【太刀魚テンヤでドラゴン級を狙え!】タックル選び〜釣りのコツも解説

2019/07/08 更新

船から手軽に楽しめる『太刀魚のテンヤ釣り』。大きな針が付いた専用のテンヤで“ドラゴン級”と呼ばれる大型太刀魚を狙えることで人気となっています。本記事では太刀魚テンヤの種類やタックル、釣り方のコツまでご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

太刀魚テンヤの魅力

タチウオテンヤ
出典:ダイワ
エサ釣りからルアー釣りまで、色々な釣り方がある太刀魚。その中でも関西で人気のある釣り方が『太刀魚テンヤ』と呼ばれる釣り方です。太刀魚テンヤはオモリと大きな針が一体になった専用のテンヤ仕掛けに、イワシやサンマなどの小魚を取り付けて太刀魚を誘います。

その魅力は「ドラゴン級」と呼ばれる大型太刀魚が狙えること、繊細なアタリをとらえて針掛かりさせるゲーム性の高さにあるでしょう。本記事では太刀魚テンヤの種類とそのタックル、釣り方のコツまでご紹介します。

太刀魚テンヤ仕掛けの種類

太刀魚テンヤと餌の画像
太刀魚テンヤでは2種類の仕掛けが使われます。乗合船で釣りをする際は、予約時にどのような仕掛けを使うのか確認しておきましょう。ここでは2種類の仕掛けの特徴を見ていきましょう。

太刀魚テンヤ

太刀魚テンヤ仕掛けの画像
画像製作:TSURI HACK 編集部
太刀魚テンヤではテンヤ1つだけを使うシンプルな仕掛けが基本となります。針は下向きになるようセットし、上部の突起針やクリップにイワシやサンマなどの小魚をワイヤーで縛り固定して使います。

オモリ下側にあるアイは、ワイヤーの固定やアシストフックをセットするためのものです。重さは30~50号程度を船長の指示に従って使用します。

ITEM
シマノ サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ
エサを挟み込めばセットが完了する手返し重視の太刀魚テンヤです。ワイヤーを巻いたり外したりする手間が無くなるので、時合を逃さず釣りを行うことが出来ます。エサの大きさによってMとLのクリップサイズを使い分けてみてください。

ITEM
ジャッカル アンチョビドラゴンテンヤ
多機能で様々なカスタムが可能な製品。ヘッドにはケミホタルを装着出来るホール、ブレードやティンセルがセット出来るテールアイは、アピール力を強めたい場合に役立ちます。ヘッドのアイには号数とグラム数が記載してあり、目的の重さを素早く確実に見つけることが可能です。


胴突きテンヤ

太刀魚の胴突テンヤの画像
画像製作:TSURI HACK 編集部
胴突きテンヤとは一番下に太刀魚テンヤ、その上側に枝スでタチベイトをセットした仕掛けのことです。メリットは針が2本となるので太刀魚が掛かる確率を高められること。

活性が高い場合や数を狙いたい場合におすすめの仕掛けです。ただし隣の人とオマツリする確率も高くなるので、船宿によっては使用不可となっていることもあります。

ITEM
ハリミツ 船太刀胴突テンヤ仕掛
最初からタチベイトがセットされている太刀魚専用胴突きテンヤ仕掛けです。大阪谷川港の遊漁船「春日丸」が監修しており、その実績はお墨付き。タチベイトの針にはサンマやサバの切り身をセットするのもおすすめです。


>>次ページでは太刀魚テンヤタックルを紹介!


太刀魚テンヤのタックル

太刀魚テンヤ仕掛け&タックル
画像製作:TSURI HACK編集部
重たいテンヤを操作しながら太刀魚特有のアタリを感知し、針掛かりに持ち込んでいく太刀魚テンヤ。他の釣りで使うタックルは代用が難しいため、太刀魚テンヤ専用タックルが必要となります。

太刀魚テンヤ・胴突きテンヤいずれの種類でもタックルは共通です。以下で太刀魚テンヤのタックル選びについて詳しく見ていきましょう。

ロッド

太刀魚テンヤのロッドは、誘いやアワセが行いやすい2メートル前後の長さが基本。調子はアタリが取りやすい、先調子の8:2や7:3がおすすめです。テンヤ負荷は最大60~100号となっているモデルを選んでみてください。

リール

リールはメリットが多い小型電動リールがおすすめ。巻き上げが楽に行えるだけでなく、カウンターで水深が分かるので釣れた棚が把握しやすく釣果アップが図れます。ダイワでは200~300番台、シマノでは400番台を基準に選びましょう。

ライン

太刀魚テンヤでは感度に優れたPEラインを使用します。PEラインの太さは2~5号で、一定間隔で色分けされたマーキング付きのものが使いやすいです。リールには200メートル以上巻いておきましょう。

フロロリーダー&ワイヤー

太刀魚テンヤではPEラインの先端にフロロリーダーやワイヤーを結束します。フロロリーダーのみの場合は12~14号を使います。フロロリーダーとワイヤーを組み合わせる場合は、フロロリーダー6~8号に、長さ30~80センチの太刀魚用ワイヤーを使いましょう。

>>次ページでは太刀魚テンヤ釣りのコツを解説!


太刀魚テンヤのコツ

人によって大きく釣果に差が出る太刀魚テンヤ。釣れる人と釣れない人の違いは、ちょっとしたコツを知っているかどうかです。ここでご紹介している3つのコツを覚えておき、釣り場で状況に合わせて実行してみてください。

状況によってアワセ方を変える

タチウオテンヤ タックル
出典:ダイワ
太刀魚テンヤは、前アタリが出てから本アタリが出るのが基本です。しかし、状況によってはエサを一瞬で離すこともあります。そのためアワセ方は常に一定とはいきません。

基本的な前アタリの後に本アタリが出る場合はじっくり本アタリが出るまで待ってからアワセを入れ、エサを一瞬で離す場合は即アワセを入れる必要があります。

指示棚を常に意識

太刀魚テンヤのアワセ
船長は魚群探知機を見ながら太刀魚が居る棚(水深)の指示を出してくれます。ただし、太刀魚は棚が変わりやすく、先ほどまで底付近で釣れていたのに浅い棚に変わったなんてことがよくあります。

そのため船長の指示棚は常に意識し、それに合わせて釣りをしていくようにしましょう。

ケミホタルを使う

太刀魚テンヤのコツのケミホタルの画像 「太刀魚の活性が低い…」「潮が濁っていて太刀魚にテンヤの存在に気付かれない…」といった状況に遭遇することも。そんな時には発光体のケミホタルを使ってみるのもおすすめ。

ケミホタルをリーダーやテンヤにセットすれば、発光によって太刀魚に仕掛けの存在を強くアピール出来ます。

太刀魚テンヤでドラゴン級を釣り上げろ!

太刀魚テンヤの上手な釣りの画像
出典:PIXTA
色々な釣り方がある太刀魚釣り。その中でも太刀魚テンヤは大型が釣れる確率の高い釣り方です。繊細な前アタリからの本アタリ、それを針掛かりさせた時の強い引きは、太刀魚テンヤ特有のたまらない瞬間です。

ぜひ太刀魚テンヤでドラゴン級と呼ばれる大型を釣り上げてみてはいかがでしょうか。

▼太刀魚釣りの関連記事はこちら

紹介されたアイテム

シマノ サーベルマスター 船テンヤ ゲキ…
サイトを見る
ジャッカル アンチョビドラゴンテンヤ
サイトを見る
ハリミツ 船太刀胴突テンヤ仕掛
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・
太刀魚テンヤ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!