【SLJ超入門】現役船長がスーパーライトジギングの基本を解説!タックルもアクションも丸わかり

2021/01/12 更新

今やすっかり大人気ジャンルとなったSLJ(スーパーライトジギング)。SLJは誰でも気軽に楽しめる釣りでもあり、これからチャレンジしてみようという方も多いともいます。今回は遊漁船船長がSLJのタックルやメタルジグ選び、アクションについて解説します。


アイキャッチ画像提供:岩室拓弥

大人気のSLJ

SLJの画像
SLJ(スーパーライトジギング)は、ライトジギングよりもさらにライトなタックルで行うジギングを指します。

ヒラマサやブリといった青物をターゲットとしたジギングとは違い、青物の他にもマダイや根魚などの多彩な魚種を狙えるのも特徴です。

今回は、そんな大人気のSLJを、遊漁船「エル・クルーズ」の船長である筆者が解説します!

SLJの魅力

SLJの画像
なぜSLJがここまで爆発的に流行したのか?

SLJが人気の理由をご紹介します。

誰でも手軽に楽しめる

SLJの画像
SLJの魅力の1つとして挙げられるのが、他の釣りと比べて初心者や女性でも手軽に楽しめるということ。

軽量なタックルやジグを使用するので体力的な負担も少なく、ジギングやタイラバよりも水深が浅いことも多いため、オフショアフィッシングの中でも敷居が低いといえます。

多彩なターゲット

SLJの画像
また、先述したように多彩なターゲットが狙えるというのも魅力の1つ。

SLJ人気の火付け役となったイサキをはじめ、小~中型の青物・マダイ・根魚・ヒラメ・マゴチ・アマダイなどの高級魚を狙えます。

「SLJで釣れない魚はいない」と言っても過言ではありません。


SLJのタックルセッティング

SLJのタックルの画像
ここからはSLJのタックルについて解説します。

他のタックルを流用することもできますが、専用のタックルを使うのがおすすめです。

ロッド

SLJのタックルの画像
やはりSLJ専用のスピニングロッドがおすすめです。

ロッドのスペックは海域やターゲットによっても変わってきますが、6~7ftの80~100gまで扱えるロッドが良いと思います。

タイラバロッドやシーバスロッド、エギングロッドでも代用できますが、あくまでも“できないことはない”といったレベルです。

ITEM
ブラスト SLJ エアポータブル63MS-S
自重:108g
適合ウエイト:20-80g
適合ライン:PE0.4-1.0号
仕舞寸法:100cm

リール

SLJのタックルの画像
リールはシマノの4000番、ダイワのLT4000番(旧3000番)程度の大きさがベターです。

細いラインで大物とのやり取りを要求されることも少なくないので、なるべくドラグ性能が良いものを選びましょう。

ITEM
ダイワ セルテート LT4000-C
ギア比:5.5
自重:235g
PE糸巻き量:1.5-200

PEライン

SLJのタックルの画像
PEラインの太さは0.8~1号が基準です。

イサキやマダイ、根魚がメインターゲットの場合や、青物や大型魚がヒットしてもやり取りに自信がある方は0.8号でも良いでしょう。

しかし、青物のヒットが多くて多少強引なファイトが要求される場合や、初心者の方などは1号を選ぶのが無難だと思います。

ITEM
バリバス アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 1号 200m

ショックリーダー

SLJのタックルの画像
リーダーの太さはPE0.8号なら3号(12lb)、PE1号の場合は4号(16lb)を目安にしましょう。

長さに関しては、あまり長くし過ぎるとトラブルの元にもなるので1.5~2m程度がおすすめです。

また、リーダーの強度がPEの強度より高いと、根掛かりしたときにルアーの結び目から切れず、PEが高切れしてしまうので注意してください。

ITEM
クレハ シーガー グランドマックス ショックリーダー 3号





SLJのメタルジグセレクト

SLJのメタルジグ の画像
ここではSLJのメタルジグ選びについて解説します。

ウエイト

SLJのメタルジグの画像
ベースとなるウエイトは60gですが、ある程度の状況にも対応できるように、最低でも40・60・80gの3種類は揃えるようにしましょう。

さらに30・100gと準備しておけば、水深・風の強弱に関わらず全ての状況に対応できるようになります。

ただし、80・100gは鉛製のジグだとシルエットが大きくなりすぎて五目狙いには不向きなので、タングステン製のジグを選ぶと良いですよ。

カラー

SLJのメタルジグの画像
細かい部分は気にしなくても良いですが、大きく分けてシルバー・ゴールド・グローと揃えておくのがベターです。

この3系統を揃えておけば、青物狙いならシルバー、マダイやヒラメなどの底物狙いならゴールド、根魚・アマダイ狙いならグローと、ターゲット別に使い分けられますし、光量や潮色などでも使い分けられます。


SLJのフックセッティング

SLJのフックセッティングの画像
SLJのフックセッティングは大きく分けて「フロントのみ」と「フロント&リア」の2種類です。

これをターゲット・ポイント別に使い分けます。

フロントオンリー

SLJのフックセッティングの画像
フロントオンリーのセッティングは青物狙いに最適。

青物には速いテンポのジャークが有効ですが、リアフックをセットするとフックがラインに絡む(テーリング)ことが増えるので、フロントフックのみのセッティングがおすすめです。

また、根の荒い瀬では根掛かりのリスク減にも繋がります。

フロント&リア

SLJのフックセッティングの画像
青物以外のターゲットに対しては、フロント&リアのセッティングで狙います。

噛みつき系バイトや弱い吸い込み系バイトの魚でもよく掛かるため、マダイ・イサキ・アマダイ狙いの場合はリアフックも必須です。

ターゲットが青物以外 or 砂地のポイント、このどちらかの条件に当てはまればフロント&リアのセッティングで問題ありません。




SLJのアクション

SLJの画像
各メディアでさまざまなアクションやテクニックが紹介されていますが、基本的に使い分けるアクションは2つでOKです。

筆者が普段活用しているアクションを動画も交えながら紹介します。

ただ巻き

五目狙いのときに有効で、底から5~10回転ほど巻き上げ、再び底取りを繰り返すのみの至極単純なアクションです。

基本的にはバイブレーションを巻くような速巻きの方が良いのですが、それでアタリが無ければ少し巻きを緩めてスピードを調節します。

青物(特にヒラマサ)には少し不向きですが、初心者でも簡単にできるアクションです。

ハンドル5~10回転ほどと狙うレンジが狭いのは、青物以外の魚(マダイ・イサキ・根魚・砂モノなど)はボトムに近いレンジでアタックしてくることが多いからです。ほとんどが着底直前もしくは巻き始めて5巻き以内でアタックしてきます。

ただ、マダイは中層で喰ってくることも少なくないので、どうしてもマダイを釣りたいときは中層まで巻いてみるのもアリです。

ワンピッチジャーク

ただ巻きに対してワンピッチジャークは、漁礁や瀬などのポイントで青物を狙いたいときに有効。

ショートジャークやロングジャーク、ピッチの速さなどを工夫すると良いですよ。

SLJで釣果を伸ばすコツ

SLJの画像
ジグのシルエットが小さいので「簡単に何かしらの魚が釣れる」というイメージも強いSLJ。

それはあながち間違いではないものの、ただ闇雲に釣りをしていてもタフな状況下ではなかなか釣果に結び付きません。加えてターゲットが多彩が故に、狙いの魚種を絞ることなく釣りをしてしまいがちです。

しかし実際は、漁礁・瀬・砂地のどのポイントで釣りをしているのか、どの魚が狙えるのか、何を釣りたいのか、そしてその魚にジグやアクションがあっているのか、ということを考えながら釣りをするのが非常に重要です。

やや抽象的な表現ですが、しっかりとビジョンを持って釣りを展開することが釣果アップに繋がりますよ。

SLJは楽しい!

SLJの画像
SLJは初心者から上級者、女性や子供まで誰でも楽しめる釣りです。

オフショア入門としてもおすすめなので、SLJに興味がある方やこれからオフショアフィッシングを始めてみようという方は、ぜひ本記事や関連記事を参考にしてチャレンジしていただけると嬉しく思います!
画像提供:岩室拓弥

筆者の紹介


岩室拓弥

釣具店・釣具メーカー勤務を経て、現在は福岡市東区箱崎港から出船している遊漁船「エル・クルーズ」の船長。

職業柄オフショアがメインとなっているが、元々は陸っぱりがメインでメバリング・エギングなど様々な釣りの経験も豊富なマルチアングラー。

遊漁船 エル・クルーズHP

関連記事


紹介されたアイテム

ブラスト SLJ エアポータブル63MS…
ダイワ セルテート LT4000-C
バリバス アバニ ジギング10×10 マ…
クレハ シーガー グランドマックス ショ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
SLJの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
岩室拓弥

釣具店・釣具メーカー勤務を経て、現在は福岡市東区箱崎港から出船している遊漁船「エル・クルーズ」の船長。職業柄オフショアがメインとなっているが、元々は陸っぱりがメインでメバリング・エギングなど様々な釣りの経験も豊富なマルチアングラー。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!