上がって4000番になります。

2500番とC3000番の大きな違い

2500番とC3000番の大きな違いは、ラインキャパシティとドラグ力

以下はシマノにおける番手ごとのラインキャパシティとドラグ力の差になります。

 

番手PE1号のラインキャパシティ最大ドラグ力
2500320m9kg
2500S120m4kg
C3000400m9kg
C3000M190m9kg

 

ラインキャパシティは想定したラインをぴったり巻ける程度が好ましいですが、仮に多くても下巻きをすれば調整できます。

また、2500S(シャロースプール)のドラグ力はシマノで4kg、ダイワで5kg程度ですが、※シーバス釣りにおいてドラグをフルロックにしてファイトするケースは非常に稀です

※ドラグは基本的に、シーバスの口切れを防いだり、バラシを防止する為に、ある程度緩めて使います。

編集部O
仮にPEの太さを0.8〜1号としたら、ドラグ力は強くてもせいぜい1kgぐらいの設定なので、2500番のリールでも問題なくシーバス釣りができます

同じ2500番でも…

また、少しややこしい話しになりますが、同じ2500番の中でもラインキャパシティとドラグ力が違うものがあります。

無印の2500はディープスプール(深いスプール)でドラグ力9kg。2500Sはシャロースプール(浅いスプール)でドラグ力4kg

どちらもシーバスで使うことができ、どちらを買うかは悩みどころですが、汎用性が高い(太いラインが沢山巻ける)のは2500番の方

2500Sは細いライン向きですので、もし仮に「太いラインをたくさん巻きたい!」となった場合には潰しが効きません。

編集部O
ちなみに筆者は“バチ抜け”といった、10g以下の軽量ルアー&細め(PE0.8号程度)のラインを使う際に、2500Sを使用しています。

河口といった中規模な場所ではC3000〜3000番(PE1号)。

沖堤防やサーフといった大場所、かつ青物も同時に狙う際は4000番(PE1.2~1.5号)を使っています。

▼ 2500〜C3000番サイズは港湾部・湾奥エリア向け

2500〜C3000番サイズは軽量かつコンパクトで操作性が良く、港湾部や湾奥などの小〜中規模なフィールドに適しています

岸釣りの中では屈指の汎用性を誇り、エギングなどとも兼用できるので、迷ったら2500・C3000番サイズを選ぶと良いでしょう。

▼ 4000番サイズはサーフ・大型河川・磯向け

巻き取る力が高く、飛距離に長ける4000番サイズは規模の大きなフィールドにおすすめです。

強引なやりとりが想定される磯や流れの速い河川、広い範囲を探る必要がある大型河川やサーフなどに向いています。

また、青物が良く出る地域の方や、青物も同時に狙いたいと言う方にも4000番がおすすめ。

シーバスにおすすめ!2500番ボディのリール

以下では、2500番(ボディ)のシーバスにおすすめのハイコスパリールをご紹介しています。

※C3000番も2500番として扱っています。

 

ダイワ クレストLT LT2500

大幅に軽量化されたエントリーモデル

2020年にリニューアルされたダイワのクレストは、上位機種でも使われている「LTコンセプト」を採用。前モデルと比べ、2500番ではマイナス40gも軽量化しています。


後述しますレブロスとの違いは、自重がレブロスと比べ重いのと、一部パーツがダウングレードされている点。その分レブロスよりもお求め易い価格になっています。

ギア比5.3
自重235g
最大ドラグ力10kg
巻取り長さ75cm
PE糸巻量(号-m)0.6-290/0.8-200/1.0-190

ダイワ レブロス LT2500D

エアローターを採用し、レスポンスが向上

2020年にリニューアルしたレブロス。ダイワの小型スピニングの新基準になっているLTコンセプトで軽量化されたうえで、レスポンスが向上するエアローターを搭載しています。


手軽に手に取りやすい価格ながら、新しい技術も搭載したスピニングリールです。


 


 

ギア比5.3
自重220g
最大ドラグ力10kg
巻取り長さ75cm
PE糸巻量(号-m)1.0-360/1.2-300/1.5-230

ダイワ レガリス LT2500D

売れに売れまくったハイコスパリール

Amazonレビューの平均は星4.4。シリーズ全体で3,200個もの評価を集める人気商品


上位機種のフリームスやカルディアにも採用されている「タフデジギア」や「エアローターを装備し、滑らか巻き心地を実現。


いまから本格的に釣りを始めようという方や、低価格帯リールからのステップアップを考えている方にはピッタリのリールです。

ギア比5.3
自重210g
最大ドラグ力10kg
巻取り長さ75cm
PE糸巻量(号-m)1.0-360/1.2-300/1.5-230

シマノ セドナ C3000HG

初めてのスピニングリールに最適

実売価格¥5,000程度〜。1万円を大きく切る低価格モデルながら、HAGANEギアやGフリーボディなど、シマノテクノロジーが搭載されたコスパリール。


もちろん上位機種と比べれば性能は劣りますが、リール本体やギアにはシマノの技術がしっかりと使われていて、がっちりとした剛性感のあるリールに仕上がっています

ギア比6.2
自重250g
最大ドラグ力9kg
巻取り長さ91cm
PE糸巻量(号-m)1.0-400/1.5-270/2.0-180

シマノ サハラ C3000HG

22年大注目の新製品!

初心者でも手に取りやすい価格で多くのアングラーに愛されている、シマノのサハラ。2022年にリニューアルしたモデルです。


エントリーモデルながら、上位機種で使われる「サイレントドライブ」を採用し、軽く、静かでストレスのない巻き心地を実現。値段以上の価値を感じられるハイコストパフォーマンスモデルです。


 


 

ギア比6.2
自重240g
最大ドラグ力9kg
巻取り長さ91cm
PE糸巻量(号-m)1.0-400/1.5-270/2.0-200

ダイワ レグザ LT2500

過酷な釣りを想定したアルミボディ

アルミボディ採用のレグザは、過酷な使用に耐える高剛性が魅力。


ガタが少なくパワー伝達に優れるねじ込み式ハンドルの採用にも注目。


また、あわせるロッドを選ばない、シルバー×ブラックのデザインもおすすめポイントです。

ギア比5.3
自重235g
最大ドラグ力10kg
巻取り長さ75cm
PE糸巻量(号-m)0.6-290、0.8-200、1.0-190

ダイワ フリームス LT2500

新素材の採用で、劇的な軽量化を実現

カーボンハイブリッド樹脂のZAION Vを採用することによって、軽さと剛性に磨きを掛けた、ダイワのフリームスシリーズ。


2500番で200gの自重になり、従来のモデルから20%ほど軽量化されています。

ダイワ独自の技術がふんだんに詰め込まれていて、ハイコストパフォーマンスモデルとして多くのアングラーが使用しています。

ギア比5.3
自重200g
最大ドラグ力10kg
巻取り長さ75cm
PE糸巻量(号-m)0.6-290/0.8-200/1.0-190

シマノ ナスキー C3000HG

大人気のハイコストパフォーマンスモデル

2021年にリニューアルしたナスキーシリーズ。ビギナーからベテランまで幅広いアングラーに愛されているシリーズです。


リーズナブルな価格設定ながらHAGANEギア採用で、ハードユースにも耐えるハイコストパフォーマンスなリールです。


精度と強度に優れたギアは滑らかな巻き心地を実現し、コアプロテクト搭載で高い防水性能を持っています。また、モノトーンで構成された、落ち着いたデザインも魅力のひとつです。

ギア比6.2
自重240g
最大ドラグ力9kg
巻取り長さ91cm
PE糸巻量(号-m)1.0-400/1.5-270/2.0-200

シマノ アルテグラ C3000HG

シマノのコスパ高すぎリール

何十年もの歴史を持つシマノのアルテグラが、2021年にグレードアップ。


マイクロモジュールギアII、サイレントドライブ、Xプロテクトなど、上位機種で採用された最新技術を搭載。


CI4+ボディの採用によって前作から飛躍的に軽くなり、初めてのスピニングリールとしてはもちろん、ステップアップを考えているアングラーにもオススメできる1台です。

ギア比6.2

自重225g
最大ドラグ力9kg
巻取り長さ89cm
PE糸巻量(号-m)1.0-400/1.5-270/2.0-200

シマノ エクスセンス BB C3000MHG

1万円台で買える唯一のシーバス専用モデル

シマノシーバスブランド・エクスセンスのエントリーモデル。


BBシリーズで初めてXプロテクト防水構造を搭載し、波しぶきやウェーディングも安心のリールに。


高耐久なHAGANEギアを搭載しているので、シーバスの強い引きに臆することもありません。

ダイレクトな巻き感のネジ込みハンドルが採用されているのもポイント。実売価格は15,000円~。レビューではコスパだけでなく、デザインの良さを上げる声も。

ギア比6.1
自重240g
最大ドラグ力9kg
巻取り長さ88cm
PE糸巻量(号-m)1-190/1.2-150/1.5-120

迷ったら2500番!

2500番のスピニングリールの画像

快適に釣りをするためには、その釣りに適した番手を選ぶことが大切なのですが、そんなことを言っていると家がリールだらけになってしまいますよね。

汎用性の高い2500番のスピニングリールは「1台でいろんな釣りを楽しみたい」という方にとってもおすすめな番手です。

関連記事