筏竿おすすめ11選!選ぶ際の調子や長さとは

筏竿は、筏釣り専用の竿。これから挑戦される方は、どんな基準で選んだら良いのか、悩まれるのではないでしょうか。今回、筏竿を選ぶ際に着目したい『調子や長さ』、おすすめ11選をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

筏竿について

筏竿の画像
筏竿は、筏に乗ってチヌ(クロダイ)を釣る専用の竿。水中の情報を釣り人に伝えられるように、繊細な設計に。また、潮の流れの変化や、ついばむようなアタリなど、手元に伝わるわずかな状況の変化を捉えられるモデルが発売されています。

特徴

筏竿の特徴の画像
出典:ダイワ
筏竿の特徴は、“調子”と呼ばれる竿の曲がり具合の設定。メーカーにより多少の差はあるものの、一般的に『穂先:手元』のように表現されます。

竿全体を100とした時に、『穂先70:手元30から、穂先90:手元10』程度の範囲で、5種類程度の調子の設定がされています。

筏竿の選び方

筏竿の調子の画像
出典:ダイワ
筏竿の選び方は、釣り場の状況などを踏まえて、シチュエーションに合ったものを使います。主に調子(竿の曲がり具合)で、選ぶことが大切です。調子が釣場の状況に合っていないと釣果を大きく左右する繊細な釣りとも言われており、ご自身が釣りをする筏の状況を調べたうえで慎重に選びましょう。

フカセ調子

フカセ調子は『70:30』。それほど水深のない緩やかな潮や、一般的な筏で使いやすく、ガン玉をつけないフカセ釣りや、少し大きめの中通しオモリで探るときなど、幅広く対応することができます。調子に任せた“喰わせて釣るスタイル”に適しているのも特徴であり、最も一般的な調子です。

攻調子

攻調子は、『85:15』。潮が速く、「潮がとぶ」と言われるようなシチュエーションや、活性の高いときに特に有効です。その他に穂先の感度が良く、小アタリをとらえることができるので、エサをついばみ始めて食い込むまでに積極的に掛けていく『攻め』の釣りにも向いています。

先調子

先調子は、『80:20』。一般的なダンゴ釣りなど、さまざまな釣法に適応できるオールラウンドタイプの調子です。水深が30メートルもある場所から、潮の速いところなどあらゆる場所で使いやすく、ある程度、軽い仕掛けでも穂先に負荷が架かり、しっかりとアタリをとらえてくれます。

先鋭調子

先鋭調子は、『77:23』。水深15メートル以内の、ごく一般的な筏を意識した操作性重視の調子です。穂先の反発で仕掛けが戻ってきたりせず、軽い仕掛けでもオモリが付いているかのようにテンションが乗り、糸をゆるめてじっくり待つ釣り方や、仕掛けを遠投して潮になじませたりするような釣り方にも適しています。

エビ・極先調子

エビ・極先調子は、『90:10』。最も穂先に調子を寄せ、高感度な穂先の設定です。活きエビを使ったダンゴ釣りで使いやすく、潮の緩やかなところを得意としますが、潮の速いところでの流し釣であれば対応可能。エビがピンと跳ねる動きや、ステイしている状態、跳ねて逃げるような動きも表現できる穂先の設定がされています。

筏竿の長さ

筏釣りの画像
出典:ダイワ
調子の次に大切になるのは長さです。潮が流れる速さや、水深のある場所、海底の障害物、そして釣りをするスタイルに合わせて長さを選択します。オールマイティーにこなせる長さや、水中の障害物が多いポイントに適した長さなど、長さがもたらすアドバンテージや特徴を把握して、ご自身の釣る筏に合った竿を選びましょう。

短い竿

短い竿とは、150センチ以下のもの。オールマイティーにこなせてどこでも扱いやすい長さ。特に積極的に攻めていくような釣りをする場合や、活きエビを使った釣りをする場合に有効です。風の強い場合や手持ちで釣る場合にも初心者でも扱いやすく、基本の一本となります。

長い竿

長い竿とは、150センチ以上のもの。海底の障害物が多いポイントで、扱いやすい長さです。糸を多く出すときなど、ストロークが大きい長い竿が有利な傾向もあり、状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

筏竿おすすめ11選

筏竿の画像
出典:ダイワ
さまざまなメーカーが筏釣り専用に開発・発売している『筏竿』のなかから、おすすめ11選をご紹介します。重要となる“調子や長さ”をご参考に、ご予算や信頼のメーカー、ご自身の釣りスタイルと、出かける筏に合わせて竿を見つけ出してみてくだい。
食わせと攻めを両立した高感度設計モデル
ITEM
プロマリン イカダ風月 150
全長:1.50m
継数:2本
仕舞寸法:92cm
自重:86g

筏釣りのエントリーモデル
ITEM
プロマリン イカダDX 180
全長:1.80m
継数:2本
仕舞寸法:100cm
自重:95g

上位機種に迫る仕様と調子にもこだわった確かな実釣性能
ITEM
ダイワ 飛竜 イカダ 120P・V
全長:1.20m
継数:2本
仕舞寸法:70cm
自重:74g
適合ハリス:0.6-2.0号

マルチレングス伸縮でオールマイティー性を誇る
ITEM
ダイワ ブラックジャック イカダ メタルチューン 145M
全長:1.24m-1.45m
継数:3本
仕舞寸法:82cm
自重:130g
適合ハリス:0.6-2.0号 

上向き、下向き両タイプのリールに対応、滑りにくいグリップ搭載
ITEM
シマノ アドバンス イカダ 82-160
全長:1.60m
継数:2本
仕舞寸法:94cm
自重:102g
錘負荷:0-2号
適合ハリス:0.8-2.5号

調子の異なる穂先を2本を備えたアグレッシブモデル
ITEM
シマノ セイハコウ フィラート 160
全長:1.60m
継数:2本
仕舞寸法:111cm
自重:118g
錘負荷:0-2号
適合ハリス:0.8-2.5号 

操作性と海の状況変化への対応力を兼ね備えた3つのレングス設定
ITEM
シマノ セイハコウ スペシャル MR
全長:中切1.57m/攻1.48m/先1.50m
継数:2本
仕舞寸法:85.7cm
自重:108g
錘負荷:0-2号
適合ハリス:0.8-2.5号 

極先調子、先調子の2種類の穂先が標準装備、様々な状況に対応
ITEM
がまかつ がまちぬ いかだ競技スペシャルⅢ 1.5
全長:1.50m
継数:2本
仕舞寸法:110cm
自重:87g
錘負荷:極先調子0-2号/先調子0-3号
適合ハリス:0-3.0号

3タイプの穂先でその日、その時に合った最適な攻め方が可能
ITEM
がまかつ がまちぬ アルティメイトスペック MH 155
全長:1.55m
継数:2本
仕舞寸法:106cm
自重:105g
錘負荷:極先調子0-2号/先調子0-3号/中調子0-3号
適合ハリス:0.8-2.5号


大会から大物狙いまで可能なマルチパフォーマンスモデル
ITEM
黒鯛工房 カセ筏師 TheチヌリミテッドV 3ゼロ・ロクマル135
全長:1.35m
継数:3本
仕舞寸法:84cm
自重:102g

更なるステップアップを目指すカセ筏師には要チェック
ITEM
黒鯛工房 カセ筏師 THE アスリート KM JAPAN LIMITED 158/185 T
全長:1.85m
継数:3本
仕舞寸法:106.5cm
自重:152g

釣場や状況にマッチした竿でチヌと勝負しよう

筏釣りの画像 筏釣りは、潮の速さ、水深、仕掛け、海底の障害物など、筏のさまざまな状況に合わせて竿を選択することが重要です。その選択が釣果に大きく影響を及ぼす繊細な釣りですので、出かけようとする筏の状況をしっかり把握したうえで、ご自身の釣りスタイルが積極的に攻める釣なのか、糸をゆるめて待つ釣なのかで竿を選んでみてください。釣場の状況に合った筏竿でチヌと勝負しに出かけましょう。

筏竿の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!