元釣具屋が「タナゴ竿」の選び方を解説&おすすめ8本を厳選!

2020/09/01 更新

身近な川や池で楽しめて奥も深いタナゴ釣り。そんなタナゴ釣りは竿選びがとても大切です。長さや素材、調子などの竿選びのポイントを解説し、おすすめのタナゴ竿を8本紹介します。


アイキャッチ画像提供:tsuki

タナゴ釣りに適した竿とは?

タナゴ竿の画像
マニアックなイメージがあるタナゴ釣りですが、最近では各メーカーから手頃な価格の竿もたくさん販売されています。

タナゴ竿にはさまざまな種類があり、ポイントや釣り方などに適した竿を選ぶことが大切です。

本記事では、タナゴマニアの筆者がタナゴ竿を選ぶポイントを解説し、おすすめの竿を紹介します。

竿選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

タナゴ竿の選び方1. 長さ

タナゴ竿の画像
小場所で足元を狙う釣りでは短い竿、大場所や足場が高いところ、遠いポイントを狙う時には長い竿が向いています。

釣り場に合わせて適切な長さの竿を選びましょう。

小場所には短竿

タナゴ竿の画像
小場所での釣りが多いタナゴ釣りでは、90cm〜120cm程度の短い竿を使うのが一般的です。

短い竿は軽量で操作性がよく、アワセがよく効くのがメリット。

水深が浅い水路などでは仕掛けが短いため、さらに短い90cm以下の竿もおすすめです。

遠いポイント狙いには長竿

タナゴ竿の画像
短竿が一般的なタナゴ釣りですが、1.8m〜3.6m程度の長竿も用意しておくと対応できる釣り場が増えます。

大きな河川や湖、漁港のテトラ周り、足場が高い場所など、短竿で釣りきれない場所は長竿が必須です。

また、足元で反応がなくて沖を狙ったりする時にも活躍します。

タナゴ竿の選び方2. 継ぎ方

タナゴ竿の画像
タナゴ竿には、振り出しタイプと並継ぎ(印籠継ぎ)タイプの2種類があります。

継ぎ方の違いで竿の性質も変わるため、確認しておきましょう。

振り出し

振り出し竿とは、持ち手である元竿に他の節が全て収納されるタイプの竿です。

コンパクトで持ち運びに便利ですが、継数が多いと重量が重たくなり、感度や強度などの竿自体の性能は下がります。

低価格帯の竿のほとんどが振り出しタイプです。

並継ぎ(印籠継ぎ)

並継ぎ竿は、竿の節同士を挿し込んで継なげるタイプで、強度が高くて感度が上がります。

印籠継ぎは、節同士を継ぐための芯が設けられているもので、竿の節同士の径を同じにできるので細身に仕上がり、綺麗に曲がることが特徴。

並継ぎ・印籠継ぎともに高級モデルに採用されており、竿の性能を追求する方におすすめです。

タナゴ竿の選び方3. 素材

タナゴ竿の画像
市販されているタナゴ竿のほとんどはカーボン製もしくはグラス製ですが、一部の手作りの竿には竹を用いているものもあります。

素材ごとの特徴を解説します。

カーボン・グラス

カーボン素材は軽量かつ高強度でハリがあり、鈎掛かりがよいのが特徴です。

グラス素材はカーボンよりもしなやかで、掛かった魚をバラしにくい特徴があります。

アワセに慣れていない初心者の方には、鈎掛かりのよいカーボン竿がおすすめです。

竹(和竿)

天然素材の竹を使用するため、デザインが1本1本異なるのが特徴です。

高価ですが、趣を大切にしたい方にはおすすめ。

竹の種類によって、特性がカーボンに近いものやグラスに近いものなど、さまざまなものがあります。

タナゴ竿の選び方4. 調子

タナゴ竿の画像
調子とは竿の曲がり方のことで、竿の曲がり込む位置が穂先に近いか胴(根本)に近いかで竿の特性が異なります。

パッケージに表記がない竿もあるので、実際に曲げて確認してみましょう。

先調子

穂先に近い部分から曲がる先調子の竿は、胴の部分が硬く、仕掛け(鈎先)に力が伝わります。

タナゴの小さな口に小さな鈎を掛けるには、先調子の竿でアワセて掛けるのがセオリーです。

アワセに慣れていないビギナーの方は先調子の竿を選びましょう。

胴調子

根本に近い位置から曲がる胴調子の竿は、竿全体が大きく柔軟に曲がるので衝撃の吸収に長けています。

先調子の竿よりも鈎先に掛かる負荷が安定する(テンションが抜けない)ため、1度鈎が掛かってしまえば中々バレません。

手首のスナップを使ってしっかり鈎を掛けられる方には胴調子の竿がおすすめです。


タナゴマニアが厳選!おすすめのタナゴ竿

タナゴ竿の画像
市販されている竿の中からおすすめ品を厳選しました。ぜひ参考にしてください。

CB VSエビタナゴ 90(プロマリン)

1,000円〜2,000円ほどの価格で売られているリーズナブルな入門竿です。

手頃な価格ながら、カーボン製なので軽量かつ高強度で、操作性も良好。

タナゴ釣り初心者におすすめです。

ITEM
プロマリン CB VSエビタナゴ 90
全長:0.9m
継数:4
仕舞寸法:36cm
自重:25g

小技タナゴ 95(プロックス)

しなやかな6:4調子(胴調子)のグラス製タナゴ竿です。

仕舞寸法が26.5cmとコンパクトですが、それでいて軽量なのが特徴。

綺麗に曲がり込む竿なのでタナゴとのやりとりを楽しみたい方におすすめです。

ITEM
プロックス 三作目 小技タナゴ 95
全長:95cm
自重:17g
継数:5本
仕舞寸法:26.5cm

孤竹タナゴ 110(アルファタックル)

こちらもリーズナブルな軽量竿で、かなり細身な設計が特徴です。

穂先の作りが繊細なため、小さなタナゴの動きも竿に伝わってやりとりが楽しめます。

ただし、根掛かりの時などは穂先の取り扱いに注意しましょう。

ITEM
アルファタックル プレミアムセンサー 小粋タナゴ 110
全長:110cm
自重:12.5g
継数:5本
仕舞寸法:31cm

幸釣 二三四(ティムコ)

1本で3段階の長さ調節ができる便利なタナゴ竿です。

田んぼのホソやヘラ台周りなど、小場所で足元を狙う方におすすめの1本です。

二三四のほかに、長めの四五六と七八九も発売されており、筆者は全て揃えています。

ITEM
ティムコ 幸釣 二三四
全長:約0.95m-約1.2m-約1.4m
重量:27g
継数:6本
仕舞寸法28cm

ひなた 4尺(ダイワ)

ダイワ製の本格的な小物竿です。

0.5mmの繊細なカーボンソリッド穂先は、ウキ釣りだけでなくミャク釣りに対応します。

感度と食い込みがよく、玉口の鮮やかな朱色も魅力的な1本です。

ITEM
ダイワ ひなた 4尺
全長:1.25m
自重:13g
継数:7本
仕舞寸法:24.5cm

並継 ひなた 口巻 83(ダイワ)

並継タイプの本格派カーボン竿です。

穂先は多段テーパーグラスを採用しており、冬場の低活性なタナゴのアタリもしっかり伝えます。

替えハカマを使用することで全長も変えられ、さまざまな状況に対応できる万能竿です。

ITEM
ダイワ 並継ひなた 口巻 83
全長:0.83m
自重:11g
継数:6本
仕舞寸法:18cm

精魂こがね  4.6尺(宇崎日新)

しなやかなカーボンソリッド仕様のタナゴ竿です。

穂先が回転トップ仕様なので、道糸が穂先に絡むのを防ぎます。

竹竿風の塗装と籐巻き風のグリップが合わさり、和の雰囲気が漂います。

ITEM
宇崎日新 精魂 こがね 並継 4.6尺
全長:1.4m
自重:18g
継数:7本
仕舞寸法:27cm

ベリタス 20/30(ツララ)

ハリの強いカーボン穂先を搭載したタナゴ竿です。

穂先のハリの強さゆえに、軽く手首を返すだけでもアワセが効きます。

グリップを付け替えることで長さの変更もできるため、汎用性の高さも魅力です。

ITEM
ツララ ベリタス 20/30
長さ:2尺/3尺
仕舞寸法:23.5cm

タナゴ竿は自作もできる

タナゴ竿は、竹やグラスソリッドを用いて自作することも可能です。

簡易的なものだと、先径が2mm程度の竹材を適度な大きさに切って、先端にリリアンを付ければ竿として機能します。

さらにこだわれば、柄をつけたり、印籠継にしたりすることもできるので興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

タナゴ竿で繊細な釣りを楽しもう!

タナゴ竿の画像
タナゴ釣りと一括りに言えどもさまざまな釣り場があるので、ポイント毎に長さ違いの竿を用意しておくのがおすすめです。

また、タナゴ以外にもテナガエビやハゼ、小鮒など、淡水の小物釣りなら幅広く使えるのでいろんな釣りが楽しめます。

すぐに高級な竿を買う必要はありませんので、リーズナブルな市販品からタナゴ釣りに挑戦してみてください。
画像提供:tsuki

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


紹介されたアイテム

プロマリン CB VSエビタナゴ 90
プロックス 三作目 小技タナゴ 95
アルファタックル プレミアムセンサー 小…
ティムコ 幸釣 二三四
ダイワ ひなた 4尺
ダイワ 並継ひなた 口巻 83
宇崎日新 精魂 こがね 並継 4.6尺
ツララ ベリタス 20/30
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
タナゴ竿の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!