おすすめのスーパーライトジギング(SLJ)ロッドを元釣具屋がピックアップ!代用できるロッドも紹介

2021/08/20 更新

近年大流行中のスーパーライトジギング(SLJ)。タイラバロッド等を流用することもできますが、やはりベストはSLJ専用ロッド。スーパーライトジギングロッドの選び方を解説し、人気のおすすめロッドを紹介します。


アイキャッチ画像提供:tsuki

大流行中のスーパーライトジギング

スーパーライトジギングロッドの画像
ライトなタックルでいろんな魚種が釣れるとあって、近年大流行中のスーパーライトジギング(SLJ)。

人気の上昇に伴って、現在は各社からスーパーライトジギング専用ロッドが多数リリースされています。

本記事では、元釣具屋の筆者がSLJロッドの選び方を解説し、おすすめのロッドを紹介します。

スーパーライトジギングロッドの選び方

スーパーライトジギングロッドの画像
まずは、基本的なスーパーライトジギングロッドの選び方について解説します。

硬さ(パワー)

スーパーライトジギングロッドの画像
はじめの1本には、使用頻度の高い45〜60gのメタルジグに適したロッドを選ぶのがおすすめ。

パワーの表記はメーカーによって異なりますが、ML(ミディアムライト)やL(ライト)、0番や1番を目安にしてください。

硬過ぎるロッドはジグの動きがわかりにくく、アタリを弾いてしまう場合があります。

スピニング or ベイト

スーパーライトジギングロッドの画像
スーパーライトジギングはスピニングタックルでも、ベイトタックルでも楽しめます。

キャスティングして広範囲を探るのが有利なシチュエーションも多いため、最初の1本にはスピニングロッドを選ぶのがおすすめです。

お財布に余裕があれば、バーチカルの釣りがしやすいベイトタックルも揃えることで、さまざまな状況に対応できます。

チューブラー or ソリッド

スーパーライトジギングロッドの画像
SLJロッドは、おもにチューブラー・ソリッドティップ・フルソリッドの3種類に分かれます。

チューブラーロッドは軽量で手感度に優れ、ソリッドティップロッドはチューブラーよりも穂先が柔らかい傾向にあります。

フルソリッドロッドはしなやかでよく曲がり、破損のリスクが低いものの、重たいことが弱点です。

代用できるロッド

スーパーライトジギングロッドの画像
ルアー系のロッドだと、ライトジギングロッドやタチウオジギングロッド、タイラバロッド、硬めのティップランロッド、硬めのイカメタルロッドなどが代用可能です。

エサ釣り系のロッドなら、6:4調子ぐらいの柔らかいライトゲーム系船竿やひとつテンヤロッドなどを流用できます。

おすすめのスーパーライトジギングロッド14選

スーパーライトジギングロッドの画像
人気があるおすすめのスーパーライトジギングロッドを集めました。ぜひロッド選びの参考にしてください。

クロステージ マイクロジギング CRXJ-B762MJ/S(メジャークラフト)

ITEM
メジャークラフト クロステージ マイクロジギング CRXJ-B762MJ/S
全長:7ft6in
継数:2本
ルアー重量:MAX60g


60gまでのジグが使える長めのベイトロッドです。

ソリッドティップなので軽めのジグでも操作感がしっかりあり、喰いこみに優れていてアタリを弾きません。

長めのロッドなので細かく誘うよりも、ただ巻き主体の釣り方に適します。

ヴァデル SLJ エアポータブル 63MLS-S(ダイワ)

ITEM
ダイワ ヴァデル SLJ エアポータブル 63MLS-S
全長:6ft3in
自重:92g
継数:2本
仕舞寸法:100cm
ルアーウェイト:20-60g


ダイワが発売するSLJエントリーシリーズのスピニングロッドです。

水深30m前後のポイントで60gまでのジグを使い、イサキやマダイ、小型青物を狙うのに適した1本。

センターカットの2ピース仕様なので携帯性に優れます。

グラップラーBB B66-0(シマノ)

ITEM
シマノ グラップラーBB タイプLJ B66-0
全長:6ft6in
自重:109g
継数:2
仕舞寸法:152.3cm
ルアー重量:30-100g


水深50m前後のポイント、20〜100gのジグに対応するベイトロッドです。

ブランクには強化構造のハイパワーXが採用され、ロッドのパワーロスを軽減しています。

チューブラーティップなので操作性と感度も良好です。

ソルティーシェイプ ダッシュ S6500/FSL(テイルウォーク)

ITEM
テイルウォーク ソルティシェイプダッシュ スーパーライトジギング S6500/FSL
全長:6ft5in
自重:115g
継数:2本
仕舞寸法:149cm
ルアーウェイト:MAX60g


ブランク全体がしなやかなカーボンフルソリッドのスピニングロッドです。

20〜40gのジグを使い、浅場のイサキやアジを狙うのに適しています。

追従性に優れ、アタリを弾かずに乗せられる仕様です。



プロトン 20GPTNS-632-1-MJ(オリムピック)

ITEM
オリムピック プロトンMJ 20GPTNS-632-1-MJ
全長:6ft3in
自重:90g
継数:2本
仕舞寸法:147cm
ジグウエイト:MAX50g


50gまでのジグに対応する、ややスローテーパーなスピニングロッドです。

スピニングロッドながら、竿全体を使ったスローなアクションにも適します。

スーパーグラファイトクロスを採用したブランクは復元力に優れます。

シーウォーク ライトジギング B66L(ヤマガブランクス)

ITEM
ヤマガブランクス シーウォーク ライトジギング B66L
全長:6ft6in
自重:131g
継数:2本
仕舞寸法:152.5cm
ルアーウェイト:40-80g


水深50m前後のポイントで、60g程度のジグが扱いやすい汎用性の高いベイトロッドです。

柔らかいティップと張りのあるベリーを組み合わせており、フォール時のバイトも明確に捉えられます。

ジグを飛ばし過ぎないため、タチウオやシーバスのジギングにも最適です。

ゲーム タイプLJ S65-00/FS(シマノ)

ITEM
シマノ ゲーム タイプLJ S65-00/FS
全長:6ft5in
自重:115g
継数:2本
仕舞寸法:154.5cm
ルアーウェイト:10-80g


強度と美しい曲がりを実現したフルソリッドのスピニングロッドです。

ガイドフレームはシマノ独自のXガイド、リングにはSiCが採用されています。

ブランクには強化構造のハイパワーXが用いられ、フルソリッドながらチューブラーのようなシャープ操作感が魅力です。

ホライゾン プログレッシブ HLJ641B-FLL (天龍)

ITEM
天龍 ホライゾンLJ HLJ641B-FLL
全長:6ft4in
自重:126g
継数:1本
仕舞寸法:193cm
ルアーウェイト:MAX100g


水深80mまでのポイントで、60g前後のジグを操作するのに適したベイトロッドです。

バット部分には微細なマテリアルのC.N.Tを用い、粘り強さを強化。

グラスとカーボンの繋ぎ目を排除し、各素材の弾性を活かすマグナフレックス製法により、感度と喰いこみが両立されています。

ジグドライブR S64FL-solid(がまかつ)

ITEM
がまかつ ラグゼ ジグドライブ R S64FL-solid
全長:6ft4in
自重:125g
継数:2本
仕舞寸法:140.5cm
ルアーウェイト:20-60g


25〜40gの軽いジグが操作しやすいライトな仕様のスピニングロッドです。

ブランクには最新素材のトレカ®︎T1100Gが採用され、抜群の強度と軽さを両立。

柔軟なソリッド穂先を搭載しているため、ただ巻きなどのスイミング系アクションと好相性です。

オーシャンセンサー LJ PLUS OSE-LJP B61L(クレイジーオーシャン)

ITEM
クレイジーオーシャン オーシャンセンサーLJプラス OSE-LJP B61L
全長:6ft1in
自重:122g
継数:2本
仕舞寸法:139cm
ルアーウェイト:Max100g


軽量ジグの操作性と、浅いエリアへの適性を重視したフルソリッドブランクのベイトロッドです。

柔軟なブランクはジグの動き過ぎを抑え、魚の引きに追従することでバラしを軽減。

バットパワーも優れ、粘ることでジワジワと大物を浮かせられます。

オフショアスティック HSJ-SSL64/2L(スミス)

ITEM
スミス オフショアスティック HSJ-SSL64/2L
全長:6ft4in
自重:131g
継数:1本
仕舞寸法:194cm
ルアーウェイト:MAX75g


40g前後のジグをメインに浅場を攻略するためのスピニングロッドです。

つなぎが一切ないハイパーフルソリッドカーボンブランクを採用していることが特徴。

しなやかな細身のロッドですが、フルソリッドの粘りによって大物とも十分に渡り合えます。

オシアジガー LJ B65-0/FS(シマノ)

ITEM
シマノ オシアジガー LJ B65-0/FS
全長:6ft5in
自重:127g
継数:1本
仕舞寸法:196.2cm
ルアーウェイト:30-100g


ソリッド特有のネジレやブレを排除した、ハイパワーXフルソリッドを用いたベイトロッドです。

柔軟かつスムーズな曲がりによってジグの動きをコントロールし、オートマチックにナチュラルなアクションを演出。

小型魚でも大きく曲がり込む反面、大型魚がヒットしても浮かせるトルクを備えます。

グース  G65S(ビート)

ITEM
ビート グース G65S
全長:6ft5in
継数:1
ルアーウェイト:30-65g


30〜65g程度のジグが扱いやすいソリッドティップのスピニングロッドです。

柔軟なティップは軽いジグにも追従し、絶妙なテンションが掛けられるため、ジグのフォール姿勢を繊細にコントロールすることが可能。

超細身のロッドですが、バットは厚巻きされているので十分なトルクが確保されています。

ソルティガ SLJ 60MB-SMT(ダイワ)ベイト

ITEM
ダイワ ソルティガ SLJ 60MB-SMT
全長:6ft
自重:97g
継数:1
仕舞寸法:183cm
ルアーウェイト:20-80g


45〜80g程度のジグをやや深めの水深で扱うのに最適なベイトロッドです。

金属製穂先のスーパーメタルトップが搭載されており、手感度の良さは抜群。

ブランクは高密度HVFカーボンが用いられ、軽量ながら強度が高く、粘り強いロッドに仕上がっています。

専用ロッドで流行りのSLJを楽しもう!

スーパーライトジギングロッドの画像
代用ロッドでもSLJを楽しめると紹介しましたが、SLJを存分に楽しみ、釣果を追い求めるなら絶対に専用ロッドがおすすめです。

軽量なジグの操作感や魚への追従性は、専用ロッドの右に出るものはありません。

ぜひ、好みのロッドを見つけて流行りのSLJを楽しんでみてくださいね!
画像提供:tsuki

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関西出身の元釣具屋。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。堤防の釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか探しています。

twitter instagram