“相模湾マグロ2019”ルアー&エサ釣りで狙うキハダ釣り入門

2019/08/18 更新

もはや夏の定番ターゲット『キハダ』を狙った相模湾マグロゲーム。2019年の開幕は好調な様子です。今年こそ相模湾マグロにチャレンジしてみたいという釣り人必見!ルアーとエサのタックルや狙い方、今年のトレンドルアーもご紹介していきます。


アイキャッチ画像出典:TSURI HACK編集部

夏の人気ターゲット“相模湾マグロ”

相模湾マグロ
撮影:TSURI HACK編集部
相模湾といえば冬はアマダイ、夏はシイラやカツオが季節の風物詩として人気の釣り物です。ここ数年では、夏の人気ターゲットして、一部では“湾マグ”ともよばれる相模湾マグロ『キハダ』の釣りが定番に。20キロを超えるサイズが暖かい黒潮にのり相模湾を回遊するため、ルアーやコマセで狙う釣りが盛り上がっています。

あまりの盛り上がりにシーズンの休日ともなると遊漁船・仕立て船ともに予約で満席になるほどの人気ぶり。キハダを追いかけ、遊漁船・プレジャーボートで賑わう釣りとなりました。

相模湾で狙えるのはキハダ

キハダマグロ
出典:PIXTA
マグロといえば、お寿司で人気のクロマグロが連想されると思います。稀に湾内にはいることもありますが、相模湾ではキハダ(※日本ではキハダマグロとも呼ばれます。※学名はキハダ。)が回遊してきます。

平均サイズは20〜30キロクラスが多いようですが、50キロを超えるサイズも釣り上げられています。

相模湾マグロのシーズン

相模湾マグロ
撮影:TSURI HACK編集部
海水温23〜25度程度の黒潮分流が相模湾に近づくと、湾内にキハダがはいってきます。相模湾では例年6月〜9月頃までキハダの釣りを楽しむことができます。

シーズン初期の特徴

鳥山を狙うマグロルアー船 キハダが回遊してきたばかりのシーズン初期では、魚がスレていないためルアーにも反応がよく、釣れる確率が高いとされます。ルアーで狙う相模湾マグロアングラーには、コマセ解禁前の8月までが最も狙いやすいタイミングでしょう。

シーズン後期の特徴

例年8月からコマセでのキハダ・カツオ狙いが解禁。その時期ともなると学習能力が高いキハダはルアーへの反応、特にトップウォーターへの反応が悪くなり、下の層を狙うことが有効といわれます。

>>次ページでは2019年の状況・ヒットルアーも解説!

2019年相模湾の状況

相模湾のキハダ
撮影:TSURI HACK編集部
相模湾からはるか南の御蔵島やイナンバ周辺でキハダの釣果が聞かれはじめた4、5月。6月は伊豆方面などで連日釣果が上がり、梅雨が明けた7月末には相模湾内での釣果もあがりはじめました。

コマセ釣りも解禁となり、キハダ狙いが最盛期を迎えた8月現在。今年はキハダの数が多いとのことで、釣果にかなり期待が持てます。

2019トレンドはポッパーにパワースロー!

2019年の相模湾キハダルアーのトレンドはポッパー、そしてパワースロー。以下でそれぞれの釣り方の詳細を見ていきましょう。

キハダ狙いのポッパー

もともと沖縄方面のパヤオや遠州灘などの地域では定番でしたが、ここ数年では相模湾のキハダ狙いでもヒットルアーとして人気になっています。

タイプ的には細身の水平浮き姿勢のポッパーが人気。誘い方はジャークして音と水しぶきを立て、3~5秒ステイさせたら再びジャークの繰り返しです。ただし強いアピールゆえ学習能力の高いキハダはスレやすく、ペンシルなど他のルアーとの使い分けも必要です。

ITEM
シャウト エンタイスポップ
全長:230mm
自重:85g

ITEM
ヤマリア ダックダイブ F230
全長:230mm
自重:95g

ITEM
シーファルコン ピクシー
全長:180mm
自重:80g

ITEM
シマノ オシア バブルディップ
全長:180mm
自重:75g

ITEM
タックルハウス ソルティアポッパーSPO200
全長:200mm
自重:130g

ITEM
ダイワ ショアスパルタン パワースプラッシュ 140F
全長:140mm
自重:49.5g

ITEM
タックルハウス フィード・ポッパー175
全長:175mm
自重:74g

パワースロー

パワースローは久米島パヤオ方面で火がついた狙い方。ロッドは6~6.6フィート前後のベイトロッドで200~250グラム程度のジグに対応したもの、リールはPE2~3号前後が300メートル以上巻けるベイトリールを使用します。

リーダーは40~80ポンド、ジグはスロー用のもの、誘い方はスローなワンピッチジャークが基本で、食わせの間をしっかり入れつつ誘うのがコツとなります。


ITEM
ディープライナー スパイナロー 250g
自重:250g


>>次ページでは相模湾マグロを狙うためのタックルを紹介!

相模湾マグロ ルアー編

相模湾では、アベレージ20〜30キロクラスを獲れるマグロタックルを用意しましょう。PEライン4号〜5号クラスが向いています。

仕立て船であればオーバーヘッドでのキャスティングが可能ですが、乗合い船の場合、胴の間からはアンダーキャストがメイン。長いロッドだとキャスティングが難しいので、乗る船によっては短い7フィート台もあるとよいでしょう。

ロッド

全長 マグロキャスティング用で販売されている8〜8.6フィート前後
※アンダーハンドキャスティングは8ft以下
ルアー重量 Max 100g
適合ライン(PE) 4〜5号
全てのパフォーマンスを高次元で満たす次世代ロッド
ITEM
CB ONE VFR 828 BLUEWATER PLUGG’N
全長:8.2ft
継数:2本(グリップジョイント)
ルアー重量:40-80g
適合ライン(PE):3-4号

飛距離・パワーに優れた高反発ロッド
ITEM
シマノ オシアプラッガーフルスロットルS83H
全長:8.3ft
継数:2本(グリップジョイント)
ルアー重量:60-150g
適合ライン(PE):MAX8号

キハダの強い引きに耐えるドラグ性能・耐久性をもち、使用ラインが300メートルは巻けるものを選びましょう。各メーカーのハイエンドクラスであれば、そういった性能も高い水準でクリアされています。ギア比はミスキャストをした場合にも、素早い回収が行えるハイギアモデルがおすすめ!

リール

リール番手 シマノ10000〜18000番、ダイワ5000〜6500番クラス
ギア比 ハイギア
PE糸巻量 使用ラインが300メートル程度まけるもの
ステラSWの構造を随所に採用
ITEM
シマノ 15 ツインパワー SW 14000XG
ギア比:6.2:1
自重:650g
最大ドラグ力:25kg         
巻取り長さ:134cm
PE糸巻量(号-m): 6-300/8-200/10-165


ダイワ究極のソルトルアーゲーム用
ITEM
ダイワ ソルティガ エクスペディション 5500H
ギア比:5.7
自重:635g
最大ドラグ力:15kg         
巻取り長さ:121cm
PE糸巻量(号-m): 5-350/6-270


ライン&リーダー

PEラインの4号〜5号を基準に、耐久性の高い8本撚りがよいでしょう。マグロは最初に走りますので300メートル程度ラインが巻いてあると安心です。

リーダーは癖がつきにくいナイロンの80〜130ポンドを選び、長さが3ヒロ(4.5メートル)程度、リールに巻き込まないか、一巻きする程度の長さを目安にFGノットなどでPEラインと結束してください。

耐摩耗性能と耐久性が従来PEラインの200%以上アップ!
ITEM
バリバス アバニ キャスティングPE SMP

キャスティング精度と耐磨耗耐久性を追求
ITEM
よつあみ ウルトラ キャストマン フルドラグ WX8GP

ITEM
バリバス オーシャンレコードショックリーダー

ITEM
サンヨーナイロン アプロードソルトマックス ショックリーダーTYPE-N


▼FGノットの詳しい解説はこちら

ルアー&狙い方

フローティングの誘い出し系とシンキングの沈下系ルアーを、捕食されているベイトのサイズや状況に合わせて揃えてあると安心。鳥山やマグロの状況によって表層や、ルアーを沈め中層を狙います。

ITEM
ソウルズ ナルド
サイズ:140mm/35g,150mm/45g,170mm/55g,
190mm/70g,210mm/100g,230mm/120g
仕様:フローティング

ITEM
シービーワン オズマ
サイズ:115mm/48g,140mm/68g,
180mm/100g,95mm/26g,115mm/63g
仕様:シンキング
(※95mm,115mmのSHWはタングステンモデル)


▼マグロキャスティングロッドの解説はこちら

▼その他オフショアキャスティングロッドも

▼マグロルアーの詳しい選び方や狙い方はこちら


>>続いてコマセ編!

相模湾マグロ コマセ編

キハダは泳がせで狙うこともありますが、相模湾ではコマセの釣りがほとんど。移動の早いキハダの反応を探し、船長の合図とともにコマセ缶を投入。付け餌のオキアミを漂わせ水深30〜60メートルを探ります。

大物に対応しつつ、しなやかさも兼ね備えた1.7〜2.1メートル程度のロッドに、大型のパワーに対応する電動リールで手持ちが可能なサイズを選択。PEライン8号を300メートルほど巻き、仕掛けを素早く落とせる80〜100号のコマセ缶、誘導式の大物用天秤に一本バリ仕掛けで狙います。

巨魚のパワーをうけとめる柔軟性と確実なパワー
ITEM
ダイワ ゴウインブルSTD HH-175
全長:1.75m
自重:410g
継数:1本
仕舞寸法:139cm
錘負荷:80-250号

シーボーグシリーズ最強マシン
ITEM
ダイワ シーボーグ 800J
ギア比:2.8
自重:1720g
最大ドラグ力:33kg         
常用巻取り速度:120cm(m/分)
PE糸巻量(号-m): 8-600/10-500

ITEM
アマノ釣具 特攻キハダマグロ改


待望のキハダがヒットしたら

相模湾マグロ
撮影:TSURI HACK編集部
キハダがヒットしたら糸ふけをとり、するどくアワセを数回いれてから、魚を走らせることが先決です。ファーストランは100メートル以上走る場合もあります。キハダのファーストランが止まったら、落ち着いてポンピングをはじめましょう。また初期ドラグ5キロ程度から少しドラグをしめてもよいかもしれません。

浅い水深にはサメも多いため、キハダが狙われないことを祈りつつポンピングを繰り返します。魚が海中に見え、回転してあがってきたら船長とタイミングを合わせネットイン、もしくはギャフ打ちしてもらいましょう。

相模湾マグロを狙うための心構え

相模湾マグロ
撮影:TSURI HACK編集部
ルアーとコマセで狙う相模湾マグロゲームをご紹介しました。キハダは相模湾という近海で狙えるビッグターゲットとして、人気は高まるばかりです。魚を探すところから始まるマグロの釣りは、一日クルージングだけで終わってしまい、釣りをしないこともしばしば……。一回目で魚をかける方もいれば、数年通ってやっと手にできた、という場合もあります。

そんなキハダに出会うには万全なタックル準備も大事ですが、何より折れない心が必要です。いつか釣れることを夢見てチャレンジしてみてくださいね。

▼相模湾マグロルアー船まとめはこちら

相模湾マグロ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!