お正月の魚

釣り納めに何を釣れば家族・親戚が喜ぶのか?正月の魚と言えばタイ?ブリ?

年の瀬が迫ってきてみなさんも「釣り納め」を意識しているかと思います。今回のテーマは“正月に向けて持って帰ったら喜ばれそうな魚”をテーマにお届けします!

目次

お正月の魚と聞いてどんな魚を思い浮かべますか?

正月&お祝いといえば……『マダイ』でしょ

お正月 魚

皆さんは、お正月の魚といえばどんな魚を思い浮かべるでしょうか?

僕は、世間的には『マダイ』って答えが1位に来るのかなと想像します。

いやいや、正月くらいは『マグロ』を食べたいよ

正月 食べたい魚 マグロ

毎年、マグロの初競りの値段が大きく報道されますよね。ちょっとくらいお値段高くても、正月くらい高級で旨い物を食べたい!

だから、正月の魚といえば『マグロ』っていう意見もきっとあるでしょう。

冬に旬を迎える『ブリ』こそ正月の魚なのでは?

ブリ 正月 食べたい魚

僕の個人的な意見として、正月の魚といえば『ブリ』かなと感じます。

お節料理にも使いますし、お雑煮にも入っていることがありますもんね。

おめでたいということで意識するのは『マダイ』だけど、実際にお正月でよく食べているのは『ブリ』なんじゃないかなって思うんですが、実際のところはどうなんでしょうか。

ネットで検索してみると

家庭の魚料理調査の結果を見てみると、普段よく食べているサバやアジ、カレイやサンマなどの大衆魚がお正月に食べる魚の上位から外れ、ブリやマダイ、マグロなどが上位にランクインしています。

また、お正月に食べる魚として、『コイ(30票)』、『フナ(10票)』、『ブダイ(3票)』がランクインしているのに対し、普段食べる魚としてこれらの魚には1票も入っていません。やはり、お正月には普段と違う魚を食べたいという意識があるんですね。

年末最後の釣行は船で大物狙い!

釣り納めは家族のために、正月用の魚を狙ってみよう

お正月 魚料理 釣る

お正月に食べる代表格『ブリ』と『タイ』は、魚釣りの好ターゲットですよね。

「父ちゃんがお正月用の魚を釣ってきてやる!」なんて口実つけて、年末のお休みに魚釣りに出掛けるのもアリかもですね!

年末にマダイやブリを狙って出船する釣り船も多いので、釣り納めは船釣りやオフショアなんていかがでしょうか。

マダイの釣り方

真鯛 

画像提供:TRANSCENDENCE 片山正顕

岸から狙おうとするとややハードルの高いマダイですが、船釣りでは比較的簡単に釣ることができる魚です。

釣り方はコマセを使った天秤仕掛け、エビを餌にしたテンヤ、ルアー感覚で楽しめるタイラバなど、地域によってさまざま。

▼マダイの釣り方はコチラの記事

ブリの釣り方

ブリ

ブリもまた、餌釣りでもルアー釣りでも周年狙うことができる、魚釣りの好ターゲットですね。

地域によっては、年末でも堤防や磯、サーフから狙うことができます。手堅くブリを狙いたい場合は船釣りも選択肢に入れてみましょう。

▼ブリ・ワラサの釣り方はコチラの記事

僕はキンメダイにチャレンジします

キンメダイ

画像提供:TRANSCENDENCE 土井慧祐

ちなみに僕は釣り納めに、キンメダイ釣りにチャレンジする予定です。

久しぶりに家族と過ごす時間のために、最高級な魚を狙ってきますよ!

1 / 2ページ