【2020最新】ダイワのベイトフィネスリール&ロッドまとめ。本格派〜エントリーまで充実のラインナップ!

2020/10/16 更新

2020年最新。ダイワのベイトフィネスリール&ロッドまとめ。プロアングラーがトーナメントで実戦導入している機種から、エントリーモデルまで幅広いラインナップが魅力です。お気に入りの1台&1本を見つけましょう。


アイキャッチ画像撮影:ikahime

ダイワの最新ベイトフィネスタックル

アルファス AIR TW
撮影:ikahime
バス釣りのトーナメントシーンからスタートし、今ではソルトシーンでも活用の場を広げているベイトフィネス。

大手釣り具メーカーのダイワには、そんなベイトフィネスに対応したリールやロッドが多数ラインナップされています。

本記事では2020年最新のダイワベイトフィネスタックルをご紹介します。

ベイトフィネスリールの幅広いラインナップが魅力

スティーズエア
出典:DAIWA
ダイワにはベイトフィネス機と謳われたリールだけでも、幅広い機種がラインナップしています。

ダイワベイトフィネスリールの主な特徴は、とにかく自重が軽量であること。また、2~3グラムのルアーも楽々キャストできるトーナメントスペックなスプールを搭載していることが挙げられます。

マグネットブレーキを搭載していることで、バックラッシュが起きにくく、外部ダイヤルでブレーキ調整が楽に行えることもメリットでしょう。

ダイワのベイトフィネス対応リール

スティーズ エア TW

スティーズ エア TWは、ベイトフィネスの先駆け的ブランド・K.T.F.の開発協力の元で生まれたダイワベイトフィネス機のフラッグシップです。

最大の特徴は超小口径スプールΦ28mm AIRスプールを搭載していること。スピニングでもキャストに多少コツが要る1グラム程度のルアーさえもベイトタックルでキャスト可能となっています。

自重は135グラムとダイワベイトリール最軽量、各メーカーでもトップクラスに軽いベイトフィネス機です。

ITEM
ダイワ スティーズ エア TW XXH
ギア比:9.1:1
自重:135g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:80cm
ナイロン糸巻量(lb-m):6-45/8-45

軽量のルアーをモノともせずにキャストできるのはリール性能の高さに依るところが非常に大きいです。軽量ルアーはスピニングリールという概念を打ち砕いただけでなく、ベイトロッドで軽量ルアーを使いながらもブッシュなどの障害物周りを攻めることが出来て戦略の幅が格段に広がりました。デザインもカッコ良いしアングラーの物欲を満たしてくれるリールです。私の場合はリザーバーでスレバス攻略に使うことが多いですが、バックラッシュもなく、ストレスフリーで使えるリールで相棒として手放せないです。




アルファス エア TW

アルファス エア TWはアルミボディを採用し、ソルトゲームでも使える耐久性を持ったミドルクラスのベイトフィネス機。

こちらもK.T.F.が開発協力を行っていて、フラッグシップのスティーズ エア TWと同等の超小口径スプールΦ28mm AIRスプールを搭載しているのが特徴です。

自重は160グラムと十分軽く、実売3万円ちょっとで最新スプールを体験出来ます。

ITEM
ダイワ アルファス エア TW 8.6
ギア比:8.6:1
自重:160g
最大ドラグ力:3.5kg
巻取り長さ:75cm
ナイロン糸巻量(lb-m):6-45/8-45

スプール径が28mmとかなり小さいスプールになっていてそのおかげでキャストフィールはかなり良かったです。またこちらの機種にもTWSも搭載していますで飛距離アップにも繋がっているのかと思います。そしてフルメタルボディに大きくなったドライブギアを搭載されているのにもかかわらず前回のモデルから約5グラム程の軽量化も図れています。




SS エア

2014年の発売以降、SS エアはベイトフィネス機として多くのバスアングラーに愛用されています。G1ジュラルミン製AIRスプールを搭載し、そのキャスト性能は1円玉クラスの重さをキャスト出来るほど。

ハンドル周りは徹底的なブランキングで軽量化。軽量な素材ZAIONを使用したスタードラグとハンドルノブの搭載も、自重145グラムの実現に大きく貢献しています。

ITEM
ダイワ SS エア 8.1
ギア比:8.1:1
自重:145g
最大ドラグ力:145kg
巻取り長さ:81cm
フロロ糸巻量(lb-m):8-50

DAIWA好きでベイトフィネスを極めたいならこのリール1択かと思います。本体重量145gとまさしく異次元の軽さで、スピニングタックルでライトリグを操作しているような快適な使用感です。キャストフィールもまた素晴らしく総重量2g程度でもアキュラシー重視のキャストが出来ます。マグブレーキのセッティングはややピーキーですが、一度決まってしまえばバックラッシュ知らずで1日中ベイトフィネスの釣りに集中できます。




SV ライトリミテッド

SV ライトリミテッドは、トップバスアングラー・並木敏成氏が監修したバーサタイルに使えるベイトフィネス機です。

G1ジュラルミン製超高精度φ32SVスプールは通常のベイトフィネスで使われるような細番手だけでなく、16、20ポンドといった太めのラインにも対応。

セッティングによっては「フロロ20ポンドでライトリグを使いヘビーカバーを撃つ」といった釣りも可能としています。

バーサタイル性能も高いため、8~12ポンドを巻いて1台で陸っぱり全般の釣りを網羅するなんてこともできるでしょう。

ITEM
ダイワ SV ライトリミテッド 8.1
ギア比:8.1:1
自重:153g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:81cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-40~80/10-30~65/12-25~50/16-20~40/20-15~30

にかく軽いものが快適に使える。自重、巻き感、ボディ形状、キャストフィール、全てにおいて疲れない。私はオカッパリワンタックルスタイルなのですが、とても使い勝手がいい。そして何よりもレベルワインドが好み!





 
>> Next Page:ダイワのベイトフィネスロッド

ダイワのベイトフィネス対応ロッド

スティーズ 631MLFB-SV スカイレイ

ダイワのバスロッドフラッグシップシリーズのスティーズには、ベイトフィネスの釣りを極められる631MLFB-SV スカイレイがラインナップされています。

ブランクス素材には最高クラスの感度を誇るSVF COMPILE-Xを採用。さらにX45構造によってネジレを抑制し、パワーやキャストフィールを向上。

独自のRR-spec(Reduced Resistance)ガイドシステムによってライン放出抵抗を軽減していることも特徴です。

ITEM
ダイワ スティーズ 631MLFB-SV スカイレイ
全長:1.91m
自重:84g
継数:1本
仕舞寸法:191cm
ルアー重量:1.8-11g
ナイロンライン適合:6-16lb
フロロライン適合:5-12lb

ベイトフィネス用に購入。まず持った瞬間、その軽さにびっくり。使用してみてさらにびっくり。チョー感度がいい。ラインがガイドを擦るのもわかるくらいです。私が今まで使用してきたどのロッドよりも感度がいいです。




ブラックレーベル SG641LFB

バスフィッシングの本質のみに磨きを掛けたブラックレーベルシリーズ。641LFBは強めのベリー~バットを持った、操作性とフッキング性能に優れたモデル。

シリーズは2系統があり、そのうちSGは高弾性カーボンを採用し、そのメリットを最大限に活かすことをコンセプトに開発されています。

抵抗の大きなネコリグのスイミングやカバー撃ちのスモラバ等、操作からフッキング、やり取りに至るまでパワーが必要な場合におすすめです。

ITEM
ダイワ ブラックレーベル SG641LFB
全長:1.93m
自重:94g
継数:2本(グリップジョイント)
仕舞寸法:167cm
ルアー重量:1.8-11g
ナイロンライン適合:5-12lb



ブラックレーベル SG671L/ML+FB

ブラックレーベル SG671L/ML+FBは、ティップがLパワー、バットがML+パワー設計のモデル。

ブランクス素材にナノテクノロジーを用いたHVFナノプラス、カーボンシート構造に高い復元力を実現する3DXが採用し、ウィードエリアや立木エリアからもビッグバスを容易に引き離せるようなパワーを秘めています。

琵琶湖や池原ダムのようなビッグバスが多数存在するフィールドでは特におすすめの1本です。

ITEM
ダイワ ブラックレーベル SG671L/ML+FB
全長:2.01m
自重:97g
継数:2本(グリップジョイント)
仕舞寸法:174cm
ルアー重量:1.8-18g
ナイロンライン適合:5-14lb

ティップはライトなので、キャストフィールが上がるし、ML+のバットパワーがあるので、45cmUPの川バスも難なくキャッチしできました。カンカン寄りよりは多少マイルド目?なので、バラしにくい良いロッドだと思います。


リベリオン 652LFB

リベリオンは2020年に新たにダイワバスロッドのラインナップに加わったシリーズです。

ブランクス強化構造としてX45およびブレーディングX、リールシートにはカーボンファイバー入りエアセンサーシートが採用されています。

652LFBは2ピースモデルのみにラインナップされているベイトフィネス専用モデルで、ワーミングからハードベイトのスラックリトリーブまで、幅広い釣りに対応します。

ITEM
ダイワ リベリオン 652LFB
全長:1.96m
自重:95g
継数:2本
仕舞寸法:102cm
ルアー重量:1.8-11g
ナイロンライン適合:5-12lb

オレンジのアクセントカラーとロゴの文字がかっこ良く早く使用したいです。自宅で他社ロッドと比較してみた感じではLパワーですがしっかりした反発力を感じました。ベイトフィネスロッドとして購入しましたが期待通りにつかえそうです。




リベリオン 662MLRB

662MLRBは、ベイトフィネスの中でもパワーを必要とする釣りにおすすめのモデルです。

感度が高く根がかりを避けながらカバーやボトムを釣っていくことが可能、パワーがあるので空気抵抗が大きく投げにくい軽量スピナーベイトのような釣り方にも対応します。

662MLRBには同じスペックで1ピースモデルの661MLRBもありますので、持ち運びの利便性等に応じて選んでみてください。

ITEM
ダイワ リベリオン 662MLRB
全長:1.98m
自重:99g
継数:2本
仕舞寸法:103cm
ルアー重量:3.5-14g
ナイロンライン適合:6-14lb

ブレイゾン 651LB

ブレイゾンは高密度HVFカーボン&ブレーディングXが採用されたコスパの良いバスロッドシリーズです。

651LBはベイトフィネスの釣りをバーサタイルにこなせる1本で、ベイトフィネス定番のスモラバやライトリグ、シャッド等のハードルアーまで幅広く対応。

これからベイトフィネスを始める人に、最初の1本としてうってつけのアイテムです。

ITEM
ダイワ ブレイゾン 651LB
全長:1.96m
自重:93g
継数:1本
仕舞寸法:196cm
ルアー重量:1.8-11g
ナイロンライン適合:5-12lb

私は主に1.8gのスモラバとシャッドも投げれたらと思い購入しました。亀山湖の釣行で使ってみましたが、軽いもの全般は全然いけますね!特にソウルシャッド58SPSRをストレスなく投げれるのは気に入りました。よりスピニングに近いベイトって感じですかね。価格も安いのが本当に助かります。




ダイワのベイトフィネスタックルを手にしよう!

撮影:ikahime
リールやロッドの著しい進化により、「ベイトタックルは重いルアー向き」なんてものは過去のものとなりました。

軽量ルアー×ベイトタックルの組み合わせは、想像以上のメリットと釣果をバスアングラーにもたらします。

これまでベイトフィネスを取り入れてきた人も、これからベイトフィネスに挑戦する人も、ダイワのベイトフィネスタックルをぜひチェックしてみてください。

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ スティーズ エア TW XXH
ダイワ アルファス エア TW 8.6
ダイワ SS エア 8.1
ダイワ SV ライトリミテッド 8.1
ダイワ スティーズ 631MLFB-SV…
サイトを見る
ダイワ ブラックレーベル SG641LF…
ダイワ ブラックレーベル SG671L/…
サイトを見る
ダイワ リベリオン 652LFB
ダイワ リベリオン 662MLRB
サイトを見る
ダイワ ブレイゾン 651LB
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!