イカ釣りのベストな時期はいつ?狙い目の時間帯やポイントも解説!

エギングで狙うアオリイカ釣りの時期を徹底解説!なぜその時期が釣れるのか?どうすれば自分の住む地域のベストシーズンを知る事が出来るのか?様々な角度でイカ釣りの時期について解説していきます!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

イカの釣れる時期とは

イカ釣りの時期とは アオリイカのシーズンは、一般的に春と秋といわれています。ですが、年中釣れる地域もあれば、春と秋の1ヶ月程度しか釣れないといった地域も。

では、どうして春と秋といわれるのでしょうか? 季節ごとのポイントを解説していきます。

春~初夏のイカ釣り

イカ釣りの時期・春
出典:pixabay
水温が15・16度を超えてくると、アオリイカは産卵のために接岸してきます。

そのため、岸からのイカ釣りにおいては、イカが岸際の産卵場(藻場)に近づくこの時期が、釣れ始めとされるのです。
イカ釣りの時期・春
出典:ダイワ
したがって、春に釣れるアオリイカは『親イカ』と呼ばれ、大型が揃うことが特徴。特定の地域を除いては、釣りやすい小型がおらず、“数よりも型”の時期といえるでしょう。

真夏のイカ釣り

イカ釣りの時期・夏
出典:pixabay
イカは年魚(生まれて1年以内に死ぬ魚)のため、春に産卵した親イカは死んでしまいます。くわえて、生まれたての子イカは小さすぎて、ターゲットになりません。

そのため、多くの地域で夏はイカ釣りのオフシーズン。暖流があたる一部の地域では、潮通しのよい場所や深場を狙えば、アオリイカの釣果が期待できます。

▼夏のエギングを特集した記事です


秋口~初冬のイカ釣り

イカ釣りの時期・秋
出典:pixabay
秋は夏の高水温が落ち着き、春に生まれた子イカの数釣りが楽しめる時期です。子イカ達は成長するべくエサを活発に捕食するため、エギへの反応がよいことが特徴。

シーズン序盤の盆明けから10月頭ごろにかけては、イカのサイズに合わせて2.5号や3号の小さめのエギを選択してください。11月いっぱいごろまでがハイシーズンです。

▼秋のエギングを特集した記事です


真冬のイカ釣り

イカ釣りの時期・冬
出典:pixabay
12月を過ぎると水温が安定する深場へとアオリイカが落ちるため、岸からのエギングは厳しくなってきます。しかし、黒潮などの暖流が当たる地域は別。

冬でも水温が20度近くに保たれるため、十分にイカ釣りを楽しめます。東日本であれば伊豆半島、西日本であれば紀伊半島、四国西南部、九州南部への遠征がよいでしょう。

イカ釣りのベストシーズンは?

亀山湖のボート屋の疑問
出典:pixabay
地域によってベストシーズンが異なるアオリイカ。お住まいの地域のベストシーズンを調べる3つの方法をご紹介します。

地元の釣具屋で聞く

イカ釣りの時期を調べる 多くの釣具屋は地域に根ざした情報があるため、実績と現状を調べるもっとも確実な方法といえるでしょう。

ネットの検索を駆使する

イカ釣りの時期を調べる
出典:pixabay
インターネットで『地域名 アオリイカ 釣果』と検索したり、釣果情報サイトで釣果を確認するのも方法です。

天気予報を見て水温を予想

イカ釣りの時期を調べる
出典:pixabay
エギングで大切なのは、やはり水温。親イカの接岸が始まる16度、もっとも活性が上がるとされる20度~24度の水温を狙って釣行してみてください。

海に行かずとも、天気予報から水温をおおまかに予想する方法として、以下の計算式を試してみてはいかがでしょうか。

最高気温℃+最低気温℃÷2+2℃=だいたいの水温

※水温の上がり下がりは気温に対して遅れるため、3日間の平均で考えるとより正確です。

イカ釣りの時間帯

イカ釣りの時間帯
出典:pixabay
時期はもちろん、イカ釣りは時間帯も大切。ここでは時間帯ごとの特徴を解説します。

マズメ時

イカ釣りのマズメ時
出典:pixabay
ほかの釣りものとおなじく、朝夕のマズメは大チャンス。アオリイカがエサを求めて活発に動くため、中層から表層にかけてのアタリも多くなります。

エギングは底から攻めていくことが基本とされますが、マズメ時に関しては上層の活性の高いイカから釣っていくことが、数を伸ばすポイントになるかもしれません。

イカの夜釣り
出典:PIXTA
夜行性とされるアオリイカを釣るには、もちろん夜も絶好の機会。夜釣りをするにあたって覚えておきたいのは、アオリイカと月の関係。

アオリイカは月明りを頼りに行動しているとされ、月が出ている時間帯に釣行するのがおすすめ。夜のイカ釣りを楽しむ際は、月齢を要チェックです!

日中

イカ釣り日中
出典:pixabay
活性が下がる日中は、底付近の障害物に身を寄せているとされ、丹念に底を探ったり、シモリをピンスポットで撃っていく釣りがよいでしょう。

しかし、警戒心の薄い子イカは日中でも活発にエギを追うため、サイトエギングが楽しめます。子イカと侮るなかれ、このサイトエギングこそが“上達への近道”。

エギの動きとイカの動きを入念に観察して、その経験をベースに、夜釣りで釣果へと結び付けましょう!

実は時間帯よりも大切な潮

イカ釣りで潮を読む
出典:pixabay
釣りとは、切っても切れない関係にある潮。イカ釣りでは大潮(満月)がベストタイミングとされますが、断定には至りません。

言い換えると、潮が小さい長潮や若潮でもチャンスがあります。

▼大潮を特集した記事です


上げ潮・下げ潮

イカ釣りと潮の関係
出典:pixabay
ほかの魚と同じく、アオリイカも潮が動いている時がチャンス。なかでも、潮の動き始めや、速い流れが緩み始める、潮の変化は見逃せません。

タイドグラフの情報に加えて、エギの流れ方や、ロッドを通して伝わる潮の重みに注目してみてください。

潮MieYell(しおみエール)で潮を確認する

▼潮の上げ・下げを特集した記事です


狙い目のポイント

イカ釣りのポイント 藻場、堤防の先端、根回り、カケアガリ、潮通しのよい場所がセオリー。海をよく観察し、地形や潮に少しでも変化のあるポイントを狙いましょう。

足元のスミ跡に注目!

イカ釣りのスミ跡 アオリイカ特有のポイントの見つけ方が、スミ跡。堤防に残ったイカスミの跡は、まぎれもなくイカが釣れた証拠です。

付いて間もない、鮮度の高いスミ跡を見つけてくださいね!

▼エギングのポイント選びを特集した記事です


基本を抑えて釣果UPを目指そう!

アオリイカの時期を理解する イカ釣りは釣れる時期や時間帯を理解することが重要です。今回ご紹介した内容を覚えておけば、思わぬ釣果アップにつながるかもしれません。

“釣って楽しい・食べておいしい”イカ釣りに挑戦されてはいかがでしょうか。

▼アオリイカファン必読の書2冊を厳選!

ITEM
アオリイカの秘密にせまる―研究期間25年、観察した数3万杯―

3年近くエギングをしてますが,この本を少し読んだだけでアオリイカに対する思いも益々深まりました



ITEM
イカ先生のアオリイカ学 これで釣りが100倍楽しくなる!

エギンガーはこの本を1度は読むべき。アオリイカのことがよく分かる



▼関連記事










イカ釣りのポイント
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!