バラムツ

【禁断の食材】全身大トロなバラムツの釣り方や仕掛けを解説!ゲームフィッシュとしても有能なんです!

2022/10/20 更新

禁断の食材“バラムツ”。その身を食すには、オムツを履く覚悟が必要と言われています。今回はそんなバラムツの生態や釣り方、気をつけるべき点について、バラムツを食べた経験のある怪魚ハンターがお伝えします。

目次

深海魚“バラムツ”が注目されている?!

最近よく名前を聞くようになった深海魚“バラムツ”

バラムツバラムツ(Ruvettus pretiosusは、スズキ目サバ亜目クロタチカマス科バラムツ属に分類される……身近な魚で例えるのは難しいですね。

遠い親戚のような関係としてマグロやカジキ、サバやタチウオもサバ亜目に分類されています。

親近感の沸かない見た目の魚ですが、良い理由と悪い理由でここ数年知名度が上がっている生き物なんです。

世界中に生息する大型魚・バラムツ

バラムツ 最大

バラムツの平均的な全長は120~150cmといったところ。最大では2m以上に成長します。

バラムツは生息範囲が非常に広いのが特徴で、世界の温帯から熱帯にかけて生息し、世界的にも知名度の高い魚です。

日本では主に太平洋側を中心に北海道から沖縄まで生息し、決して珍しい魚ではありません。

深海と中深海を行き来するバラムツの生態

バラムツは昼と夜に出現する水深が大きく違うことが知られています。

日中は深度500~1000mを泳ぎ、日が暮れると一気に深度50~200mまで浮上し狩りを行うのです。

このように、一日の間に深い場所と浅い場所を行き来することを「日周鉛直移動」と呼び、サクラエビやハダカイワシなど深海生物に時々みられる生態です。

日周鉛直移動ってどんな生き物でもできる技じゃないんです

バラムツ 顔

船釣りで深い水深からカサゴやタイを釣り上げた時に、鰾(うきぶくろ)や目玉が飛び出しちゃうことがありますよね。

これは、一気に浅い水深に浮上したことにより水圧が低下し、体内の気体が膨張してしまった結果なのです。

鮮魚売り場で魚の口から白い物が出ていたり、極端に目玉が潰れているのも同じ現象です。

では、バラムツはどうやって日周鉛直移動を行っているのでしょうか? この謎を紐解くと、今バラムツが注目される理由が分かります。

悪い理由:バラムツは美味しいのに沢山食べると下痢をしてしまう

浮力得るためにバラムツが辿った進化とは

ミズウオ

多くの魚は鰾(うきぶくろ)を気体で膨らませて水中で浮力を獲得していますが、バラムツには鰾がありません。

気体を使わないので急浮上しても膨張しないんですね。バラムツは浮力を得るために全身に脂を纏っているのです。

至極簡単な話です。脂って水より軽いですよね!

▼全身を水に置き換えることで中性浮力を得た”ミズウオ”に関する記事はコチラ

脂の成分が大問題!ワックスエステル(蝋:ろう)なんです

バラムツ 脂

ワックスエステルと聞いてもパッとイメージできないですよね。

簡単に表現すれば、人体では分解・吸収できない一種の蝋(ろう)ということになります。

このワックスエステル、侮るとちょっと危険で、過剰摂取すると下痢や油脂瀉下(ゆししゃげ:脂肪分の多い桃色の排泄物)を引き起こします。

最も怖いのは、皮脂漏症(セボレア症)

バラムツ 刺身 危険

厚生労働省のHPでは、ラットに対し1日7.5gのバラムツの肉を与え続けると、2日で下痢に加え、皮脂漏症(ひしろうしょう:口や皮膚、排泄器官から油が漏れ出す)が認められ1週間で死亡したとしています。

僕も経験者ですが、意図せず排泄器官から油が漏れだすってかなりヤバいです。

オムツしたところで匂いが酷く、間違っても家から出ることなんてできません。

バラムツの流通は禁止されています

バラムツ 流通禁止

日本においてバラムツ(アブラソコムツ含む)は、1970年から食品衛生法に基づき厚生労働省が販売禁止指定をしています。

つまり、幸か不幸かバラムツはスーパーなどでは入手できません。

食べてみたいなら釣りに行く他ないんですね!

良い理由:簡単に超大物釣りを体験できる

バラムツは船から釣る

バラムツ釣りは、関東・東海地方では、静岡県・駿河湾、関西地方では和歌山県・白浜沖が有名です。

夜に浅い場所に上がってくる生態を生かした船からの夜釣りとなります。

船にさえ乗ってしまえば、ビギナーの方でも釣れちゃうくらい単純で簡単な釣り方です。

自分の身長に匹敵する大物を釣ってみたい方は、ぜひこの記事を参考にしてチャレンジしてみてください!

バラムツ釣りは簡単!船中全員安打も珍しくない!

バラムツ

バラムツ釣りに人気が出ている最大の理由は、ヒットする確率が高いからでしょう。

船中釣果ゼロ! って日は滅多にありません。

港からポイントが近く、比較的海況が穏やかなことの多い駿河湾の場合、出船できる確率も高いんですね。

大物釣りって「何度も何度も通ってやっと……」って事が多いのですが、バラムツに関しては、多くの人が最初のチャレンジでヒットまでは持ち込めるんです。

バラムツ釣りは餌とルアーを合わせたハイブリッド釣法

バラムツ釣り ルアー 餌

釣り方が変わっていますので、仕掛け→誘い方→タックルの順に説明させていただきます。

バラムツ釣りの仕掛けは、300g前後のメタルジグにサンマやサバの切り身をつけるちょっと変わったものです。

ジグは細長い形状の物が良く、グロー系カラーと蓄光しないカラーを最低でも1本ずつあると良いです。

クロシビカマスという外道にラインを切られることがありますので、予備のジグは3~6個程度用意しましょう。

シマノ オシア EJスピード

カラー:006 メッキグローイワシ
サイズ :244mm
自重 :300g

バラムツ用のフック

バラムツ フック

フックは太軸の大柄な物に限ります。バラムツは骨や筋肉が脆いので細軸を使うと身切れを起こしバラシにつながります。

オーナー針/カット泳がせ30~40号やがまかつ/菅ムロ30~40号を用意すれば間違いありません。

がまかつ チューンド 管ムロ シルバー

号数:40号
入数:2本

ルアーとの結束には、ケプラーを使われる方もいますが、僕はスイベルとスプリットリングを使用しています。

カット泳がせ40号に綺麗にはまるスプリットリングは、カルティバ/スプリットリングウルトラワイヤーの#8。

オーナー カルティバ スプリットリングウルトラワイヤー 8号

入り数:12個
シングルワイヤー部測定値:240lb
ダブルワイヤー部測定値:405lb

バラムツの釣り方

バラムツ釣り

夕暮れから始まるバラムツ釣りですが、開始から約1時間は深度200m前後のタナを指示されることが多いです。

夜がふけるにつれ、ベイトやバラムツの遊泳深度は徐々に上がり、最終的には深度100m前後が主戦場となります。

海底を叩く釣りではないので、常に周りのアングラーや船頭とコミュニケーションを取り合いながら、皆でバラムツの泳ぐタナ(深度)を探ることが大切です。

バラムツの誘い方

バラムツ 誘い方

指示された深度までジグを落としたら、2m巻き上げ5秒待つ。これを10回程繰り返したら、再び指示ダナまで落とします。とても簡単ですよね!

待つ時間は、その日のバラムツの活性によってさまざまなので、1秒にしたり10秒にしたり変化を付けてみましょう。

また、ジグを落としている最中にバラムツが食いつくこともあるので、糸の出方を注視するようにしましょう。

バラムツのあわせ方

バラムツ 合わせ方

大きな魚体に似合わずアタリは繊細で、最初は「コツコツ…」だったり、「ガツガツッ!」といった感じ。

体感的には50cmくらいの魚かな? と思ってしまいます。

ここでアワセを入れるとすっぽ抜けてしまうので、魚の重みを感じるまで待ちながら竿をゆっくり送り込みます。

「グゥ~ッ」と引き込むような形になれば、リールを巻き潮で流れた糸の弛みをしっかり取ってから思いっきり竿を立ててあわせます。

取ったつもりでも糸のゆるみは残っています。間髪入れずに糸を巻き、追いアワセを2回入れればようやく、アワセの力が魚に伝わったことでしょう。

あとは、バラムツの強烈なファイトをお楽しみください! 最初はアドレナリン全開でしょうが徐々に乳酸に変わっていきますよっ(笑)。

バラムツ用のタックル

バラムツ フッキング

ロッドは長いとファイトが大変ですので、5ft後半から6ft前半のジギングロッドが扱いやすくオススメです。

適合ウェイト150~200gの竿、餌釣り要素が強いのでバットが強くティップはしなやかな物が良いですが、ぶっちゃけそこまでこだわらなくても大丈夫です。

リールは、ツインパワーSW10000やソルティガ10000などが良いでしょう。

ダイワ 20 ソルティガ 10000-H

ギア比:5.8
巻取り長さ:118cm
標準自重:655g
最大ドラグ力:25kg
標準糸巻量PE:4号−400m 5号−300m

リーダーは100~150lbを5~10mとやや長めに取り、メインラインはPE4~6号をリールの糸巻量に合わせて選択し必ず300m以上巻きましょう。

シマノ PEライン オシア EX8

糸巻量:300m
号数:4号
強度:70lb
カラーマーキング:有 (1/5/50/100m)配色パターン:5色×10m

モーリス バリバス ショックリーダー

糸巻量:50m
強度:130lb
号数:35号

一度に食べても良い量は?自己責任でバラムツを楽しもう!

キャッチ&リリースにも対応するバラムツ

バラムツ リリース

バラムツの魅力は強烈なファイトまで。という方ももちろん多くいらっしゃいます。

バラムツは、鰾(うきぶくろ)が無いため、船べりでリリースすることのできる魚です。

釣り船によっては、キャッチを嫌がる船頭もいますので、自分がどんなスタイルでバラムツ釣りを楽しみたいかハッキリ決めてから、釣り船を選ぶようにしましょう。

バラムツを食べてみたい方へ

バラムツ 冷凍保存

ここから先は禁断の領域です。あくまで、全て自己責任でお願いします。

バラムツは、本当にどんな食べ方でも美味しい魚です。食べきれない分は冷凍しても数か月程度でしたら美味しくいただけます。

バラムツの食べても良い量は……

バラムツ 刺身

ハッキリ言って、個人差が大きいです。

お刺身1切れでも微量の脂で下着を汚してしまった友人もいますし、100g以上食べても平気だった強者も知っています。

僕の周りの友人は、お刺身3切れと煮つけ一口を味見する程度からバラムツの世界に入門されますね。

毎度、「旨い!もっと食いたい!」ってなりますが……(笑)。

そのくらいにしときなさい。と強制終了にして、ブロック状のバラムツをお土産に渡すようにしています。

その後どうなったかは、あまり聞かないようにしています。あくまでも自己責任ですので……。

筆者紹介

釣った バラムツ

山根央之(やまねひろゆき)

初めての1匹との出会いに最も価値を置き、世界中何処へでも行く怪魚ハンター山根ブラザーズの兄。
餌・ルアー問わず、もはや釣りに限らず。ガサガサや漁業者と協力してまでも、まだ見ぬ生き物を追い求め、日々水辺に立っている。

テレビ東京・緊急SOS池の水全部抜くやNHK・ダーウィンが来た、TBS・VSリアルガチ危険生物などに出演したり、魚類生態調査に参加したりと幅広く活躍する。

怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)の記事一覧

関連記事