超高級魚も多い!?美味しすぎる“毒のある魚”をまとめてみた

2019/05/24 更新

釣れても食べることを敬遠しがちな毒魚ですが、実は毒魚には美味しい魚が多いのをご存知でしょうか?今回は、代表的な美味しい毒魚を特集しました!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

POISON‥‥‥それは毒

毒の画像
出典:PIXTA
毒を持った魚は「釣ってもすぐにリリースしなさい」と教えられた方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな毒を持った魚の中には、食べたら絶品の魚も存在するのです。今回は、釣りで狙える美味しい毒魚をご紹介します。


オニオコゼ

オニオコゼの画像
出典:PIXTA
背びれに毒線を持っており、刺されると激痛が走ります。しかしながら美しい白身はとても美味しく、高級食材として高値で取引されるほど。

狙って釣るのは難しいですが、根魚狙いの外道として釣れることがあるので、釣れた際は毒に気をつけて調理してみましょう。



▼オニオコゼを特集した記事です


オニカサゴ

オニカサゴの画像
出典:PIXTA
船釣りのターゲットとして人気のあるオニカサゴ。オニカサゴは背びれだけでなく、尻びれや腹びれなどにも毒針があるので注意が必要です。

クセのない上質な白身は刺身だけでなく、鍋や煮付けなど調理方法を選ばずに美味しく食べられます。

▼オニカサゴを特集した記事です


フグ類

フグの画像
撮影:TSURI HACK編集部
“キングオブ・美味しい毒魚”とも言えるであろうフグ。フグ類は内臓などにテトロドトキシンという猛毒を持つものが多く、まれに死亡事故も発生しています。

釣り対象魚として有名なのはショウサイフグやヒガンフグで、専門に狙うカットウ釣りが確立されています。

ITEM
国産とらふぐ 身欠き


▼カットウ釣りを特集した記事です




アイゴ

アイゴの画像
撮影:TSURI HACK編集部
釣りの外道として敬遠されているアイゴですが、徳島や和歌山では美味しい魚として認知されています。背びれと尻びれに毒があるので、必ず魚バサミで掴みましょう。

また、内臓が非常に臭いので、お腹を開ける際は屋外で処理することをおすすめします。

ITEM
アイゴ 開き


▼アイゴを食べてみた記事です


アカエイ

アカエイの画像
撮影:TSURI HACK編集部
おそらく専門に狙っている人はほとんどいないであろう、アカエイ。尾の付け根付近には毒線を持った長い棘があり、刺されると痛いどころでは済みません。

見た目とは裏腹に味はとても美味しく、市場価格はエイの中で最上級。燻製や干物にしたものが、お馴染みのエイヒレです。

ITEM
赤えい 切身


▼アカエイを特集した記事です


犠牲の上に成り立つ食文化

フグの画像
諸説はありますが、日本では縄文時代からフグを食べていたようです。もちろん、科学が発達していない時代だから、毒による犠牲者も多く出たことでしょう。

フグに代表される毒魚を食べる文化は、そうした先人たちの犠牲の上に成り立っているのです。

そんなことを考えながら魚を食べてみると、感慨深いものがあるかもしれませんね。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!