ベイトフィネスリール

【2022年】ベイトフィネスリールおすすめ17選!選び方・その魅力を徹底解説

ベイトフィネスリールは、スピニングよりも太いラインを使って、軽量ルアーを扱うことができるベイトキャスティングリール。テンポよく釣りが出来るのもメリットのひとつです。本記事では、ベイトフィネスリールの特徴や、シマノ、ダイワ、アブガルシアなどの有名メーカーから選んだおすすめの17選をご紹介します。

目次

アイキャッチ画像提供:むっちん

ベイトフィネスリールについて

ダイワのベイトフィネス リール

提供:ikahime

ベイトフィネスリールとは、軽量ルアーのキャストに対応したベイトリールの一種。

一般的なベイトリールが軽快にキャストできるルアー重量は、9〜10g以上といった所ですが、ベイトフィネスリールはそれ以下、中には1gのキャストにも対応した機種も存在します。

ベイトフィネスリールは、ベイトタックルならではのキャストコントロール性の高さ、手返しの良さ、それでいて軽量ルアーに対応可能といった特性を生かし、バス・ライトソルト・渓流など幅広いフィッシングシーンで重宝されています。

本記事ではベイトフィネスの特徴や購入の際の選び方、現行で買うことのできオススメのベイトフィネスリールや、※“ベイトフィネス”とまではいかないけれど、軽量ルアーのレスポンスに秀でたベイトリールをまとめてみました。

ベイトフィネスリールの特徴

軽量&小口径スプール

リールのスプールの画像

出典:シマノ

ベイトフィネスリール最大の特徴は、軽量かつ小口径のスプール

※機種によっても様々ですが、ベイトフィネス機のスプール径は28〜32mm前後。糸巻き量は8lb:50m程度のものがスタンダードです。

通常のベイトリールが、スプール径34mm、糸巻き量12lb:100m程度ですので、それと比べてもかなりの差がありますよね。

小口径かつ軽量なスプールは、軽量ルアーのわずかな負荷でも回転を始め、スムーズなライン放出を可能にします。

また、ベイトフィネスの釣りは細ラインの使用が前提の為、スプールの溝は必然的に浅くなり(シャロースプールとなり)、ラインの巻きすぎによるスプール重量の増加を防いでいます。

軽量ボディー

アルデバランBFS

撮影:むっちん

ベイトフィネス リールは130~180g程度の軽量な機種が多くリリースされています。

ベイトフィネススタイルの釣りは、手返しの良さや優れた操作性、キャストの正確性が魅力

ボディが軽いことで、それらのメリットが享受しやすくなると言えます。

スピニングよりも太い糸が巻ける

アルファス AIR TW

提供:ikahime

バスフィッシングのベイトフィネス では6〜10lb程度のフロロカーボンラインが多用されます。

このクラスのラインをバスフィッシングで多用される、2500番代のスピニングリールに巻くとトラブルも多くなりがち。

ベイトフィネスであればトラブルレスで、今までスピニングでは攻めきれなかったライトカバー周辺を果敢に攻めることが可能です。

ブレーキシステム

アルデバランBFS

提供:むっちん

ベイトフィネスは軽量ルアーの使用や、飛距離よりも安定した手返しを優先しています。

その為、断続的に一定のブレーキがかかるマグネットブレーキシステムを採用しているメーカーが主流です。

ベイトフィネスリールの注意点

ベイトフィネスリールをオーバーバワーのロッドと組み合わせてしまうと、テイクバック時にルアーの重みがロッドに乗らない為、飛距離を稼ぎにくくなります。

ML・Lといったベイトフィネス にマッチしたパワーのロッドのと合わせることで、ベイトフィネスリールの本来の力が発揮されます。

ベイトフィネスリールの選び方


撮影:ちゃったTV

一口にベイトフィネスといっても、快適に投げれるルアーの重量はベイトフィネスリールによって異なります。

基本的に、軽量ルアーへの対応力というのは、スプールが軽ければ軽いほど、小口径になればなるほど上がります

また、巻いているラインの量(ラインの重さ)も回転性能に関わってくる為、ラインキャパシティーが少なければ少ないほど、軽量ルアーへの対応力は上がります。

ただし、軽量ルアーへの対応力を求めるあまり、ラインキャパが足りなくなったりするケースもあるので、ご自身の用途をしっかりとイメージしましょう。

例えば、10g程度のルアーをメイン扱いたいのであれば、8lb-100mといったようにラインキャパシティが多いもの。

5g程度を扱いたいのであれば8lb-50mといったようにラインキャパシティが平均的なものといった具合です。

1gを扱いたいのであれば、PEライン対応の超小口径スプールを搭載している最上位機種(ダイワのスティーズ AIR TWなど)がおすすめです

また、全体的なクオリティー(巻き心地の良さ・軽さ・頑丈さ)などは、ほぼ価格に比例していますので、ご自身の予算と相談しましょう

シマノのベイトフィネスリール

シマノ SLX BFS RIGHT(21年モデル)

ギア比:6.3
自重:170g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:63cm
フロロ糸巻量 (lb-m):8-45

実売1万円台後半の“超ハイコスパ”モデル

その“コスパの良さ”から多くのアングラーから指示を集める“SLXシリーズ”のベイトフィネスモデル。

ブレーキは16アルデバランや17スコービオンBFSにも搭載されているFTB(フィネスチューンブレーキシステム)でトラブルレスなキャストをサポート。

軽量かつ剛性の高いHAGANEボディと、負荷に強いリーリングを可能にしているX-SHIP機能も採用。

実売1万円台後半ながら、中価格帯以上のベイトフィネスリールと見比べても遜色のない、充実のスペックです。

登場から1年足らずですが、早くも多くの高評価を集めている注目のベイトフィネスリールです。

シマノ スコーピオン BFS XG RIGHT(17年モデル)

ギア比:8.2
自重:165g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:82cm
フロロ糸巻量 (lb-m):8-45

シマノの“スタンダード”的ベイトフィネスリール

シマノが誇る人気ベイトリールシリーズ・スコーピオンのベイトフィネス仕様。

スペック・価格帯においてSLX BFSとアルデバランBFSの中間に位置するリールです。

超々ジュラルミン素材、自重8.9gの軽量スプールは、レスポンスの良い高回転性能を実現。

FTB(フィネスチューンブレーキシステム)でトラブルレスなキャストをサポートしています。

軽量かつ剛性の高いHAGANEボディと、負荷に強いリーリングを可能にしているX-SHIP機能も採用。実売は約2万円台後半〜。


シマノ 22 アルデバラン BFS XG(22年モデル)

ギア比:8.9
自重:130g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:81cm
フロロ糸巻量 (lb-m):8-45

22年春発売!名作ベイトフィネスリールのNEWモデル

シマノきってのベイトフィネスリール・アルデバランBFS。22年春、ファン待望のフルモデルチェンジを遂げました。

注目すべきは、一新されたNEW FTB(フィネスチューンブレーキ)。セッティングの幅が多彩になり、1g前後のルアーでも低弾道キャストが決まるリールへと進化しています。

スプールは低慣性を実現するマグナムライトスプールⅢ(φ29mm)を、ベイトフィネス機として初めて搭載。

軽量ルアーのキャストでも軽やかに立ち上がり、失速の少なさで飛距離に貢献します。

自重はシマノベイトフィネスリール中で最軽量の130gです。


シマノ アルデバラン BFS XG RIGHT(16年モデル)

ギア比:8.0
自重:130g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:80cm
フロロ糸巻量 (lb-m):8-45

在庫を残すのみ!シマノBFSを支えた名機

シマノのベイトフィネス機を筆頭し、多くのアングラーに愛用されてきた名作ベイトフィネスリール。

φ32mmの超軽量(約7.2g)スプールは、優れた初速(立ち上がりの良さ)を実現。

FTB(フィネスチューンブレーキシステム)でキャストの安定性をサポートしてくれます。自重130gという軽さも特徴の一つ。

22年モデルの登場で、カタログ落ち(在庫を残すのみ)となった本機種ですが、現行のベイトフィネスリールと比べても、何ら不足ないスペックを持ち合わせています。


シマノ カルカッタ コンクエスト BFS HG Right(17年モデル)

ギア比:6.8
自重:200g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:68cm
フロロ糸巻量 (lb-m):8-45

唯一無二!高剛性の丸型ベイトフィネスリール

カルカッタシリーズが誇る剛性感を備えた、唯一無二の丸型ベイトフィネスリール

ブレーキユニットが排除された自重8gの軽量スプールは、レスポンスの良い高回転性能を実現。

FTB(フィネスチューンブレーキシステム)がトラブルレスなキャストをサポートします。

また、たわみのない高剛性ボディーと、マイクロモジュールギアの効果も相まって、非常に滑らかな巻き心地を実現。

そのクラシカルなデザインに惹かれる釣り人も多いのも特徴です。


シマノ アルデバラン MGL 30HG(18年モデル)

ギア比:7.4
自重:135g
最大ドラグ力:4.5kg
巻取り長さ:74cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):8-100/12-65

コンパクト×バーサタイル

ベイトフィネス専用機ではないですが、軽量ルアーにも対応した“バーサタイル(万能型)”なベイトリールです。

32mmのNEWマグナムライトスプールのラインキャパシティーは8lb-100m。

約7g程度の軽量ルアーや、ノーマルなベイトリールで扱うような重量級のルアーまで対応。

ベイトフィネス より、やや太めのラインを使いたい。ベイトリール1台だけで色々なルアーを扱ってみたい。そんな方にオススメの一台です。


シマノ 22 メタニウムシャローエディションXG RIGHT(22年モデル)

ギア比:8.1
自重:165g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:86cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):8-100/10-90/12-65

軽量バーサタイルリールが更なる領域へ

シマノ・軽量バーサタイルリールの旗手「メタニウム」がシャロスプール標準搭載になって、22年の春に新登場!

ベイトフィネス専用機ではないですが、軽量ルアーにも対応。最新鋭のマグナムライトスプールⅢを搭載し、高い遠投性能と軽やかな立ち上がりを実現。

スプール径は34mm。ラインキャパシティーは8lb-100m。約7g程度の軽量ルアーや、ノーマルなベイトリールで扱うような重量級のルアーまで対応しつつ、飛距離にも優れています。

ベイトフィネス より、やや太めのラインを使いたい。ベイトリール1台だけで色々なルアーを扱ってみたい。そんな方にオススメの一台です。

ダイワのベイトフィネスリール

ダイワ スティーズ AIR TW 500XXH(20年モデル)

ギア比:9.1
自重:135g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:80cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):6-45/8-45

1g台の超軽量ルアーにも対応!超小口径スプール搭載

ダイワのベイトフィネスリールとしては最上位に位置する本機種。

スプールは、ダイワのベイトフィネス機の中で、最小口径となるφ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを採用。内部には抜群の軽さを誇るマイクロBBを搭載。

徹底的に低慣性化されたスプールとベアリングによって、1g台の超軽量ルアーのキャストに対応しています。


ダイワ アルファス AIR TW 8.6R(20年モデル)

ギア比:8.6
自重:160g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:75cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):6-45/8-45

海水使用にも対応!強靭アルミボディ採用

ボディをフルアルミハウジングで構成したタフな一台。スティーズAIR TW同様、小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載したベイトフィネス機。

渓流ベイトフィネスやライトソルトも視野に入れ、2~4gという領域もキャスト可能です。


ダイワ 月下美人AIR TW8.5R PE SPECIAL(21年モデル)

ギア比:8.5
自重:165g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:74cm
推奨糸巻量 PE:0.6号-50m
限界糸巻量 PE:0.6号-100m
スプール径:φ28mm

PEラインに特化した専用チューニング機

2021年秋、ダイワから登場したソルトゲーム用のベイトフィネスリール。

Φ28mmG1ジュラルミン製PE専用AIRスプールに、PE専用チュー二ングを施したエアブレーキシステムなどなど。

細いPEラインを快適に使うための専用チューニングが施されています

現行のベイトフィネスリールの中でも、最高クラスのアイテムと言えるでしょう。


ダイワ シルバークリーク エア TW ストリームカスタム(22年モデル)

ギア比:8.5
自重:170g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:74cm
糸巻量1:(ナイロン・フロロ)6lb-40m
糸巻量2:(PE)0.6号-40m、0.8号-40m
スプール寸法:径28mm/幅21mm

タフさを兼備した新作渓流ベイトフィネス専用機

次世代ベイトリールテクノロジーである「ハイパードライブデザイン」を採用。

ギアや駆動・摺動構造の強化によって初期性能が長く続く設計で、軽量ルアーがキャストできる「だけ」じゃないベイトフィネスリールに仕上がっています。

Φ28mmG1ジュラルミン製スプールは、回転レスポンスが高く、優れた剛性により正確無比な回転が可能。

さらに、インダクトローターを固定したストリームトラウトブレーキチューンにより、近~中距離にキャストする際のアキュラシーを優先したブレーキセッティングとなっています。


ダイワ STEEZ CT SV TW 700SH(19年モデル)

ギア比:7.1
自重:150g
最大ドラグ力:-
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):14-30~60/12-35~70

コンパクトでタフなバーサタイルモデル

ベイトフィネス専用機ではないものの、ベイトフィネス領域にも対応するベイトキャスティングリール。

CT SV TWとは、コンパクトでタフ(CT)、かつストレスフリー・バーサタイル(SV)、そしてTウイング(TW)システムを備えているとう意味。

φ30mmのG1ジュラルミン製CT SVスプールが搭載されており、5g以下の軽量リグにも対応する優れた高回転性能を備えています。

メインフレームにマグネシウム、セットプレートにはアルミニウムを採用した剛性の高いボディーも特徴の一つ。


ダイワ SV ライト リミテッド 8.1R-TN(18年モデル)

ギア比:8.1
自重:153g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:81cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):8-40~80/20-15~30

並木プロ監修のバーサタイルモデル

ダイワ SV ライト リミテッドは、小径φ32mmのG1SVLIGHTスプールが搭載され、ややフィネス寄りなリグにも対応するベイトリール

巻き物に適したギア比6.3と、撃ちに適したギア比8.1がラインナップしています。SVコンセプトによるスプール強度と、AIRのようなキャストフィールに期待の機種です。

アブガルシアのベイトフィネスリール

アブガルシア ロキサーニ BF8

ギア比:8.0
自重:185g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:83cm
糸巻量(lb-m):8-100/10-80

1万円でコスパ良し!8lb-100mのランキャパシティ

実売1万円台で購入できる、コスパの良さに定評のあるベイトフィネスリール

スプールはφ33mm。ナイロンラインの8lb-100mのラインキャパで、ベイトフィネス専用とは言いきれませんが、軽量ルアーを中心にバーサタイルな使い方ができます。

塩ガミ現象を激減させるSalt Shield TM ピニオンベアリングが採用されており、海水使用にも対応するモデルです。

ノーマルのベイトリール、ロキサーニ 7/8シリーズとスプールの互換性があります。


アブガルシア REVO ULTRACAST BF8(20年モデル)

ギア比:8.0:1
自重:175g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:80cm
糸巻量 (lb-m):8-50/10-40
スーパーファイヤーライン巻量 (号-m):1-100

ソルトウォーター完全対応のベイトフィネスモデル

φ32mmのスプールを搭載したソルトウオーター完全対応のハイギヤベイトフィネスモデル

強度と軽さの両方を考慮したデュラメタルフレームや、90mmアルミクランクハンドルアーム採用されているのが特徴。

アブガルシア LX992Z(20年モデル)

ギア比:8.0:1
自重:160g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:83cm
ライン糸巻量 (lb-m):8-100/10-80

フレーム剛性にこだわった今江克隆プロ監修モデル

アブガルシア LX992Zは、デュラメタルフレームやカーボン繊維で強化されたC6サイドプレートを採用した、優れた剛性を備える今江克隆プロ監修モデル

ベイトフィネス専用機ではないものの、超々ジュラルミン製超軽量φ33mmスプールが搭載されており、軽量ルアーにも対応します。

テイルウォークのベイトフィネスリール

テイルウォーク FULLRANGE BF(18年モデル)

ギア比:8.1:1
自重:165g
最大ドラグ力:6.5kg
巻取り長さ:86cm
ライン糸巻量 (lb-m):8-70

34mm径ジェラルミンスプールと2点式ブレーキユニットを搭載

34mm径ジェラルミンスプールと、ベイトフィネスリールでは珍しい2点式遠心ブレーキユニットの採用した本機種。

強化カーボンマテリアルサイドカバーとアルミセンターフレームが剛性を高めています。10+1 防錆ボールベアリング搭載で、ソルトゲームにも対応可能です。

ベイトフィネスリールで軽量ルアーを楽しもう!

ベイトフィネスでカサゴ

スピニングとベイトの中間を担い、メリットも多いベイトフィネス機。是非、ベイトフィネスモデルのポテンシャルの高さを堪能されてください!

 

関連動画

by TSURIHACK TV

関連記事