売れるのにはワケがある!5月に楽天で最も売れたソルトルアーTOP10

2019/07/03 更新

今売れている人気のソルトルアーはどれ?2019年の5月時点で、楽天で売り上げ上位のソルトルアーTOP10をランキング形式でご紹介します!


アイキャッチ画像出典:メガバス

5月に楽天で最も売れたソルトルアーTOP10は?

出典:PIXTA
全国的に梅雨のシーズンとなり、ジメジメとした日の多い今日この頃。釣り人の皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

信頼の厚い一軍ルアーに加え、新しいルアーを迎え入れようと購入を考えている方もいるのでは。

今回は、楽天における2019年5月のソルトルアー売り上げランキングをお届けします!

※19年6月TSURI HACK調べ

10位:メガバス(Megabass) マキッパ 30g

出典:メガバス
10位にランクインしたのはメガバス MAKIPPA(マキッパ)。テールに搭載されたブレードによる優れた集魚性能と、計算されたボディバランスによる安定したスイミングに期待のルアーです。

「投げて巻くだけ」の使いやすさや、種々のターゲットを狙うことができる10/20/30/40グラムの4タイプのラインナップも魅力的。腹部にはおまかせアイが採用されており、自分好みのフックを装着することが可能です。

“魚種限定解除”というコピーもアングラーの胸に刺さったのではないでしょうか。

ITEM
メガバス マキッパ 30g
自重:30g

1度の釣行でまだ魚は釣れていませんが、使いやすくとても良かったです



▼関連記事はこちら!

9位:メガバス(Megabass) マキッパ 10g

出典:メガバス
10位に続いて第9位にランクインした、またまたメガバス マキッパ! サイズ違いの10グラムです。

ラインナップのうち最も小さい10グラムは、エギングロッドやライトゲームロッドでも使えるサイズのため、普段は別のターゲットを狙う層の購入もあったのかもしれません。

回遊性フィッシュイーターはもちろん、アイナメなどのロックフィッシュゲームなどにも有効でしょう。

出典:メガバス
ハイアピールなブレード目掛けてバイトしてくる魚を逃さないブレードフックシステム(PAT.)が、しっかり釣果を高めてくれそうなのも魅力的です。

ITEM
メガバス マキッパ 10g
自重:10g

コレ、本当に使えます☆ショアジギからスーパーライトジギングまで幅広く使えてかなりいいです。


8位:ダイワ TGベイト 60g PH グリーンゴールド

出典:ダイワ
第8位は、ダイワのTGベイト 60グラム。高比重のタングステン製のため、60グラムの重さでもコンパクトな設計です。魚が大きいルアーには反応を示さないシビアな状況下で救世主となってくれそうなのが、人気の秘訣でしょう。

出典:楽天市場
タングステンならではのロングキャスト性と、左右非対称デザインによる魅力的なアクションにも注目です。グリーンゴールドは、ピンクブルーなどの定番カラーに反応を示さない場合に投入したい「お守り」的なカラーかもしれません。

ITEM
ダイワ TGベイト 60g グリーンゴールド
全長:68mm 
自重:60g


▼関連記事はこちら!

7位:オーナー Draw4(ドローフォー)タイブレイカー 3.5号

出典:オーナー
第7位にランクインしたのは、オーナーのドローフォー タイブレイカー3.5号。春イカシーズンでの購入が多かったのかもしれません。浅いエリアや藻場、ハイプレッシャーの釣り場などで大活躍間違いなしのスーパースローシンキングモデルとなっています。

出典:オーナー
立体的なダートアクションや真上に跳ね上がりフラッシングするフラッシュジャンプ、安定したフォールを演出するボディバランスなど、ドローフォーの特長を踏襲。水中で楽にステイさせる事もできるため、スレイカにも効きそうです。秋イカに向けては、小さいサイズも要チェックです。

ITEM
オーナー ドローフォー タイブレイカー 3.5号
自重:17g

6位:メガバス(Megabass) マキッパ 20g

そして、またまたメガバス マキッパの20グラムが、30/10グラムに続いて第6位にランクイン。巻くだけでもハイアピールを可能にするテールブレードと、高いフッキング性に期待する釣り人は少なくないでしょう。

出典:楽天市場
マキッパの中でも小さすぎず、大きすぎないサイズ感。ライトタックルでも扱いやすいウェイトのため、選ばれやすかったのかもしれません。シーバスやフラットフィッシュなどにも有効なサイズ感ではないでしょうか。

ITEM
メガバス マキッパ 20g
自重:20g

5位:ジャッカル(JACKALL) ジェリーサーディン54

第5位はジャッカルのメバル用ルアー、ジェリーサーディン54。ワームのようなソフトボディのルアーとなっており、見るからにシラスや小イカパターンで抜群の威力を発揮してくれそうです。
ナイトゲームにも最適なグローモデルのラインナップやノーシンカーのナチュラルアクション、トリプルフックによる安心のフッキング力に人気が集まったのではないでしょうか。

ITEM
ジャッカル ジェリーサーディン54
全長:54mm
自重:2.0g

色、サイズ、ウエイト申し分無しです。これからが楽しみです。



▼関連記事はこちら!

4位:メガバス(Megabass) マキッパ 40g

出典:メガバス
第4位にはなんと、メガバスのマキッパが再びランクイン。ライトショアジギングに適した40グラムです。これで、全てのラインナップがランク入りしたことに。

ライトショアジギングが流行っていることや、手持ちのタックルに適した使いやすいサイズ感であることがランクインの理由でしょうか。

出典:メガバス
ブレードによるアピール力やフックシステム、“魚種限定解除”のコピーに魅力を感じた人は多く、ショアジギシーズンに向けた購入が多かったのかもしれません。

ITEM
メガバス マキッパ 40g
自重:40g

3位:一誠[issei] 海太郎 ハネエビヘッド

ハネエビとは?
出典:楽天市場
第3位にランクインしたのはイッセイのハネエビヘッド。ハネエビというソフトワームをセットして使用するジグヘッドでフックサイズは#8で、2/3/5グラムの3ラインナップとなっています。
出典:楽天市場
フックは新規格のオリジナルで、金めっき太軸仕様。ハネエビとあわせて使用することでワイドダートアクションを発します。

ハネエビは、発売当初売り切れが続出した人気ワームであり、今回のランキングでは11位にランクインしていました。まだまだハネエビ人気は続いているようですね!

ITEM
一誠 海太郎 ハネエビヘッド

風が強め用に購入しました。フックがかなりしっかりしていて大物でもフックが伸びないです。ハネエビとのコンビネーションで最高に扱いやすい、根掛かりしにくいので攻めまくれます。



▼関連記事はこちら!


2位:浜田商会 サイコオクトパスDX 3.5号 CLK009

出典:楽天市場
第2位は浜田商会のタコエギ、サイコオクトパスDX 3.5号。夏のシーズンに向けて盛り上がりを見せているようです。1本数百円で手に入るコストパフォーマンスの高さも人気の秘訣かもしれません。

出典:楽天市場
ラトルを内蔵しており、ハイアピール性にも期待が持てます。アジゴールド/アジシルバー/マイワシのニューカラーが加わり、全15カラーがラインナップ。カラー選びも楽しそうです。

ITEM
サイコオクトパスDX 3.5号 CLK009
自重:3.5号

1位:ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王K ベーシック 3.5号

出典:ヤマシタ
そして、堂々の第1位に輝いたのは、ヤマシタのエギ王K ベーシックです!

低活性のイカにも有効なブレを排除したフォールと程よいダートアクションに期待して、春イカシーズンに購入した釣り人が多かったのかもしれません。ケイムラアイと490グローエッジのW発光が、イカによく効きそうですよね。

出典:ヤマシタ
出典:ヤマシタ
ボディやシンカーには安定感のあるフォールや、スムーズなダートアクションを可能にする設計を採用。また、熱を保つウォームジャケットを採用し、イカの興味を引きやすそうな点も魅力です。

春イカシーズンは過ぎてしまいましたが、秋イカシーズンに向けて、小さなエギを準備されてはいかがでしょうか?

ITEM
ヤマシタ エギ王K ベーシック 3.5号
自重:22g

数日間、安定して釣れたので予備のエギとして購入。



▼関連記事はこちら!

人気ルアーには売れる理由がある

出典:PIXTA
今回は、楽天売り上げランキングTOP10をご紹介しました。人気のルアーにはアクション性や飛距離、コストパフォーマンスなどそれぞれに魅力がありますね。

ご紹介した物の中に、気になるルアーはありましたか?アナタも是非試してみてください!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!