“ベイトの多い場所”が釣れない理由と3つの対処法

2018/12/07 更新

ルアーフィッシングの釣果を大きく左右するベイト(エサ)の存在。ベイトの多い場所を選んで釣行するのが鉄則だが……。今回は、あえてベイトの存在に疑問を呈してみよう。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ベイトがたくさんいてるのに……(泣)

イワシの画像
出典:PIXTA
ルアーフィッシングの釣果を大きく左右するベイト(エサ)の存在。もちろん、ベイトが多い場所を選んで釣行するのが鉄則ですが……。

そこで今回は、“あえて”ベイトの存在に疑問を呈してみることにしました!

こんな経験はありませんか?

イワシの画像
出典:PIXTA
目の前には大量のイワシと、それに激しくバイトする青物やシーバス。

「めっちゃ釣れそうやん!」と、イワシを模したルアーを投げるものの、一向にヒットする気配はなし。

一度はこんな状況に遭遇したことがありませんか?

“多すぎるベイト”に盲点アリ

イワシの画像
出典:Pixabay

釣れない理由=ルアーがベイトに埋もれる

ベイトが多すぎるデメリットは、ルアーがベイトに埋もれてしまい、フィッシュイーターがルアーを見つけられなくなることです。

仮にイワシが999匹いたとして、釣り人がイワシ風のルアーを投げたなら、そのルアーは1,000匹目のイワシとなります。

シーバスが1匹しかいなかったとすると、ルアーにバイトする確率は1/1000。イワシが減るかシーバスが増えないと、釣れる確率が低すぎるのです。

なんだかベイト至上主義も不安になってきませんか……?

3つの“逆転の発想”を試せ!

ベイトが多すぎる状況では、意図的にベイトとルアーの差別化を図りましょう。

ベイトよりもルアーの存在を主張させることで、フィッシュイーターがルアーを見つけやすくなり、ルアーにバイトするチャンスが高まります。

ベイトフィシュっぽくないカラーを

ルアーの画像
出典:ダイワ
ベイトフィッシュとは真逆のカラーを使い、カラーで差別化をしてみましょう。チャートカラーはあまり人気がありませんが、ソルトルアーマン必携のカラーです。

ベイトフィッシュよりもサイズを大きく

ルアーの画像
出典:楽天市場
ベイトフィッシュよりも一回り二回り大きなルアーを使い、サイズで差別化を図ってください。「大きいルアーだから釣れる」状況は、絶対にありますよ!

ベイトフィッシュがいないところを釣る

ナブラの画像
出典:PIXTA
ベイトの群れの中にルアーを投げたくなりますが、ベイトがいないところや群れが薄いところにルアーを入れてみましょう。

傷ついて群れからはぐれたエサを狙うのは、多くの肉食動物に共通する性質です。

固定概念にとらわれるな!

シーバスの画像
撮影:TSURI HACK編集部
釣りをしていると、どうしても固定概念に縛られがち。ボイルが発生していたら、ベイトに合わせたルアーをボイルの真ん中に投げたくなりますよね?

しかし、時にはそんな固定概念が釣果をダウンさせてしまうことも。経験やセオリーに捉われず、いろんなことを試してみてくださいね。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!