ほどほどサイズがいいんですよ。“大きくなると美味しくない”魚たちを特集

2019/03/27 更新

釣って嬉しいのは大きな魚ですが、食べて美味しいのは……。今回は、そんな大きくなりすぎると美味しくない魚たちを特集します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

“大きい=美味しい”とは限らない!

ヒラマサの画像
撮影:TSURI HACK編集部
魚は一般的に、小さな個体よりも大きな個体の方が「脂が乗って美味しい」と言われます。

しかし、そうではない魚も存在するのです。全ての魚が、大きければ大きいほど良いというわけではありません。

今回は、大きすぎると美味しくない身近な魚をご紹介しましょう!

マダイ

マダイの画像
出典:PIXTA
魚の王様ともいわれるマダイ。大きくなると、ヒット直後の強烈なファーストランと、ゴンゴンとロッドを叩く重厚な引きを楽しめる魚です。

タイラバやフカセ釣りの細仕掛けで大型をヒットさせると、とてもスリリングなファイトを楽しめます。

2キロ程度までが目安

マダイの画像
出典:PIXTA
マダイのおいしいサイズの目安は、1~2キロ程度です。大きさだと、40~50センチほど。

これ以上大きくなると、身が硬くなったり旨味が少なくなったりする傾向があります。見た目も黒ずんできて、美味しくなさそう……。

マアジ

マアジの画像
出典:PIXTA
岸釣りでは30センチもあれば十分良型と言えるマアジ。しかし、実は50センチを超える魚なのです。

一部の地域で岸からも狙え、アジとは思えない強い引きが魅力。40センチで「ギガアジ」、50センチで「テラアジ」と呼ばれます。

30センチまでの黄アジが美味

マアジの画像
撮影:TSURI HACK編集部
マアジは瀬に居付く黄アジ系と、回遊型の鬼アジ系に分かれます。名前の通り、黄アジは黄色っぽくて体高が高く、鬼アジは背中が真っ黒で細長いのが特徴です。

巨大になるのは鬼アジですが、脂が乗って旨味が強いのは黄アジ。食べるなら、20~30センチ程度の黄アジが最高です。

アオリイカ

アオリイカの画像
出典:PIXTA
アオリイカの中でも、「レッドモンスター」と呼ばれる南方系の個体が注目を浴びています。

一般的には1キロもあれば十分大型ですが、レッドモンスターはなんと5キロを超えることも。ショアエギングのほかに、ティップランエギングやエジングで狙えます。

大きくなると身が硬くなる

アオリイカの画像
出典:PIXTA
アオリイカは大きくなっても味はあまり変わりません。しかし、身が硬くなってしまうため、刺身よりも火を通す調理方法がおすすめです。

刺身で食べるなら、秋に釣れるトンカツサイズが美味しいですよ。

シマアジ

シマアジの画像
出典:PIXTA
寿司ネタとしてもおなじみのシマアジ。10キロを超す個体は、その顔つきから「オオカミ」と呼ばれます。

とてつもないトルクとスピードで走るうえに、口が柔らかくて身切れを起こすため、大型をキャッチするのは至難の業です。

オオカミは憧れだが……

シマアジの画像
出典:PIXTA
マダイと同じく、実はシマアジも大きくなると身質が落ちる魚です。刺身や寿司ネタとして重宝されるのは3キロあたりまで。

オオカミクラスは市場に出回ることも非常に稀で、口にする機会はめったにないはずです。

ほどほどがGOOD

マダイの画像
撮影:TSURI HACK編集部
釣って楽しいのは大きな魚ですが、食べて美味しいのは“ほどほどサイズ”な魚種も意外と多いのです。

そのため、食べることが主目的の釣り人の中には、あえてサイズを捨てる方もいるほど。

サイズ別に食べ比べてみるのも面白いですよ!

関連記事


マアジの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!