エギングの「アタリの取り方」を徹底解説!4種類のアタリを見極めれば釣果倍増

2020/05/11 更新

エギングをしていると「シャクったら釣れていた」なんてことはありませんか?派手なロッドアクションを用いるエギングですが、あたりは繊細で掛けるのが難しい釣りです。あたりが取れると釣果が倍増するので、ぜひマスターしましょう!


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼

エギングはアタリがわかりにくい


皆さんはエギングをしている時に、「シャクったらイカが釣れていた」なんてことはありませんか?

エギングは普通の釣りと違い、手元に明確なアタリが来ることが少ない釣りです。

でも、せっかくならアタリをしっかり感じて、バシッとあわせて釣り上げた方が楽しいですよね!

とっても繊細なエギング

エギングの画像
エギングはシャクリやジャークなどの動作から、一見派手な釣りに見えます。

ところが、実際は細かいことで釣果に差が出る繊細な釣りなんです。

そこで今回は、エギングのアタリの種類やアタリの取り方についてご紹介していきます!

アタリの種類

エギングの画像
エギングのアタリの出方にはいくつか種類があります。

その中でも、代表的なアタリを4種類ご紹介します。

竿先を引っ張られる

エギングのアタリの取り方の画像
もっともわかりやすくて一番多いアタリが、竿先を引っ張られるアタリ。

エギのフォール中にググッと竿先を引っ張られたり、まるで引ったくっていくかのような激しい場合もあります。

手元にコツンとくる

エギングのアタリの取り方の画像
まるで魚のように、手元に「コン」と伝わってくるタイプのアタリもあります。

いわゆる「イカパンチ」と呼ばれ、触腕でエギを突くような場合に多いアタリです。

すぐに合わせてもフッキングには至らないことが多く、イカがしっかりと抱きついたことを確認してから合わせる必要があります。

糸がたるむ

エギングのアタリの取り方の画像
フォール中、まだエギが底に付いていないはずなのに、フワッと糸がたるむのはイカのアタリです。

その場合はイカがホバリングしながらエギを抱いていることが多く、着底と勘違いしてジャークすると“イカが乗っていた”ということになります。

糸が揺れる

エギングのアタリの取り方の画像
この糸が揺れるアタリがもっともわかりにくく、見逃しがちなアタリです。

フォール中にラインが一瞬フッと揺れるアタリは、瞬間的にイカがアタックしていたり、イカパンチをしていたりと様々。

気付かずにいると、貴重なチャンスを逃してしまうかもしれません。


アタリを取れる構え方

エギングのアタリの取り方の画像
明確に感じるアタリはどんな構えでも取りやすいですが、糸がたるんだり揺れたりするアタリは、しっかりと構えていないと取ることができません。

そこで、ぼくが実践している繊細なアタリを取りやすい構え方をご紹介します!

エンドを脇に挟む

エギングのアタリの取り方の画像
ロッドのグリップエンドは脇に挟んで構えます。

脇に挟んでしっかりと固定することでロッドがブレなくなり、ラインの微妙な変化を感じやすくなるためです。

グリップエンドを肩に押し当てるようにしてもいいですよ!

グリップを握り込まない

エギングのアタリの取り方の画像
ロッドは軽く持った方が圧倒的にアタリを感じやすいです。強く握り込んでしまっては繊細なアタリを感じることはできません。

グリップ部分を下から軽く支える程度に、フワッと持つことをおすすめします。

ティップは少し下向き

エギングのアタリの取り方の画像
ティップは下げ過ぎず上げ過ぎずで、水平よりも30度ほど下に向けた角度で固定します。

下げ過ぎないことでラインが見やすく、よりアタリを見逃しにくいです。

ただし、足場の高さや風の強さによってアタリが取りやすい角度は変わるので、釣り場や状況に応じて試行錯誤する必要があります。

ラインとロッドは90度

エギングのアタリの取り方の画像
ラインとロッドは大体90度くらいに角度を付けておきます。

角度がついた方がロッドにかかる重さや変化を感じやすいためです。

糸を摘んでもいい

エギングのアタリの取り方の画像
リールから出ているラインを手で摘むのも有効な手段です。

ロッドだけでなくラインに直接触れることで、より繊細なアタリを感じることができます。

アタリを取れるだけじゃない!

エギングの画像
アタリを取りやすい構え方は、ただアタリが取りやすくなるだけではありません。

根掛かりが減る

エギングの画像
しっかりと構えることで、エギが着底する瞬間も感じやすいです。

エギが底に付いている時間が短くなるので、根掛かりが確実に減ります。

抱かせやすくなる

エギングの画像
フォール中にしっかりとロッドを固定することで、エギのフラつきやブレが激減します。

ナーバスなイカほど、フォール中のエギのブレを嫌う傾向にあるので、ロッドを固定するだけで釣れるイカは間違いなく増えます!

エギングがもっと楽しくなる!

エギングの画像
エギングは派手な動作が多い反面、かなり繊細な側面を持った釣りです。

そんな繊細な部分を感じ取り、イカを釣り上げることができたら、今よりもっとエギングが面白くなるはず!

皆さんもそんな繊細で奥深いエギングの世界にハマってみてはいかがでしょうか?
画像提供:六畳一間の狼

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
エギングの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
六畳一間の狼 SUU

YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!