これだけあればOK!タナゴ釣りに必要な道具一式をタナゴ好きな元釣具屋が解説

2020/03/10 更新

美しい魚体から観賞魚としても人気の高い『タナゴ』。釣りでは繊細なアタリをとるゲーム性の高い釣りから人気の対象魚のひとつでもあります。今回はタナゴ釣りに魅了させられた元釣具屋のTSURI HACKライターが、これからタナゴ釣りを始める方向けに、必要な道具一式をご紹介します!


アイキャッチ画像提供:tsuki

タナゴ釣りを始めたい!

釣った タナゴ
提供:tsuki
全国の身近なフィールドで楽しめる「タナゴ釣り」。

繊細でマニアックなイメージを持たれがちではありますが最近ではタナゴ釣りの用品も豊富に展開されているので、道具は簡単に揃えることができます。

今回は、タナゴ釣り好きの元釣具屋がこれからタナゴ釣りを始めたい方に向け、必要な道具を解説していきます。

タナゴってどんな魚?

飼育 タナゴ
提供:tsuki
タナゴは日本全国に生息する小型の淡水魚。日本には18種のタナゴが生息し、産卵期になるととても綺麗な婚姻色がでるため、観賞魚としても親しまれています。

二枚貝の中に産卵するという変わった性質の魚で、二枚貝が生息できるような場所であればタナゴも生息している可能性が高いです。また、タナゴの種類によっては、絶滅危惧種や天然記念物に指定されている種もいます。

タナゴ釣りの魅力

釣れたタナゴ
提供:tsuki
タナゴ釣りには極小の針で、繊細な仕掛けを使います。仕掛けのバランスや餌の微妙な変化で釣果に差が出るゲーム性の高さが最大の魅力!

また、道具の手に入れやすさ、身近なフィールドで楽しめる手軽さもあり、日中釣れない時間帯にバサーがタナゴ釣りを楽しむ姿もみられます。キャストなど難しい動作もないので、お子様に初めての釣りとして体験させてみるのもオススメですよ!

タナゴ釣りに必要な道具一式

タナゴ釣り 使う 道具
提供:tsuki
タナゴ釣りに必要な道具をひとつずつ解説していきます。

これから始められる方が揃えておくべきアイテムですので、ぜひ参考にしてみてください。

竿

竿は短めののべ竿であればどんなものでも使用できます。

はじめはリーズナブルなもので問題ありません。長さは120cmくらいがオールラウンドで適切な長さです。

ITEM
プロマリン CB VSエビタナゴ 120
全長(m):1.2
継数:5
仕舞(cm):36
自重(g):32
先径/元径(mm):0.8/18.3
カーボン率(%):92


釣りをするポイントの位置や足場の高さによって適切な長さは変わってきます。

さまざまな釣り場に合わせて竿の長さも各種揃えておくのがベストですが、荷物も増え予算もかかってしまいます。そんな方にはズーム式の竿がおすすめ。1本で釣り場に合わせて長さを変更することができる優れものです。

ITEM
ティムコ 幸釣 二三四
全長:約0.95m→約1.2m→約1.4m
重量:27g
仕舞い寸法:28cm

仕掛け

はじめのうちは、セット仕掛けを使用するのが手軽でおすすめです。

竿の長さに合ったものを選び長すぎる場合は短めにカットしておきましょう。



根掛かり対策で予備の鈎なども用意しておくと安心!


エサ

タナゴはアカムシなどの活き餌でも釣ることはできますが、保存や手軽さの面では専用の練り餌の使用をおすすめします。

タナゴグルテンは、タナゴ専用に開発された練り餌。適度に水中でバラけてくれるため集魚効果も期待できます。

ITEM
マルキュー タナゴグルテン


流れが速い場所では黄身練りがおすすめ! ハリ持ちが良いタイプのエサです。



タナゴ釣りでは餌はたくさん使用しないため、上記のどちらでもひとつ持っておけばかなりの長期間使用できます。

筆者も10回程釣行してもようやく半分使うくらいです。

軽量カップ

上記で紹介した練り餌を作るのに小さな軽量カップがあると便利です。




あると便利なアイテム

タナゴ釣り ポンプ
提供:tsuki
上記では最低限必要なアイテムを紹介しましたが、こちらではタナゴ釣りをより楽しむためにあれば便利なアイテムを解説していきます。

水汲みバケツ

手を洗ったり魚を泳がせておくのに用意しておくと便利なアイテムです。小さなバケツよりも収納する際にかさばらないので便利です。

ITEM
がまかつ GM-2461 ポータブル水汲みバケツ

観察ケース

タナゴを横から観察して楽しめます。綺麗な個体をこれで観察して癒されるのもこの釣りの楽しみ方ですよ。


たなごポンプ

練り餌を使用する場合に便利なポンプ。少しだけグルテンを出して鈎先に付けることができ手返しも良くなります。また、餌の乾燥を防げるのも大きなメリットです。

ITEM
マルフジ たなごポンプ M-127


 

繊細さがクセになる楽しい釣り

釣ったタナゴ
提供:tsuki
今回ご紹介した道具があればタナゴ釣りは十分に楽しむことができます。最低限必要なものだけであれば5,000円以下で全て揃えることができ、かなり手軽に釣りをスタートすることができます。

ファミリーフィッシングにもおすすめの釣りですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

関連記事


紹介されたアイテム

プロマリン CB VSエビタナゴ 120
ティムコ 幸釣 二三四
まるふじ たなご クチボソ
オーナー 一寸タナゴ
マルキュー タナゴグルテン
マルキュー 黄身練り
マルキュー 計量カップ
がまかつ GM-2461 ポータブル水汲…
わくわく観察ケース S
マルフジ たなごポンプ M-127
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
タナゴ釣り
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!