イワナをルアーで釣ろう!渓流で狙うタックルやルアー・釣り方のコツ

2019/01/22 更新

イワナのルアー釣り。エサ釣りが主流のイワナですが、特徴からルアーで釣ることも可能です。初めての方はどの様な釣具を揃えたら良いのか、わからない点が多いでしょう!今回、イワナをルアーで釣るためのタックルをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

イワナのルアー釣りについて

イワナのルアー釣りの画像
出典:PIXTA
イワナのルアー釣りは、川の流れを読んでルアーをトレース。縄張りを守る特徴を利用した高いゲーム性は、イワナをかけるまで、ひとつひとつの行動が奥深い上級者に人気の釣りです。

イワナのルアーで釣るタックル

イワナのルアー釣りのタックルの画像
出典:PIXTA
イワナのルアーで狙う場合、他の渓流魚をルアーで狙うのと同等のタックルを使用します。イワナ専用などはなく、初心者の方でも手軽に釣りを始められるでしょう。

ロッド

ロッドの長さは、5フィート前後。アクションはUL(ウルトラライト)~L(ライト)を使用します。イワナの生息域は、渓流の上流部~源流部。木々が茂り、限られた空間でキャストする場面もあります。そのため、長くて取り回しにくくなるので、短めのロッドが適しています。
渓流ルアーフィッシングに求められる基本性能を凝集!
ITEM
スミス ビースティッキートラウト BST-HM50L
全長:5ft
継数:2本
仕舞寸法:78.5cm
自重:66g
ルアー重量:2-8g
ナイロンライン適合:2-6lb 


▼トラウト用ロッドを紹介している記事です。

正確なキャストが求められる渓流ルアーフィッシングのニーズに応える!
ITEM
フィッシュマン ビームス ブランシエラ 5.2UL
全長:5.2ft
継数:3本
仕舞寸法:62cm
自重:106g
ルアー重量:2-7g
ナイロンライン適合:3-8lb 

艶のあるボルドー色にしなやかに曲がるディップと握っていてもしっくりといくグリップ、ワンランク下のロッドを待つより納得のいくロッドで後悔は全くありません。



▼渓流用のベイトロッドを紹介している記事です。

リール

スピニングリールであれば、ダイワの1000番台~2000番台、シマノの1000番台のハイギア仕様。ベイトリールであれば、フィネス対応のものがおすすめです。

アップストリーム(下流から上流側へキャスト)の釣りでは、流れより速くリールを巻く必要があります。そのため、ハンドル1回転あたりの巻量が多い、ハイギヤ使用が活躍します。
渓流ルアーフィッシングリールに求められる基本性能を形にしたモデル!
ITEM
ダイワ フリームス LT2000S-XH
ギア比:6.2:1
自重:190g
最大ドラグ力:5kg         
巻取り長さ:81cm   
ナイロン糸巻量 (lb-m):3-150
PE糸巻量 (号-m):0.4-200


▼トラウト用のリールを紹介している記事です。

渓流ベイトフィネスを始めるならこのリール!
ITEM
シマノ カルカッタコンクエストBFS HG
ギア比:6.8:1
最大ドラグ力:4kg
自重:200g       
巻取り長さ:68cm 
フロロ糸巻量 (lb-m):8-45

渓流でカーディフnxにつけて使用しました。先に言うと買ってよかったです。peラインを巻くことで2g台のルアーも楽々キャストできます。巻き心地もウソのように滑らかで快適な釣りができました



▼渓流ベイトフィネスのリールを紹介している記事です。

ライン

ラインはしなやかで扱いやすいナイロンラインの4~6ポンド程度がおすすめです。岩が多く、擦れて切れてしまう様であればフロロライン。飛距離が必要な場面や、ベイトフィネスの場合はPEラインもおすすめです。
渓流ルアーフィッシングでファンが多いバリバスの超低伸度ナイロンライン
ITEM
モーリス バリバス スーパートラウト アドバンス トゥイッチマスター
lb数:6lb
長さ:100m


イワナ釣りにおすすめなルアー

イワナのルアー釣りは、他のルアー釣りと比較すると、確立された情報が少ない釣り。ルアー選びに迷う方も多いのではないでしょうか。ここでは、渓流で使われるルアー紹介の他、おすすめルアーもご紹介します。

シンキングミノー

シンキングミノーは、リーリングを止めた際に沈み込むタイプ。沈み込むことで、水流に負けずにしっかりと泳ぎ、ルアー本来のアクションでアピールが可能。渓流においてメインとなるルアーです。
渓流ルアーフィッシングの実績豊富なスミスの自信作!
ITEM
スミス D-インサイト53
全長:53mm
自重:5g

フローティングミノー

フローティングミノーは、リーリングを止めた際、ルアーの浮力で浮き上がるタイプ。主に流れに乗せて目的のポイントまで“流す釣り”で使われます。限られたポイントでの使用が主になるため、出番が少ないルアーです。
尺イワナ狙いにオススメ!
ITEM
デュオ リュウキ
全長:50mm
自重:2.8g

トラウトフィッシングで実績の高いルアーをまとめて紹介しています

スピナー

スピナーは渓流のルアーフィッシングならではのルアー。リーリングを行うことでブレードが回転し、アピールします。止水域や流れの穏やかなポイントで使われますが、フラッシングによるアピール力が強いため、魚がスレてしまうことがあります。
ハッチの多い渓流で抜群のスピナーは信頼のダイワがオススメ!
ITEM
ダイワ ブレットン
自重:約9g


▼スピナーについて紹介している記事です。

スプーン

スプーンは文字通りスプーンの形状が特徴のルアー。管理釣り場をはじめとし、トラウトフィッシングでは定番のルアー。ある程度の飛距離が稼げることや、流れに負けずにアピールできることで、シンキングミノーの次に活躍するルアーです。
滝壺や深い淵に潜む尺越え狙いに
ITEM
ウォーターランド ディープダイア
自重:4.5g

スプーンの概念を覆すデザインが独特のアクションで釣果をもたらす!
ITEM
スミス バック&フォース ダイヤ
自重:4g


イワナをルアーで釣る3つのコツ

イワナを含め渓流魚は非常に臆病な性格。アングラーの気配や影を、敏感に察知します。ポイントに入る際は、可能な限り遠くからアプローチを行い、徐々に水面近くへと移動します。その他に、渓流ならではの”流れ”を攻略する釣りにコツが必要です。

アップクロスを攻めるコツ

アップクロスの画像
出典:PIXTA
アップクロスとは、流れの下流側から上流側にキャストを行うこと。渓流では、アップクロスのキャストを繰り返しながら釣り上がっていきます。上流方向に顔を向けている泳ぐイワナ。ルアーを通す際は、流れの速さやルアーが泳ぐラインを計算し、自然に攻める必要があります。釣り始める際は、狙うポイントとは異なるエリアへキャストをし、攻めるポイントのイメージを付けると良いでしょう!

ダウンクロスを攻めるコツ

ダウンクロスの画像
出典:PIXTA
ダウンクロスは、流れの上流側から下流側へキャストをすること。川幅のある渓流の中流域、開けた場所ではダウンストリームへのキャストが有効な場合があります。アングラーは川上に立つので、気付かれやすいデメリットがあります。可能な限りロングキャストを行い、遠くから攻めましょう!

またダウンクロスでは、流れを利用して、キャスティングでは攻めることができない流木エリアや、流れのヨレにルアーを送ることができます。

クロスストリームを攻めるコツ

クロスストリームは対岸方向のこと。川幅のある渓流の中流域、開けた場所で有効です。対岸にキャストし、流れに乗せてルアーを対岸から扇状に流れを横切らせます。一定のラインテンションを保ちながら流れに乗せ、弱った魚を演出するドリフトなどが行えます。

イワナをルアーで攻略できれば上級者!?

イワナ釣りの画像
出典:PIXTA
イワナを含め、渓流魚は宝石のような美しい魚体が魅力。その美しさに惹かれて多くのアングラーが多くいらっしゃいます。イワナをルアーで攻略する難しさと、1匹を手にするまでの高いゲーム性をマスターできれば上級者になるではないでしょうか。

紹介されたアイテム

スミス ビースティッキートラウト BST…
フィッシュマン ビームス ブランシエラ…
ダイワ フリームス LT2000S-XH
シマノ カルカッタコンクエストBFS H…
モーリス バリバス スーパートラウト ア…
スミス D-インサイト53
デュオ リュウキ
ダイワ ブレットン
ウォーターランド ディープダイア
サイトを見る
スミス バック&フォース ダイヤ
イワナのルアー釣りの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!