【2020年10月ランキング】TSURI HACK読者が最も購入したソルトルアーTOP17

2020/11/13 更新

2020年10月にTSURI HACK読者から人気を集めたソルトルアーを、ランキング形式でご紹介します!


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

2020年10月にTSURI HACK読者が最も購入したソルトルアーは?

出典:PIXTA
令和2年10月にTSURI HACK読者が購入した人気のソルトルアーは何!?

TSURI HACK経由で売れたソルトルアーランキングTOP17をお届けします。
※2020年10月TSURI HACK独自調べ。10月末時点での『予約分』も集計に含めています。 商品名にて数量をカウントしたランキングです。

【みんなが買っている】読者が購入したソルトルアー TOP17

17位:シマノ エクスセンス サイレントアサシン 99F AR-C

ITEM
シマノ エクスセンス サイレントアサシン 99F AR-C
全長:99mm
自重:14g

一口サイズのぶっ飛びミノー。青物やシーバスはベイトサイズが合わないとあまり口を使わなくなることも多いですが、だからといってサイズダウンするとポイントまで届かなくなってしまいます。このサイレントアサシンは一口サイズの食わせルアーなのに、飛距離が普通に大型ミノーを投げているときと変わらないのでかなり実績が高いです。アクション的には気持ちゆっくり目なリーリングで多少のメリハリをつけながら使っています。すごく使いやすくていいですね。



17位は、シマノのサイレントアサシン 99F。

バネ式の重心制御を採用した重心移動システム「AR-C」によって、抜群の飛距離と立ち上がりが実現されているミノーです。

2019年にリアルなウロコを模した「狂鱗(きょうりん)」モデルが追加され、魅力的なデザインや実釣性能の高さに惹かれ続けている釣り人は少なくないようです。

▼サイレントアサシンのラインナップなどを紹介しています!

16位:ヤマシタ エギ王 LIVE

ITEM
エギ王 LIVE
号数:2-3.5号
自重:6.5-21g

あると無いとでは釣果が変わる。最初はイカに対してラトルは本当に有効なのか、アピールが強すぎて釣れないのでは無いかと思ってとりあえず1つだけ購入。数回キャストすると早速アタリが!周りのイカを集めているのか 同じ所にキャストするとオチぱくも 一回ありました!周りが渋めの中コンスタントに 釣れ大満足で帰宅!帰宅途中に追加で購入してしまいました!



16位は、ヤマシタのエギ王LIVEベーシックモデル。

運動性能の高い低重心設計のブレイドシンカーで、キャスト時やダート中の姿勢が安定します。

イカを集め、活性を高める魅力的なダートアクションが人気の要因でしょうか。

▼エギ王LIVE関連記事

16位(同率):シマノ エクスセンス サイレントアサシン 129(F/S) フラッシュブースト

ITEM
シマノ エクスセンス サイレントアサシン 129F フラッシュブースト
全長:129mm
自重:24g

ぶっ飛びパイロットミノー。まず釣り場に着いていつも一番最初に投げるのはこのシマノ サイレントアサシン129Fです。シマノ独自の重心移動で強風時でもぶっ飛びます。軽い力で投げても60mくらいは飛び、動きはけっこうブリブリと泳ぐので、活性の高い魚を素早く探していけます。どこでも使えるのですが、特に河口域や大型河川では最高に使い勝手の良いルアーだと思います。



同じく16位に、シマノのサイレントアサシン129 フラッシュブーストがランクイン。

「フラッシュブースト」は、ルアーを止めておいても内部の仕掛けが動いてキラキラと輝き、魚にアピールするシマノの最新技術です。

魅力溢れるフラッシュブーストの実釣力を試したくならない釣り人はいないのでは。

▼フラッシュブースト・狂鱗をまじまじと観察!

16位(同率):バークレイ ガルプ! ソルトウォーター ベビーサーディン 2インチ

ITEM
バークレイ ガルプ! ソルトウォーター ベビーサーディン 2インチ

これがあれば坊主なし!困った時の最終兵器。このワームを使用すれば、まず坊主はないでしょう。エサ取りのフグが多いと噛みちぎられてしまうため、強度があればもっと満足ができる商品だと思いますが、その脆さも釣果に繋がるためのものだと思って飲み込んでいます。夜釣りでグローカラーに反応がなくても、ピンクだけには反応することが多くあるように思うので、困ったときの最終兵器としてタックルボックスの中には常備、忍ばせています!



バークレイ ガルプ! ソルトウォーター ベビーサーディン 2インチが、同率16位にランクインです。

ガルプ!ソルトウォーターベビーサーディンは、集魚効果のある味と匂いや、微細なバイブレーションを発生する形状が特徴のライトゲーム用ワーム。

どうしても坊主を逃れたい時など、いざという時に頼りになるルアーとしてバッグに潜ませているアングラーは多いでしょう。

▼ガルプ!ベビーサーディン関連記事

13位:ルーディーズ 魚子メタル

ITEM
ルーディーズ 魚子メタル
自重:0.6-3.0g

想像以上のあたりの多さ。アジング、メバリング用に購入しました。カラーも多く、様々なシチュエーションに合わせてカラーローテーションが出来ます。また、価格も手頃なので釣りを初めて見たいという人にもおすすめ出来ます。根魚に対して強烈なアピール力があるのか、ワームよりも当たりが多くしっかりとフッキングも出来るルアーでした。非常に軽い物もあるので潮に流しながらの釣りにも向いています。



13位は、ルーディーズ(RUDIE’S)の魚子メタル。

アジヤメバルなどを狙ったライトゲームにおいて、魚種を問わず活躍する左右非対称ボディのマイクロメタルジグです。

手軽に扱えて、様々な魚を釣って楽しむことができる仕様で人気を集めているようです。

▼魚子メタルの使い方を解説しています

13位(同率):メジャークラフト ジグパラ スロー

ITEM
メジャークラフト ジグパラ スロー 30g

初心者向けコスパ良しのルアーはコレ!ジグパラslowは使いやすさと釣りやすさ、細かい点では、塗装のはげにくさや蓄光の標準装備、そしてなんといっても釣れる魚種の豊富さがピカイチです。特に初心者は釣りたい魚に対してルアーの種類の多さに唖然とするはず。このジグパラslowを手に取れば、これ一つで色々な魚とのファイトが楽しめるはずです。



同率13位にランクインしたのは、メジャークラフト ジグパラ スロー。

スローなフォールが特徴のショアジギング向けメタルジグで、10g・15g・20g・30g・40g・50g・60gの7種のウェイトから釣りスタイルに合わせたものを選ぶことができます。

この秋、ジグパラスローを使ってショアからのスロージギングに挑戦したアングラーは少なくなかったのでは。

▼ジグパラスローの使い方やインプレをご紹介!

11位:リトルジャック メタルアディクト タイプ05

ITEM
リトルジャック メタルアディクト タイプ05
全長:88mm
自重:40g


11位は、リトルジャックのメタルアディクトタイプ05。

メタルアディクトタイプ05は、サンマをモチーフとしたセンターバランスのメタルジグで、長細いシルエットが特徴です。

見た目のリアルさと、扱いやすいハイレスポンス仕様に魅力を感じたアングラーは少なくないでしょう。

▼メタルアディクトタイプ05関連記事

11位(同率):リトルジャック モデリズム ザコ

ITEM
リトルジャック モデリズム ザコ
サイズ:約1.5インチ


同じくリトルジャック製のルアー、モデリズムザコが同率11位にランクインです。

モデリズムザコは約1.5インチのマイクロベイトワームで、メタルジグのトレーラーとしてや、ジグヘッドと組み合わせてライトゲームに用いることができます。

小型ながらもベイトフィッシュのような繊細なヒレが造り込まれた「技あり」のルアー。注目が集まるのも頷けます。

▼モデリズムザコならマイクロベイトパターンに激ハマり!?

11位(同率):ダイワ TGベイト

ITEM
ダイワ TGベイト
全長:55mm
自重:30g

隣で釣りをしていたアングラーの方が「兄ちゃんTGベイトないのか?今日TGベイトでしか釣れてねーんだ」と言い TGベイト45gを渡してくれました。その後全部で7匹イナダでしたが釣れて隣のアングラーの方には感謝してもしきれません。 今でも貰ったルアーとそのアングラーの方は宝物です。TGベイトはg数に対しルアーシルエットがすごく小さくてよく飛ぶのにバイトしやすい大きさで よく釣れます!



ダイワのTGベイトが同率11位にランクイン。

高比重のタングステン製メタルジグで、魚のバイトを誘いやすいコンパクトなシルエットと、抜群の飛距離が最大の魅力です。

優れた実釣性能や、汎用性の高さでも人気を集める定番のメタルジグと言っても過言ではないでしょう。

▼TGベイト関連記事

次項:人気ソルトルアーTOP8を発表!

8位:ヤマシタ エギ王 K

ITEM
ヤマシタ エギ王K 3.0号
自重:15g

渋い時でも安定した釣果を出してくれるエギ王K。以前までは同メーカーの他エギを使用していましたが、水深10mを超えてくるとボトムを取りにくいと感じておりました。エギ王Kではハイドロフィンのおかげで沈下姿勢が安定し、とてもボトムを取りやすいです。また沈下姿勢が安定することで、沈下中の当たりがとても取りやすいです。エギ王Kをメインにしてからはほぼ毎回釣果が出るようになりました。



第8位はヤマシタのエギ王K。

エギ王Kは、「ハイドロフィン」による姿勢の安定したフォールと、低活性のイカが好む控えめなダートアクションが特徴のモデルです。

スレイカが増えたと言われている昨今のエギング界に一石を投じるエギ王K。釣果をあげたい釣り人にとって魅力的なエギと言えそうです。

▼エギ王Kのライターインプレッションはこちら

8位(同率):ジャッカル ビッグバッカー ナブラミノー

ITEM
ジャッカル ビッグバッカー ナブラミノー 84
全長:84mm
自重:27g

ナブラ以外にも青物が釣れます!使い方的にはフラグなどと一緒ですが、アピール力が抜群です!一定の間隔で小刻みに揺れたり、時には身を翻したり早めのリトリーブだけで釣果が望めます!本来はナブラ用に買ったミノーでしたが、朝マズメで釣れない時は抜群でした!27gで飛距離も出て、イナダとカンパチの釣りわけも出来たりしてジグとのローテを組めばかなり良いと思います。



ジャッカルのビックバッカー ナブラミノーが同率8位にランクイン。

ナブラが湧いたシチュエーションでの使用が想定されており、遠投や高速巻きを得意とするミノーです。

口コミを見てみると、突然訪れるナブラのチャンスタイムだけでなく、ナブラのないシチュエーションでも活躍している様子。

▼ナブラミノー関連記事

8位(同率):ジャッカル ビッグバッカー 80

ITEM
ジャッカル ビッグバッカー80
全長:82mm
自重:25g

本当になんでも釣れます。青物はもちろんのこと根魚やフラットフィッシュも釣れました。ただ巻でも動きがあるため釣れます。またしゃくってもいいです。あの有名な釣りよかでしょうの皆さんも愛用しているものです。短所と言えるものがなく飛距離がありますし、丈夫さもあります。値段も安く、700円程で手にすることができます。



同じくジャッカルのビッグバッカー80が同率8位にランクインです。

ビッグバッカー80はミノーシェイプのメタルバイブレーションモデルで、高速リトリーブに対応するタイトアクションが魅力のルアー。

シーバスやタチウオ、青物など幅広く狙うことができ、テンポよく扱えるためサーチアイテムとして導入するアングラーも多そうです。

▼ビッグバッカーシリーズに「湾岸ミノー」が登場!

5位:ブリーデン メタルマル

ITEM
ブリーデン メタルマル 28g
全長:70mm
自重:28g

とにかく、何でも釣れる。防波堤でなんとなく沖へ投げる時や、ボート釣りでとりあえず何か釣りたい時の重宝します。小さめのコロラドブレードに着いたツインフックが、ブレードバイトもしっかりとフッキングするから、サイズを問わず釣れる気がします。ブレードのおかげでアピール力も高いと思うので、パイロットルアーにはピッタリです。



第5位はブリーデンのメタルマル。

エギのような形状とブレードを搭載した独特なデザインですが、これ1つで様々な魚種を狙うことができ、過去のランキングでも度々上位にランクインする高い人気をみせています。

ただ巻きで使えて初心者でも扱いやすいため、幅広い層の釣り人から支持を得ているようです。

▼メタルマル関連記事

5位(同率):メジャークラフト ジグパラ バーチカル ショート

ITEM
メジャークラフト ジグパラ バーチカル ショート
自重:80g

やっぱり基本オフショア用なので飛距離はそこまで出ませんが、私はタチウオ釣りに使ってるので全然問題無しです。水中で安定した動きをしてくれますし、初心者から上級者まで使いやすいと思います。フォール姿勢が良い特性を利用して、ゆっくりと丁寧にリフト&フォールを繰り返すのがオススメで、これが陸っぱりからのタチウオ釣りに威力を発揮します。青物狙いでもナブラが立ってるなど魚がいる場所が分かっている時は、通常のジグよりバーチカルの方が使いやすいと思います。



同率5位にメジャークラフトのジグパラ バーチカルショートがランクイン。

ジグパラ バーチカルショートは、ただ巻きからワンピッチまで幅広く対応し、水をしっかり噛んでアピールする普遍的なシルエット・アクションのメタルジグです。

小魚シルエットが輝くライブベイトケイムラカラーや、200g・250g・300gの重量級ジグが登場して注目を集めている様子。

3位:タカミヤ エギボンバー

ITEM
タカミヤ エギボンバー 3.0号
自重:16g

かなり重宝してます。安心して底取り出来ますし、根掛かり確率多い場所で、底重視で攻めたい時はレギュラーエギにしています。また、他のコスパエギと比べて作りがしっかりしてるので丈夫で、長持ちします。秋の小イカシーズンなどでは問題なく釣れてます。



第3位は、タカミヤのエギボンバー。

エギングに必要な実釣性能を備えつつ、リーズナブルな価格設定が魅力のエギです。

安さから手を伸ばした釣り人でも、実際に使ってみてその品質に納得し、リピーターとなるケースが少なくないのでは。

▼エギボンバー関連記事

2位:メジャークラフト ジグパラ ショート

ITEM
メジャークラフト ジグパラ ショート 40g

アピールが抜群のジグです。ショアジギングで使っています。特にリアルなカラーや地味なカラーと使い分けていて、地味なカラーのジグで釣れない時のヒット率が高いです。低層~中層あたりにかけてのヒットが多く感じています。塗装の剥がれやすさを考慮しても、十分に釣果に対してコスパの高いジグだと思います



第2位はメジャークラフトのジグパラショート。

ジグパラ ショートは、小さなシルエットとセンターバランスが特徴のメタルジグで、20~60gの自重がラインナップしています。
優れたコストパフォーマンスと実釣性能、フィールド・ターゲットを選ばない汎用性の高さが人気の要因かもしれません。

1位:ダイワ ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR

ITEM
ダイワ ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR
全長:125mm
自重:26g(ラトリンカラーは26.5g)

飛行パフォーマンスが魅力。75m以上の飛距離、ハイピッチパフォーマンスが目立って優秀です。潮目にも対応しているが、川には不向き。カラーデザインは豊富ですが、何点か試してみると釣れやすいカラーデザインが決まってきます。青物相手だとフロントフックに食いつかれるとフックの仕様は若干弱く、使い物にならないことも出てくるので要注意。獲物はなんでも、青物をはじめタチウオ、サワラ、なんでも釣れる。



第1位の座に輝いたのは、ダイワ ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DRです!

ショアラインシャイナーZ セットアッパーは、シーバス、青物などをメインターゲットにするロングビルミノー。

優れた飛距離と安定したアクションで幅広いフィールドに対応するルアーとして、人気が高まっています。

定番ルアーとトレンドルアーがランクイン!

2020年10月にTSURI HACK読者が購入したソルトルアーランキングTOP17。

今回は、定番と言える人気のルアーに混ざって、最近人気の高まっているトレンドルアーが多くランクインしていました。

日に日に寒さが厳しくなる11月ですが、水の中はまだ秋真っ最中!ぜひ気になるルアーを使って最高の釣りを楽しまれてください!

紹介されたアイテム

シマノ エクスセンス サイレントアサシン…
エギ王 LIVE
シマノ エクスセンス サイレントアサシン…
バークレイ ガルプ! ソルトウォーター…
ルーディーズ 魚子メタル
メジャークラフト ジグパラ スロー 30…
リトルジャック メタルアディクト タイプ…
サイトを見る
リトルジャック モデリズム ザコ
サイトを見る
ダイワ TGベイト
ヤマシタ エギ王K 3.0号
ジャッカル ビッグバッカー ナブラミノー…
ジャッカル ビッグバッカー80
ブリーデン メタルマル 28g
メジャークラフト ジグパラ バーチカル…
タカミヤ エギボンバー 3.0号
メジャークラフト ジグパラ ショート 4…
ダイワ ショアラインシャイナーZ セット…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!