電動リールおすすめ16選!選び方にメンテナンス、電ジギ対応モデルも!

2020/05/01 更新

船釣りの必須アイテムである電動リールは、非常に多くの種類があって選ぶ時には迷ってしまうもの。本記事で選び方やおすすめアイテム、また高価な電動リールを長く使うために知っておきたいメンテナンス方法まで、一挙にチェックしていきましょう。


アイキャッチ画像出典:ダイワ 船最前線blog

電動リールの必要性

電動リール 電動リールはその名の通り、電動で巻き上げを行ってくれるリールです。

船から使用するリールで、水深が深い場合や仕掛けが重たい場合、また大型の魚が相手など、手巻きでは巻き上げが難しい場合に使用されます。

また、エサ釣りで使われることが主でしたが、最近ではジギングシーンでも注目されつつあります。

電動リールの選び方

電動リール 大型の青物やキハダ、中深海のキンメやイカ狙いなど、様々な釣りで使われる電動リール。

それらの釣りに合わせた豊富なラインナップがあり、それぞれの釣りに適した製品を選ぶのがポイントです。

ここでは電動リールの選び方をチェックしていきましょう。

サイズ

電動リールはサイズが大きくなるに従って巻き上げのパワーも上がります。

しかしその分自重も増えますので、釣り方に合ったサイズを選びましょう。

例えば船のLTゲームやイカ狙いであれば、ダイワだと200~500番クラス、シマノだと300~2000番がおすすめです。

青物や深海の釣りではダイワ600番以上、シマノ3000番以上が適合サイズとなってきます。

糸巻量

電動リールの糸巻量は、狙う水深に対して余裕を持った巻き量のあるモデルを選びましょう。

最低でも使用するラインが200メートル、出来れば300メートル巻けるものだと高切れなどのトラブルがあった時でも安心です。

巻き上げ力(モーター)

同じ大きさの電動リールでも、巻き上げの原動力となっているモーターによって巻き上げの力が違うモデルがあります。

モーターの性能は価格が上がるにしたがって向上するため、予算内で出来るだけ良いモデルを購入するのがおすすめです。

レバー位置

電動リールの巻き上げはレバーを使って行います。

基本的なレバー位置はハンドル側ですが、モデルによってはスプールの上部や液晶画面のすぐ近くにレバーがあり、片手で操作できるものもあります。

予算や釣り方、自身のレベルに合わせてレバー位置もチェックしておきましょう。


釣り方&価格軸で探す電動リール

ここでは釣り方を軸に、おすすめの電動リールをピックアップしてご紹介します。

まずは釣り方に合わせたサイズや糸巻量を持つリールがどれかチェックして、予算に応じた価格のモデルを選んでみてください。

船のLTゲーム~イカにおすすめの電動リール

ITEM
ダイワ レオブリッツ 200J
片手で操作可能な「JOGパワーレバー」搭載の電動リール。コンパクトながら「BRITZモーター」と「マグマイト構造」で巻き上げパワーは十分です。また「シンクロレベルワインド」で仕掛けをより早く沈めることができ、きれいな糸巻き状態を保つことも出来ます。

ギア比:4.8:1
自重:460g
最大ドラグ力:8kg
ナイロン糸巻量(号-m):3-250/4-170
PE糸巻量(号-m):2-300/3-200

ITEM
ダイワ シーボーグ 300MJ
シーボーグ 300MJは、ダイワの最新テクノロジーを多数搭載している電動リールです。片手操作可能な「JOGパワーレバー」に、耐久性の高い「マグシールドボールベアリング」、パワーとスピードの切り替えが出来る「メガツイン・プロ」と充実の機能が大きな魅力。ライトゲームでの使用はもちろん、青物まで対応出来るパワーを持った汎用性の高いリールです。

ギア比:4.4:1
自重:685g
最大ドラグ力:13kg
ナイロン糸巻量(号-m):5-280/6-200
PE糸巻量(号-m):3-400/4-300

ITEM
ダイワ レオブリッツ S400
基本性能が充実したエントリーモデル。価格を抑えつつ、パワーレバーやシンクロレベルワインドといった実績の高い機能を搭載しているのが特徴です。ライトゲームの手持ちスタイルに挑戦するなら、ぜひチェックしてほしいモデルとなっています。

ギア比:3.6:1
自重:550g
最大ドラグ力:10kg
PE糸巻量(号-m):4-350/5-300

ITEM
シマノ プレイズ600
ライトゲームに幅広く対応するベーシックモデルです。十分な巻き上げパワーにリール内部の高熱化を防ぐ「ヒートフリーシステム」や、タイラバなど巻きの釣りで効果を発揮する「電動超スロー巻上げ」といった機能が充実。また「クイックリターンクラッチ」でクラッチのオンオフが片手で行え、底取りを頻繁に繰り返す釣りでの使いやすさも魅力です。

ギア比:5.5:1
自重:470g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:59cm
フロロ糸巻量(号-m):3-210/4-160
PE糸巻量(号-m):2-300/3-200/4-150

ITEM
シマノ フォースマスター 600
シーソー型感圧スイッチ「タッチドライブ」搭載の製品。ロッドを持っている親指の押圧で31段階の細かなスピード調整が可能、思うがままの操作を実現しています。従来より耐久性が高まった「MUTEKI MOTOR+」で高負荷のファイトも安心。さらに船に親機が搭載されていれば、リール単独で「簡易魚探機能」まで使えるハイパフォーマンスなリールです。

ギア比:5.1:1
自重:495g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:53cm
フロロ糸巻量(号-m):3-210/4-160
PE糸巻量(号-m):2-300/3-200

ITEM
シマノ ビーストマスター 2000
「GIGA-MAX MOTOR」搭載で人気のビーストマスターシリーズの最小モデル。コンパクトなそのボディは、ライトゲームだけでなく20キロ級の大型青物まで対応出来るパワーを兼ね備えています。巻き上げ時に役立つ「モーター&クラッチ連動機能」や「超微変速制御」をシリーズで初搭載した点にも注目です。

ギア比:5.1:1
自重:690g
最大ドラグ力:15kg
巻取り長さ:70cm
フロロ糸巻量(号-m):5-320/6-250
PE糸巻量(号-m):3-500/4-400/5-300

ITEM
テイルウォーク エラン SW DENDO 150
コンパクトで使いやすいサイズの小型電動リールです。特におすすめなのがタイラバでの使用で、30段階のスピード表示で釣れる巻きスピードを再現しやすいようになっています。PE1~2号を使うライトゲームでぜひ使ってみてほしいリールです。

ギア比:5.0:1
自重:450g
最大ドラグ力:6kg
PE糸巻量(号-m):1-300



青物~カンパチ・キハダ、大物狙いにおすすめの電動リール

ITEM
ダイワ タナコン 750
大物狙いの電動リールで特にハイコストパフォーマンスを誇る製品。最大PE12号を300メートル巻くことができ、最大ドラグ力は20キロと強力なパワーを持っています。大型の青物やマグロ狙いにデビューしたい方におすすめのリールです。

ギア比:2.3:1
自重:1,270g
最大ドラグ力:20kg
PE糸巻量(号-m):6-700/8-500/10-350/12-300

ITEM
ダイワ シーボーグ 1200J
大物の引きに耐えうるパワーとファイト時の使いやすさまで考慮された、ダイワ最強クラスの電動リールです。特に注目したいのが新形状の「JOGパワーレバー」で、スタンディングやウインチでのファイト時に、左右どちらの手でもレバー操作が行いやすい設計としてあります。

ギア比:2.8:1
自重:1,930g
最大ドラグ力:33kg
ナイロン糸巻量(号-m):12-800/16-550
PE糸巻量(号-m):8-1000/10-800

ITEM
シマノ プレミオ 3000
低価格設定が嬉しいシマノのエントリーモデル。最新機能を備えつつ、シンプルな操作性で電動リール初心者も使いやすい設計です。ヒット後は負荷に合わせて一定のテンションで巻き上げ可能な「楽楽モード」で、初心者でもバラシを抑えることが可能となっています。

ギア比:3.6:1
自重:625g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:64cm
フロロ糸巻量(号-m):5-420/6-350/7-300/8-240
PE糸巻量(号-m):4-400/5-350/6-300/8-200

ITEM
シマノ フォースマスター 3000XP
「MUTEKIMOTOR+」や「カーボンクロスワッシャドラグ」で、3000番のボディサイズながらとてつもないパワーを誇る製品。そのパワーは20キロオーバーのキハダや、スルメイカの15点掛けといったパワーが必要な釣りにまで対応します。

ギア比:3.9:1
自重:825g
最大ドラグ力:20kg
巻取り長さ:70cm
フロロ糸巻量(号-m):5-420/6-350/7-300/8-240
PE糸巻量(号-m):4-400/5-350/6-300/8-200

ITEM
シマノ ビーストマスター 9000
ビーストマスター 9000は、シマノ電動リールのパワーと耐久性を誇る最強モデル。最大巻上力は113キロと、前モデルよりも約25%アップ。心臓部の「GIGA-MAX MOTOR」は、3年間の特別保証付き。大物に真っ向勝負を挑むなら、ぜひ手にしてほしいリールです。

ギア比:3.1:1
自重:1,475g
最大ドラグ力:25kg
巻取り長さ:88cm
ナイロン糸巻量(号-m):12-700/14-550/16-500
PE糸巻量(号-m):6-1100/8-900/10-650/12-550

釣法に特化した電動リール

ITEM
ダイワ シーボーグ 500J-IKATUNE
イカ狙いに特化した設計のシーボーグ 500J-IKATUNE。いち早く仕掛けを狙いの水深まで到達させる「シンクロレベルワインド」、「ウルトラスプールフリー」、「自動糸送り機構」の3テクノロジーは、手返し重視のイカ狙いで効果を発揮してくれます。高出力な「MAGMAXモーター」搭載で、多点掛けで強い負荷が掛かっても安心です。

ギア比:3.7:1
自重:815g
最大ドラグ力:23kg
フロロ糸巻量(号-m):5-400/6-300
PE糸巻量(号-m):4-400/5-300

ITEM
ダイワ シーボーグ 500AT
ダイワ シーボーグ 500ATは、電動フカセクラッチを搭載したフカセ釣りに適したモデルです。魚がエサに食いつき、設定した値よりも速くラインが引き出されると自動でクラッチがオンになるシステムが搭載されていて、過回転によるバックラッシュのトラブルを軽減することが可能となっています。

ギア比:3.2:1
自重:840g
最大ドラグ力:13kg
ナイロン糸巻量(号-m):6-350/7-300
PE糸巻量(号-m):5-400/6-300

ITEM
シマノ フォースマスター 300DH
極細PEラインの使用に特化した製品。極細PEだとスプールとボディの間にラインが入り込む心配がありますが、「ラビリンス構造ボディ」によって重大なトラブルまでは至らない仕組みとしてあります。親指1本でクラッチ操作、巻き上げ操作、チョイ巻きが可能な「SMARTCONTROL」でスムーズに釣りが出来る点も魅力です。

ギア比:5.1:1
自重:410g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:50cm
フロロ糸巻量(号-m):2-140/3-100
PE糸巻量(号-m):0.8-400/1-300/1.5-200/2-150



電動リールのメンテナンス

様々なリールの中でも特に高価な電動リールは、使用後のメンテナンスも大事です。

メンテナンスしなければ、錆などによって寿命が短くなってしまいます。

水洗いで海水や汚れを洗い流す

釣行後には必ず水洗いで海水や汚れを洗い流しましょう。

使ったまま放置しておくと、錆が発生するなどして不具合の原因となってしまいます。

ただし、水に沈めて洗うのはNGです。特にコードをつなぐコネクター部分は錆が発生しやすいので、しっかり海水や汚れを落とすよう心掛けてください。

可動部分に注油する

使用後には自分で簡単に出来る可動部分への注油も行いましょう。

ハンドルノブやクラッチ、レベルワインド周りにオイルやグリスを挿しておけば、次の釣行時も快適に使うことが出来ます。

1年1回はメーカーメンテナンスも

電動リールをより長く使うためにも、1年に1回はメーカーにメンテナンス出しするのがおすすめです。

オフシーズンにメンテナンスを行っておけば、次のシーズンも快適に使用できます。電動リールは複雑で繊細な構造をしているため、自分で分解することは避けたほうが良いでしょう。

電動リールでのルアーゲーム

電動リールの可能性は今やエサ釣りだけでなく、ジギングやタイラバといったルアーゲームにも広がりつつあります。

しゃくりや巻きが楽に出来ることから中深海で行う青物ジギングやスロージギングに、また一定の巻きスピードの把握がしやすいことでタイラバに電動リールを取り入れるアングラーが増えてきています。

メーカーも力を入れて専用モデルを発売していますので、ぜひチェックしてみてください。

ITEM
ダイワ シーボーグ 200J-SJ
シーボーグ 200Jをベースにスロージギング向け仕様としてある製品。巻き上げがしやすい「85-95mm可変ハンドルアーム」と「アルミ樽型ノブ」、フォールスピードの調整を親指一つで出来る「フォールブレーキダイヤル」で、電動ジギングの釣果アップを図れます。ヒット後の口切れを防ぐために、MAX 6キロのATDドラグ採用としてある点もポイントです。

ギア比:5.6:1
自重:570g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:60cm
PE糸巻量(号-m):1-600/1.2-500/1.5-450


電動リールで大物とのファイトを制覇!

電動リールを使えば船からの釣りを楽に、かつ多くの魚種をターゲットにしていくことが出来ます。

電動というと難しいイメージがあるかもしれませんが、操作は簡単に覚えられます。

電動リールで様々な釣りに挑戦し、大物をゲットしてみてください。

▼合わせて読みたい電動リールのバッテリーの選び方

紹介されたアイテム

ダイワ レオブリッツ 200J
ダイワ シーボーグ 300MJ
ダイワ レオブリッツ S400
シマノ プレイズ600
シマノ フォースマスター 600
シマノ ビーストマスター 2000
テイルウォーク エラン SW DENDO…
サイトを見る
ダイワ タナコン 750
ダイワ シーボーグ 1200J
シマノ プレミオ 3000
シマノ フォースマスター 3000XP
シマノ ビーストマスター 9000
ダイワ シーボーグ 500J-IKATU…
ダイワ シーボーグ 500AT
シマノ フォースマスター 300DH
ダイワ シーボーグ 200J-SJ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
電動リール
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!